人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

ロペックスへ

 今日の午前中は、工房での、とんぼ玉教室の日でした。
 昨日、奈良のデモへ行ってきた生徒さんから、いろいろ、話を聞きました。

 「あの、早川さんの宇宙のマーブルは、どうやってあんなにキラキラしてるんですか?」
 「分からん。銀箔で、還元してるんかなあ。デモ、どうしてはった?」
 「う~ん、それが、すごいなあと思ったんですが、私の知識では、良く分からなかったんです。」
 「そうか~。」
 なんちゃって。

 教室が終わってから、一度家に帰り、弟と、ロペックスに向かいました。
 ロペックスが、今年の春に、大阪梅田から伊丹へ移転して、初めて行きます。
 どんなところかな~?
 ちょうど、欲しい物が入荷したので、奈良の搬入、土日月の教室と、用事が終わって、最速でいけるのが今日で。
 それに、教室の後、ちょうど午後くらいで行って帰ってこれるかなあという目論見で。
 山陽道から中国道に入って、宝塚ICで降りて、伊丹市内を走って。
 やっぱり、大阪梅田にあったころより、格段に近いです。

 板ガラスを選んで、モレッティロッドの足りない色を選んで。
 注文していたアルミマーバーを受け取って。
 カーボンパドルの細長いのが欲しいと、弟が言ったので、それも買って。

 細長い建物の窓からは、隣の水田の稲の上を吹いて来た風が入ってきます。
 「大阪よりは、ずっと涼しいですよね。」
 「ほんまに、大阪よりは涼しいですね。」
 夏の午後、今日は、遠くの台風の影響か、風があって、なにやらのどかな空気なんです。

 「でも、梅田も、ロペックスがなくなると、ますます縁がなくて、遠い場所になっちゃいました。」
 「そうですねえ。」
 「梅田、めっちゃ変わったから、知ってるところもだいぶなくなったし。」
 そう、梅田は、遠くなりました。
 阪急梅田駅か、JR大阪駅から、一時は、人通りがほとんどなかった所へ向かって歩いて、ほとんど人が入らないレトロなJRのビルに入って、そこには、ステンドグラス用のアンティークガラスを始め、いろんなガラスが並んでいた。
 多くの見知らぬ人が行き交う都会の真ん中の、ちょっとした止まり木みたいな場所とでもいうのでしょうか。
 それが移転して。
 そして、梅田界隈は、見知らぬ町になりました。
 まあ、交通機関の乗り換えはできるけどね。

 近くなったから、私たちには、便利になりました。
 といっても、弟の運転あってのことですが。
 東寺さんに向かうのと比べたら、高速代も、半分以下。
 万が一、どうしても急遽必要なものができて、ロペックスに在庫があったら、今から取りに行きますって勢いで、行けてしまうのだ。

 隣の空港から、飛行機が、轟音を立てて、飛び立った。
 「タイミングが悪いと、電話が聞こえ難いのは困りますけどね。」
 確かに、ここも、いろんな建物が入り組んだ場所ではある。
 でも隣の一角に、小さな四角い田んぼがあるだけで、妙なのどかさが漂っていた。

 帰り道。
 普通に走って、1時間で帰りつきました。
 やっぱり、早い!
by glass-fish | 2012-08-06 23:32 | とんぼ玉・ガラス