人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

心を入れ替えて、今日から仕事!

 って、昨日まで何しててん?って話ですが・・・・・・(^^;

 編物してました。
 発端は、こないだの東寺さんで、とある人のかぎ針編みのモチーフのバックがかわいいって、盛り上がったことなんです。
 ほんまや。
 色もセンス良くって、おしゃれで。
 手間をかけたものって、ホンマに、ええなあ。

 ってことで、すぐに何でも、感化されやすい人。
 かぎ針編みをしてました。

 かぎ針編み、小学校5年の時に、やってました。
 編物クラブだったから。
 すでに肩こりがあった、不健康な小学5年生だった私。
 もちろん、肩こりに拍車をかけそうな、編物クラブに入るのを、家族には反対されましたっけねえ。
 ちなみに、その後、急激に棒針編みにあこがれて、中学の時はマフラー、大学の時は、セーターを編んだりしてました。
 当時は、「ざっくりニット」というのが流行っていたため、ゲージがアバウトな私にぴったりでしたっけねえ。
 そんなこんなで。
 かぎ針編みは、実にブランク36年!(^^;
 しかも、モチーフ編みは、子供心にヒットしなかったらしく、当時、モチーフ編みは、たぶんしなかったと思う。

 で、この頃は、かぎ針を持って、何をしていたかというと。
 面白そうなモチーフを、一個だけ練習する。
 でまた、違うモチーフを練習する。
 しかも、一色だけで。
 まったく、使い道ありません。(^^;

 で、気づいたことが。

 その1。
 かぎ針編みだったら、遅い時間までやっている、私。
 ↑最初は、新鮮で面白いしね
 とんぼ玉をしようと思うと、家から離れた仕事場まで行かないといけないので、夜に思い立って、急に一個巻くって、この頃は、まったくやらなくなりました。
 その点、かぎ針は、テレビを見ながらの、ながら作業にぴったり。
 なんだ。
 私も、ちゃんと女脳やん、ながら作業できるやん!
 仕事をこのくらいやったら、もっと、すごい作品できたりするんやろか?(^^;

 その2。
 かぎ針編み、面白い!

 というわけで、本題は、これでした。
 かぎ針編み、ホンマに面白いです。
 今まで、かぎ針編みの特にモチーフ編みのイメージって、ほどいた古い毛糸などでありあわせの色の組み合わせで、モチーフ編みを作って、つないで座布団カバーって感じのイメージが強かった。
 だから、ダサい、センス悪い、お子様っぽい、おもちゃみたい、って思っていた。
 だからこそ、棒針編みにあこがれたんだった。

 そういえば、かぎ針編みと言っても、モチーフを編むみたいに、ぐるぐる編むんじゃなくて、まっすぐに編んで、また次の段って感じで、積み上げて編んで行ってました、小学生だった頃。

 というわけで、今回、モチーフを編んでみて、初めて気づいてしまった。
 かぎ針編みの自由度に。
 棒針だと、1つの目から増し目するのは、せいぜい1つ。減らし目も、2個の目を、1個にする。
 ところがかぎ針は、同じ目から、いくらでも出せるし、長編みとかだと、数目を一気に減らせる。
 ごく自然に、くさり編みで、増し目もできる。
 棒針だと、まっすぐに編んでいたところから、変な突起を出そうとすると、やたら一杯棒針の本数がいる。
 ところが、かぎ針は、たった一本。
 変なところに、正体不明の突起をつけたりするのも、気分しだい。

 以前見た、東京カワイイTVに出ていた、謎の編み師203gowさんは、相当ツボで、めちゃ大好きだったけど。
 自分でかじってみたら、その時には見えなかった可能性を、めっちゃ意識してしまいました。

 もっとも、実用性を考えた時、使えるものには、変な突起は、むしろ要らない。
 それでも、かぎ針編みって、潜在的に、立体を作る手段としては、すごい可能性を秘めている気がした。
 ああ、体がもう一つあったら、もう一つの体で、しばらく、かぎ針編みに走りたいくらい。
 ただ、そんなとき、実用的なものは、作ってない気がする。
 センスが良いものも、作ってない気がする。
 こんなへんてこりんな立体ができた~!みたいな、自分だけが面白い何かを、作っていると思う。
 ああ、楽しいだろうなあ。(TT)

 が、さすがに、編むのは遅い。
 めちゃ効率悪く、楽しく、節操のないばらばらの小さい試作品をいくつか作った。
 昨日は、編み図を見ないで、小さなへんてこりんな試作を作った。
 その時、本気でやり始めたら、時間がいくらあっても足りないことに気づいた。

 というわけで。
 現実逃避してないで、今日から、仕事に戻ることにした。
 新しい作品の構想は、8割方、ビーズアートショーの前に、できていた。
 あとは、細かいところを詰めながら、作るだけだ。
 こっちも、どんな感じになるのか、結構わくわくなので。
 編物は、本を眺める以上の作業は、当分、あえて封印。
 編物をしていると、夜、とんぼ玉の構想を練ったりする時間が奪われるから。(^^;

 さて。
 今日の作りかけムリーニは、割れずに冷めているでしょうかねえ。
by glass-fish | 2012-12-04 00:54 | 日常