人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

今年も1年、ありがとうございました

 何とか、年賀状を投函し、洗車も終え。
 あとは、こまごまとしたことをして、まあこんなもんかと、一安心。

 結局、小野教室のほうで、教室を終えたところで、仕事納めってことになりました。
 ま、良いか。
 そんなに、汲々と、働いてはばかりはいられない。
 ↑って、度々、言っている気もするけど・・・・・・

 さて、今年1年・・・・・・
 どんな作品を作ってきただろう。
 作品という意味でも、東寺さんへの出店というのが、大きな変化だった気がします。
 ↑去年の今頃は、まだ、始めたばかりで、良く分からなかった
 ひと月ごとに区切りが来るので、いろいろ考えたような気がします。

 そんな一年の作品を、ココロの中で、振り返りつつ。
 結構、充実した一年だったような気がします。
 一年間、せっせと、インプロージョンばっかりやってきたような気がします。
 ムリーニは、インプロージョンに使うための模様やテクスチャーが中心で、「魚!」とか、具象的なものを、ほとんど作りませんでした。
 インプロージョンと言っても、ガラスを焼いて、ガラスの流れで一気に形作るという感じではなくて。
 そのため、サタケガラスの足の長さが、やりやすくて。
 それでも、サタケガラスのもやに苦しめられ。
 そういう意味では、「インプロージョンもどき」なテクニックに、せっせと力を入れていた一年ってことになるでしょう。

 まだまだ、構想だけのものもたくさんあります。
 それはまた、来年。
 今年一年、できたことは限られて入るけど、それでも、良い年だった気がします。
 
 そんな一年も、私が作ったものを、手に取っていただいた方々があってこそだったと思います。
 東寺さんやふく蔵さんで、作品を手にとって、見てくださった方々。
 グラスタウンさんやギャラリーすみとさんで、お買い上げいただいた方々。
 教室で、いろんな試作の、ここがおもしろいって、見てくださった生徒さんたち。

 本当にありがとうございました。
 それでは、良いお年を。
by glass-fish | 2010-12-31 00:27 | とんぼ玉・ガラス

ホンマに、とりとめなく

 しかし・・・・・・
 ホンマに、人間って、進歩しないもんです。

 年内にしておこうと思っていることは。
 年賀状の投函と、洗車。
 たったそれだけなのに・・・・・・

 カメラで作品を撮って、さて、パソコンに取り込もうと思ったら、USBケーブルがなかった。
 探すために、自分の部屋を、少し片付けるハメに。
 ↑大晦日にやろうと思っていた
 それでも出てこない。
 で、ケイタイカメラで、撮りました。(^^;

 印刷は、明日の予定。
 年々、自分というものが分かっては来た。
 年賀状用の作品も、急作りは、無理。
 撮影に使った作品は、12月の初めには、存在していた。
 だったら、さっさと、年賀状の作成に入ればいいものを。

 と、そんなことは、毎年思うんですけど。
 目の前のことに一杯いっぱいになってしまうと、できないんですよねえ。
 会社員の頃、休日がはっきりしていると、部屋の片付けなんかもやっていました。
 模様替えが趣味とか言うて。

 でも、今はダメですね。
 切り替えがしにくい。
 どこまでやっても良いし、手を抜いても良い。
 ずっと働いているかというと、間に体は休めている。
 あまり考えなくてもできること(ランちゃんの散歩など)は、ちょこちょこやっている。

 教室が、月10日間になり、毎月東寺さんの作品を作る。
 そのペースも、もう1年以上経った訳なので、もうちょっと、時間配分や、切り替えを上手くできるようになりたいなあ。
 あ、それ、来年の目標にしようっと。

 ところで。
 今年も、フィギュアスケートのシーズン真っ只中!
 フィギュア好きと言いつつ、アクセルジャンプだけしか、見ていて分からない。
 ↑踏み切りの瞬間、前を向くので、一番分かりやすいねん
 何回転かも、感覚で何となくしか分からない。
 ただ、点数が高いジャンプというのが何となく分かったので、点数が出そうかどうかは、何となく分かるようになりました。
 が・・・・・・
 時々、加点の部分って、かなり主観やなあと思うこともあります。
 小塚選手自身が、点数が出すぎな気がするって、首をかしげていた。
 それは、ちょっとそうだったかも。
 でも、良い演技だったと思うけど。

