人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

モロッコ産アラゴナイト

 12日(祝)に、京都へ行って来ました。
 「石ふしぎ大発見展」を見に。
 というか、買いに。

 買った物が、意外と地味で、反省する私がいた。(^^;

 石は、好きなだけで、あまり詳しくはありません。
 というか、ラブラドライトをオパールと間違えるご婦人よりは・・・・・・ねえ。(^^;
 でも、そういう素人目線から見ても、良いものは、お値段も相応。
 というか、ああいうの欲しいなあと思って、会場を探しても、同等の物は、やはり、それなりにね。

 買えばよかったと思うもの、アジュライト、4000円。
 欲しいけど手が出なかったもの、スミソナイト。
 欲しいと思いつつ、今回は意外にも買わなかったもの、オパール。
 後で買おうと思って、忘れていた物、デンドライト。
 複数買った物、ジオード、アラゴナイト。
 ↑ひとりごとです、気にしないでください

 できれば、2日間くらい通いたかったかも。
 1日目で、どうしても気になった物を、2日目に買うみたいな。

 デンドライトという石は、黒い樹状の模様が入った石で。
 私が見ていたのは、白い石の中に、黒い樹状の模様が入った物。
 良いなあと思ったのですが、そこの店主のお姉さんの会話が痛かったので、後で来ようと思って忘れました。
 「アトランティスの時代には、石のエネルギーでいろんな機械を動かしていたけど、今の科学力では、それを使うことができないから。それに、DVDみたいな記録媒体にも使われてたし。実際、石にはエネルギーがあるから、水晶を車に積んでいたら、燃費が良くなるのよ。」
 「へ~。」
 痛!
 無理。
 ちょっと、お話が終わってから、もう一回来ましょ。
 エネルギー保存の法則を超越している・・・・・・・(^^;
 小柴さんと梶田さんが、腰抜かすで。

 そうそう。
 こういうのもあった。
 「陰陽何とかのカードはありますかと聞かれたんですが、あるんですか?」
 私が、IJKなどのイベントでも、時々ルースを買うブースが出ていて。
 石ふしぎ大発見店の方が、ブースが広くて、点数も多かった。
 そこのブースの店主は、真正の石オタクの部類で。
 ブースが広いので、アルバイトの人を数人雇っていた。
 そのアルバイトの女性が、お客さんに聞かれたというのだ。
 あ。
 それは、きっと、ヒーリング関連の石好きのお客さんやったんやなあ。
 店主、その前に、変な客にナンセンスな話題を振られて、逃げる方策を考えている最中のことで、一瞬言葉に詰まり、その間に、ナンセンスな話題を振った客が、トンチンカンなことを、アルバイトの女性に教えていた。
 店主、きっと、あとでこっそり、アルバイトの女性には、説明をしたことだろう。

 このイベントは、10年くらい前に一回だけ、行ったことがあって。
 あらためて、今回来ると、ふ~んって思った。
 石の産地まで、きちっと書いて、この石のこの結晶構造は非常に珍しいみたいなウンチクが飛び出す店主の店。
 浄化するためのグッズを置いている店。
 身に着けるための工夫を凝らした店。
 全体に安くて、雑くて、石を選別する手間をほとんどかけずに、がっさ~と並べている店。
 何でもありな空気感が、おもしろいなあと思った。

 この頃、自分でも、好きなものが分かってきた。
 ①遊色がある物
 ②内包物が、おもしろい景色に見える物
 ③結晶の形そのものがおもしろい物

 なので、ガーデンクオーツなんかも、好き。
 一個しか持ってないけど。
 ガーデンクオーツというのは、無色透明の水晶の中に、他の鉱石の内包物があって、植物がもこもこと生えている景色のようになっているもの。

 とある、全体に安いブースで、すごくたくさんガーデンクオーツがあった。
 全て1000円。
 安!
 しかも、内包物も、バリエーションに富んでいて、おもしろい。
 ただ。
 石のカットが雑い。
 というか、透明な水晶の部分で、景色とは関係のない部分に、ポチポチと汚れのように、内包物が散っている部分あるものが多い。
 ダメなものはダメだけど、選べば、もう少し小さくカットすれば、十分景色もきれいで、手前のクリアの水晶の塊に汚れが残らないカットができる物も、あるはずなんだけど。
 まさに、選別せずに、がっさ~とカットし、がっさ~とトレイに入れられている。
 しかも、ドロップ型にカットされていて、先の部分に小さな穴があけられている。
 Aカンみたいな金具を通して、ペンダントとして下げられるように、ってことやんな。
 がっかり。
 めっちゃがっかり。
 景色をめでるのに、奥の景色以外の、手前のクリア部分の内包物も、興ざめだし、穴なんて論外だ。
 でも、気になってもう一回行ったときには。
 韓国語同士でお客さんと早口で話していたかと思ったら、そのお客さんが、3個あったトレイの1個に、他のトレイのも足して、がっさ~とお安く買う話を取り付けたらしい。
 二束三文やろうな。
 最終日やしな。
 隣で、残りのに、まじめに1000円お支払いする気持ちが、しぼんだ。

 そんな。
 IJKの時にも感じる、何かこう、欲望がドロドロした感じが・・・・・・
 ちょっとコワイけど、おもしろい。
 自分自身が、欲しいものがいっぱいで、既に、欲望の塊になっている。
 良いなあ、どうせなら、この買えないお値段の物が欲しい。
 欲しいものが、いろいろあって。
 というか。
 それって、好きなものがいっぱいあるということで。
 幸せなことかもしれない。

 やっぱり、あのアジュライトは、買っておけばよかった。
 と。
 目いっぱい楽しんできました。

 あ、人造オパール話もあったんでした。
 それはまた、今度。
by glass-fish | 2015-10-13 01:25 | その他のタワゴト