人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

2011年 07月 03日 ( 1 )

八千代コミュニティプラザで、体験会!

 今日は、多可町八千代区のコミュニティプラザで、とんぼ玉製作体験会をしました。

 そう、今まで、八千代区公民館だった建物が、5月5日に、リニューアルオープンしたため、とってもきれいになってました。
 トイレに入ろうとして、女子トイレに向かうと、入り口の数メートル前を通過した時点で、電気が自動点灯しました。
 すごっ!
 ↑最大の驚きポイントは、そこか!(^^;
 そうだ・・・・・・。
 2階の大ホールも、見せてもらえばよかった。
 次回、またご縁があれば、そのとき探検しようっと。

 今日は、午前中が、定員を微妙に1名オーバーの、大盛況でした。
 元気なちびっ子たちも、参加してくれました。
 2回目以上の方には、ご希望で、開く花のパーツを2個埋めようという内容も選択してもらえます。
 経験者のちびっ子たちは、果敢にお花に挑戦してくれまして。
 小さな手で、大きなピンセットを持って、コーン型に尖がったお花パーツの尖がり部分を玉のくぼみに刺して、お花の表部分から、小さいコテで、上手にお花パーツを開きました。
 握力がある人なら、ピンセットで小さなコーン型パーツを挟むのに余裕があるのですが。
 きっと、大人よりもずっと非力なはずの手でピンセットを握って、上手にパーツを挟んでました。
 すごいぞ!

 午後からは、午前より少し人数に余裕がありまして。
 ちょっと、ゆとりを持って、体験できました。
 今回、初めてやってみたのは、レース棒とツイストの棒から、お好みのものを3種類選んでもらって、2~3センチにカットしたお好みのものを、3本、ランダムに玉に貼り付けるというもの。
 なかなか、皆さんお上手でした。
 こっちの模様も、ちびっ子がトライしてくれました。
 午後の方で、1本目を丁寧にまっすぐつけて、2本目の端を、1本目の端にくっつけて、繋がった模様にされた方もいらっしゃって。
 2度目以上の方の余裕と、いろいろやってみようっていう前向きな気持ちを感じました。

 地玉は、最初ご自分で小さいのを巻いていただいて、その後、バトンタッチでこちらがガラスを足して行って大きな玉にします。
 その後、レース棒の玉を作られる方には、筒型などに形を整えて、少し硬い状態にしてから、お渡しして。
 そこから、玉と棒を焼いてくっつけてもらいました。
 お1人、この筒型の端に、ぐるりと一周巻いたのを、両端に付けたいとおっしゃった方がおられたので、ツイストを玉の直径の約3倍の長さに切ったものを2本用意。
 端っこにツイストを貼り付けて、徐々に暖めながら、狙ったふちの部分に、貼り付けられました。
 ほぼツイストの凸凹が均せたあと、お手伝いで、細かい凸凹を慣らして完成!
 なかなかの完成度です。

 また、同じツイストを、4本縦にきれいに貼り付けて、穴が開いているほうから見たら、四角い感じのスクエアな玉を作った方もいらっしゃいました。
 変化があって、おもしろい感じに仕上がりました。

 毎回、違った形で、前向きさを感じます。
 初めてのときは、何が起こるのかも分からないで、ただ一生懸命ですが、2度目以上の参加で、雰囲気が分かると、こんなのをやってみようなどの、イメージが広がるようです。

 いつもの担当A氏にもお世話になりました。ありがとうございました。
 参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 また参加したい、今度はこんなのも作ってみたい、そんな言葉が、とっても励みになります。
 私も、本当に楽しかったです。
 次は、どんなバリエーションを入れていこうかなあ。
 ↑気が早い(^^;
by glass-fish | 2011-07-03 23:56 | とんぼ玉教室