 今年、安藤美姫ちゃんが、日本選手権優勝だったのは、めちゃ納得でした。
 鈴木明子さんの表現力が好きで、応援していたのに、残念でした。
 もちろん、真央ちゃんを、一番応援していました。
 そうそう、村上かなこちゃんは、まだ若いし、もうちょっと先でも・・・・・・と、最初、思っていたけど、文句なしの良い演技でした。
 ああ、世界選手権の枠が、3枠だけだっていうのが、すごく悩ましい。

 フィギュアを見ながら、いつも、自分の作品作りのことを、省みてしまいます。
 そう。
 安藤美姫ちゃんの、「完成度」なんかですよ。
 一つの転倒が、点数が出ない理由にはならない。
 でも、ノーミスなら、技術店の評価は、めちゃめちゃ上がる。
 というか。
 全体の流れを見たときに、技術と表現の両面で、プログラムの完成度の高さがあると、見ている側の感じ方が、とても違う。
 美しいし、安心ができる。
 今年について言えば、トリプルアクセルを跳んだ、真央ちゃんのプログラムの完成度が、上がってくるのは、これから。
 とすると、プログラムそのものを見ていて、より引き込まれるのは、やはり、安藤美姫ちゃんの演技だった。

 人に作品を見てもらおうと思う場合。
 新しさや、オドロキを入れたいと思う。
 これをやってみたいという構想があれば、ものすごく欲張ってしまう。
 一方で、期日がある。
 そういう場合は、どこまでも、あれもこれもと欲張っては、収拾がつかなくなる。
 小さくまとめようというのとは違う。
 でも、敢えて、範囲を決めて、完成度を上げていくことは必要だと思う。

 真央ちゃんは、もうここが限界じゃないのか?と、分かった風に、私の周囲で言う人がいてね。
 違うさ。
 欲張ってるんだと思うよ。
 そう思っていた。
 まだ、プログラムがこなれるまで、練習が足りてないんだと思う。
 私の個人的な見方はそうだった。

 でも、欲張りたくなるのが、人なんでしょう。
 欲張らないとね。
 その一方で、どこまで欲張るかというところを、あるところで見切る能力も、きっと要るんだよ。
 その助けになるのが、コーチだったりするんだろうけど。
 そういう、自分だけでない、他の人の見方を参考にすることも、やっぱり必要やなあって思う。

 世界に通用する、超一流のアスリートと、自分のことを一緒にするのは、おこがましいけど。
 そうやねん。
 分かる分かるって、変に一方的な肩入れをしてしまう私でした。

 さて、私も、そろそろ、ふく蔵さんのDM用作品を、何にするか、決めないとね。
 ↑あれもこれもって、思っているところさ
 一応、あれで行こうかな・・・・・・

 おっと、その前に、年賀状ね。(^^;
by glass-fish | 2010-12-29 00:00 | 日常

夜更かししている場合じゃないって

 インフルエンザの予防接種を受けてから、11日目です。
 後もうちょっとで、効くはず。

 こないだ、テレビで、インフルエンザの予防接種と流行の型があっている場合でも、予防接種をしても、罹ってしまう場合があると、言ってましたが。
 なんでも、罹っても、重篤化しないために、役に立つんですって。
 ふ~ん。
 とりあえず、何もしないより、安心さ。

 何となく、日々、ジタバタ暮らしていると、インフルエンザに罹って、数日とか、ノロに罹って、数日とか、休むとなると、後が怖かったりします。
 例えば、東寺さんのあたりとか、作品展の搬入のあたりとかで、万が一のことがあったらどうしようなんて、めちゃ心配になったりして。
 そこまで行かなくても、教室をころっとお休みすることになったら、その後、スケジュールがタイト過ぎて、どうにもならんかったりして、とか。
 まあ、もっと大きな異変があったりしたら、そんなことは言ってられない訳なんだけど。
 どうも、平和ボケというか。
 予想外の困りごとが起こらないことを、いつでも期待してしまう自分がいるのでした。(^^;

 さて。
 この頃流行っているノロですが。
 いろいろ疑問に思っていたことを、聞いてみました。
 ノロに罹ると、健康な場合は、3~4日で自然と体を通過して出て行ってしまうけれど、その間は、トイレから離れられないくらい、症状がきついと聞いた事があったのですが。
 症状の軽いノロもあるんだそうです。
 というか、症状がほぼ出てないケースなんかでも、感染が起こったりするとか。

