とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

新しいホームページができました

 新しいホームページができました。
 アドレスは、http://glass-fish.com/です。

 新しいホームページに、新しいブログを作ったので、これからは、そちらをメインにします。
 
 日記をこのブログに移してから、ずいぶん経ちました。
 愛着がわくので、使い続ける人なもので、ちょっと寂しいですが・・・・・・
 このブログに、日記を移してすぐのときは、前の日記みたいには考えながら、どんどん書いていくことができなくて、慣れるのに少しかかりました。
 新しいブログにも、慣れるまで少しかかるかも。

 新しいホームページとブログ、よろしくお願いします。(^^)
 


# by glass-fish | 2018-12-01 04:55 | その他のタワゴト

いろいろ

 期間限定とんぼ玉体験の期間が、終わりました。
 最終日の今日も、お二人、来ていただきました。
 お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

 エクラ雑貨市の出展や、とんぼ玉体験、やってみると、いろいろ見えた物がありました。

 他にも。
 多可町の花凛さんちにも、お邪魔しました。
 三木市口吉川町のCASAマルシェにも、行って来ました。
 あ、加古川KCCの支部長がまた変わって、三宮KCCで私が不義理を働いてしまった人がやって来られました。とある相談があって、その人に連絡を取ろうと思い立ったら、思い立ったその日から一か月後くらいに、何と!ご本人が加古川に移動でやって来られたのに、驚きました。で、早速、お話をして。

 きっと、私の中で、きっと何か、時期なんだろうなあと思うこのごろです。

 実は、新しいホームページを作ってもらいました。
 既に、公開していますが、もうちょっと、あれこれ変更等、考え中です。

 ブログも、間もなく、そちらに移ります。
 が、もうちょっとだけ、慣れたところで書こうと思います。
 パソコンも、新しいのを買って、まだ、出していません。
 今のパソコン、ずいぶん前から、いろいろ遅すぎて問題だらけなので、早く、いろんなものを切り替えたいです。

 この2か月くらい、製作以外のところで、あれこれ、やっていました。
 で、やっと、工房の入り口のドアのガラスが、サンドブラスト入りになりました。
 素敵です。
 自分でやったのではなくて、ちゃんと業者さんにやってもらいました。
 以前通っていた、ガラス教室です。
 デザインは、私のとんぼ玉画像を送って、そのイメージで、アレンジしてもらいました。
 道沿いに、看板が付きました。
 素敵です。
 でも、おとなし目にしたので、あまり目立ちません。
 何か付けたい。
 変な人形とか付けたら、目立つやろうか?(^^;
 また、何か考えます。

 工房の看板や入り口を変えたり、ホームページを新しくしたり。
 あちこちにお出かけしたり。
 とんぼ玉体験をしたり。

 今、周囲に対して、閉ざしていた何かを、開いて行っているような気がします。
 そんなに変わったかと言われると、客観的に見たら、そう変わらないのかも知れない。
 でも、自分の中では、意識はすごく変わった気がします。

 どこから?
 どこからとは、はっきりと言い難い。
 いろんなきっかけが、いっぱいあった気がします。

 そういえば、ちょっと前に書いていましたが。
 四十にして惑わず、五十にして天命を知る。
 天命は、まだ分からないと書きました。
 でも、ある意味では、ちょっと分かったのかも知れないと思う。
 私だからというのではなくて、人って誰しも、きっとそうなんだなあって、思った。

 本当は、ブログネタ、満載なんです。
 そういうところを、めっちゃ書きたいですが。
 今、時間がないです。
 きっと、新しい方のブログで、書きます。

 というか。
 DM画像の締め切りが目の前なのに、作品ができてません。
 ↑アカンやん(^^;

 という訳で。
 ネタ満載のネタ、乞う!ご期待!

 もう寝ます。
 おやすみなさい。
 明日は、頑張って作ります。


# by glass-fish | 2018-11-29 02:50 | その他のタワゴト

お箸の国の人だから・・・

 昔、「お箸の国の人だもの」っていうコピーが流行りましたよねえ。
 あ、ゼネレーションギャップ?

