人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

涼しいです

 ここのところ、6月の終わりにしては、涼しいです。
 とりあえず、とても快適です。
 今年の夏は、長期予報では暑いということですが、どうなんでしょうねえ。

 こないだ、テレビを見ていると、ミニ氷河期に入ったという説を言ってました。
 何でも、ある生徒さんによると、「あの人、2年位前から、言うてはる」ということでした。
 そうか~。

 その番組によると、ミニ氷河期は、太陽活動に連動して起こるそうな。
 通常、太陽活動は、11年周期で、活発な時期と活発でない時期を繰り返しているというのは、有名な話で、短い周期の景気は、これに影響を受けているんだっていうのも、有名な話です。
 通常の周期であれば、2年前に、太陽活動が弱まった時期がそこを打ち、徐々に活発になって行くはずなのに、今もまだ底で。
 過去のミニ氷河期の時にも、太陽活動の周期が長くなったのだそう。
 ホンマかなあ。
 太陽が、何だったかで(磁場?太陽風?)で、宇宙からのいろんなもの(宇宙線?宇宙粒子?)が、地球にやってくるのを、かなりブロックしているんだけど。
 活動が弱まると、ブロックする力が弱まって、地球上に降り注ぐいろんなものが多くなって、それが、太陽光を遮ることで、地上に届くエネルギーが少なくなって、ミニ氷河期になるんだって。
 ↑何やらって、ボンヤリした説明・・・・・・
 過去には、江戸時代中期に起こっていて、飢饉も、このせいで起こったと考えられるとか。

 ホンマかなあ。
 と言いつつ、かなり、信じつつある私だった。
 2ヶ月ほど前、うちの生徒さんの一人が、「ミニ氷河期に入っているっていう説もありますけどね」と言ったのを、軽く流しておきながら、テレビであんな風に説明されると、もっともらしく聞こえてしまう私なのだった。
 ごめん、Tさん。(^^;

 だって、去年の夏は、あんまり暑くならなかった。
 節電と言われながら、夜、エアコンを全くつけずにすんで、ラッキーなくらいだった。
 なので、今年の節電話でも、去年の夏の数字ではなくて、2年前の夏の数字を出してきて、2年前の夏と同程度であれば、15%不足なんて言ってるでしょ。
 去年は、涼しかったんです。

 で、父が、去年の秋から、しばらく、同じ繰言を言っていた。
 「もう一週間、遅うに刈ったら良かったのお」
 そう、稲刈りを、一週間くらい、遅らせたらよかったといっていたのです。
 ちょっと、刈り取ったのが早かったようです。

 そこで、父に言いました。
 実は、ミニ氷河期に入ったなんて説があってさ~、かくかくしかじか。
 暑くなるって言っているのと、どっちがホンマかは分からんけど、その可能性も考えて、気温や生育状況を、今年はしっかり見定めた方がエエかもね。
 一昨年は、暑すぎて、稲が弱り、本来透き通っているはずの米が、部分的に白くなるという被害に日本全国が見舞われまして。
 気候の変動に、振り回されている農家なんですよ。
 飢饉にまでは、ならんかったとして。

 さて、どうなりますやら。

 暑さに備えて、グリーンカーテンを、ちまちま、育成中。
 何でも、小野市内にある「キンボシ」という会社、農業用や園芸用のあれこれを売っている会社なんですが、そこから、農業用の遮光スクリーンを、インテリアに転用したというスクリーンが、発売されているそうで、それが、売れ売れなんですって。
 そういうのもエエなあ。
 2メートル角で、3000円だったか、4000円だったか、位のもんなんです。
 農業用は、必要な面積が圧倒的に広いため、元々、なんでも割安です。
 グリーンカーテンが間に合わなかったら、それ買おうっと。(^^;

 でも、涼しいといいなあ。
 米やら何やらの、不作は困るけど。
by glass-fish | 2012-06-29 00:15 | 日常