 とすると・・・・・・
 胃腸の調子を整えて、免疫機構がちゃんと働くように、ストレスを減らして、良く寝て。
 丈夫な体を作っておけば、作品の製作くらいは、できるんでしょうかねえ。
 しかし、その場合でも、ノロの時に作った作品ですって、口が裂けてもいえないよなあ。
 何となく。(^^;
 そんなときは・・・・・・
 そうか、確定申告の準備でもしてれば良いのかもね。
 ↑ビミョーなオチ

 と、おバカなことを考えてしまったこの頃でした。

 夏場は、あまりの暑さに、バテバテで、脳ミソの稼働率も極端に落ちて、「これじゃ、夏は使い物にならへんわ私」って思ったけど。
 冬は冬で、いろいろ流行ったりするので、体力が落ちていると、いろいろあったりするわけで。
 冬のほうがマシって、夏場に思ったのは、間違いだったのかもしれない。
 でも、今思っても、夏は辛かったもんなあ。

 冬場でも、普通の風邪には、そこそこ強い方です。
 こないだ、やっぱり、B型やからか!と、思い始めたのですが。
 すべてのB型さんが、総じて、平均より強い訳ではなさそうだって分かったので。
 やっぱり、血中にたっぷり蓄えてある、コレステロールや中性脂肪のお陰かもしれないと、そうも思ってみたけど。
 脂質異常のない人でも、風邪に強いって言ってたもんなあ。
 なんでやろ?(^^;

 やっぱり、夜中に日記を書いている場合ではないのだ。(^^;
 健康のために、さっさと寝よっと。
by glass-fish | 2010-12-27 01:28 | 日常

やっと、お休み

 21日の東寺の弘法市、三宮の教室、加古川の教室と、今年も無事終えまして。
 弘法市での睡眠不足を補うべく、今日は、お休みでした。

 で、いつものマッサージ屋さんへ。
 この頃、通常の肩まわりだけでなくて、フットコースも少しやってもらってます。
 足裏の張りは、運動不足で筋肉量が減っているからだと思うのですが。
 フットコースを入れると、足だけでなくて、あちこちすっきりする気がします。
 今のお仕事を続ける限り、ずっとお世話になることでしょう。
 というか、やっぱり、趣味。(^^)

 それにしても、今回は、フットの途中から、既に何だかど~んと重たい感じになりまして。
 肩まわりに行くころには・・・・・・
 終わったときには、どよ~んとしていました。

 確かに、そういう話は良く聞くし、私自身も、自覚は何となくあったけど。
 今日ほど、自覚した日はありませんでした。
 マッサージの後は、しばらくの間、脱力感が続くって。
 今日は、ホンマに、すごく効いてる~っ!って感じでした。
 あちこちに溜め込んでいた、良くない物質が、押し出されてからだの中をどろどろめぐり始めたというか。

 そんなこんなで、明日には、めちゃ元気になっている予定です。

 そんなまったりとした今日。
 ランちゃんに、お手を教えてみた。
 エエ感じ。
 これは、覚えてくれそう。

 東寺さんやKCCの教室のため、家にいなかったので。
 ランちゃん的には、何でやろ~?って、悩んだようで。
 ワガママになりかかっていたのが、ちょっと風向きが変わったか?って感じです。
 よしよし。
 立ち読みしたしつけの本の通りに反応してるやん。
 ご飯の時間、散歩の時間が決まっている場合に、吠えて催促するっていうのは、自分の権利の主張だから、ご飯を待たせたり、散歩の時間をばらばらにして、主導権が飼い主にあることを分からせるんだそうで。
 私の方は、意図してやったわけではなくて、単にスケジュールやったんやけどね。

 それにしても、お手の物覚えの良さ。
 随所に頭悪いのかなあと思える行動もあったけど、実は、賢かったりしてって、思うこの頃でした。
 明日も、お手の練習したろっと。(^^)
by glass-fish | 2010-12-25 00:18 | 日常