 今朝、ワイドショーで、「ドルチェ&ガッバーナ」というブランドの上海でのファッションショーが急きょ取りやめになったという話をしていた。
 ↑ほ~、そんなブランドあったんや
 ↑↑あんまりブランド知らないもんで・・・・(^^;
 そのショーのために作った動画が、中国人の反感を買って、炎上し、不買運動にまでなっているんだって。
 実際の動画が、番組内で紹介されていました。
 「ああ、やっちまったね」
 そう思った。

 中国人らしきモデルさんが、お箸を下品に使って、イタリアのピザを食べるという、ちょっとしたおふざけ的なウイットに富んだ動画のつもりだったんでしょうね。
 まあ、作った側の人の、美意識を問われる内容だと思った。
 これを見て、中国人なら、怒らないとダメだねと思った。
 日本人なら、嫌だなあと思いつつ、笑って尻尾を振ったかも知れない。
 でも、中国人は、ストレートに怒った。
 私も見ていて、正直、胸が悪くなった。
 これは、中国人をバカにしているにとどまらず。
 同じ、お箸の文化を持つアジア人として、私たちまでもバカにされたと思った。

 で、「ドルチェ&ガッバーナ」は、まずいと思ったんでしょうね。
 その後のネット上でのやり取りが、またお粗末で。
 そのやり取りをしたのは、「私じゃない=Not me」と言い出し、それでまた、さらなる怒りを買ったという話。
 チャン・ツィイーまでが、怒って少々お下品な表現でお返ししたという顛末で。

 これは、まともに謝罪すべきだったんだろうなあと思う。
 ただ、口先でごめんなさいを言うのではなくて、中国人に対して、すごく正面から、正攻法で、ごめんなさいを言うべきだった。

 と言うのはね。
 日本人、昔、海外旅行デビューした時、必死で、ナイフとフォークのテーブルマナーを勉強して、西洋の文化に合わせようとしたはずなんです。
 相手を不快にさせないため、相手の文化を尊重するため。
 今でも、海外の人をお迎えするときに、「それは、向こうの国では、相手をバカにする行為だからやっちゃダメなんだって」とか、気を遣じゃないですか。
 確か、どこかの国では、子供の頭を手で覆うようになでなでするのは、子供に失礼にあたるって聞いたことがある。どこだっけ?

 今回のお箸動画は、そういうレベルなんですね。
 お箸を使うときに、これをすると、下品だとか、やっちゃだめだよと親から教えられて、深く深く、感覚の中に刻み込まれた物で、見ていて不快だと思える行為って、あると思うんです。
 そこを、ウイットだと勘違いしてしまった動画の製作者側。
 きっと、イタリアにもあると思うんですよ。そういう、それって直感的に見ていてアウトだよねっていう、お行儀の悪い行為。
 そういうことを、中国人モデルさんにやらせて、そういう物を公開してしまった。
 相手の文化を理解して、尊重して、お互いに良いコミュニケーションを図ろうっていう、気遣いをすっ飛ばしてしまった。
 自分たちがやったことってそうだったんだなあと、ちゃんと理解すること。
 そして、それをやってしまった自分に対して、心から恥じ入っているという気持ち。
 それに対して、心から謝罪すること。
 そして、今後は、お互いにちゃんと理解を深めて良い関係を築きたいんだという本心からの気持ち。
 さらに、それに伴う今後の行動。
 そういう一連の物がセットになって、初めて、相手に伝わるんだろうなって思った。

 「Not me=私じゃない」中国人の脳ミソがクソだとコメントしてしまったのは、アカウントが乗っ取られたんだ!
 って、やっぱりまずかったよね。
 チャン・ツィイーからは、「あなたのクソが落ちていたので、投げ返しておくわ」って返される始末。

 これって、退きで見ているから、しかも、私自身がお箸の国の人だから、中国人の怒りの意味をイタリア人目線よりも一歩深く理解できているのかなあと、思ってるんですけど。
 いや~、私も、文化の違う人と関わる時には、相手の大切なものを踏みにじったりしないように、気遣いってちゃんとできているんだろうか?って、ちょっと、考えてしまいます。

