人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

VRって……

 
 既に死語でしょうか?
 そう、ヴァーチャル・リアリティです。

 それはさておき。
 プリウスのブレーキ問題、そういうことか~って、思えてきたこの頃です。
 なんてったって、私と弟の間では、熱い話題の車ですから。
 買えないけど……

 美容院で、プリウスの記事が書かれた雑誌を読んでから、ますます、熱が上がってしまった。
 確か、低速で走行する場合は、エンジンではなくて、電池とモーターで走っているらしく。
 スタートは、電池の電気を使い、走っているエネルギーで充電することでブレーキがかかるらしく。これが、回生ブレーキというやつですね。
 低速の時に、普通の油圧ブレーキにすると、摩擦熱として、エネルギーは失われちゃいますからねえ。
 使わない分は蓄えて、ロスをなくし、エネルギーは、走ることだけに使われる。
 これが、渋滞で、何度も止まりながら走っても、ほとんど燃費が変わらない所以で。
 東寺さんの行き帰りで、ちょっと渋滞気味の時にプリウスに出会うと。
 「カッコエエなあ、今、電池だけで走っとるねんで」
 などと、話しているこの頃だったりします。
 ↑しかし、そこは、継ぎ足し充電に強いリチウムイオン電池が普及したから実現したとも言う?
 ↑↑昔の、ニッケルカドミウムや、ニッケル水素の充電池は、継ぎ足し充電には弱かったもんなあ

 なるほど。
 感覚の差ねえ。
 低速で滑りやすい状況だと、回生ブレーキが油圧ブレーキに切り替わる。
 油圧ブレーキを、軽く踏み込むと「抜ける」感じがして、さらに強く踏み込むと、ABSが働いて、タイヤがゆっくり回転しつつ、す~っと止まる。
 感覚の差と言うてしまえば、感覚の差でしょうか。
 ただ、こういう「差」は、説明しとかないといけない所なのかも知れません。
 なんてったって、感覚というのは、どこか共通の範囲内で収まっているから、一般的な車種の車で教習を受けて、その後、他の車種の車を運転することができる訳で。
 ウチのは、扱いが違うんですというのは、「トリセツ(取扱説明書)に書いてるだろ!」くらいで済ましては、ちょっと不親切というものかもしれません。
 咄嗟の時に、実地で気付くの、怖いですもんね。

 それでも、まだ、私たちにとっては、プリウスは、熱い車なのだ!
 カッコエエ!

 そんなプリウスのニュースを見ながら、未来を感じる私がいるのでした。
 まさに、その、感覚の差が生じる理由こそが、回生ブレーキと油圧ブレーキの切り替えなんて、今までになかったことを、見えないところでこっそりやっているからな訳で。
 一度は、通らなくてはいけなかった道なのかも知れません。
 しかし……
 ホンマに、未来の車が、現実の世界を走ってるんやって、思う。
 しみじみ、感激。
 ↑年がバレる?

 そんなニュースとは別に、パナソニックが、4月に、3Dテレビを発売の予定って、ニュースが流れました。
 ふ~ん。
 地デジすら、やっとやのにねえ、ウチの場合。

 そのときは、あんまり興味ないなあと思っていた。
 大体、3Dの番組が放送されてないしさ。
 だったら、何か、ブルーレイディスクみたいなのにデータが入って出回るか、オンデマンドとやらで、個別にデータを取ってくるか。
 いや、ゲームとかできたら、普及するかもやけど、そんなん、できるん?
 って、思ってたら。
 ニュースに、ゲームのデモ版をやってる様子が!
 テレビの発売後、程なく、ゲームも発売予定だそうです。

 そもそも、現実の風景ってのは、予測が付きやすい。
 目線の位置に、2台のカメラを置いて、映像を撮って、それを、右目用、左目用と、交互に写せばいいことなので、それならできそうに思う。
 しかし。
 右目用と左目用の、仮想の風景を、CGで作れるとは!
 世の中って、そんなに進んでいたのか!
 まさに、これは、VRではないのか!
 ↑そういう、タイトルでした(^^;

