人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

2010年 06月 09日 ( 1 )

一段落か?

 実は、八千代から返ってきた晩、祖母の隣で、寝る当番だったのですが。
 とても悲惨でした。

 夜の11時18分~12時35分に、5回も、トイレに行きました。
 詳細は省きますが。
 父があらかじめ、「もう手伝わんでも、自分でしよる」と言っておりまして。
 私も、何となくそんな気がしていたこともあり。
 12時35分に、間のふすまを締め切って、寝ました。
 その間、1人でトイレに行っている気配がします。
 よしよし。
 と思ったのも、つかの間。
 3時頃と4時半頃に、ベッド伝いに歩き、ふすまを開けて。
 「あっちに行くから連れて行ってくれ」と、トンチンカンな方角を指差すのです。
 読めてきました。

 日曜日は、デイサービスに行かない日なので、昼間にたっぷり寝ていました。
 で、夜の11時18分に、彼女の朝が既にやってきていた。
 そして、隣の部屋に私が寝ていることを、はっきり認識している。
 眠れないし、彼女にとっては、もう一日が始まっているし。
 構って欲しいらしい。
 朝、フラフラでした。(TT)

 翌日、作戦を変えました。
 初めから、私が隣の部屋で寝ていることを、勘付かせないことにしました。
 それに、その日は、デイサービスに行って、しっかり昼間に起きていたはずだ。
 気配はします。
 うん、トイレも、一人でできているようだし。
 寝息も聞こえるので、アクシデントも起こってない。
 で、一晩、全くふすまを開けて様子を見ることなく、朝が来ました。
 ああ。(TT)

 油断禁物ではあるけど。
 退院後の介護の、ちょっとしたターニングポイントを、ひとつ越えたかも。(TT)

 そろそろ、歩行器を借りた方が良いようで。
 退院からわずか、2週間で、ちょっと手伝ったら、歩けるようになりました。
 転倒されると困るのですが。
 この分では、まもなく、骨折前くらいに、回復するでしょう。
 しかも、頭まで、前よりちょっとだけ、はっきりしている。
 手術から数日で、ある程度動いてもらおうという、最近の治療方針というのは、えらいもんで。
 同じ手術を13年前に受けたときよりも、回復が早いです。
 今後、様子を見ながら、上手く抜いて良いところを抜くようにして、さらなる私達の負担軽減を目指したいところです。

 思えば、3月31日に、「ああ、折れてる」と思った瞬間、「寝たきりか」って、頭を掠めたのですが。
 とりあえず、ひとたびは、復活してしまった!
 ↑年なので、この先のことは、分かりませんが
 これは、きっと、彼女だからこその、特殊事情でしょう。

 もうちょっと、余裕が出てきたら、私も、運動しようっと。

 そんなこんなで。
 今日は、久しぶりに、ちゃんと完成品を作ることができました。
 めでたし、めでたし。(^^)
by glass-fish | 2010-06-09 00:32 | 日常