 あ、そういえば、流行りましたね。
 「世界のエリートは、なぜ美意識を鍛えるのか?」っていう本が。
 けっこう、最近では、注目されている「美意識」。
 つまり、理論も大事だけど、直感的に感じる好き嫌いって、大事なんだよ~っていう方向の流行ですよね。

 何なんや?
 何をこんなに怒ってるんや?
 っていう本質を分かろうとすることって、一見、相手のためのように見えながら、結局、自分を助けることになるんだろうなあって、思ったのでした。


# by glass-fish | 2018-11-23 10:34 | その他のタワゴト

トンボ玉体験、他

 トンボ玉体験、10月24日(水)の午前、午後に、それぞれお一人ずつ、11月3日(土)の午後に、別々のお申込みで、お二人、来ていただきました。
 ありがとうございました。
 それにしても・・・画像、なし。
 撮るの、忘れました。
 SNSに、向いてないかも。(笑)

 ところで、メールを受け取れてなかった事実が、発覚しまして。
 とんだ、不手際で、すみません。
 グーグルで作った、簡単なウェブサイトがありまして。
 https://aquagreen-glass-beads.business.site
 こちらの、「問い合わせ」というボタンから、フォームが開くので、そのフォームから、ご連絡いただけると、受け取れました。

 トンボ玉体験、まだまだ、お申込み、お待ちしております!



# by glass-fish | 2018-11-07 10:25

お出かけ三昧

 10月は、怒涛のように過ぎ去ってしまいました。
 ほとんど、作品を作っている時間がありませんでしたとさ。(^^;

 そうそう。
 工房をね、きれいにしようと思ったんです。
 それで、捨てるべきものを捨てることにして。
 まずは、市の処分場で引き受けてもらえるものを処理。
 家庭ごみと、それに準ずるごみは、取ってもらえます。
 が、ためにためたガラスゴミの処理は、産業廃棄物として、しかるべき処分が必要で。
 業者さんを探し、契約をし、分別をやり直して、肩こりで死にそうになり。
 そして、異世界みたいな最終処分場へ降り立ったんでした。

 それから、エクラ雑貨市への出店。
 エクラ雑貨市に出すにあたって、久しぶりの対面販売で、いろんな小道具等がまとめられておらず、必要なものを探し回ってまとめるのにも、けっこうな時間がかかり。
 そうそう。
 チラシづくり。
 あちこちに置いてもらうためなんですけど、エクラ雑貨市に間に合わせるべく、ドタバタ。
 チラシのデザインをしてくれた生徒さんに、とってもお手数かけてしまいました。
 ありがとう!

 それと並行しつつ、看板のデザインを作成中。
 今、私のこだわりで、写真画像を明るめに加工してもらうその加減をどの程度にするかで、止まってます。
 気になるタチな物で。

 さらにそれと並行しつつ、工房のドアのガラス煮れてもらうサンドブラストのデザインをしてもらいました。
 ちゃんとした業者さんに依頼して、で、この業者さんのデザイナーさんにデザインを起こしてもらいました。
 っていうか、生徒さんですけど。
 良い感じのが出来上がって、デザインは決定、見積もりも出してもらって。
 こっちは、完成を待つばかりです。

 エクラ雑貨市でチラシを見てくださった方の、とんぼ玉体験もし、お一人、入会を決めてくださいました。

 そして、前々から、ずっと行きたかったレザークラフトのワークショップに参加。
 これ、作って来ました。
a0163516_21270130.jpg
 ポーチです。
 材料費込で2500円。
 所要時間は、2時間半でした。
 めっちゃ楽しかった。
 手縫いで作ったので、これで、少々分厚い革でも使えるなあって、思いました。
 薄いのは、家庭用ミシンで、革用の針と厚物用の押えを使って塗ったことはあるのですが。
 深く考えずに、革ハギレパックで、けっこう分厚いのも買ってしまっていたけど、あれも使える。
 いろいろできそうな予感がします。

