人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

ありがとうございました

 4月の弘法市、無事、終了しました。
 来ていただいたみなさま、お買い上げいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

 本当に、寒い一日でした。
 が、雨は、早朝には、小雨になっていたし、朝方には、ほぼ止んでいたし、そこはラッキーでした。
 それでも、防寒対策に、レインスーツのズボンをはいたままという、怪しい格好の私なのでした。

 4月で、日曜日でという割には、出店業者がまず少なく、人出も少ない感じとはいえ、やはり、結構な人出でした。

 初めての方にも買っていただけたし、リピーターの方にも買っていただけたし、本当にありがたかったです。
 Nさんはじめ、みなさま、本当にありがとうございました。
 お天気の割には、まあまあご機嫌で、終えることができました。

 きょうもまた、いろんな意味で、話題には事欠かない一日でした。
 何よりも、驚きなのは、向かいのタイ焼き屋さんの列でした。
 帰り際に、撮影した画像、壊れてしまって、アップできなかったのが残念です。(^^;
 朝方の、何時頃だったか。
 前のタイ焼き屋さんに列ができているなあとは思ったのです。
 やっぱり、こう寒いと、甘くてアツアツのタイ焼きが食べたくなるよねえ、って思ったんです。
 がそのあと、午後3時を過ぎるまで、列が途切れることはありませんでした。
 小っちゃいけどパワフルな小母さんが、タイ焼きを焼き続けてらっしゃいます。
 が、露天商の中ではご高齢の方で、帰り際には、忙しすぎるのでは?と、体のことが心配になるほどでした。
 で、ついに、材料切れのため、売り切れで、営業終了になったようでした。
 小母さん、お疲れ様でした。
 たい焼きを買ったお客さんから漏れ聞こえた会話によると、何かの本に載ったそうです。
 で、行列ができ、行列を見たお客さんが、また列に並び。
 これほどの混雑を見たのは、初めてでした。

 ウチの真向かいは、いつもは、間口が約2間の塗り物屋さんですが、雨を嫌ってかお休みで、そこに、竹細工屋さんと、渋めの着物の生地をリメークした洋服屋さんが割り当てられました。
 この洋服屋さん、以前は、向かいの塗り物屋さんの、できたバイトさんで、4~5か月ほど前に、新たなバイトさんに引き継ぎをして、自分で出展されるようになった人で。
 今月は、たまたま、おなじみの場所。
 朝から和気あいあいの空気感が。
 ところが、タイ焼き屋さんに列ができ始めて・・・・・・お店の前には、行列で人の壁ができてしまいました。
 ちょびっと、痛いかも・・・・・・
 その列をものともしない外人さんが、赤の大柄の絞りの生地から作ったジャンパースカートをお買い上げで。
 日本人の感覚では、初夏から夏のいでたちか?というジャンパースカートに、手持ちの薄手のジャケットを羽織った格好に変身した外人さんは、いたく満足げでした。
 寒そう。
 やっぱり、日本人と、皮膚感覚が違う。(^^;
 そんなこんなで、粘り強く営業をしていた、洋服屋さんでした。
 ああ、でも、なんかカッコ良いんよなあ、彼女の洋服。

 そして、近所の骨董屋さんには、古いそろばんが、数個ありまして。
 元算盤職人の娘としては、ちょっと気になるところ。
 チェックしてきました。
 まず。
 最近のそろばんでは、一つの桁には、上に五珠が一つ、下に一珠が4つ、嵌っています。
 が、お店にあるのは、下の部分の一珠は、5つ。
 その辺がすでにちょっと古い。
 そして、そろばん玉が、標準サイズよりも、小型です。
 桁の数も半分くらいです。
 最近のそろばんでは、桁の所の印は、4桁ごとに入っているのですが、7桁ごとに入っていました。
 なんとなく、携帯用に持ち歩くなどの、特別な目的がある物だったようです。
 そろばん玉、一般的に多いのは、明るい茶色というか飴色のもので、樺らしいのですが。
 白っぽい柘植材や、真っ黒な黒檀材と思しきものもありました。
 へ~。
 裏返したところ、作者の銘は入ってませんでした。
 枠の形状とか、裏側に補強に入れられている板の形状とかは、なんだか見慣れた懐かしい形状で。
 こんなのは、いつぐらいまで作られてたんだろうなあ・・・・・・
 今なら、まだ調べたら、詳しい人が、近所にいるかもしれません。
 とりあえず、明日、父に聞いてみよう。

 近所の、輸入ガラス小物屋さんには、天然石も入荷してまして。
 あ!大きなラブラドライト!
 母岩は、ちょっと緑かがったグレーの乳白色に、少し濃いめの点々が浮かんでいる渋い石で。
 そこに、きれいな虹色を呈する面があるのです。
 小さくカットされたルース(裸石)だと、割とリーズナブルです。
 が、でか!
 でもって、この虹色、めっちゃ好み。
 虹色が見えやすいようにカットされた面の面積が、テレビのリモコンの操作面の1.8個分くらい。
 5980円か。
 ちょっと、欲しかったです。
 3回くらい、見に行ってしまいました。

 お隣のアジア美術屋さんのお兄さんちの謎の店番のおじさん登場とか。
 中国人観光客のカメラは一眼タイプの大きなものが多く、韓国人観光客はコンパクトな物を好む説とか。
 それにしても、ここ1年の中では、今回は、結構中国人観光客が戻ってきているか?な話とか。
 一か月お休みすると、なんだか、話題満載でした。

 とまあ、ダウンジャケットにセーターに、あったか肌着に、カイロまで入れたかなり寒かった一日。
 時々吹くやや強い風に、八重桜の濃いめのピンクの花びらが舞う、不思議な日でした。

 寒くて、おやつを食べ続けたのですが。
 食べた時って、胃袋などが働く分、消耗するらしく、その上に寒さで消耗して、終わり際、ちょっと遠い目になっていた私たちでした。
 帰りには、新しくなった沓掛周辺の道に驚きつつ。
 ハムエッグマフィンを食べ。
 帰って来てから、また晩ごはんを食べました。
 は~。
 けっこう消耗しました。

 と、なんだか、いろいろ面白かった一日でした。

 みなさま、本当にありがとうございました。
 また、来月に向けて、がんばります!
by glass-fish | 2013-04-22 03:22 | 対面販売、手作り市、弘法市