人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

いたたた・・・・・・

 今日は、とんぼ玉教室の日でした。
 先週、産フェスがあったので。

 午前のクラスの課題は、雪のムリーニの1回目。
 ↑初心者の人は、別の課題だったけど、他の3人
 前振りなく始まるには、ややヘヴィーな課題。
 みなさま、お疲れ様でした。

 さて。
 午後のクラスが終わろうかという時間に。
 あれ?あちこちいたい。
 久しぶりにムリーニを作ったからかなあ・・・・・・
 って、ヒンヤリとした物を感じていた。
 トシのせいだろうか?

 って、良く考えたら、研磨のせいでした。
 あ~あ。
 最初から、あの手を使っていれば、こんなにあちこち凝ったりしなかったのに。
 マッサージクッションで、マッサージして、寝よ。
 ↑どうも、世間では、よく売れているらしい
 でも、やけに効く小林製薬コリホグスは、何でこんなに効くのか分からんくらい効くので、怖いから、今日飲むのは、やめておこう。
 ↑これも、薬局の棚は空っぽ。もしかして、売れてるの?

 世間には、マッサージクッションやコリホグスやマッサージ屋さんが必要な、私の同類さんが、一杯いるねんなあ。
 ↑そんなところで、安心してどうする?
by glass-fish | 2010-10-30 23:49 | 日常

いたた・・・・・・

 今日は、朝から、体がだる重かった。
 基本、出不精なのに、出ずっぱりだったのと、寒さが重なったからかなあ。
 ひき始めに効くというので、風邪薬を飲んだら、何となく、復活。
 ↑すぐにヘタる体なので、疲労が蓄積するほどにがんばることはあり得ないのかも

 が、どうにも、作品作りをするほどの集中力がない。
 目の奥が、ボンヤリして、焦点が合わない感じ。
 そんな日は、できる物から攻めようってことで。
 午後は、以前に作った蝶のムリーニを、切って、研磨をすることにした。

 切って、研磨した。
 何だか、ぬるっとするなあと思ったら、指先を研磨していた。
 ちょっとだけ、流血。(^^;

 いけませんねえ、久しぶりにやると、いろいろうっかりしていて。
 このくらいの厚みにすると、けっこう、擦っちゃうんです。
 めちゃ流血する訳ではなくって、後になって、角質とかがちょっと削れてるもんだから、外からの刺激でちょっと痛かったりする。
 ↑それも、もう復活して、絆創膏も貼ることなく、パソコンのキィを打っている

 そうそう。
 研磨は、最近、あの手を使うことにしていたんだった。
 つい、初期の頃から、長らくやっている方法でする頭になってしまっていて。
 あの手を使うと、早いし、擦ることもあんまりない。
 ↑すごい手でもなく、けっこう原始的だけど、ちょっと一工夫なのだ
 で、今日は、無事、蝶のムリーニの研磨を終了。

 けっこう割れるし、勿体無いなあ。
 その辺は、場数で、慣れなんでしょうねえ。
 へんなところで力を入れて、薄っぺら委ムリーニをえい!と押してしまうと、真ん中から真っ二つ。
 で、急に反省して、力の入れ方を気をつける。
 結局、慣れた頃には、他の作業に移っている。

 さて、明日は、教室です。
 台風、逸れてくれると良いんですが。
 このコースは、何年か前にフェーン現象が起こったコースと似ているなあ・・・・・・
 で、来週には、この蝶を使った玉を作りたいんですが。
 できるかなあ。

 ラウシャでも、クリア問題に、新たな悩みが・・・・・・
 もう、透明の玉作るのやめようかなあ・・・・・・って、ヘタレ発言をしてしまった私であった。
 そうそう。
 世間には、ちゃんとクリアの玉を仕上げている人がたくさんいるっていうのに。
 何でこう、いろいろハマるのやら。(^^;
by glass-fish | 2010-10-29 23:41 | とんぼ玉・ガラス

大阪梅田へ

 昨日は、KCC三宮の日でした。
 で、少々、用事があって、教室が終わってから、ロペックスへ行ってきました。

 急ぐので、JR三ノ宮駅から、JR大阪駅に向かいまして。
 大阪駅の中央口の北側から出て、ヨドバシカメラの横の道を、地下通路の入り口の側まで、歩きました。
 右手には、ヨドバシカメラ、左手の工事中の壁の向こうには、たくさんのクレーンが。
 大きな構造物は怖いので、ぱたぱたと、急ぎ足気味で。

