人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

葛藤もありながら

 父が退院しました。
 元の介護施設利用に戻るということで。

 ところが。
 入院している間に、利用者さんが増え、以前のように利用できなくなっていたのでした。
 しまった。
 もともと、緊急避難的に、とても高い頻度で利用させてもらっていたので、仕方ないのですが。
 で、ちょっとしたきっかけで、この入院からの転院なら、近所で長期療養が可能だったかもしれないことを知り、早まったかと、葛藤してしまいました。
 まあ、今も、ちょっとだけ、そう思うのですが。
 でも、その場合、父は、基本的に預けたままになり、もう家に帰ってくることはないってことでもある。

 今日、デイサービスの利用から、夜、帰って来ました。
 好きなものを買ってきて、食べてもらいました。
 さすがに、あの手この手だったので、内容はともかく、ずいぶんいっぱい食べてくれました。
 でもな~。
 いくら出来合いを買ったお総菜とはいえ、お総菜をほとんど食べず、「ちくわ」を一番食べたのは、複雑やな。
 そして、昔から好きで食べていたスナック菓子。
 あ、リンゴとイチゴも食べました。
 カロリー的には、けっこう良い線行ったと思う。

 孫たちが、「じいちゃんお帰り」って、言って顔を見に来てくれた時、寝てるんだか、起きてるんだかで、ちょっと反応が悪かったです。
 がっかりさせたかな?
 でも、反応が良い時は、ほんまに反応が良い。

 「北播磨(総合医療センター)の住みここちも、慣れてみれば、なかなか良かったことない?」
 これには、やや小さいながら、はっきりと、「うん」。
 「リハビリの人、Nさんな、タジカさん、お昼ご飯は車いすで食べましょうか?車いすの方が良いですか?とか、タジカさん、その前に、足伸ばしましょうか?って、言うてくれたったやんな。」
 これには、とてもはっきりと、「うん」。
 「エエ人やったな、優しいて。」
 「うん」
 すごい、すごい反応の良さ!
 気に入ってるのは、傍で見て分かったけど。
 「それと、あのかわいい看護師さんな。若い小柄な人な。タジカさん、もう一口食べましょうか?はい、あ~、って、ご飯食べさせてくれたやろ、可愛かったな。」
 「うん」
 おお、やっぱり、可愛い看護師さんも、気に入ってたんやな。
 ご飯食べさせるときに、しっかり様子を見て、じっと我慢強く、一口咬んで呑み込み終わるのを待って食べさせてくれた。
 見た目かわいくておとなしそうやけど、ほんまに、しっかりした看護師さんで、可愛いからだけじゃないと思うねん、気に入ってたのは。
 もちろん、可愛かった。男やったら惚れそうやで、みたいな。
 他にも、いろんな看護師さんや、STさん、栄養士さんにも、お世話になった。
 担当の看護師さんが、食事について、本当のところの私の希望を聞いてくれた。
 おやつくらいしか食べてくれなかったけれど、本当は、食事で、タンバク質源をしっかり摂って欲しかった。果物の缶詰から繊維は摂っている。でも、エンシュアという栄養補助剤は、ビタミンやミネラルは入っているけど、タンパク質はほとんど入っていなかった。
 それに、みなさん、ちゃんと答えようと、がんばって下さった。
 で、食欲が戻って来た。

 薬剤師さんは、初日に話しただけですが。
 入院前には、朝に、認知症の薬を2種類、寝る前に、入眠剤と安定剤を飲んでいました。
 その前は、朝に認知症の薬を一種類と安定剤、寝る間に入眠剤と安定剤だったのですが。
 認知症の薬を増やして、あさの安定剤を減らせた。
 本当は、夜の入眠剤と安定剤も、なくて行けるなら、なしにしたかった。
 というのは、どこの介護施設でも、多くの方が、入所の初期には環境の変化によるストレスで、不穏な状態になるものだと聞いたから。もしかして、その時期を過ぎていれば、そろそろ要らないんじゃないかと、思い始めていた。
 それを話した。
 でも、初日に、もう一度確認に来られた時に、「慣れない入院で、夜寝られなかったら、かえってかわいそうなので、やっぱり、入眠剤と安定剤、処方してください」って、いうことにした。
 退院時、夜の入眠剤と安定剤を、もう飲ませなくて、問題なく行けていることを知った。
 途中で、なしにして様子を見てくださったんだそうだ。
 最初だけ、少し不穏な日があったらしい。
 でも、しばらくすると、問題なく行けたんだそうだ。

 ご飯を食べさせるべく、奮闘してくださった看護師さん、STさん、栄養士さん、めっちゃ頑張ってくれはったもんなあ。
 で、薬剤師さんも、ちゃんと、こちらの希望を聞いていて下さったんや。
 それと、リハビリのNさんも、すごくやさしくて、父の扱いも上手だった。
 ほんまに、快適な入院生活でした。
 病気で痩せ細った物の。
 機嫌よく過ごしてくれ、快適だった感じているらしく。
 案ずるよりは、産むが易し。
 いや~、すごい。
 なんか、北播磨の○階△側フロア、ほんまにサイコー!
 ただ、退院時。
 最初に、介護抵抗と声を出すことに警戒し過ぎたため、長らく(非常に快適な)個室だったため、お支払いの際に、フトコロには激痛が走った。
 ↑私のフトコロじゃないけどね
 でも、結果的に、4人部屋でも適応できた。
 とある病院で、正直、そのレベルの言いようは、医師として問題あるやろう?って、酷いことを言われ、すっかり、自分も母も、精神的に追い詰めた時期があった物の。
 うん。
 がんばったら、行けた。
 まあ、あの酷いことを言われたからこそ、警戒し過ぎて、結果的に実際の入院時に、父に対していろいろ頑張れたんやなあ、とは思う。

 これから、母のケアマネさんを決めたり、退院後のあれこれの段取りがあったり。
 父の今後の介護施設の利用の細かいところを、様子を見ながら、臨機応変に変えて行ったり。
 まだまだ、あれこれありそうですが。

 もう一度、父を家に連れ帰ってくる。
 その目標は、達した。
 嬉しいです。


by glass-fish | 2017-02-15 04:46 | 日常