人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

欲しい物が、いっぱいなんだけど・・・・・・

 今は、まだ買えない。(TT)

 実は、ちゃんと調べてもらうと、携帯の解約金がかからない更新月というのが、来月でした。
 で、ケイタイはお預け。
 でも、一旦気になりだすと・・・・・・
 その上、弟が、
 「何年振りかに変えるんやから、そんなに節約せんでも、ちょっとはエエのん買うたらエエねん。」
 って、言うので、あれこれ、欲しくなってきた。

 今朝の新聞に各社、新しいスマートフォンを・・・・・・なんて記事があって、めちゃ気になったんだけど。
 調べてもらうと、スマートフォンは、ほとんど、私が今回変える最大の理由になっている機能が付いていないんだそうで。
 泣く泣く、却下。
 2年待ってれば、別の解決策が、登場したりするんだろうか?

 と、そんなこんなで、近所のケイタイ売り場では、今月と来月では、セールの内容などがあんまり変わらないようで。
 だったら、これが欲しいって、ほぼ決めた。

 しかし・・・・・・
 そろそろ、テレビとブルーレイを買おうと思ってるんだけど。
 ↑アナログで見られたら、買い換えない派なので、必要性に迫られないと、腰を上げない
 ケイタイの出費が痛いなあ。

 さらに、内容的に、今、必須ではないから、まず変えないってもので、ケイタイの次に気になる家電が、出てきた。
 それは、サンヨーの米から作れるホームベーカリー。
 さっき調べに言ったら、11月11日発売で、予約開始、49,800円。
 エエなあ。
 こういうの、ポン!と即金で買える甲斐性が欲しい。

 こないだ、池上さんの番組を見ていると、これからの日本を救う食材っていうのの一つが、米だった。
 何でも、小麦が全部米に置き換わると(?)、食料自給率が、40%から、51%に上がるんだとか。
 そうねん、私も、米粉関心ありありやねん。

 この頃、米粉のロールケーキなどが、普通に作られ始めた一つの理由が、製粉技術が開発されたかららしい。

 稲を刈って、乾燥して、籾から殻を除いたら、玄米という状態になる。
 玄米を、精米すると、白米になる。
 この精米の段階でも、摩擦熱が発生する精米方法だと、酸化が進んで、味が落ちるんだそうで、最近は、精米の技術も進んでいる。
 また、玄米の状態でも、夏を越すと、酸化が進んで味が落ちる。
 そこで、米用冷蔵庫なんてものが登場する。
 ↑我が家では、発泡酒を冷やすのにも重宝している
 ↑↑11~13℃くらいに冷えるのが、ちょうどエエねん
 この冷蔵庫で、玄米の状態で保存すると、酸化が進むのを抑えることができる。

 余談ですが、玄米を精米した後の糠に含まれる栄養成分は、どうも、抗酸化作用のあるもののような気がして。
 ぶどうの皮のポリフェノールといい、植物って、果実を参加から守ろうとしてるんやなあって、思ったりするのだ。

 ま、そんなこんなで。
 今までは、米粉と言っても、摩擦熱を生じさせずに製粉すると、けっこう、粒子が粗いものしか無理だったのが、最近では、小麦粉と変わらないくらいの粒子に製粉できるようになったらしい。
 だからこそ、使い道が広がったんだって。
 そうか~、ロールケーキから、パンまで、いろいろ作られているもんねえ。
 もしかしたら、フォーとか、ビーフンなんかでも、レシピを増やしたら、米粉の麺なんかも、消費が増えるかも知れへんなんて、思ったりして。

 やっぱり、兼業農家の娘としては、米があまるから減反したら、補助金当たるっていう、あの記憶が、頭の隅っこに、ずっといてるんだと思う。
 しかも、減反は、町単位で取り組んで、町単位で、目標を達成しないと、裏切り者が何割も出ると、減反した農家に補助金が出ない。
 町内の皆さんに迷惑をかけるから、自分だけ勝手をする訳にはいかないって、みんな思うの。
 定住型で、そこでずっと、ご先祖様の代から暮らしてきた農家の人たちには、ものすごく、効果的なやり方で。
 ああ、中学の時に社会科で習った、江戸時代の隣組とか村八分とかいう政策を、思い出させる。
 この、強制されて、操られている感が、妙に腹立たしい。
 農家を何やと思てんねん!?
 って、子供心に思ったものでしたよ。

 と、脱線しまくり。

 そんなこんな背景もあって、米粉にしなくても、米を投入したら、パンが焼けるですって!?
 なんとすばらしい!
 サンヨー偉い!!!
 って、めっちゃ反応したのは、私だけではないはずだ。
 多かれ少なかれ、米を作る農家が、そんな風な思いを共有していたとしたら、初回の販売の予定数が、5000台なんかで足りるわけないやんかいさ!
 ↑うちは、まだ買えないけど

 話はまた変わるんですが。
 米粉のロールケーキは、ホンマに、好評でよく売れているんだそうだ。
 が、話題になった、地元の米粉のパン、今も作られ続けているはずなんだけど。
 2~3年前に食べてみた。
 実は、私には、おいしくなかった。
 ごめん~!
 正直すぎて。(TT)

 何がいけなかったかというと、主には、匂いです。
 パンを食べたとき、いろんなおいしいにおいがする。
 その一つが、イースト発酵で生成されるアルコールの香りなんだって。
 アルコールは、(苦手だった)化学の時間に習った内容によると、芳香族というのに入るんだって。
 そう、アルコールは、人間にとって、おいしいにおいなのだ。
 ところが、米粉のパンでは、この匂いが、あんまりしなかった。
 それと同時に、古米の匂いがした。
 つまり、酸化の進んだ米の匂いがした。
 ごめんよ~。
 ホンマに嗅覚鋭いねん。
 そんなわけで、米粉の食パンは、あきまへんでした、私には。
 一方、ちょっとバターの香りなんかがつけてある、ちょっとこげっとした方のパンは、まあ、合格でした。
 期待が大きかった、兼業農家の娘としては、かなり落胆した。
 おいしいって、絶対条件やん!

 そこで、私としては、試してみたい。
 父の自慢の新鮮な米、または、冷蔵庫で保たれた状態のよい米で作った、米のパンだったら、おいしいんじゃないのか?
 米粉のパンだって、発酵させているんだから、アルコールの匂いはするでしょうって、疑問も、やっぱり消えてなかったりして。
 コマーシャルでは、江角マキコが、米と水を投入していた。
 この水を少し減らして、おいしい日本酒を仕込んで焼いたらどうなるんやろ?

 そういえば、KCCでお世話になったとある方が、健康オタクで、玄米とゴマとキナコを毎日食べていて、おっそろしく、血液検査等の値がよくて、お肌ツルツル、声にもハリがあって、元気はつらつで。
 それを知ってから、玄米食にも興味があったんだけど。
 おいしくないから続かなかった人が、身近に2人いて。
 玄米と材料を投入したら、玄米食パンなんかは、作れないんでしょうかねえ?
 それが、もしもおいしくできたら、めっちゃ付加価値のある、主食になりうるのに。
 日本人、みんなが、お肌ツルツルになるねんで!
 ↑例のあの人のツルツルの理由がホンマに玄米やったらね
 エエなあ。

 なんにしろ、発売が楽しみです。
 評判が良さそうなら、いつかは買いたいホームベーカリーなのであった。

 さて、我が家の稲刈りは、これからです。
 この夏の酷暑の影響は、どんなもんなのか。
 農協に出す米の袋にハンコを押す父を見ながら、そんなことを思うこの頃でした。
by glass-fish | 2010-10-08 00:42 | 日常