人気ブログランキング | 話題のタグを見る

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

換気扇変えました

 この頃・・・・・・
 換気扇の付け替えをしていました。

 もともと、私の作業用机のところに、酸素バーナーの前からダクトで空気を吸い出す用の換気扇が付けてありました。家庭用の、25センチの羽根のが。
 今度は、産業用の有圧換気扇の30センチのに付け替えを計画。
 吸い出す威力は、スペックでは、3倍になるはず。

 換気扇の注文をしたのがお盆の最中で。
 先にダクトを外して、一回家庭用の換気扇本体を外し、換気扇の到着を待つ。
 でも、換気扇の一部、一時的に戻してます。この枠から外気が入り放題だとこの季節まずいし、雨でも降ろうものなら・・・・・・

 で、換気扇他、到着。
 が、フードが在庫切れ。
 って、雨降ったら、まずいやんと思いつつ、作業開始。

 私の酸素バーナー用作業机の左端。
 下に置いてあるのが、新しい換気扇の本体です。↓



換気扇変えました_a0163516_02145808.jpg

 古い換気扇を外すと、古いフードが、外についているのが見えていて、暑い空気が入って来ます。↓
換気扇変えました_a0163516_02160057.jpg

 換気扇の本体を付けました。↓

換気扇変えました_a0163516_02161292.jpg
その前に、せっせと工作して作った、新しいカバーの枠部分も付け。↓
換気扇変えました_a0163516_02162182.jpg
 外側にシャッターも、仮付けましたが・・・・・・↓
 その外側のフードがまだ到着しておらず。
 雨除けのために、シャッターの上側だけ、シリコンコーキングを埋めました。
 雨、降りませんようにと祈りつつ。
 そしたら、その間に関東には台風が・・・・・・
 こっちに来てたらどうなっていたかと思うと冷や冷やでした。(^^;
 にわか雨があった程度で、助かりました。
換気扇変えました_a0163516_02162980.jpg
 で、火曜にやっとフード到着。
 着けました。
 この後、シリコンコーキングも、やり過ぎ位にやりました。
 人目に触れない場所なので、雨除けを優先。↓
換気扇変えました_a0163516_02163678.jpg
 室内から。
 作業中の木屑がかからないように、机の上の物は、すべてどけてますが。
 バーナーだけ、戻してみたところ。
 こんなイメージになります。
 換気扇の新しいカバーの枠の前には、痛手蓋をして塞ぎ。
 上には、ダクトを付けました。↓
換気扇変えました_a0163516_02164288.jpg
 壁側が、私の酸素バーナー用机。
 壁から遠い方が、弟の酸素バーナー用机です。
 ダクトは、もっと伸ばせるので、弟の酸素バーナーの先にも届く長さなんです。↓
換気扇変えました_a0163516_02165081.jpg
 実は、ダクトは、2本付けられるようにしたんですけど。
 試してみると、2か所同時に使うと、吸い出す力が弱そう。
 片側を塞いで、一か所だけから吸い出すと、前のよりも、ずっと威力があります。

 とりあえず、ダクトは2本付けて。
 必要に応じて、交互に使えるようにしたいです。
 今は、ダクトが付いていない方には、仮の蓋がしてあります。
 ということは、2本目を付けた時点で、ダクトの先に、蓋ができるようにしてないといけないってことですね。



 というわけで。
 この一か月。
 ろくに作品も作らず。
 先のことを考えつつ、少し模様替えしました。
 弟が使っていた道具とガラスは、タッパーとロングケースというケースに収めて、作業机のすぐそばに置いています。
 通常は、こっちの作業台も他のことに使う予定で、弟が使うときにはすぐに入れ替えできるようにしてます。

 前に付けた換気扇は、吸い出す威力が弱すぎて、ボロ用としては頼りなすぎて使えなかったんです。
 フューミングはもちろんですが。
 ボロって、銀をたくさん含んだ色のガラスが多くて、そういうのも普通に買っているのですが、本気では使えなかったんです。
 で、今までは、そこまで思わなかったんですけどね。
 だって、モレッティですら一時は使ってなくて、去年は、一年くらい、酸素バーナーを触ってなかったくらいなので。
 このまま、キナリシフトしてしまおうかと思っていたくらいで。

 でも。
 一人になって、最初は気が抜けた。
 二人での活動を前提に、新しい売り先を探したり、新製品を考えたりしていた物が、必要なくなってしまった。
 そういうのを考えていた時間が長かったので、それが、要らなくなった。
 で、何しよう。
 だった訳なんですが。

 一人になったら……
 自分が今後どうするかだけなので、考えようによっては、自由度が増したとも言える。
 ボロ、やってみようかな。
 とか、ちょっと思うこのごろです。
 でも、分かりません。
 気分は日替わりなので、一時は「キナリシフト」とか言っておきながら、今年の年明けには、「サタケメインに戻る」とか、思ったりしてたのに。
 一人になって、ボロ、やってみようか。
 って、ホンマのところ、どっちへ行くんでしょうかねえ、私。
 でも、換気扇さえつけてしまえば、後は、その時の気持ちで、どっちにでも転べます。

 と、そんな環境づくりをしてました。

 一方で、母入院、父はショートステイへ。
 でも、思いがけず、母が予定の半分の2週間で退院。
 直後に、父も、家に帰って来ました。
 で、母がいない間に、冷蔵庫の中身を減らし、やっと好きなものが買えると思った矢先に母が帰って来たので、また、いろいろもとに逆戻り。
 冷蔵庫は、また食材が詰まってしまい。
 と思ったら、母、数日で、また入院。
 で、父もまたショートステイに逆戻り。
 どうするねん、この3人分の予定の冷蔵庫の中身と、糖質。(TT)
 みたいな、8月だったりして。

 母は、透析のために作ってあるシャントという血管がダメになったので、処置のために入院していた訳ですが……
 帰って来たと思ったら。
 透析の日に、その処置したところから出血が止まらないって、違う病院の救急に運ばれて入院したのです。
 その時、美容院に行っていた私。
 連絡が着かへんって、弟がプチ切れでした。(^^;
 結局。
 運ばれた翌日、シャントの救急の処置のための手術。
 ということは、直前の入院と処置では、不足だったってことになるやんな。
 もっとも、もとが不健全な血管なので、先生の判断ミスとまでは言えないけど。
 その、数年に一度入院していた病院は。
 遠い!
 専門の先生は、大阪なので、常時はいない。月1~2日、やって来るだけ。手術が終わったら、術後は他の人に任せて、大阪に帰っちゃう。
 一方、今の病院は。
 近い!
 シャントの手術ができる先生が、いつもいる。
 先生、ホンマは、シャントではなくて、心臓周りの血管を触っている人らしく、話していると、こっちの先生の方が頼りになる気がする。
 病院、新しい、広い、きれい、売店も充実。
 しかも先生、大阪の先生よりも、若くてオトコマエ!
 母・・・・・・、かかりつけの病院を工房の前のとこに変えたら、シャントなどの急場だけ、こっちのオトコマエの先生にやってもらえるかもよ。
 ふと、また、時々思う病院変えたら?って気持ちになるこの頃でした。

 まあ、そんなこんなで。
 ガラスをあんまり触らなかった8月は、あとは教室で、ほぼ終わり。
 工房も、生徒さんから見たらあまりわからないと思うけど、私的には、かなり使いやすくなって。
 9月からは、気分も新たに働こうと思います。


by glass-fish | 2016-08-25 03:47 | その他のタワゴト