ありがとうございました

 昨日(あれ、もう一昨日か・・・・・・)は、東寺の終い弘法でした。
 来ていただいたみなさま、買っていただいたみなさま、本当にありがとうございました。

 午後からお天気が崩れるという予報にドキドキしつつ、始まったわけですが。
 フラフラと、よそを見に行けたり、トイレがすいていたのは、朝の内だけ。
 こんなに人が多いのは、初めて見た!ってくらいに、人で一杯でした。
 ↑去年は、場所が決まっておらず、空いている場所がなくて、人通りの少ないところだったもんで
 ↑↑今年は、予想通り、ちょっと横を詰め詰めして屋台を立てつつも、場所が決まっているって、幸せ(^^)
 さすがに、予報もあって、1時過ぎくらいまでが、人通りのピークだったでしょうか。
 前回の11月(休日)と比べて、午後の人出は、急に減っていきました。
 ずっと座っていると、じんわりと底冷えがしてきますが。
 人並みの中を歩いている分には、夏場よりは快適だったことは、請け合いです。

 やはり、人出の多いときは、旅行客や一見さんに買っていただけた分が、いつもより多かったです。
 そんなときは、弟のフュージングなどが、大活躍!
 姉が言うのもなんですが。
 私より職人気質で、黙々と作業をして、同じものをきちっと、仕上げてきます。
 リーズナブルな割りに、ホント、良い仕事してます。
 ↑買ってね!
 ↑↑買ってくださったみなさま、ありがとうございました!

 それにしても、露天商は、トークで惹き付けてナンボなんかも。
 座っていると寒かったもんで、睡魔はやってこず、お昼ごろも、いつもよりちゃんとお話して、がんばったかも。
 ↑暑さや睡魔に負けたりした日々を反省(^^;
 Iさん(←ってだれ?)と、コンビ結成して、ちょっとだけ、M-1に出てみたかったりしたこともあったけど。
 ↑芸風としては、やっぱり、Wボケ&Wツッコミのスタイルやろうな
 そんなM-1も、今年で最後か~。
 そんな、アホな妄想は、やはり妄想で終わったけど。
 作ることに負けないくらい、喋ること、考え込むこと、文章を書くことは好きなんで。
 ↑文章はブログ、喋りは露天商って、披露できる場所があるって、楽しいかも(^^)
 トークにも、磨きをかけて、楽しんでいただきたいなあと思った、この頃でした。
 がんばろう!

 本当に、今年1年、ありがとうございました。
 作品作りの面でも、たくさん勉強できました。
 それに、ほかのことも、いろいろ学べたり、興味深かったり。
 初めてのことに、いろんな刺激をいただきました。
 来年も、よろしくお願いいたします!
by glass-fish | 2010-12-23 00:47 | 対面販売、手作り市、弘法市

明後日、終い弘法です

 明後日・・・・・・って、明日か、もう。
 終い弘法です。

 カトレア玉、持って行きます。
 それと、インプロージョンのドロップ、トリ星人も。
 ↑苦戦中ですが・・・・・・値段つけます、多分(^^;
 明日の午前中に、何とか、もう1個だけでも、作りたい。

 弟のほうは、何やら、新しいムリーニを作っておりましたが。
 玉にしたんだろうか?

 去年の終い弘法は、東寺さんに出し始めて2回目でした。
 かなり訳が分からない状態で迎えたわけですが。
 葉牡丹やら、何やらいろいろ、お正月の気分満載でした。
 おそらく、出展業者は、一年で一番多いんじゃないでしょうか?
 ↑場所の決まっていない人を割り振る場所がなかった程で
 この雰囲気は、年末独特です。
 よろしければ、ぜひ、いらしてください。
 活気も人出も、多いはず。
 ↑正月グッズとは違うので、ウチの場合は、いつもくらい売れたら嬉しいなあって感じで
 お正月用のグッズを、何か買いたいなあ。

 とまあ、そんな終い弘法、皆さん、ぜひいらして下さい。
by glass-fish | 2010-12-20 00:16 | お知らせ(展示会等)

形がとれないというか・・・・・・

 今日も、インプロージョンのドロップに、苦戦しました。

 形がとれないというよりも。
 中で、ひどくヨレた形のものが、出来上がっています。
 油断して、伸ばしてしまったり。
 かなり、悲惨な状態です。(^^;

 もっとも、こういうことを始めると、こうなるのは、お約束です。
 そんなのは、いつものこと。
 3~4年前のペースなら、教室の日数ももっと少なかったので、ほとんどの日数を製作に当てていながら、まるまる一ヶ月以上は、ドツボって、闘っていたりしました。
 そう、そんなもんよ。
 そのくらい思いっきり、瓦礫の山を築いたりも、してみたい気がします。