 地下通路(空中庭園のあるビルに行くための入り口)の入り口のちょっと横に、暗証番号のキーがついたドアがあり、そこをくぐり。
 草叢の行き止まりに向かって歩くと、見えてくる次のドアをくぐり、ちょっと歩いて、次のドアをくぐり、また、行き止まりに向かって歩き・・・・・・・目線を上げて周囲を見回すと、空中庭園のあるビルや、建設中の伊勢丹ビルなど、きれいなビル群が、ぐるりと取り巻いている。
 あたりが薄暗くなってきているので、ビル群の窓に煌々と明かりがともっている。
 と、そんな梅田の真ん中で、へんな迷路みたいなところを歩いて行く。
 まるで、SFのワンシーンみたいやん。(^^)

 そして、目の前に現れた、大きな倉庫の一角に、ロペックスがある。
 ↑倉庫まん前に立ってから、どこだか分からなくて、迷いました
 ↑↑2~3回角を折れると、あっさり方向を見失う体質なもんで(^^;

 たまにしか、大阪駅で降りないもんで。
 この頃は、降りるたびに、変貌振りにびっくりします。
 大阪最後の一等地と呼ばれている、梅田北ヤードの中に、今はロペックスがあります。
 工事現場の真ん中にあると言ってもいい感じ。
 最終的には、このへんは、みんな開発されて、何だか知らない場所になります。

 帰り道、例の暗証番号のついたドアから、地下通路入り口のまん前に出ると、仕事帰りの人で一杯です。
 どこから湧いてきているのか?くらいの勢いで、スーツ姿のできそうなサラリーマンと、できそうなキャリアウーマンたちが、ざくざくと靴音を立てて歩いていく中に、1人、Gパンでスニーカーで、こっそり紛れ込む。
 私にとっては、ちょっと非日常な感じで、何だか、ワクワクします。
 しかし・・・・・・いつまで、方向を見失わずに、梅田を歩けるだろう?
 きっと、もうちょっとしたら、かなり訳が分からない場所になるんだろうなあ。
 あっちこっちで、工事してるから。

 で、結局、素通りできず、紀伊国屋書店で、本を買って、阪急電車に乗りました。
 ああ、でも・・・・・・
 やっぱり、住むには慣れた田舎が一番さ。(^^)

 と、こんな、不思議な景色に出会いたい方、ロペックスへ行くなら、夕暮れ時がお勧めです。
 ↑営業が終わりそうな時間に行くなんて、怒られても知~らないっと(^^;
by glass-fish | 2010-10-29 00:38 | 日常

産業フェスティバル、終了!

 23日、24日の2日間、開催されました小野産業フェスティバルが、終了しました。

 来て頂いたみなさま、買っていただいたみなさま、本当にありがとうございました。

 2日目、2時過ぎから、予報どおり、雨が降ってきました。
 3時過ぎには、お客様の姿がまばらになって、店じまいするところが多くなって。
 ウチも、3時半ごろには、撤収を始めました。
 しかし・・・・・・こういう雨予報の場合は、行くだけ行って、雨が降るまで粘っちゃえ!的な感じで、午前中からお昼過ぎまで、とても人出が多くて、ウチのお店も、たくさんの方に見ていただきました。
 斜め向かいのケバブ屋さんの大きな串に刺さったお肉は、お昼ごろには、すっかり削ぎ落とされて、やせ細っておりまして。商売繁盛!って感じでした。
 一つ痛恨なのは、出遅れて、甥っ子と約束した、お土産のカラアゲが、ヤキトリになってしまったことです。
 来年は、抜からず、がんばろう!

