人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

工房の台風対策と、看板

 工房の台風対策、方向性を決めました。

 シャッターを付けたかったけど、難しい。
 防犯ガラスも考えた。
 そうなって来ると、同時に、泥棒対策も、できてしまうのでは?と思った。
 でも、費用が、かなりかかる。
 シャッターほどの、安心感は、結局ない。

 悶々としていたのは、工房の看板問題を、同時に考えていたこともあった。
 入り口のドア、上半分が型ガラスが入っていて、これを透明のガラスにして、サンドブラストを入れてもらおうと思っていて。

 台風対策というなら、このガラスも、丈夫にしないと意味ないなあって、思った。
 防犯ガラス、サンドブラストを入れられるはず。
 2.5ミリのフロートガラス2枚が、真ん中の特殊なフィルムを挟み込んでいる。
 普通の窓が、3ミリのフロートガラス1枚だけなので、ブラストしても、ずっと強いはず。

 なんて。

 で、散々考えて、シンプルな方法を思いついた。

 板を打ち付けるなら、台風が接近するよりずっと前。
 でも、板で覆って部屋が暗くなると、変にスィッチが切れて、お仕事モードではなくなる。
 いつ打とうか?そう考えるとソワソワ。
 台風の度に、これじゃ、やってられない。

 沖縄では、シャッターがない所も意外と多く、ネットを巡らせて、飛来物を、やんわり受け止めるんだとか。
 沖縄らしいかも。
 テーゲーな気質にも思えるし、受けもめ方も、やんわり。
 確かに、以前ニュース映像で見たのは、キチキチではなく緩めに張られたネットが、暴風でそこそこ激しく揺れているシーン。
 ネットは、風を通すので、ネットその物が引き千切られにくい。
 緩めに張ってあることで、力が一点に集中しないで、ネットに当ってから、止まるまで、少し距離を進む。
 同じエネルギーでも、力積という考え方をすると、強く反発する力で、短い距離と時間で止めるか、そこそこの力でやや長めの距離と時間で止めるか、どちらでも、飛来物は止められる。
 沖縄的なのも、合理的だ。

 でもでも、何かなあ。
 がちっと、守りを固めないと不安な私がいる。
 それって、板やシャッターごと、引き千切られるんではないのか?
 何か、人生に通ずる物を感じるかも。(笑)

 とまあ。
 シャッター、雨戸、目隠し可動ルーバーという面格子、防犯用面格子、防犯ガラスへの入替え、等々、散々考えて、行き詰まった。
 シャッター、雨戸、目隠し可動ルーバーは、建物そのものの下地からやらないと無理。
 面格子では、中途半端で、不安。
 防犯ガラスも、結構費用がかかる。

 で、まだしつこく考えていると、閃きが来た。
 そこに至るまで、もう一段階、考えたことがあって。あ、長くなるので、割愛します。
 そうだ、台風前だけ、ベニヤ板ではなくて、ポリカーボネートの板を、打ち付けるなり、うまくはめ込める仕組みを工作するなり、すればいいんやん。
 ベニヤ板、薄いと弱いし、厚いと重くて、打ち付けているところに負担が掛かる。それに、部屋が暗くなる。
 ポリカーボネート、けっこう、薄くても丈夫。
 いち早く対策しても、室内が明るい。
 さっさと対策して、そのまま働けるやん。
 日常的な泥棒対策は、ほぼしないで、貴重品ありません感をアピールしよう。

 ああ良かった。
 価格対効果は、クリアしてるかも。
 そもそも、財政難なのに、どこまでもお金をかけるなんて、分不相応ってもんたわ。
 それに、面格子とかつけると、開放感がなくて、何か息苦しい。
 看板を付けるのも、開放的な気持ちで、ウェルカム感を出して、生徒さん募集をしようと思ったからで。
 守りに入りすぎると、矛盾してる気がした。

 と、解決したところで。
 楽しく看板案を考えよう。
 道沿いに、ちゃんと看板屋さんに作ってもらった看板。
 工房入り口にも、大げさすぎないサイズのを、看板屋さんに作ってもらい。
 ドアのガラスには、サンドブラスト。
 入り口に、園芸用枕木で、もうちょっと大きくてしっかりしたステップを置く。

 今度こそ、表から見て、分かる教室にしよう!
 今まで、こんなんで、よく来たよね。
 そう。
 もっと、オープンマインドで、繋がりたい。
 まずは、見た目から。(笑)

by glass-fish | 2018-09-07 12:59 | とんぼ玉教室