人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

年の瀬だから・・・・・・

 先日、ランちゃんの散歩でのこと。
 見知らぬおばさんが、向こうから、透明の大きなゴミ袋を持って、歩いてきた。
 緑の物体が、入ってます。
 なんか、採取中ですかねえ。

 近くまで来たとき、おばさんに聞かれた。
 「この辺で、芹が生えてるとこないかな。川で橋のとこにいっぱいあるって聞いたけど、なくて。」
 「芹・・・・・・どんなんか、わかりません。橋は、この辺は、2か所しかないけど。」
 「そう、すみません。」
 「はあ。」
 芹・・・・・・・って、そういえば、知らん。(^^;
 春の七草採りやな。
 そのまますれ違って、先に歩いていくと、ウチの田んぼの隣に車が止まってました。
 あ、隣の市から、採りに来てはるんか、とナンバーを見て思った

 それにしても、答え一発で、答えられないのは、悔しい気がした。

 それが、確か、2日前のこと。
 
 で、ネットで調べました。
 どんな葉っぱか。
 でも、抜かったことに、生息環境を調べてなかった。

 今日、探してみましたが。
 う~ん、クローバー(マメ科)、ヨモギ(キク科)、ミントの仲間?、マメ科の何か、シソ科の何か、春の七草でない方のホトケノザ、キク科の何か、探せども、探せども、ありません。
 遠目で、葉っぱが似ていると思ったら、ミントの仲間みたいな葉っぱばっかり。
 がっくり。

 でも、川の橋のところに生えているって聞いたと言うてはったし、芹沢さんなんて名前があるくらいだし。
 湿地とか、水辺のそばを好むんやろか?
 ってことで、橋のそばでない、川のところとか、日陰で湿気やすいところとか、探したけど、ない。

 かなり帰ってきたあたりで、水場に、心当たりがあった。
 日ごろ行かないところで、夏場は、蛇が怖くて行けないような場所。
 そこに向かうものの、手入れがされておらず、近づけません。
 しろちゃんの散歩で来たときに、水辺だった記憶があって、場所的にもいかにも、水が豊富だろうという場所ですが、しろちゃんと行ったときは、もっと、入りやすかったのになあ。
 ちょっと回り込んでみようと思ったけど、そのあと、2メートルくらいの斜面を下りられる場所を探さないと、目的のところに行けない。
 というわけで、計画、挫折?
 降りられる場所を探して、奥へ奥へと行くと、行き止まりの藪が近づいてきた。
 やはり、降りられそうにありません。
 細い溝をまたいで、先に行ってみた。
 そしたら、足元が、湿地になっていた。
 耕作放棄地も、長年経つとね。
 あれ?
 湿地?
 あれ?
 この草は・・・・・!

a0163516_23424515.jpg


a0163516_23431286.jpg



 当たり!
 確か、似たもので毒があるのがあると母が言っていたけど。
 ま、食べるわけやないし。
 そうそう、一つ、抜いてみよう。
 根っこがついて抜けた姿は、ますます、芹って感じやん!
 しかも、6畳くらいの広さのところに、ぎっしり生えている。
 競るように生えていることから、芹という名前がついたとか書いてあったし。
 ますます、当たり?

 帰ってきて、毒があるのを調べてみたけど、明らかに葉っぱのかたちが違う。
 うっふっふ。
 春の七草、芹だけなら、山盛り売れそうなポイントを発見しました!

 年の瀬に、何やってんだか!
 と思ったものの。
 そもそも、年の瀬だから、正月グッズとして採取してはったんやんなあ。
 でも、苦労して見つけたから、このポイントも、内緒。(^^)

 春の七草は、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。

 スズナが蕪で、スズシロが大根らしい。

 ナズナは、良く見かけるナズナ。

 ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベラ(ハコベ)、ホトケノザ(タビラコ)も、調べて行ったのですが、調べてみて、3種類とも、良く見かける花がそうだったと知りました。

 よしよし。
 とりあえず、春の七草、制覇!
 だた、この季節は、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザは、花も咲いてないし、ロゼットの状態だろうから、葉っぱとロゼットの画像を確認していかないと、ちゃんとわからないかなあ。

 何かを探しても、その日のうちに、見つかるなんて、そうそうない。
 今日はラッキーでした。

 が、食べてみる勇気はありません。(^^;
by glass-fish | 2012-12-29 00:03 | 日常