 今年の反省。
 これが受けないかなあと思ったものより、ほかのものが受けた。

 お買い得の、バラバラのビーズ(といってもとんぼ玉も含むので、やや大きな奴ね)を、種類や値段ごとにトレーに乗っけて売りました。
 それを、ネックレスに組むというパターンが、好評でした。
 産フェスというのは、全体的に、リーズナブルでお買い得なのが売りのイベントなので、地元向けってことで、リーズナブルなものを、充実させました。
 なので、完成品も、リーズナブル。
 そうやな~。
 来年は、マメに組むパターンで、お好みのものを仕上げるところに力を入れてみようかなあ。
 ホンマに、楽しい露天商!って感じ。
 地元の人に楽しんでもらうところに徹してみよう。
 ↑けっこう、楽しい
 ↑↑東寺さんより、近いし、朝が遅いし、母や叔母も手伝ってくれるので、余裕はあるのだ

 一方で、生徒さんたちは、ふく蔵さん以降の新作を、買ってくださるので、そっちもちゃんと、テーブルの奥のほうに並べています。
 ↑たまに気付いて、金額を見られると、驚かれる地元の人たちが多いです
 地元で、ふく蔵さんというギャラリーの存在がありがたいのと同時に、地元で、とんぼ玉やフュージング作品を知らなかった、いろんな人に見てもらえる機会として、産フェスも、貴重だなあって、思いました。

 そうそう。
 お姉ちゃんが、バラのビーズの200円の、妹ちゃんが、バラのビーズの300円のを、1個ずつかってもらって、お家でひもを通して、ネックレスにしてもらうって、満足そうな姉妹とお母さんの3人連れのお客様がいらして。
 ホッとしますねえ。
 田舎って、こうなんやで。
 微笑ましかったです。
 来年も、新しいの持っていくから、また来てね!

 と、そんな2日間でした。
 楽しかった。(^^)
by glass-fish | 2010-10-25 00:02 | 対面販売、手作り市、弘法市

初日終了!

 小野産業フェスティバル、初日が、終わりました。

 来ていただいたみなさま、買っていただいたみなさま、ありがとうございました。
 告知をする余裕もなく、ドタバタしていたけど、生徒さんたちにも来ていただき、また、お買い上げいただいて、ありがとうございます。

 そういえば、ふく蔵からだと、リニューアルカンザシヤドカリとか、新色のつぼみ玉などは、地元、初お目見えでした。そうそう、マーブルも、いてます。
 見てもらえて、嬉しかったですっ!

 そうそう、差し入れに、神戸の方のパン屋さんの米粉のパンをいただきまして。
 おいしかったです。
 これなら、毎日、飽きずに食べられる。
 弟も、「これだけ美味かったら、いざというときに、小麦がなかっても大丈夫やな。」っていうてました。
 前に食べてから、米粉のパンも、進歩してるねんや~。
 ご馳走様でした。

 今日は、地元のため、ヨーヨーを元気に振り回す、ちびちびな双子ちゃんやら、いろんな人たちに来てもらえて、楽しかった。

 明日は、午後から雨予報ですが。
 初お目見え&お買い得アクセサリーなど、ぜひ、見に来てくださいね~。(^^;
by glass-fish | 2010-10-23 23:16 | 対面販売、手作り市、弘法市

小野産業フェスティバル、明日、明後日です!

 いよいよ、明日と明後日(23日、24日)は、小野産業フェスティバルです。

 いろいろ準備不足だったので、今日一日、きつかったです。
 ↑今日になって、くじを作っているヤツ(TT)

 というか・・・・・・
 東寺さんに毎月出すようになってから、露店販売の準備に慣れてきた。
 後は、体験の準備。
 なにか忘れ物をしたら・・・・・・
 って、今回は、忘れたら、取りに帰れる!

 今年は、出展者用駐車場を、開催時間も通行可にして、搬入車両に駐車の許可証を積む方式になりまして。万が一の時には、忘れ物を取りに行ける。
 ↑道路が混むから、できたら取りに帰りたくないと、ボソッとつぶやく弟
 ↑↑その場合、やっぱり、取りに帰る担当は、弟になるのか?(^^;
 京都に行くことを思えば、気が楽です。
 しかもサティが隣なので、何かあれば、買いに行ける。

 あ、余談がくどかった。(^^;

 さて、産フェスでは、とんぼ玉体験、くじ引き、バラビーズの販売(まとめてお買い上げの場合、割引)と、いろいろ、お買い得満載です!
 時間に余裕があれば、道具次第でできるデモも、リクエストがあればやります!

