人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

特技

 この2日ほど、暖かいなあと思っていたら、ランちゃんは、既にめっちゃ暑そうです。
 犬やもんなあ。
 毛皮着てるもんなあ。
 しかも黒いもんなあ。

 と、そんなこんなで、日々、お散歩に出かけるわけですが。
 リール式のお散歩リードを愛用しています。
 最大5メートルまで伸び。
 ランちゃんが近づいて来たら、シュルシュルシュルと巻き取られて短くなり、遠ざかるとほとんど抵抗を感じないくらい軽く伸びます。
 快適です。
 これなら、離して散歩をしているのとあまり変わりません。

 ランちゃんのしつけは、そんなに厳密でなくても、どうにかなりつつあります。
 夜は、倉庫の端っこに入れているのですが、ほとんど、そこでおしっこをすることがなくなりました。
 これは、しろと同じで、犬って、結構そういうものらしく。
 あんまり我慢させすぎないように、気をつけないとなあと思うこの頃。
 他にもあれこれ、私が、ランちゃんの行動をどう思っているのか、比較的分かりやすく表現しておくと、そこそここちらの顔色を読んで、私が嫌がることをしなくなりつつあります。
 「ダメ」「コラ」「よしよし」「えらいえらい」は、分かっているようです。
 他所の犬のウンチをクンクンしたりとかは、ほぼなくなりましたねえ。
 大人になるってこういうことなのね。
 えらいえらい、ランちゃん。

 そんなランちゃんですが。
 唯一、作為的に、しっかりしつけないとと思っていることが一つ。
 散歩コースの大半が田んぼ周辺のため。
 「他所の田んぼには、入らないで」
 ただし、農閑期のウチの田んぼになら、入って良し!
 犬にしたら不思議でしょうねえ。
 なんで、同じような場所なのに、ここは良くて、ここはダメなのか。
 でも、入ってよい田んぼ、3箇所は、覚えつつあります。

 その一つ、「亀脇」という田んぼは、川沿いにあって。
 そこでランちゃんのリードを外す。
 川の堤防の土手に座って、ランちゃんが前の日に持ってきていた、稲の切り株を、えいっ!っと田んぼに向かって投げると、ぴゅーっと走って、取りに行く。
 目標の株をくわえて、戻ってきて、うれしそうに尻尾を振る。
 これは、犬の本能らしく、教えなくても「持って来い」ができる犬はいるのだそうだ。
 すごいよ!
 ただし、これ、私が投げたのが落ちた、隣の株なんだけどね。
 結構、その辺は気にせず適当です。
 ま~、田んぼの中は、株だらけやからなあ。
 おおらかに、育っている気がします。(^^;

 そうそう。
 これから、農繁期に備えて、ランちゃんには、「お水ダメよ」を、教え込みました。
 最初は、直接川まで降りて行って、川の水を飲んでいたんですよ。
 ま、水道水よりも、いろんな水草の香りとかするし、美味しいんでしょうかねえ。
 でも、この頃は、川の水をほとんど飲まなくなりました。
 農繁期には、肥料とか農薬が入るからねえ。
 農閑期は良くて、農繁期はダメ、それって、犬には説明し難いし。

 こうして、ランちゃんとウチの人たちの間には、独特のルールができてきて。
 ランちゃんはたまたまやってきた犬だけど、今となっては、他の犬とは違う、ウチの犬になっていくんですよねえ。

 そうそう、明日は、予防接種の日だよ。
 ご近所の犬と、出会えるかなあ。(^^)
by glass-fish | 2011-04-08 01:31 | 日常