人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

藪にヌードル

 今日、ランちゃんの散歩から帰って来ると、ウチの家の前の道で、前のお家の小母さんとお隣の小母さんが、立ち話中だった。
 ↑ウチの母より年上

 そこで、挨拶をした。
 ランちゃん、大きくなったねえなんて話も。
 で、突然話題が変わり。
 「そうや、藪にヌードル、おったやろ」
 「え?」
 ↑混乱中
 すぐに、想像図が頭の中に浮かぶタイプな物で。
 「ヌードルですか?藪に?」
 お隣の小母さんは、私がヌードルの写真を撮っているとか、前の小母さんが、カメラなんか持ってないやろとか、お隣の小母さんが、いや、こないだ撮ったのを見せて貰ったとか、言っている。
 私はというと、その前で、フリーズしていた。
 ヌードル・・・・・・藪に?
 写真を見せた?
 「あ!ヌートリア!川にね。」
 ↑帰化動物で、害獣
 ああすっきり。(^^;

 後で思えば、前のお家の小母さんにも、ケイタイカメラの画像をお披露目したら良かったと思ったんだけど、ちょっと前のになるので、携帯からパソコンに移し変えた後だった。

 話はこうだ。
 お隣の小母さんの作っている畑に、ご近所のオッサン(←扱いの違いは気にしないで)の畑で作っているスイカの、中がきれいにくり抜かれて食べ終えた皮が、転がっていたのだそうだ。
 小母さんからしたら、自分が盗ったと思われては、とんだ濡れ衣だ。
 このオッサンが、うるさい人で。
 自分が作っている畑に、激しく大げさな囲いをこさえてしまい、ついには、上空からも進入できないように、網まで張ってしまった。
 ↑網が張られる直前、ガーデニングで使うラティスを囲いにした時点で、地面のところを少し掘ったら、簡単に下から侵入できる状態だった
 ↑↑ランちゃんが疑われてば不本意と思いつつ、甘いぜ!と思った
 後に、それが、ヌードルじゃなかった、ヌートリアのせいだと、判明したらしい。
 小母さんの説明によると、川から上がってきたヌートリアは、小振りのスイカを前足で器用に持って、二足歩行でスイカを運んで、畑から少しはなれ、中をきれいに食ってしまうのだそうだ。
 その、少し離れた場所というのが、小母さんの畑だった。
 被害は、スイカにとどまらない。
 そこで、あの激しい囲いとなったわけだが。
 オッサンは、それでは治まらず、罠を作った。
 父は、世間話でそのオッサンから話を聞いて来て、私にこう言った。
 「罠作って、上に魚の頭を仕掛けてあるらしいから、ランが興味本位に近づかんよう、気ぃつけとけ。」
 「分かった。というか、あれほど囲われた中によう入れんわ。」
 ↑見るからに、ややこしそうやもん(^^;
 後に、罠には、ニュータウン(ウチの町内からは、田畑の広がる谷を挟んで南にある)の人が飼っている猫が引っかかったのだそうだ。
 気の毒。(TT)
 で、以前、畑のところで出会った時、小母さんと、ヌートリアの話になり、以前ランちゃんが見つけたヌードルじゃなかった、ヌートリアの画像を、小母さんに見せたのだった。
 その後、罠は、程なく撤去された。
 なぜなら、裏をかかれ、魚だけ盗られて、肝心のヌートリアとカラスを捕まえることができなかったからだ。

 しかし、また、何かあったのか?(^^;
 台風やら大雨やらで、川の底の形が変わるほど水が出てから、ヌートリアとは、一度も会ってないけど。


 コネタ集になってますが。
 昨日の散歩の時に、こんなん、見つけました↓

a0163516_0174779.jpg


 キツネノ・・・・・なんとかいうキノコだそうだ。
 今日には、萎れていました。

 コネタ、その3。

 今朝というか夜明け前、廊下を父がブツブツ言って歩いている。
 ん?
 父は、祖母の隣の部屋で寝ているはずだが、何故ここに?
 「なんかえらい音しよるぞ」
 果たして、隣の部屋で寝ている母に言っているのか、私に言っているのか?
 無視してもかわいそうなので、起きた。
 「南の方が真っ赤で、なんか、えらい音がする」
 「音なんかする?って、こっち、(廊下の)北の窓やけど」
 ↑私も大概寝ぼけている
 ということで、南の部屋に移動。
 「え~!」
 ホンマに、真っ赤でした。
 物音もしている。
 大阪暮らしで鍛えられて、寝ているときの物音には、ホンマに鈍感になっていて。
 「火事?」
 「それにしたら、偉い真っ赤やないか?」
 「たしかに。」
 「時折、急にもっと明るなるねんや。」
 なるほど、アニメのナウシカの1シーンのように、光が脈打つかのように、時々、強くなる。
 やけに敏感な割に、非日常的な場面での行動力のない父。
 前のお家の屋根で、良く分からないので、着替えて双眼鏡を持ち、景色が開けたところまで、1人で歩いていったが、山の向こうに見えていて、良く分からなかった。
 至近距離でないのに、車で見に行くのは、野次馬が過ぎる。
 帰ってみると、父は寝ていた。
 ↑おいおい(^^;
 周囲では、どこかの町の地元消防団を召集するサイレンが鳴り始め、消防車の音もしはじめた。
 と、そんなこんなで。
 山の向こうの町のスプレー缶の工場で、爆発があって、一時、周辺住民50人が非難。
 工場と周辺の家、計三棟が全焼。けが人は無し。
 ということだったんだけど。
 眠くて。
 朝起きたら、家族みんながニュースを見て知っていたけど、私だけ寝坊して、ニュース映像を見損ねた。
 もちろん、敏感に起き出したのは、我が家では父のみ。
 何かの時に、寝ていて、危機に見舞われるタイプだろうなあ、私。(^^;

 以上、コネタ、三連発でした。



 あ、東寺さんにもって行く作品、作ってます。
 新作できました。
 ↑最後にこっそり書く奴(^^;
 みなさま、来てね! 
by glass-fish | 2011-06-19 23:45 | 日常