 1000円払って、くじ引きをする。
 3等の2000円が当たる、1000円を足すと、3000円のとんぼ玉が買える。
 などなど、お買い得品だけでなく、正規のとんぼ玉も、少しお徳に買えるかも。

 お買い得品の一例では、バラビーズお買い得品500円のを1個買い、300円追加で、シルバー925のチェーンを通すと、800円ですてきなネックレスの出来上がり。

 さらにお買い得は、バラビーズ200円を買って、ロジウムメッキチェーン150円を通すと、350円で、お子様にもお勧めのかわいいネックレスの出来上がり。

 もともとお買い得価格のバラビーズを、いろいろ組み合わせて買うと、1500円以上で、2割引!ご自分で、アクセサリーを作られる方、要チェックです!

 と、地元ならではの、お買い得満載です!

 何やら、うまそうなお店も出てます。
 竹細工屋さんとか、覗いてみたい。
 ウチは、ガス機器屋さんと水周りの設備屋さんに挟まれているけど。(^^;

 サティ小野店の東側の公園やらスポーツ施設やら音楽の施設やらの駐車場(かなり広い)で、10月23日(土)、24日(日)の2日間、開催です!
 両日とも、午前10時~午後4時です。
 神戸電鉄小野駅から、無料のシャトルバスが出ているらしい。

 日曜の夕方、雨予報ですが。
 万が一、降って来ても、良いテントが借りてあるし、雨を凌げるいろんな施設がすぐそばにあるし、足元はアスファルトなので、安心です!

 リーズナブルに、お子様と楽しめる!1人でも楽しめる!
 小野産業フェスティバルに、ぜひ、お越し下さい!
by glass-fish | 2010-10-22 23:24 | 対面販売、手作り市、弘法市

ありがとうございました

 今日は、東寺の弘法市の日でした。

 雨模様の中、来ていただいたみなさま、お買い上げいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

 さすがに気候のよい10月、暑かった頃と打って変わって、雨模様でも、大勢の人出でした。
 ああ、10月って、こんな感じなんだ。
 
 次回は、11月、紅葉の季節で、人出が多いだろうと、いろんな方が言われていました。

 今回で、やっと12回目。
 一年の様子を、一通り見たことになります。
 最初は、いろいろ慣れない状況で、雨対策、暑さ寒さ対策にも、右往左往していました。
 そんな中、場所も決まり、テントも新しくして、雨や日差しにも、随分対応できるようになりました。

 月1回の出店も、始めてみれば、こんなに大変なことなのかって、思いました。
 だって、一月って、すぐに過ぎていくんですもん。
 今月は、これだけとか、これとこれだけとか、かなり絞って計画的に作らないと。
 そんな中で、どういった方に、どんな作品を見ていただいているのかというのを、目の前で見て感じることができることが、本当に良い勉強になっています。
 それに、教室で生徒さんたちが、これおもしろいっておっしゃるのも、とても参考にさせてもらってます。
 いつも、後手後手だなあと感じるのが、季節感を取り入れること。
 実は、今まで、あんまり意識せずに来たのですが。
 せっかく、京都に出すんだから、季節感を意識するのも、新しいなにかに出会えそうで、今後、少しずつでも努力したいです。

 それにしても、一年前と比べたら、随分、慣れてきました。
 去年は、東寺の出店を始めたり、三宮教室が始まったりと、新しいことに出会えて嬉しい反面、状況に追っかけられ続けている感じでしたが・・・・・・
 やっと、ペースがつかめて来た感じです。
 ほんと、いろいろ欲はかかず、まだまだ、せっせと作品作りにがんばりたいです。

 今月は、時代祭り直前だとかで、海外の方も多く、2組の方々に、お買い上げいただきました。
 どのあたりに興味をもたれるか、こちらも、興味津々でした。

 来月に向けて、何を作るか、考えていたんですが。
 あらためて日数を数えると、これだけか・・・・・・って、びっくり。
 できれば、海物の新しいのを出したいんですが・・・・・・
 できるのか?