 でね。
 ワークショップを受けながら、初めて、何かを習うときの気持ちって、こうだったなあって思った。
 そういう気持ちを再発見できて、トンボ玉教室に生かせたらなあって思いました。


 さらにさらに、昨日は、多可町加美区轟まで、お出かけ。
 「悟空庵」で、花凛さんたちの、6人展を見て来ました。
 というか。
 話が弾んで、ちゃんと作品を見なかったかも。
 楽しい時間でした。

 そして今日。
 10月の最後の日。
 エクラ雑貨市の日に、母が介護施設を利用したので、代わりに、利用のない日と言うのをどこかに設定することになり、今日、母が家にいる日でした。
 ま、家でうだうだしててもなあ。
 で、母を放って、家で事務仕事をしても良いんだけど、それもなあってことで。
 お出かけしました。

 母を連れて、姫路皮革祭りへ。
 姫路の大手前公園で、全国陶器市と姫路お菓子祭りが、一つの会場で開催されていて。
 お菓子を見て、日常使いできる抹茶碗を買って、革を見るだけ見て満足し、お菓子をお土産に買って。
 あ、証拠写真。
a0163516_21292076.jpg
 ってことで、姫路城と三角のテントが、背後にちょこっと映った写真。
 母の満面の笑み。
 楽しかったです。
 帰って来て。
 「楽しかったなあ。何が一番楽しかった?やっぱり、試食?」
 「そうやな。」
 そうかいそうかい。
 おせんべいの試食が、一番楽しかったんですってさ。
 結構行ける!
 車イスでも、どうにかなる。
 トイレって、コンビニにバリアフリートイレがあるので、いざというときは借りようと思ったけど、今回は借りないで終わった。
 大手前公園地下駐車場の入口の、車いすマークが小さすぎて、見落として、右往左往したけど。
 ま、何とかなりました。
 すっかり自信を深め。
 行ける!
 と、母に同意を求めたら。
 返事がありませんでした。(^^;
 何か、私のこと、信用していないらしい。
 大丈夫や、ナビあるから。

 そんなこんな、10月も終わろうとしている。
 11月がやって来ます。
 また、一つ年を取るんやなあ。(^^;
 何か、この頃、ドタバタしつつも、日々楽しい。
 11月1日2日、この2日間は、久しぶりに、まじめに作品を作ります。
 もう、次の作品展に向けて、ある程度形にして行かないとまずい時期な物で。
 看板、ホームページ、まだ、一山ありそうですが、11月は、作品作り月間にします。

 がんばろう!っと。

# by glass-fish | 2018-10-31 22:04 | その他のタワゴト

エクラ雑貨市、2日間、目いっぱい、楽しみました!

 エクラ秋雑貨市2018、終了しました!
 お越しいただいたみなさま、お買い上げいただいたみなさま、また、チラシを受け取って下さったみなさま、本当に、ありがとうございました!

 が、しかし!
 撤収は、予想通り。
 多分、ビリから3番目に、搬入口からジタバタと出ました。(笑)
 ↑絶対、ダントツのビリだと思ったけど、そこは違った(^^;
 スタッフの皆様方、ご迷惑をおかけしました。ありがとうございました。

 エクラ雑貨市。
 地元開催のイベントであるところが、やはり大きなポイントです。
 ちゃんとレイアウトしてもらって、印刷してもらったしばらく使う予定の教室のチラシと、今回のみ限定の体験のチラシ(自分でパソコンで作ったやつ)の二枚を、配りに配った。
 そして、しゃべり倒した。
 残り、一時間くらいを残したところで、体験チラシが底をついた。
 200枚を、配り終えたってことです。
 みなさんが中身をご覧になって下さるかどうかはともかく。
 新聞の折り込みチラシも、けっこうスルーするのがあることを思うと、手渡しの方が、なかみを見てもらえる確率はきっと高かっただろう。
 いや~、頑張った。

 「そうそう、※※※の前の、〇〇〇の隣と言うか、端と言うか、中というか、あたかも倉庫のようにして立っているガレージが、工房なんです。」
 「え~?〇〇〇の隣?」
 そう、多くの人は、お隣は分かっても、ウチの存在を知らない。
 看板上げてないですから。
 と、そんなトークがつなげるところも、地元ならではですが。

