人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

大阪梅田へ

 昨日は、KCC三宮の日でした。
 で、少々、用事があって、教室が終わってから、ロペックスへ行ってきました。

 急ぐので、JR三ノ宮駅から、JR大阪駅に向かいまして。
 大阪駅の中央口の北側から出て、ヨドバシカメラの横の道を、地下通路の入り口の側まで、歩きました。
 右手には、ヨドバシカメラ、左手の工事中の壁の向こうには、たくさんのクレーンが。
 大きな構造物は怖いので、ぱたぱたと、急ぎ足気味で。

 地下通路(空中庭園のあるビルに行くための入り口)の入り口のちょっと横に、暗証番号のキーがついたドアがあり、そこをくぐり。
 草叢の行き止まりに向かって歩くと、見えてくる次のドアをくぐり、ちょっと歩いて、次のドアをくぐり、また、行き止まりに向かって歩き・・・・・・・目線を上げて周囲を見回すと、空中庭園のあるビルや、建設中の伊勢丹ビルなど、きれいなビル群が、ぐるりと取り巻いている。
 あたりが薄暗くなってきているので、ビル群の窓に煌々と明かりがともっている。
 と、そんな梅田の真ん中で、へんな迷路みたいなところを歩いて行く。
 まるで、SFのワンシーンみたいやん。(^^)

 そして、目の前に現れた、大きな倉庫の一角に、ロペックスがある。
 ↑倉庫まん前に立ってから、どこだか分からなくて、迷いました
 ↑↑2~3回角を折れると、あっさり方向を見失う体質なもんで(^^;

 たまにしか、大阪駅で降りないもんで。
 この頃は、降りるたびに、変貌振りにびっくりします。
 大阪最後の一等地と呼ばれている、梅田北ヤードの中に、今はロペックスがあります。
 工事現場の真ん中にあると言ってもいい感じ。
 最終的には、このへんは、みんな開発されて、何だか知らない場所になります。

 帰り道、例の暗証番号のついたドアから、地下通路入り口のまん前に出ると、仕事帰りの人で一杯です。
 どこから湧いてきているのか?くらいの勢いで、スーツ姿のできそうなサラリーマンと、できそうなキャリアウーマンたちが、ざくざくと靴音を立てて歩いていく中に、1人、Gパンでスニーカーで、こっそり紛れ込む。
 私にとっては、ちょっと非日常な感じで、何だか、ワクワクします。
 しかし・・・・・・いつまで、方向を見失わずに、梅田を歩けるだろう?
 きっと、もうちょっとしたら、かなり訳が分からない場所になるんだろうなあ。
 あっちこっちで、工事してるから。

 で、結局、素通りできず、紀伊国屋書店で、本を買って、阪急電車に乗りました。
 ああ、でも・・・・・・
 やっぱり、住むには慣れた田舎が一番さ。(^^)

 と、こんな、不思議な景色に出会いたい方、ロペックスへ行くなら、夕暮れ時がお勧めです。
 ↑営業が終わりそうな時間に行くなんて、怒られても知~らないっと(^^;
by glass-fish | 2010-10-29 00:38 | 日常