人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

ランちゃん、復活!

 ランちゃんの、お目目イタタ事件から、今日で一週間です。

 救急で目薬を入れてもらって、目薬を処方してもらった、というところまでは書いたのですが。
 その後・・・・・・

 水曜日、KCC三宮教室の日の朝。
 8時過ぎには、出発しないといけない、その朝なのですが。

 見るとランちゃんの右目は、目やにのわっかがびっしりと取り巻き、目やにの間から開いている空間は、いつものお目目の2割くらいでした。
 ぎょ!
 昨日時点で、救急の先生が、「思ったより目が開いているね」とおっしゃったのは、これとの比較だったということか。
 ということは、昨日のしょぼしょぼの状態は、ホンマに怪我してすぐだったということですね。

 とにかく、目薬だ!
 一日4回は無理としても。

 ランちゃんの隙をついて、目薬を、一種類点しました。
 ホウ酸水といって、潤いを保つための目薬です。
 あと一種類、抗菌のための目薬を入れようとして、格闘してしまいました。
 一回点したけど、それが何かばれてしまい、警戒されて、それ以上は無理でした。
 救急で、「信頼関係で、頑張ってみます」と言ったのに。
 ランちゃんとの信頼関係は、こんなもんやったんや!(^^;
 ムキっと、歯を剥いて怒り、威嚇で咬んできます。
 もちろん手加減してのことですが。
 ランちゃんの、ムキッ歯なんて、初めて見たかも。(^^;
 ま、もちろん、浸みるんだと思います。
 それにしても、心配です。

 最初の目薬のお陰で、固まった目やにが緩んだ成果、自分で、ごしごし取ってます。
 瞼も、ややぱちぱちと動いているのですが、やっぱり、いつもより、閉じ加減。
 明らかに、痛そうです。

 いつもは、昔人間で、犬を病院に連れて行くなんてと言う父ですが、さすがに、見た目で痛そうなので、かわいそうがって、目薬を入れるとき、協力してくれました。
 が、やっぱりダメ。
 ラン。
 あんたってば!


 と、そんなこんなで、三宮の教室中で、救急じゃなくていつもの動物病院が開いている時間に、電話をかけて、夕方、ダッシュで小野まで帰って、目薬を入れてもらいに行きたいと、お願いしました。
 診察時間を少しオーバーしても、開けておくねって、言っていただきました。

 ダッシュ!
 ぎりぎり、診察時間内に、到着!
 午後クラスの生徒さんの、ご協力のお陰だわ。
 ありがとう!

 で、目薬ですが。
 診察台に載せた時点で。
 「口輪いるかな?」
 とおっしゃる先生に。
 「はい、ないと無理でした。」
 ってことで、ランちゃんの隙をついて口輪をし。
 まあどないかこないか、目薬を差してもらいました。
 処方された2種類と、もう一つ、角膜再生を助ける目薬。
 3つめのが、一撃必殺で、ちょこんと真ん中に入ったので。
 「先生、上手」
 って、奥さんのお褒めの言葉が。

 とまあ。
 先生によると、もう、口輪が何か学習してしまったので、次は、口輪を付けさせないだろうということでした。
 なので、目薬を入れるのは、困難が予想される。
 ほんとは、ピンポイントで効く目薬の方が良いんだけど、ランちゃんは無理ってことで、飲み薬を、あらためて処方してもらいました。
 で、今日、最後の抗生物質を飲ませて、終了。

 目の方も、痛さもなくなって、ほぼ、治ってそうな感じです。
 イタタから、3日目くらいのこと。
 いつもは、ば~ん!と、背の高い草叢に飛び込むのに、なんだか、様子見をして、そろそろ入ってました。
 これで大人しくなるかと思いきや。
 すっかり快調なのか、またまた、ば~ん!と、飛び込んでます。
 やっぱりな。

 いつもの病院の奥さんに。
 「救急までの片道30分、どう思ってたんでしょうね。こんなに長く車に乗るのは、初めてだったんです。」
 というと。
 「そうなんだ。でも、着くまでは楽しかったんじゃない?」
 「なるほど。確かに、元気に車から降りて来ました。」
 でもって、駐車場わきの植え込みを、クンクンして、ワンコの匂いがしたのか、そこで、じゃ~っとマーキングしてました。
 ああ。
 ワンコの気配、好きだもんね。
 楽しかったんや。

 いつもの病院でも、なぜか、いつも腰が抜けてるのに、なんだか、落ち着いていて、初めて、奥さんの手から、おやつをもらってました。
 病院であっても、お出かけは、ちょっと楽しいのかも。
 ふ~ん。
 そうだったのか。

 だったら、また、遠出してみようかね、ラン。
by glass-fish | 2014-09-16 17:47 |