 確かに、たった2日。
 そして、200枚余り。
 それでも、とんぼ玉教室を探したことがあると仰った方が、3人はいらっしゃった。
 トドメは、2日目の、体験チラシが切れてから、教室チラシだけをお渡ししたお嬢さん。
 「とんぼ玉教室を探したことがあったけど、近くにはないんや。ここからやったら、三宮か豊岡に行かんとないんやなあって。」
 というお言葉。
 何とリアル!
 本気で探したんですね。
 三宮と言えば、とんぼ玉ミュージアム。
 豊岡と言えば、TASUKUさん。
 そうか、そこは出て来たんやね。
 そして、小野にあるウチと、私が行っている神戸新聞文化センター加古川は、出てこなかったと。
 やはり、ネット検索にかからないところは、この世に存在していないのと同義なんだ。

 いつから、そんな状況だったのか?
 その間、新しくウチへやって来た人は、どうやって見つけたのか?
 確かに、何かのはずみで知り合いの方が知っていて、口コミで聞いて、ピンポイントで検索をかけた人はいた。
 最近入った若いお嬢さんは、検索の時期が、私がホームページに「メタ」を埋めた後だったんだろうか?
 そしてお一人は、小湊さんからの紹介。
 そりゃ、ご新規が増えんはずやわ。
 この世に存在していないんやもん。
 連絡の取りようがない。
 せめて「メタ」を埋めろと私を叱った生徒さんは、正しかったのだ!

 しかも、せっせとアクセスを稼ぐべくアップしていたこのブログに、ちゃんと、「#とんぼ玉教室」「#兵庫県小野市」というタグを付けてはいなかった。
 致命的や。
 物を知らないにもほどがある、私。

 そんな決定的な情報を、エクラ雑貨市も終わりかけに知って。
 俄然やる気が出て来た!
 そうか!
 まだまだ、すべきことをしていなかった。

 そんな有意義な2日間。

 なんか、出展者の方とも、ちょっとお近づきになれて、嬉しかった。
 2人とも、市内の人だった。
 どこでビビッと来るのか、なんか、グイッとひきつけられるところがあるなあと、説明会の日の交流会の時に思った。
 あと数人、気になる人はいた。
 もしかしたら、何かのきっかけで、お近づきになれる日もあるかも知れない。
 今から、楽しみにしておこうっと。

 最初は、火を使う許可が出なかったことを、けっこう愚痴ったけど。
 まあ、体験するなら、一人じゃ無理だし。
 今回は、チラシ配りメインで、無理なく行けたってとこでしょうか。
 でも、エクラ雑貨市は、おもしろい。
 小野市民として出すから余計にそう思う。
 ワークショップそのものとか(火を使わないネタも、あるんですよ)、先々に考えているワークショップの宣伝とかもできるし。
 ほんと。
 何か、おもしろいことのきっかけを作れる気がする。

 子供の頃、お絵かきが習いたかった。
 ぽっちゃりで運動神経が絶望的なことになっていたので、まさか本当にやろうとは思ってなかったけど、ちょっとバレエなんていうのにも憧れた。
 でも、近隣にある習い事は、お習字、算盤、オルガン。
 大人向きなら、お茶、お花。
 小野で、とんぼ玉教室をやろうと思ったとき、親の土地があるからと言うのは、大きな決め手ではあったけど、仕方なくではなくて、敢えて、地元でやりたかった。
 田舎にも、いろんな習い事があって良いと思った。
 今、何か、この2年のあれこれで、良い感じに力が抜けて、そういうところ、もっと楽しめたらなあって、思うこのごろです。
 せっかくだから、小野でも、楽しいことが一つでも多かったらいいなあと思います。

 そうそう。
 それから、お客さんから、声を掛けられました。
 ほっそりとした、髪の長い、美しい女の人。
 「間違ってたら、失礼になるかもしれへんけど、もしかして、同級生と違うかなあ?」
 え?
 私より、明らかに若いと思うけど。
 まあ、そんな変なやり取りを2~3言交わしていると。
 学年も、中学校も一致。
 「え?名前・・・・・」
 彼女の方は、私のチラシの名前で気づいたらしく。
 旧姓を聞いてみると、良く見たら、そう、同級生でした。
 名前を聞いた途端、顔を見て、髪型違うけど、はっきりと面影があって、当時の彼女のことも、動画で蘇ってきた。
 そう思って聞くと、話し方も、当時のままだった。
 嬉しかったです。
 本当に、地元って、すてきだ!