 この週末に出展するの小野産業フェスティバルのために、明日は、くじの準備などの予定です。
 そうこうしながら、合間を縫って、新ネタ考えます。

 来月は、いい天気になるといいんだけど。
 紅葉の季節だし。
by glass-fish | 2010-10-21 23:27 | 対面販売、手作り市、弘法市

10月の、弘法市

 さて、いよいよ。21日の東寺の弘法市も、目前です。

 今回は、モレッティ(が、ちょびっと)と、ラオシャと、その他のガラスで作った、つぼみ玉のデビューです。
 というか。
 ヤドカリ玉の中に、同じつぼみを発見することができるかもしれませんが・・・・・・
 なんだか、おもしろい出来です。

 と、ちょびっと新作も加えられて、一安心。

 気候もよくなりました。
 天気予報で、曇りに傘マークがついていようとも、あの酷暑のことを思えば、楽勝かもね。
 ウチのテントも新しくなり、庇が張り出していますので、土砂降りでない限り、雨を避けながら、作品をごらんいただけます。

 ぜひ、いらしてください!


 あ、余談ですが。
 新米、食べてみました。
 うんうん!ナルホド。(^^)  
 っていうことで、結果報告は、後日。
by glass-fish | 2010-10-20 01:41 | 対面販売、手作り市、弘法市

優先順位

 さっき、テレビを予約してきました。
 何年も、ロクに家電を買わずに来たのに、テレビ、レコーダー、携帯電話と、必要なものが必要な時期というのが、重なるんだよねえ。

 しかも、興味津々だった米からパンが焼けるホームベーカリーGOPANに、玄米のパンを作る機能が付いていると知ってからは、猛烈に欲しくなってきた。
 気持ちの上での、優先順位の一番目が、GOPANになってきた。
 でも、1回試食はしてみたいけど・・・・・・

 そこで、テレビは、特売品の小さいの。
 携帯電話は、テレビを予約したときにケイタイコーナーをチェックしたら、2番目くらいの候補だったのが、とても安くなっていて、来月も安かったら、それで。
 レコーダーは、ダブルチューナーでなくて良いし、それなりのお安めのを探して。
 その差額で、GOPAN購入を企てているところです。

 でも、できれば、試食したいなあ。
 玄米のパンが、普通に朝食として食べ続けられるかどうかを、確認したい。

 健康って、不健康でも一念発起でいつでも取り戻せる、ってもんでもないもんなあ。
 そんなことを、時々に思うんだけど。
 この頃、眼の疲れが酷くなってきたりして。
 年齢的なものか~と思ってたんですが。
 日常は裸眼という私の3歳くらい上の人が、疲れ目知らずで、老眼の兆候もないそうで。
 やっぱり、目の状態も、目だけじゃないんやろうなあって、思ったわけです。
 きっと、血管とかも、健康なんやろうなあ・・・・・・

 とすると、ケイタイより、大きなテレビより、ダブルチューナーのレコーダーより、健康の方が、急ぐ話やし、重要性の高い話なんちゃうんやろか?
 と、そんなことを考えるのも、年齢のせいか?

 とりあえず、GOPANが出たら、何とか、ホンマに自分で試食をしてみたい。
 ホンマに、健康のためだけでは、続かん人なもんで・・・・・・

 いや、酷暑も過ぎたし。
 今月の東寺と、サンフェスのバタバタが過ぎたら、散歩再開と行きたい所です。
 そうそう。
 カメラが良くなったケイタイを持って。
 ↑万歩計の機能付き



 余談ですが。
 気になって、あちこち、GOPAN関連のものを見に行ったのですが。
 玄米パンのコースは、白米90g、玄米130gで作るようです。
 ま、玄米の方が多いから、白米だけより、ちょっとくらいはヘルシーかなあ。
 問題は、何よりも、味ですよねえ。


 さらに余談ですが。
 今日、生まれて初めて、自動精米機で、精米をしてきました。10キロだけ。
 というのは、今年の米は、やはりどこのお米も良くないみたいで。
 その分、味も落ちるかもしれない。
 不透明なところって、炭水化物が不足しているから、不透明になるんだそうで。
 ↑非晶質に結晶質が付いたら、結晶の部分がもやに見えるのと同じで、性質が揃ってないと不透明になるのか?
 でもね、見た目で等級が決まる農協の基準では、食味の方は、関係ないんだよねえ。
 例年までの状況なら、けっこう食味が良くないお米が、めちゃきれいだったりしたそうで。
 だったら、食べてみないと分からないじゃないか!

