人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

あれれ、違ったっけ(^^;

 2日前に、書いたブログですが。
 短くなったガラスのつなぎ方・・・・・・

 あのブログを書いてから、思い立って、「バーナーを使って」の古書を、ネットで注文しまして。
 メール便なので、数日かかると書いてあったけど、今日(25日)の内についてました。
 早いやん。

 久しぶりに、「バーナーを使って」と、ご対面!
 何か、すごく昔に買って、まだまだヘタクソだったころに読んでいたので、あの頃の気持ちに、戻ったりします。
 ものすごく、ワクワクして、読んでいましたっけ。

 が、さっき、ざっと見た感じでは、ガラスのつなぎ方は、書いてありませんでした。
 あれ~?
 どこで見たんやろ?
 いや、どこかで、実演してもらったんやったっけ?
 あの頃、ホンマにいろいろ貪欲に、読んだり見たりしていたので、それがどこだったのか、何だったのか、思い出せません。(^^;

 あれは、14年位前。
 まだ、ロペックスのステンド教室に行っていた頃。
 スタッフのお姉さんと、話したんです。
 「やはり、プロの方でも、一番の情報源は、本だっておっしゃってますね。」
 「じゃ、出る端から、欲しくなるっていうのは、間違いじゃないんですね。」
 「まだまだ、そんなに、たくさんは出版されてないですしね。」
 みたいな話だったと思うんですが。

 あの頃。
 ネット上には、そんなに情報はなかった。

 もちろん、世間の一般論でいえば、こなれた話題は、書籍化されている可能性が高い。
 でも、最先端の部分は、書籍化されていない物で。
 科学などでは、論文を読むとか、書籍以外で、労力とお金をかけて調べに行くとか、そういう話になっちゃうんだって、学生時代の先生がおっしゃってたなあ。
 それでも、売れる見込みからして、専門書は、発行部数が少ないので、著者の書く労力を考えると、当然、高額になってくるって。
 学生の頃に習ったことって、小難しいことは、実はあんまり身についていない。
 でも、先生のこの言葉というのは、とても印象に残っていたりして。

 それに元々、本好きなので。
 ↑買っただけで、読まずに満足している本も多いけど(^^;
 嬉々として、本を買っていたあの頃だった。
 種類も少なかったし。

 今は、いろいろ出てるので、そうそう、全部は買ってられないと思うけどさ。
 これぞって物は、読んでおくと、ためになるよ。
 きっと。
 まあ、私みたいに、どこで読んだのか、忘れてしまうようなケースも、あったり、なかったり?

 ああでも。
 「バーナーを使って」を見てると、サタケガラスで、吹きをやりたくなってきました。
 ええなあ。
 買って良かった。(^^)


 話はころっと変わって。
 2週間前の教室の日の朝。
 何か可愛いものを、教室の課題にしたくて、工房の本棚を見た。
 「カワイイ、カワイイ・・・・・」
 と、ちっちゃな本棚を見ると。
 「かわいいウミウシ・・・・・?」
 違う!
 気づくと、魚や海の生き物の図鑑と、花の図鑑しか、ありませんでした。
 動物(哺乳類)の資料がない!
 という訳で、ジュンク堂へ行って、子供向きのポケット図鑑「動物(哺乳類)」を買いました。

 で、ふと。
 昨日、ランちゃんが捕まえたのが、モグラなのか、ネズミなのか、他のものなのか。
 ダメ元で調べてみました。

 ありました!
 「ハタネズミ」
 土の中に網目状の穴を掘って暮らす。
 おなかが、白っぽいグレー。
 本州も生息域に入ってます。
 これやな、白いおなかと、長くて細い尻尾だけが見えていた。
 モグラのページを確認しましたが、尻尾の形が、明らかに違いました。
 そうか・・・・・・やっぱり、ネズミ。

 今日は、帰りが遅かったので、近場へお散歩。
 そしたら、今日も、掘り始めたのですが。
 今日は、住宅地のすぐ側の舗装されてない道の脇の草叢!
 「ふがっ!ふがっ!」
 って、言うてます。
 ここにも、いるんか?ネズミ。
 アカン!
 道の端っこを壊してしまう!
 ランちゃんに説明することも言い聞かせることも出来なかったので。
 ↑掘っていいところと、良くないところの違いが、分かるんだろうか?
 引っ張って帰りましたとさ。(^^;
by glass-fish | 2012-02-26 00:15 | とんぼ玉・ガラス