 次の東寺さんに持って行くのは、どのくらい悲惨な状態かですね。
 ↑あまりにも未完成の場合、非売になりますけど(^^;

 この手法で、この内容のものを作ることが、果たして、正しいのか?
 どんなに上達したところで、精度の高い物になる確率が、あまりに低いものであったとしたら、その方法のその内容自体が、ダメってことになるのかもしれない。
 まあ、そんなリスクも、含んでいます。
 それは、いつものこと。(^^;
 つぼみだって、作り始めた頃には、今くらいの内容で、今くらいの成功率では、とてもできないんじゃないかと思ったこともあったさ。

 って、そう書くと、どんなにすごいもんやねん?って思われるかもしれませんが。
 デザインは・・・・・・トリ星人の延長です。
 こんなに苦戦して、デザインは、おふざけ系か?って感じですが。
 今のところ、これしか思いつかんのやもん。
 こうして手を動かしていたら、いつの日か、何かの形に出会うかも知れへんやんか。
 ↑例えば、ランちゃんの散歩の途中に見た花とか

 ここで、東寺目前って、焦って何かに切り替えたって、どうせ中途半端になるんだし。
 ↑既存のネタでも、急には作れないしね
 明日も、瓦礫の山を築くか。
 ↑時間掛かるから、瓦礫ではあっても、山には程遠いとも言う

 それにしても、背中の右側が、痛い。
 ↑けっこう、時間がかかるので、体に応えます(TT)
 ↑↑上手くなったら、楽になったりはしないだろうか?
by glass-fish | 2010-12-19 00:26 | とんぼ玉・ガラス

試作

 昨日までに、ピンクの蘭の玉を、いくつか作りました。
 まあまあ、良い感じかな。
 いつも悩むのは、葉っぱ。
 以前と同じ入れ方と、葉っぱなしバージョンを作りました。
 葉っぱは、無いほうが、意外とすっきりしているかもね。

 という訳で。
 今日は、別の試作をしました。
 インプロージョンの、ドロップ。

 いつかは作ろうと思っているものが、いくつかあって。
 一つは、数ヶ月前に持っていった、白い地玉に、カラスウリやブドウなどの模様が入った玉の、バリエーション。
 他にもいくらかあるけど。
 このインプロージョンも、その一つ。
 このやり方で、2年前のがんばっ展に、試作のさらに前段階みたいな作りのものを出したんだけど。
 他にやりたいものを優先していたら、なかなか手が回らず、棚上げにしていたもの。
 久しぶりにやってみると、あの頃より、つぼみを一杯作ったために、インプロージョンに慣れたのか、やりやすくなっていたりするものの。
 やっぱり、なかなか形が取れなくて、苦戦中です。
 こういうのも、手を動かしてみて、初めて、自然にデザインに修正がかかったりするものなので、頭の中だけで考えていても仕方がない部分があると思います。
 なので、とにかく、手を動かそうってことで。

 東寺まで、後ちょっと。
 どこまでできるかなあ。(^^;

 それはそうと。
 年賀状に使う画像は、どうしよう・・・・・・(^^;
by glass-fish | 2010-12-18 02:06 | とんぼ玉・ガラス

百合のとんぼ玉

 昨日、ドラマ「おみやさんスペシャル」で、小道具にとんぼ玉が出るって知って、録画した。
 おみやさんは、シーズン1は見てたんだけど。
 8時から始まるドラマは、なかなか続けて見るのが大変だったもんで。

 今日、ドラマを見ながら、ツッコミを入れてみたり。

 で、途中で出てきた工房の看板(「篠瑠璃」さん)を見て、誰が作りはったのか分かったので、後で、サイトを見に行って、納得しました。
 あんなに簡単に、とんぼ玉が砕け散るだろうか?
 やっぱり、割れやすく工夫して作られたんだそうで、上手く砕け散って、大成功なんですって。

 さて。
 ドラマに出てきた設定の、どこにツッコミを入れていたかと言いますと。
 ドラマに出てきた、「黒百合」のとんぼ玉は、古いもので、30年位前のものという設定でした。
 30年前かあ。

 ちなみに、百合のとんぼ玉を、最初に作ったのは、大鎌章弘さんで、私が会社を辞めてこの仕事を始めて、2~3年後のことだったと思うので、今から10年ちょっと前。
 今では、一般的に作られている、パーツを使って作る、私が教室で「開く花のパーツの玉」と呼んでいる玉をはじめて作ったのは、私の知る限り、降矢さんで、年齢から逆算すると、16年くらい前でしょうか。