 ところで、去年、直接売るための米を多目に残して、ハラハラした父は、今年は全量農協に出そうとしたらしく。
 せやけど、どこも悪いんやったら、相対的な問題として、ウチの方が良ければ、そこまで心配せんでも、どうにか欲しい人は探せるんちゃうんか?と、考えている、娘と息子なのであった。

 なので、いつも、古米を始末してから新米に行く我が家が、少量精米をして、明日、炊飯実験!
 どやろ~?

 今年の酷暑云々を言う前から、お米の味を決める一つの要因が、水温じゃないかという話を聞いたことがありまして。
 だから、ため池よりも、川の水で育てた米の方が良かったりするんだろうか?

 飽くまでウワサですが。
 何十年来、田んぼの水は、マメな人ほど、時には水を切って(「田んぼをひっつける」と表現する)、管理してきたらしく、大雑把な管理をしている人は、ジャージャーと取り入れては、ジャージャーと流していたそうで。
 なんと、皮肉なことに、今年は、その、ジャージャーの方が、良かったんやないか?と言われています。ほんまかな~?
 水温の上昇を防げたのでは?ってことで。
 「で、お父さんどないしとったん?」と聞いてみると。
 「ひっつけてはなかったけどのお」だそうで。

 日照不足だと、光合成が~と思うのですが、意外と山間部の山陰の田んぼが、良くなったりするんやろうか?
 とか、へんな憶測も、我が家で飛び交っておりました。
 ↑飽くまで、我が家の中の憶測です

 今年も、元農家の人から、うちの米が欲しいと連絡がありました。
 悪いなりにも、まだ、ウチの町内の米の方がエエンではないのか?って、期待感が、伺える。
 父は、そりゃも~、プレッシャーで、いっぱいいっぱいです。
 だからさ~食べてみようよ。
 上手い米を食べ比べて、品種を言い当てるなんてのは、とても無理やけど。
 まずかったらすぐに分かるから。
 米だけは、一定水準以上のものを食べ続けておるからのお、ふっふっふ。

 あ、脱線した。(^^;
 そんなわけで、初めての自動精米機で精米に行ったのですが。
 その時に、高温にならないって書いてあった割には、そこそこ、ぬくって感じにはなったもんで、まあ、摩擦したら温度は上がるもんなあって、思った。
 それにつけても、ゴパンの水につけた米を砕く工程では、そこんところ、どうなんやろ?
 それでも、酸化の進んでない、良い米に越したことはないんではないか?って、思うんやけど。
 ミルで砕くときの熱による、味への影響は、ないのか?
 やっぱり、味は大事です。


 も一つ余談ですが。
 ゴパン関係で、原料のショートニングが話題になっています。
 が。
 入ってるよ。
 市販品にも。
 どっちで摂るかやで。
 オリーブオイルでも良いって書いてあるけど、なんにしろ、味ですよ。
 ヘルシーでも、慣れない味は、イカンかも。
 そんなにグルメじゃないけど、毎日食べ続ける主食は、そこ、大事です。
 

 そんなこんなで。
 ウチの父は、平年より気温が高いため、冷蔵庫に入りきらない米袋を、やや涼しい方の農業倉庫に、せっせと運んでおりました。
 細心にして細心(?)の、小市民の空気感満載の父ですが。
 ま、テキトーな仕事をするよりは、きっと良いんでしょ。
 心配性が過ぎるのが、時には面倒な家族であった。(^^;

 完全に、話題が変わってしまった・・・・・・(^^;
by glass-fish | 2010-10-18 22:50 | 日常

お気に入りは、これでした

 そうそう。

 上村由希さんのガラスコラージュ。
 ホームページに上がっている作品が、並んでいました。

 欲しかったけど、買えないって思ったのが、「Small」のところに上がっている、窓辺の花、No.2509050です。

 額縁から出して移っている写真と、白い背景の額縁に入っているのでは、かなり、雰囲気が違います。
 それに、ライティングによって、影が変わって、また美しいんです。

 思い出したら、ため息でます。(^^)
by glass-fish | 2010-10-16 23:03 | とんぼ玉・ガラス