人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

ぎょ!

 ランちゃんの散歩は、とてもワイルドです。

 基本的には、人や車の通る農道を、行くのですが。
 草ぼうぼうの畦道も、普通に通ります。
 時々、ヘタレの私が登るのは、ちょっときつい道なき道というか、斜面も登らされます。

 ある日、農道の横で、土手のようになっているその上が竹藪という土手を登って行きました。
 もちろん、ランちゃんだけ。
 リードが5メートルまで伸びるので。

 ぎょ!
 遠目にも、何かがあるのは分かりました。
 で、ランちゃんをすぐに呼び戻したのです。

 その数日後に、ちょっと冷静になってから撮った写真がこれ。
a0163516_0544470.jpg


 画像、小さめにしました。(^^;

 黄色矢印の先。
 獣の骨、上あごです。
 で、好奇心に駆られて、近づいてみると、牙が折り取られているようでした。
 イノシシやん。

 いろいろ考えると、人間が仕留めて、さばいて、捨てたもののような気がします。
 不法投棄厳禁って、その辺に、看板出てるやん!
 ↑古い家電が捨てられることが多い場所なので
 ま、イノシシの頭部は、想定されてないと思うけど。

 と、ランちゃんを飼い始めてから、やたら、骨格と出会います。
 今年に入って、5件くらいですかね。
 飼い始めた当初から、そんな調子です。
 最初のころは、すごい衝撃でした。(^^;
 去年は、肉つき骨格で、まさか事件では?って、ドキドキしたけど、人がさばいた鹿らしいということが分かった一件も、ありました。

 で、思ったんですよね。
 けっこう、落ちてるもんやなあって。
 ただ、ランが一緒じゃないと、気づかずにスルーしていると思う。

 草叢のネズミもそう。
 いるもんやなあって。
 ランが、捕獲するのを見なければ、そこはただの草叢にすぎません。

 ああ、同じ空間に並んでいると思っているのに。
 目の前に広がる世界は、まったく別のものに見えているんやねえ。

 世界は、多層構造だなあと思う。
 昼間、人間が見ている世界。
 夜、犬に見えている世界。
 そこにうごめく物たちは、見えるものにしか見えない。
 ああ、SF的。

 自分が見ている世界が、世界のすべてではないんだね。
 もっと別の物の目になれば、同じ瞬間に、同じところを見ていても、全然違ったものに見えるんや。

 長靴を履いた、安上がりな田圃道の散歩でも。
 なんだか、ワクワクがいっぱいです。
by glass-fish | 2013-04-11 01:11 |