 で、いろんなことで、ちょっとウキウキしながらの帰り道。
 スーパーで。
 一か月くらい前に、見かけた時に思い切って声をかけた同級生とまた会った。
 で、話し込んだ。
 それも、楽しかったです。

 赤毛のアンの中に出てくる。
 人生は、何気ない平凡な一日が一粒の真珠みたいにつながった物だって。
 そんな感じ。
 何気ない平凡な一日は、結構幸せなもんだと思う。
 あ、延々、脱線しました。

 そんなこんな、エクラ雑貨市2日目。
 楽しく終了しましたとさ。

 あ、体験のお申込み、お待ちしております!
 とりあえず、今のところ、2件、お申込みいただいております。
 まだまだ、余裕あります。
 ぜひ!


# by glass-fish | 2018-10-22 23:29 | 対面販売、手作り市、弘法市

エクラ雑貨市、一日目終了しました

 エクラ雑貨市、一日目、終了しました。
 チラシ、どんどん配りました。

 あ、チラシに記載しているホームページは、近日、アップ予定です。
 ホームページを作ってもらっているのですが、そこに割り込みをかけて、チラシを急ぎ作ってもらったので、その分、ホームページの完成が、ずれ込む形に。

 教室のご案内は、前からある方のホームページをご覧ください。

 メールアドレスも、そちらのページに記載してます。
 もしくは、チラシに記載された携帯電話の番号へ、ご連絡ください。

 配っていて、思ったのが。
 やっぱり、地元では、圧倒的に知られてなかった。(^^;
 たまに、お手製の看板に気づいてくださる方もいらっしゃったのですが。
 閉め切って製作していたり、教室をしていない土日はいなかったりで、今もちゃんとやっているのか、良く分からなかったと仰る方が多く・・・・・・アカンやん。
 とにかく、今は、存在を知ってもらいたい。

 今来られている生徒さんのお一人は、手作り市出展に熱心なかつての生徒さんが配った私のお手製のチラシを見た人から、地元にとんぼ玉教室があるよという口コミで、存在を知って、ホームページで探し当てて来て下さった。
 そう。
 チラシを見てくださった方だけでなく。
 存在を知ってもらったら、やってみたい方に当たるかも知れない。
 そう思って、配って配って配り。
 80枚くらいは、配ったかな。
 明日も頑張ろうっと。

 体験のお申し込みも、お待ちしております!


# by glass-fish | 2018-10-20 23:00 | 対面販売、手作り市、弘法市

エクラ雑貨市、かなりイイかも・・・・・・

 
 エクラ雑貨市、前日搬入に行って来ました。
 前日搬入までしている人は、半分以下かな。
 ただ、なんかいい感じな気がします。

 10月3日(水)の説明会の交流会、え~?とか、思っていたけど、何人かの方とお話できたし、それぞれ、少しずつ、ご自分の作品を持って行って、名刺と共に並べていて。
 そういう人は、きっと良いんだと思う。
 私も、時間が後半にかかったところで、作品を並べて、名刺を置いた。
 そういうところにも現れる、積極性みたいなものが。

 今日の前日搬入、まだまだ、前日から来る人は少ない。
 でも、既に、商品まで並べ終わっている人がいて。
 そのブース、見せてもらいました。
 そこには、他の人も、集まるともなしに集まっていて、楽しくお話。
 「流行ってんねんな、こういうの。」
 「そうそう」
 「次は、ラマが来るらしいで」
 ラマ?
 ラマって、あのラマ?
 何故にラマ?
 って思ったら、「世界は欲しいモノにあふれている」の録画見てたら、出て来ました。ラマ。
 これを、チェックしてはったんやなあ。

