人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

病院、また、病院

 今日、母が、2次救急の病院から、リハビリのための病院に、転院しました。 
 ああ、でも。
 早く、足腰復活の上、退院しておくれ。(^^;

 で、転院先に行って、母がベッドに移り、まだ、担当の方とお話している最中に、携帯電話に連絡が入り。
 父が、さっき母が出て来たばっかりの2次救急の病院のERに、救急車で運ばれたとのことでした。
 治療方針の相談があるので、すぐに行ってほしいとのこと。
 母の転院先で、最低限のことをお話して、さっき出てきた病院に、戻りました。

 ああ。(TT)
 間が悪いこと。
 ちょっとでも、期間がオーバーラップしていてくれたら。
 父の、母が家にいないストレスを、軽減できたはずだったのに。
 しかも、母とすれ違いだった上に、慣れない病院に入院となると、認知症のない人以上に、ストレスは大きいだろう。

 いっぱい、あれこれ、なだめました。
 母も、悪いところは治っているので、父にも早く元気になって欲しい。
 早く、母が家に帰ってきて、家にいて、父は慣れた介護施設の通所になるよう、頑張ってほしいと、言いました。
 複雑な会話ができるほど、言葉は出て来ませんが。
 こっちの言うことは、結構わかっていると思うんです。

 最初、高熱でぐったりしていました。
 少し熱が下がって来ると、目の焦点があって来て、見知らぬ場所に連れてこられて、なんだかわからない状況に置かれていることに、怒ってました。
 むむ、元気出て来たわね。
 そのあと、ちょっと落ち着かず、「自分はここにいる、早く来てくれ」という趣旨のことを、何回か繰り返し。
 ああ。
 これは。
 またまた、慣れるまで、ご迷惑をかけるんだろうな。
 で、なだめすかし。
 看護師さんが、いろんな処置をするのに、あまり怒った顔をしなくなって来た。
 ああ、このまま、警戒心を解いてね。

 で、車にものを取りに行くとき、嫌そうにしたので。
 「私、居った方がエエのん?」
 って何度か聞くと。
 割と聞き取りやすい声で。
 「居った方がエエ」
 みたいなことを、やや不明瞭ながら言いまして。
 「そう言うてくれると、嬉しいわ」
 って、言っておきました。

 母が(入院で)いないことも、介護施設ではなくて家に帰ってきていることも、私が家族だということも、ちゃんとわかっているらしいことは分かる。
 こないだの金曜日の晩に家に帰って来た時は、袋を開けて出しておくと、「柿の種」を、一人左手で食べてました。
 何となく、家は家なりに、エエんやなって、思う瞬間だったりして。

 一方、やたら、私に電話してくる母。
 ヒマか?
 で、父の病室にいた時に、父の様子を聞きに電話をかけてきた母。
 父に何か言えと言ったら、何か言ってました。
 母が電話で自分に何か言っていることは、分かったらしい。
 まあ、お見舞いは無理でも、この手はあるな。

 そんな時思う。
 凸凹やけど、ウチの親は、一応、オシドリ夫婦かな。
 まあ、だから。
 一方の不調が、もう一方のストレスになり、負のスパイラルみたいに、一緒に悪くなるんやな。

 今度は父が救急搬送。
 もう、これ以上言ったら、何か、私、オオカミ少年の気分になってくる。
 でも、ホンマなんですよ。
 物事は、一時に起こる。

 唯一の救いは、どっちの病院も、我が家から近いってことですかね。
 でも、2次救急の方は、山を切り開いて建てられているため、今日、雪がバンバンに振っているのを見ながら、ノーマルタイヤで滑ったらどうしようと、めっちゃドキドキしました。
 帰って来られて良かった。
 明日、入院の支度の買い物と、父の介護施設と、母のかかりつけの病院と、父のかかりつけの病院にも用事があるんだけど、車、出せるだろうか。(TT)


by glass-fish | 2017-01-23 23:02 | 日常