 そんなわけで、30年前には、立体的な百合の玉は存在しませんでした。
 というか。
 「この作品は、作家物」って表現を使ってはったけど。
 30年前には、まだこの世に、とんぼ玉教室は存在していなかったらしく。
 とんぼ玉を作る人を「作家」という概念では捉えられてはいなかったはずで。
 というか。
 30年前にとんぼ玉を作っていた人は、30年前には、今では伝説の人になっている職人さんを含めて、片手で足りるほどしか作り手がいらっしゃらなかったんじゃなかったっけ?

 黒百合のモチーフが、ストーリー上必要だったみたいで。
 30年前で、黒百合かあ。
 立体の花自体が、ホントに、ここ15年ほどのもの。
 一方で、表面に模様を入れるテクニックというのも、似たような感じで。
 ドット&レーキング(点打ちと引っかき)の方法で、いろんなモチーフが作られていますが。
 15年以上前に溯れば、ドットの玉は、中国の戦国玉くらいのもので。
 自由な模様を、点打ちと引っかきで作られ始めたのも、15年程というところですから。

 30年前に、もしも存在するとすれば、「ムリーニ」の模様でしょうねえ。
 黒百合そのものの作品があったかどうかはわかりませんが、土の中から掘り出された作品に、ムリーニの花のモチーフのものが、確かありました。
 が、ムリーニも、30年前の時点では、人面などはあったものの、リアルタイムで自由なムリーニがいろいろ作られていたわけではないはずです。

 とんぼ玉は、今では、けっこうな広がりを見せていますし、とんぼ玉そのものの歴史は、すんごく古いけど、現代のとんぼ玉の作品のバリエーションが広がって行った歴史は、ホントに新しく、最近のことです。

 とまあ、ややあやふやなところを含みつつ。
 テレビに向かって、こんなツッコミを、入れていましたとさ。

 と書いていて。
 とんぼ玉の模様から、作られた時期を逆算して、もっとぐぐっとトリックに深く食い込むようなストーリーが作れたらおもしろいだろうなあ。
 ↑またもや、妄想が、あらぬ方向へ・・・・・・(^^;

 いずれにしろ。
 とんぼ玉が、テレビで紹介されて、いろんな人に興味を持ってもらえたら、こんなに良いことはありません。
 黒百合の玉も、ちょっとべっ甲みたいな地玉で、渋くてカッコ良かったし。

 京都ととんぼ玉のイメージが結びついて、商売繁盛って訳にはいかないですかねえ。
 ↑ケチな願望で締めてみました(^^;
by glass-fish | 2010-12-16 23:17 | とんぼ玉・ガラス

赤い蘭は・・・・・・

 結局、サタケで作りましたとさ。

 明日埋めてみて、色味をチェック。
 赤というより、濃い目のピンク。
 ま、良いか。
 セレン赤みたいなのを作りたかったんだけど、ピンクも好きだから。

 やっぱり、白が濃いサタケは、使い勝手の良い場面も多いと思う。

 しかし・・・・・・
 今回は、花びらに使った白が、薄っぺらくなり過ぎないように作ったので、変に分厚かったら困るんだけど。
 いずれにしろ、結果は、明日。

 そうそう、ウチのチビ犬、ランちゃんは、名探偵コナンの蘭ちゃんからつけた名前なので、ホンマは、蘭ちゃんやんなあ。
 カトレアを作ったのは、だからという訳ではありません。
 冬の花らしいから。
 年中見ている気がするのは、気のせいか?(^^;

 ランちゃんは、日々成長して、いろいろ物事が分かってきたのか。
 構ってもらえるときと、そうでないときがあると分かってきて、いかにも構うよ~!モードでないときは、無駄に期待をしなくなった。
 そう、構うよ~!モードのときは、ちゃんと構ってもらえると、分かってるから良いみたい。
 大きくなったね~と思うけど。
 もっと大きくなるんだよね~。
 そろそろ、寝床にしている段ボール箱が、狭くなってきたんでないかい?
 半年過ぎた頃には、新築(?)の小屋を準備しないとねえ。
 ↑でも、やっと、2ヶ月(^^)
by glass-fish | 2010-12-15 00:06 | とんぼ玉・ガラス