人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

2012年 10月 08日 ( 1 )

酸素切れ

 土曜日に、ヤドカリの玉を作りました。
 もう一個、と思ったところで、ボンベの酸素が、ほぼ空でした。
 3連休のため、ボンベの交換は、火曜日まで待たないと。
 あ~あ。(^^;
 というわけで、ジェネレーターでできる小物をちまちま作ることに。

 ヤドカリの玉のためのパーツは、何組か出来上がっているので、ボンベが来たら、強い炎で、大きな玉を作ろうと思います。

 で、ちまちま作っていたのは、キノコのためのパーツ。

 キヌガサタケのスカートのためのパーツを、ガラス用のダイヤの丸ノコで輪切りにして、それを平盤の研磨機で、薄くして、さらに番手を上げて透明になるまで、磨きました。
 が、うっかりすると、面がまっすぐでなくて。
 仕上げ磨きの後に、磨き残しができてしまい、端っこに、曇ったところが残っている。
 その部分の仕上げ磨きをやり直すのですが・・・・・・
 ムキになっていると、右手人差し指を、擦ってしまい、流血寸前になりました。(^^;
 薄っぺらいパーツは、こんなことも、あったりします。
 普通のムリーニを、1ミリ強の厚さに擦るなら、こんなこともないのですが。

 今回作るキノコの玉は、前のキヌガサタケと妖精の玉と、ちょっとだけ、中身を変える予定です。
 これは、10月の東寺さんに間に合うかは微妙。
 11月の、神戸のビーズアートショーには、間に合うように作ります。


 話は変わって。
 6日の土曜の朝、だらだらとテレビを見てると、「LIFE 夢のカタチ」という番組が始まって、なんとなくそのまま見てました。
 神戸のジュエリーデザイナーの女性を紹介していました。
 ああ、やっぱり、ジュエリーって、女子の夢やなあ。
 こう見えて、昔から、ヒカリモノは、大好きです。
 小学生のころは、クレヨンしんちゃんの妹のひまわりちゃんのように、宝飾屋さんのチラシを、集めていました。
 大学のころは、基礎物理学実験で、やたら「ヒカリモノ」の実験を選択していました。
 ↑先輩に、「多鹿、ヒカリモノ好きやなあ」と指摘されるまで、自覚なかったけど
 会社員になって、ちまちまと、お安い指輪なんかを買ってました。
 ↑あれ、どこへやったんやろう?
 会社を辞めて、とんぼ玉を初めたあと、ちょっとだけ彫金教室に行ってたのですが、ルース(金属部分についていない宝石や貴石の石だけの状態のもの)を眺めては、うっとりしていました。
 ああ、行ってみたい、このお店。

 ネット検索をすると、昔々、無理矢理、無謀な個展をしたギャラリーの近くのようでした。
 まさか、あのギャラリー、ジュエリー屋さんになったん?と、一瞬思ったのですが。
 良く調べてみると、2軒隣でした。(^^;
 ネットを見ると、6日(土)、7日(日)、8日(祝)の3日間は、入場制限をさせていただく場合がありますって、書いてあった。
 ネット通販は、アクセスが殺到して、不具合を起こしていて、メールで受け付けてました。
 すごい!
 まあ、あの番組見てたら、欲しくなったりするよねえ。

 で、急に、また、ジュエリー熱が上がって来まして。
 ↑買うわけじゃないですよ(^^;
 ↑↑まだ、TB-02を13台改造した改造費と、内田先生の玉を買った分の出費から、立ち直ってないし
 ↑↑↑いや、立ち直っても、ジュエリーの前に買っておかないとそろそろ壊れそうな機材もあるし

 ジュエリー熱。
 それは、私も、ジュエリーが作りたい!
 といっても、彫金をやるわけではありません。
 ジュエリーとは呼べないかもしれませんが、ジュエリーを身に着ける時と変わらないドキドキ感で身に着けることができる小さな宝物を、作りたいなあって。
 まあ、根が単純なので、見るとなんでも良いなあと思って、すぐ影響されるのさ。(^^;

 とりあえず今計画中のものは、5000円以下のネックレス。
 しかも、めっちゃ新ネタかと思いきや、使い古されたネタなのですが、日常使いしやすいように、アレンジしようかなって思ってます。
 2~3個くらいなら、11月のビーズアートショーに間に合うかなあ。

 ホンマに、「夢の世界」「おとぎ話の世界」に迷い込んだようなドキドキ感を作りたい。
 それは、一緒かなあ。
 ただ、私の場合は、彼女のように、デザイナーさんも美人でセンス良い!みたいなところのご期待には、お応えできないのが残念です。(^^;


 というわけで、明日の朝は、まず、酸素ボンベの交換をしてもらわないと。
by glass-fish | 2012-10-08 22:56 | とんぼ玉・ガラス