人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

名探偵ラン、鹿消失事件②

 その①から、続く。

 ランは、本気で、壁を下り始めた。↓
     
a0163516_014644.jpg


 広角のレンズなので、遠近感が分かりにくいですが、道の端っこから、川に土がたまって草が生えている落差が一番小さい場所を選んで、垂直に近いコンクリートブロックの壁を、おり始めた。
 その落差、たぶん、80センチくらい。
 余談ですが、甲斐犬は、後足の腿の筋肉が発達していて、落差が大きい場所に強いんですって。
 さすが、DNAの中に残る、山岳犬の遺伝子。
 日ごろから、こんなもんですけど。
 ↑こっそり、得意げな、バ飼い主(^^;

 降り切って、壁沿いに、下流方向へ。
 そこの先には落差(井関)があって。
 ※井関とは、川の水をせき止めて、川から枝のように出た農業用の水路に水を流すための設備
 その落差も、80センチくらいですが、足がかりがなくて、下が川の砂利で硬いため、降りるのを断念。
 意味なく、落差の場所を、川の中ほどへ、行ってみる。↓

a0163516_015539.jpg


 ↑ランちゃん、鹿がいたはずの場所は、こっちでしょ。(ピンクの↑方向)
 ちなみに、黄色矢印の始点あたりが、私が立っている川べりの道の端っこ。
 黄色矢印の先端が、ランの立っている場所の端っこで、ここの落差は、多分、2メートル強。

 あきらめの悪いランを、強引に引っ張って帰った。

a0163516_02598.jpg


 ↑帰り道、久しぶりに、サンコタケの幼菌をチェック。
 葉っぱで隠されていたためか、まだ、生きてます。
 葉っぱで埋め戻しておきました。


 その翌日も、そのまた翌日も。
 あきらめてくれません。

 おかしいの~!↓

a0163516_021433.jpg


 この深いところに、浮いてたの~!↓

a0163516_022789.jpg


 おかしいの~!
 ちなみに、ランちゃんが今立っているのは、4つ前の画像の黄色矢印の始点のあたりです↓

a0163516_024068.jpg


 だからあ。
 もう、人が持って行ったんだから、何の痕跡もないって。


 その③に続く。
by glass-fish | 2014-01-06 23:58 |