 私の会社員時代の、苦い苦い思い出です。
 入社と同時に、仕事がありませんでした。
 当時、バブルだったので、飼い殺しの社員がいても、会社はつぶれなかったのだ。
 いわゆる、人工知能という言葉が流行っている時代で。
 「何だか分からないけど、人工知能をしよう!」という、今にして思えば、痛い部署でした。
 今の技術で言えば、ファジーやら、ツリー型にデータを保存して検索しようという話やら、一口に人工知能と言っても、それはそれは、多くの物が含まれていて。
 で、その中の何をするかも、はっきりしてないのに、人員、課長入れて、4人?
 しかも、新人の私、その上の人たちは、こないだまで、フォートランでプログラムをしていた人たちで。
 機材も、ワークステーションというものが、一台しかなかった。
 ま、そんな、ツライ数年を過ごして、すっかり腐った私。
 大体、就職活動の時に、コンピューターは、向いてませんって、言うたのに。(^^;
 と、辛気臭い話は、このくらいで。

 その中の一つが、VRだったのです。
 当時はねえ、立体に見るためのメガネ付けて、メガネに、頭の位置を割り出すセンサーが付いていて、頭を動かすと、それに従って、見えている画像が変わるものを開発するとか、そんな話が、世間にはあったなあ。
 大体、歩いて動こうとしたら、ルームランナーみたいな、足は動いても、モニターとの位置関係が変わらないための何かがいるって話やん。
 大体、映像見ながら歩くなんて、勘弁してくれですよねえ。

 ニュースの3Dでは、車の運転や、飛行機の操縦のような感覚で、ゲームのコントローラーを動かして、自分の行きたい方向を示せば良い訳で。
 ↑自分で歩かなくても(^^;
 既に、直感的に、そういうものに慣れている。
 ゲームの普及で、共通の「感覚」というのが、出来上がっていたんですねえ。

 当時、夢だと思っていたものを、実現した人がいた。
 そして、いくらお高いとは言え、えいや~!!!っと、庶民の貯金をはたけば、買える値段で、売られるようになった。
 43万円ですって。
 ↑買えないけど
 その間、20年です。

 ああ、当時の課長に、見せてあげたかった。
 還暦を迎えずに、亡くなりました。
 胃がんだったので、私が入社した年に、あんな部署の課長になって、胃潰瘍をわずらったのがいけなかったんだと思う。
 また、湿っぽい話に……(^^;
 課長!VR、できたで!
 生きてはったら、43万払って、買いそうな気がする。
 いや、彼の場合は、良い方の53万かな。
 一方ではお堅い癖に、ミーハーで、新しい物好きやったもんなあ。

 あの、ゲームの画像のニュースを見たとき。
 ホンマに、「来た!」って、ゾクゾクしました。
 ↑全くゲームをやらない人なんだけど、私

 今にして思えば。
 何で、それが実現できたのか、ですよ。
 コンピューターの性能が、とんでもなく進歩してきた、この20年というものが、どうしても必要だった気がします。
 そんな中で、基礎技術を、地道に作っていた人たちがいたんですねえ。

 そういうことを言うと、当時の「人工知能」は、いろいろ、実現しています。
 去年、とある人から聞いた、ネットの世界の検索ロボットの話がそうです。
 これって、ツリー型にデータを保存して、各データが、優先順位のフラグを持って、そのルールに従って、データを検索していくという、あの話そのもで。
 ↑グーグルの検索機能など
 ↑↑日記をブログにした、主な理由が、この検索機能なのだが
 ↑↑↑成果は、どうだろ……?(^^;

 それでも、人工知能と言っても、生命体の脳ミソとは、やはり違ったようで。
 違っても、違ったなりに、賢くて、役に立って、今までできなかったことを実現してくれているんだなあ。

 先日、植物プランクトンをタンクに入れて太陽光で育てて、そこから、植物性の油をとるという研究の話にも未来を感じたのですが。
 なんと、植物を介さずに、触媒で、原料と太陽光で、有機物を合成する研究もあるんだって。
 ↑それは、ご近所さんからの電話のせいで、ちゃんと、番組を見られなかったが(TT)
 ホンマに、夢見た未来は、いつの間にか、隣にある気がします。

 そんな、ミーハーな、元SF作家志望の私ですが。
 現実には、日々、めっちゃアナログなお仕事です。
 が、目視でガラスの焼き加減を見ながら、理屈ではなくて直感で対応したり、またあるときは、理詰めで理由を考えたり。
 そんな時、これこそ、人間の脳ミソだからできる作業やで!と、思ったりするのだ。
 人工知能にゃ、真似できめえ!
 ↑なんで、江戸弁もどき?
 ↑↑時代小説の読みすぎ(^^;

 めっきり、SF小説からは足を洗ってしまった、この頃。
 まさに、現実は小説より奇なり、ですよ。
 わくわく!
 ↑買えないくせに(^^;
by glass-fish | 2010-02-10 01:17 | その他のタワゴト