 秋のエクラ雑貨市は、倍率凄かったんですって。
 なにせ、集客力のある産業フェスティバルと一緒にやるもんで、人出が多い。
 で、エントリーもすごい。
 なので、きっとレベルが高い。

 で、その倍率で、私が出せるというのは、きっと小野市民だから、優先されたんだね。
 火を使う許可が出なくて、トンボ玉体験できない一件は、かなり、担当者の人に咬みつきました。
 ↑おいおい、良いトシして
 ↑↑カリカリしたら、更年期とか、言われるで(^^;
 でも、ダメだった。
 ただ、会場の様子を見て、もう一回食い下がってみようと思う。来年に向けて。
 安全上、可能な場所をもらって、ブースを2つくらい借りて、スペースに余裕があれば、できると思うんです。
 だって、楽しい方が良いでしょ。
 盛り上がるネタ、一つでもあった方が。
 バーナーダメなら、来年は、フュージングとか、やろうかな。
 今年は、もう間に合わないから。

 そんなこんなで。
 盛り上がると良いな。
 自分ちの店番に、つい夢中になる人なんですけど。
 周りも見たいですね。

 ちなみに、産業フェスティバルには、低糖質ジェラートの「パスコロ」さんも、出展されます。
 横着なようだけど、店番の合間を縫って、買いに行こうかと、画策中。
 買えなかったら、電話して、帰る時までお取り置きしていてもらおう。
 初日に買って、持って帰って、冷蔵庫に入れて。
 2日目、イベントが終わって帰ってから、母と食べよう。
 ↑介護施設で、珍しく、2泊してもらう予定
 ふっふっふ。
 仕事忘れて、楽しみそう。

 いや。
 準備のプレッシャーは大きかったけど。
 大道具小道具運び終え。
 どこに何を並べるか、段取りも済み。
 持って行く物も欲張らず、エエ感じに絞って。
 すっかり、安心してしまった。
 後は、当日。
 久しぶりの対面販売に、血が騒ぎます。
 お仕事の方も、目いっぱい、楽しんで来ます。

 みなさま、秋のエクラ雑貨市2018ぜひ、お越しください。
 ブース番号18番。
 市民交流ホールの、入り口付近です。
 お待ちしてま~す!


# by glass-fish | 2018-10-19 21:48 | 対面販売、手作り市、弘法市

期間限定とんぼ玉体験 IN ガラス工房アクアグリーン

 期間限定のとんぼ玉の製作体験のご案内です。

 11月20日(土)21日(日)のエクラ雑貨市で、とんぼ玉製作体験をするはずだったのですが、担当部署の方からの火を使う許可が出ませんでした。
 以前に出展した時は、体験したんですけどね。担当の方次第のとこありますねえ。
 という訳で、体験は、後日工房内で、という形にしました。
 場所は、ガラス工房アクアグリーンで。

 製作日との兼ね合いで、体験受付の日程は、以下の通りです。

 下記の水曜日、10時30分~16時。
 10月24日、11月7日、14日、21日、28日。
 下記の土曜日、13時30分~16時。
 11月3日、17日。

 とんぼ玉1個製作、1500円。追加製作1個につき、500円。
 アクセサリーへのお仕立て、300円~1000円。

 と、ここまでは、チラシでご案内した通りです。

 とんぼ玉体験のお申し込みの際は、ご都合の良い日のご希望の開始時間を、お知らせください。
 当日、ご説明、ガラスの色を選んでいただく時間、製作時間などで、体験の時間は、
30分~1時間くらいになります。
 2~3人で来ていただいた場合、ご説明、ガラスの色を選んでいただく時間は、ご一緒にできますが、製作は一人ずつですので、作られるとんぼ玉の個数だけ、お一人の時よりも時間がかかる感じになります。
 冷めるのに1時間くらいかかりますので、体験終了から1時間後以降のお渡しになります。
 工房は、17時10分まで開けていますので、16時体験終了の場合、17時お渡しまたは、後日お渡しになります。

 お申し込みは、ホームページの教室案内にあるアドレスまで、メールをいただくか、チラシに書いてある携帯番号へ、お願いします。
 携帯電話の場合は、前日までにご連絡ください。
 メールの場合は、夜にメールチェックを行い、返信いたします。ご希望の時間の空きがあれば、受付可となりますので、数日の余裕を持って、ご予約下さいね。

 それでは、お申込み、お待ちしております!

