人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

何だろうかねえ

 さて、今日は、KCC加古川の教室日でした。
 昼クラスの空席分に、見学の方が来られて、次回からはじめられることになりました。
 やった~、加古川満席!
 と思いきや、夜クラスに来られていた方が、勤務地が少し遠くなったということで、今回でお終いになりました。
 寂しいわ~。

 まさに、今は、動きが激しい時期ですね。
 去年も、そんな時期がありました。
 なんだかね~、御馴染みの方が辞められるのは、寂しい限りです。

 さて。
 午後クラスでも、夜クラスでも、何だか、今日は炎の色が変でした。

 気温が上昇したせいで(空気も気体なので膨張して体積が増えるというか、同じ体積の空気だと、実質薄いというか)、空気が同じ圧で噴出していても、酸素が薄めだったりします。
 一方で、ガスは、カセットボンベが冷め難いため、やや、勢い良いような感じです。
 なので、気温が上がったら、ガスを絞って調節したりするんですけどね。
 それとは、明らかに違うへんなうっすらと赤い炎なんです。

 さては、エアコンをかけるのを優先して、少々、酸欠気味?と思い、換気をしてみたのですが、治まらず。
 こういうのは、思い当たるとしたら、酸欠か、空気中のチリ。
 それにしても、換気したら、チリだって減るはずなんですが。
 外気が、何がしかホコリっぽい要素でもあったんでしょうかねえ。
 もしくは、機材の保管の間に、いつもと違うホコリが入る何かがあったかな?
 それとも、明らかに気圧配置が変わって、風向きが違うから、何か飛んできてたりして。
 分からんなあ・・・・・・
 今日は、その微妙に不完全燃焼気味な炎のせいで、ガラスが還元してしまって、白透きなんかにも、金属光沢がかかり易い状態でした。
 何だったんだろうな~。

 季節ごとの炎の変化は、何となく感じながら作業をするのですが。
 花粉の時期や、黄砂で曇っているときも、嫌な感じではあったりして。
 何となく分かっているつもりではいるものの。
 たま~に、良く分からないこともあります。

 何だったんだろ~?(^^;
by glass-fish | 2011-06-24 00:10 | とんぼ玉教室