人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

飛んでます

 この頃の、ランちゃんの散歩は、夕暮れ時が多いです。
 で、結構な頻度で、蛍を見に行きました。

a0163516_23365157.jpg


a0163516_2337490.jpg


 がんばって撮ってみましたが・・・・・・
 手前の方のしか、写ってません。
 しかも、バラバラのタイミングで明滅しているので、タイミングを合わせないと、まったく映らないし。
 これでも、がんばって、手前のがいくらか光っている状態で、やっとこれだけ。
 実際には、もっともっと、 たくさん飛んでます。

 土曜日は、見やすい通勤通学路の橋の上に、見物の人もけっこうたくさん。
 見物人同士で、「もっと奥はすごいよ」「奥って、どこですか?」とか、話しています。
 この景色のもっと先で、川べりから見られる場所のことのようです。
 奥というのは、私とランちゃんの、いつもの定番ポイントです。
 外灯ないし。
 いつも、私とランちゃんだけの貸切状態です。
 川べりに近づけるので、至近距離から見られますが。
 さすがに、近づくと、蛍が警戒して、遠ざかってしまいます。

 その日、一回りして、元の橋に戻ってきたら、奥ってどこですか?って聞いていた、高校生カップルが、橋の上に戻ってきていました。
 「奥」は、草叢が多くて、行くのをあきらめたようなのですが。
 時刻は、9時ごろ。
 一般的には、ピークの時間を、だいぶ過ぎたころ。
 「あれ?さっきよりすごいっすね。」
 と、男子高校生。
 「ほんまや。今日、すごいね。奥っていうてはったとこ、さっき通って来たけど、今日は、ここからの方が多いわ。」
 「ほんまですか?」
 「うん、多い。」
 見物人が少ない方が、蛍も出やすいらしい。

 橋の上からは、川がずっと先まで見渡せるので、橋のそばから、ずっと景色の奥の方まで見えてます。
 景色の向こうの方へ、徐々に小さく見えながら、闇に消える、そんな感じで。
 すごい数でした。

 ああ、カメラじゃ撮れないなあ。
 この無数の光の点が、ランダムに明滅する感じ。

 この川に、蛍が復活して、10年くらいになるでしょうか。
 市内の下水が完備し終わって、生活排水が流れ込まなくなってからだから。
 年々増えたかと思うと、ある年は、ピークの前に大雨が降って、流れてしまって全然だったり、大雨で崩れた川の土手を工事しているせいか、とても少ない年もあったり。
 でも今年は、かなり多いです。
 日曜午後クラスの人たちと見に行った数年前に匹敵するくらい。
 あの橋の上からの数で言えば、今までで一番多いくらい。

 まだもうしばらくは、楽しめそうです。
by glass-fish | 2013-06-10 23:55 | 日常