 後ほど、連絡先が分かりやすいように、更新します。
 今日のところは、時間がないので、概要のお知らせのみ、取り急ぎ。


# by glass-fish | 2018-10-19 02:16 | とんぼ玉教室

久しぶりのイベント出展に・・・・・

 エクラ雑貨市、いよいよ、12時間後に、前日搬入。
 時間が1時間だけなので、ディスプレイ機材のみ、先に搬入し。
 作品などは、初日の朝に搬入します。
 近いし。

 それにしても。
 数日間、準備にかかりっきりになってしまい、全くバーナーに触れておらず。
 ということは、大物の新作はありません。
 ごめんなさい。

 そういえば、4月のふく蔵さんの作品展では、ネコのインプロージョンをちゃんと出してないので、ネコのインプロージョンのペンダントトップなんかは、新しい。
 でも、大物っていう感じではないかなあ。
 作るの、苦労したんですけど。

 そうそう。
 このブログは、愚痴です。
 イベント出展、ブランク感が大きくて、しんどいです。
 毎月、東寺の骨董市に出していた頃。
 朝2時半起きで、3時半出発で、4時半京都到着でコンビニのパスタで朝ご飯、5時開門、お店の設営。
 もう、できないと思う。
 ああ・・・・・
 それでも、毎月なので、小道具大道具が、決まったところに決まった通りスタンバイされていて、事前準備は、もっと最小限で済んだ。

 エクラ雑貨市の準備は・・・・・・
 どんなふうにブースに並べるか、それも決めてない。
 東寺へは、弟と2人で行っていた。
 2人がかりでも、あれこれ欲張ると、設営と撤収に、時間がかかっていた。
 ましてや、一人。
 絶対、あれもこれも出そうと思ったら、時間がかかり過ぎる。
 という訳で、まじめに、持って行く作品自体、絞りました。

 久しぶりに、フュージングとかの在庫を見ていると。
 ああ、これは売れると思うけど、これは無理かなあと、冷静に見ている自分がいる。
 あの頃には、退きで見られなかったから、余計に分からなかった。
 そう、今見ても、ときめく物がある。
 一方で、ときめかない物もある。
 きっと、こういうのは、処分したほうが良いんだろうなあ。
 きっと、こういうのを、手作り市で、お買い得で出してしまえとか思ったら、ダメなんだろうなあ。
 だって、狭いスペースだし、ときめく物だけ並べたら良いのに。
 ときめかない物で、場所を狭くすると、ゴミゴミして、ときめく物にも、ときめかなくなってしまう気がする。

 服なんかだと、ときめく物がなくても、手持ちの物がダメになったら、とりあえず、トキメキ感がそこそこの物でも、必要だったりする。寒いし~とか。
 アクセサリーは、なくても良い。
 ときめく物だから、必要なんだよね。
 ときめかない物は、どんなに安くても、買う理由がないと思う。
 先日、服を買いに行って、ときめかなかったから、何も買わなかった。
 20%オフと言われてもねえ。
 着ない物を買っては、むしろ勿体ない。
 いや。
 アクセサリーだと、もっとやな。
 そんなことを考えていた。

 今回、間違ってときめかない物を持って行ってしまったら、並べないことにしました。
 でも、今は、判断できない。
 眠いです。
 ↑寝た方が良いよ

 という訳で。
 大体、小道具大戸雄具の準備は、できました。
 搬入、頑張ろうっと。

 みなさま、20日(土)21日(日)、小野市うるおい交流館エクラにて、お待ちしております!

# by glass-fish | 2018-10-19 02:15 | 対面販売、手作り市、弘法市