人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

とりあえず・・・・・・

 実は、母が年末から入院していまして。
 良くなる悪くなるというものではなくて、この処置をしてもらうには、この段取で行くと何日くらいかかるという、ある程度読める種類のものなので。
 本人はいろいろ不自由かなあと思いつつ、退屈してる模様。
 ちょっと遠方のため、退屈を紛らわせに見舞いに行くというのも、ほとんどできず。
 そうこうするうちに。
 もうすぐ、退院できそうです。
 寒波が去ってからってことで、まあ、老体にはちょうど良いのかなあ。
 でも、そろそろ、家の方が、いろいろ限界・・・・・・・(^^;
 早く帰って来て~!

 そんな中、祖母が、2日前の水曜の朝に、入院しました。

 その前の夜には、息苦しさを訴えていたので、まずそうと思って、市民病院に電話をして、父と私で、私の車で病院に連れて行き、応急処置をしてもらったのですが。
 ちゃんと検査をしないと、見た目、分からないんですねえ、100歳にもなると。
 息苦しさを訴えてたと思ったのに、病院に行くと、急に外面を作って、ちゃんと息苦しさを訴えなくて、私も、大袈裟だったかなあと思い始め。
 ↑ちょっと、しっかり者風の看護師さんが怖かったみたい
 ↑↑彼女、痴呆の老人には、慣れてなかったみたい
 ↑↑↑デイサービスの看護師さんとは、だいぶ違うもんねえ
 腸風邪のようだということで、点滴に抗生物質と整腸剤を入れてもらったのですが。
 帰って来たら、タンが絡んで、ゼイゼイ言いはじめ。
 朝まで持つかくらいに、やきもきしました。
 せめてタンだけでも吸引して欲しい、今苦しいのだけでも何とかならんものかって。
 朝になって、ぐったりしているので、弟達も含め、家族だけの力で病院に連れて行くのを諦めて、生まれて初めて、救急車を呼びました。

 そして、1日半。
 今日の午後、今日の午前中の血液検査などの結果を聞きました。
 快方に向かっているそうです。

 お医者様を含む周囲の誰もが、普通なら、もう持たないと思っていた状態でした。
 お医者様が、会わせたい人がいたら呼ぶようにとおっしゃったそうです。

 何でも、今日の説明によると、重度の肺炎で、入院時の血液検査の結果から、多臓器不全も起こしていたそうで。
 肺炎は、回復中、多臓器不全の状態ではもうなくなっているそうです。
 まだ、完全には安心できませんが。
 というか、あの年だと、瞬間瞬間、リスクはいつも隣にあると思うんですが。

 それにしても。

 快方へ向かっている。
 またもや、お医者様の予測を裏切る、伝説を作ってしまった祖母、100歳でした。
 ↑腸のヘルニアの時には、開腹すると、ヘルニアは元の位置に戻っていて、内臓を切らずに済み
 ↑↑内科の先生に、軽度の貧血以外どこも悪いところがないと、お褒めいただき
 ↑↑↑年齢からしたら、しっかりした腸ですと、外科の先生を唸らせ
 ↑↑↑↑大腿骨骨折の時には、ちゃんと手術ができて、いい骨だと整形外科の先生を感心させ
 ↑↑↑↑↑道具につかまったら自分で歩けるところまで回復して、整形外科の先生に驚かれ
 今回は、内科の先生の常識を、裏切った。
 並みの100歳じゃないなあと、また、ふと、自慢に思ってしまった。

 側にいると、いろいろ思うんです。
 前の入院では、環境の変化にすごくストレスを感じてたし、頭の中から、昔の記憶なんかをランダムに引き出してきて、変なことを言い出したし、知人が退院した後、寂しくて変になったし。
 命を少しでも永らえさせることではないなあって。
 苦しいとか、孤独とか、恐怖とか、痴呆なりに感じる、彼女の世界の中で、とても嫌な思いっていうのをさせないのが良いんだろうなあって。
 ただ、いよいよお別れかと思ったので、忙しさもあって、それがずっと頭にあったわけでもないけれど、忙しさが一段落している時には、表現しづらい緊張感がどこかにあったらしく。
 ↑叔母や叔父がついていてくれたりと、物理的に大変だったわけではないんだけど
 回復と聞いたときには、確かに、心が軽くなりました。
 まあ、首尾よく退院しても、弱ってたら、今までと違う介護になるんかなあというのも理性がいうけど、それは、そのときでないとどうなって、何をしてというのは分からないことやしとも、理性がいうので。
 ↑介護のメインは父で、私と母はサブなのですが
 ある意味、まあかなり日常?って状態に、戻った感じでした。

 正月から、変なものにいろいろ遭遇するしなあ。
 母が帰って来たら、恵方巻きの段取等は、母に任せて、私しゃ、羽根を伸ばすゾ!
 ↑正月の餅は、置いてあるゾ!
 もうちょっとや、がんばれ私!

 そうそう。
 ランちゃんの、9種混合ワクチンの接種に、連れて行きました。
 でも、テンパっていたためか、段取悪く、先に散歩をさせてワクチンというのに思い至らず、接種してから、散歩をさせてしまった・・・・・・
 今晩は、良く休んでね、ラン。(^^;

 その時に、動物病院の先生と、いろいろ世間話をしまして。
 へ~!とか、ほ~!とか思ったこともいろいろ。
 世間話の流れで、先生に、ランが見つけた肉の塊と骨の話をしました。
 「教室の生徒さんによると、鹿を解体したものじゃないかって、おっしゃってたんですけどね。」
 「ああ、聞いた話では、鹿の肉は、あんまり高く売れないので、高く売れる部位だけを取って、後は捨てたのかなあ。くまなく取ると、手間が利益に見合わないかもしれないからねえ。」
 「なるほど~。あのあたり、ちょっと前は、家電製品の不法投棄が多い場所だったんです。一度は、布団のセットとか。でも、肉は初めてでした。」
 「フランスじゃ、鹿の肉は、高級食材なんだけどなあ。」
 「そうなんですか。」
 「もっと、見直されてもいいのにねえ。」
 とまあ、今日は、いろんなことが、スッキリした1日でした。

 でも、動物病院の先生に、ヘビ話をする時間がなくて、疑問はまだ残ってしまった。
 ↑動物病院の道を挟んだ正面に建築中の物件に絡んで、いろいろ、うわさ話をしてしまったため。
 ↑↑施主さん、知り合いかなあ・・・・・・とか
 そう、建築中の現場に、トラックが轟音を立てて入っていたり。
 久々の動物病院だったりと。
 ランちゃんは、ビビリまくり。
 帰るときには、腰が抜けて、へっぴり腰で車までやっとたどり着きましたとさ。
 あの瞬間を、ぜひ、動画で残しておきたかった。(^^;

 結局、お仕事はできずに終わった今日でしたとさ。

 明日は、がんばろ~!
 教室だから。(^^)
by glass-fish | 2012-01-13 23:27 | 日常