人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

マイブーム

 またまた、とんぼ玉じゃない、マイブームです。
 それは、四葉のクローバー探し。
 とりあえず、ざっと、画像を。

 画像の中に、3本のクローバーが写ってます。↓

a0163516_21392054.jpg


 5月9日(土)の、とんぼ玉教室の前の、朝の散歩で、5本。↓

a0163516_21393959.jpg


 5月10日(日)の、とんぼ玉教室の前の、朝の散歩で、9本。↓

a0163516_21395573.jpg


 斑入りのクローバーでも、斑の内側が、白っぽい斑入り。
 まあまあ数が少ないこともあってか、このタイプの四葉が少ない。
 でも、本に挟んで乾燥させたら、良く分からなくなっちゃうだろうなあ。↓

a0163516_2140592.jpg


 ↓ラミネーターで挟みました

a0163516_2140386.jpg


 ほんとは、ラミネーターは、こんな風に使ってはいけないらしい。
 5月4日(月)だったか、30本採取し。
 5月7日(金)の朝に、15本採取し。
 それを、本に挟んで押し葉にして乾かしたものが、乾いていたので、ラミネートしました。
 が、3本ほど、変な色になってました。
 もしかして、30本のうち3本を、しばらくコップの水につけて飾っていた、あれを後で乾かしたのが行けなかったのか?

 そして!
 やっと見つけた、巨大クローバーの四葉!
 画像の横幅が、16.7センチで、ほぼ実物大です。私のガラケーで、サイズ合わせをしました。↓

a0163516_21405443.jpg


 この頃、大きなクローバーが、あちこちにあります。
 田んぼの肥料が流れ込んだ溝の中だったり。
 田んぼの肥料が効いている畦道だったり。
 畦道に茂っているクローバーが、地下茎を伸ばして、田んぼの中に生えているときの田んぼの部分だったり。
 そういうのの4つばが欲しかったんですが。
 やっと、見つけました。7日(金)の夕方。

 おまけ。
 橋の上から覗いたら、カモがいた。
 いつもなら、逃げちゃうのに、逃げなかったのだ。↓

a0163516_214189.jpg


 という訳で、本題ですが。
 ええ、これから。(^^;

 生徒さんに自慢したら、結構、みなさん、四葉の株がある話を、知っていた。
 有名なのね。

 クローバーを見ていると、ある程度固まって、葉っぱがそっくりなものが茂っている。
 地下茎でつながっているので、DNAが同じなんだと思う。

 そして、四葉は、固まって生えている場合がある。
 それは、踏まれたとか、何かストレスになる原因が共通しているから。
 だけではなさそうだ。

 良く踏まれている場所の物でも、四葉が多いものと、ほとんどない物がある。
 あんまり人が踏み込んでなさそうな場所でも、固まって生えていることがある。
 ↑踏まれるなどのストレスがかかってない可能性が高い
 そんな場所でも、探しても探しても、一本だけ、生えている場合もある。
 ↑誰かによって、採取された残りという可能性が低い
 がさっと、たくさん生えているのは、緩めの除草剤が使われていた場所だったような気もする。

 個人的な見方ですが。
 ストレスによる刺激で、四葉が出やすいという特徴を持った株が、あるような気がします。
 そんな訳で、一株で、3~17本、固まっている場合があります。

 たまたま探していた株が、四葉の株ならば、確率的に、たくさん固まっている四葉のうち、どれかが目に留まるだろうから、見つけやすい。
 一本あったら、周辺も探してみる。
 すると、複数本ある場合がある。

 最初の一本は、いきなりしゃがみこまずに、もう少し高い位置から、俯瞰して見た方が見つけやすい。

 ある日、ランちゃんに引っ張られて、走っていると、飛び越えたクローバーの株に四葉があるのが目に入った。
 数歩下がって、同じ角度から見てみたら、一本だけ、あった。
 それは、四葉の株ではなかった。
 我ながらすごいと思った。
 走りながら、フォーカスしてしまった。

 斑入りの四葉の方が、白い模様のあるところが中心なので、フォーカスしやすい。
 なので、斑入りじゃない四葉に出会うと、ちょっとうれしい。
 
 少し慣れると、俯瞰して見るときに、四葉にフォーカスする能力が上がってくる。
 120°の角度についている物と、90°の角度についている物を、目が見分けてくれる。

 そんな訳で、四葉を見つけるには。
 ①探していること
 ②暇があること
 ですね。
 あとは。
 ③ストレスがかかっているであろう場所に当たりを付ける
 ④最初は、俯瞰して、90°の模様を探す
 ⑤一つ見つけたら、周辺も探す
 それから。
 ⑥犬が行きたい方向に行くと、自分の思い込みで探す以外の場所を探せる

 そうそう、キノコさがしとも、共通します。
 キノコ探しの場合。
 ③いかにもありそうな、朽ちた木、湿気のある場所を探す。しかも、雨上りが良い。
 ④自然の中で不自然な、丸い物、やけに白いものなど、違和感のある物にフォーカスする
 ⑤一つ見つけたら、周辺も探す。(違う種類のが隣にあることもある)
 ⑥犬が行きたい方向に行くと、自分の思い込みで探す以外の場所を探せる
 って感じで。

 やっぱり、どちらの場合にも、一番なのは。
 ①探していること
 ですね。

 あ、そんなの、私だけですか。(^^;

 そして、きっと、もういい加減、良いんじゃないかと思いつつ、無意識に、肥料で大型化したクローバーの四葉を、探し続けることでしょう。(^^;
 ↑しつこい性格なのだ
by glass-fish | 2015-05-12 21:43 | 日常