人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ああ・・・・・・またダメだった

 というのは、2日前のこと。

 ランちゃんの散歩中に、またもや遭遇しました。
 そう、これと。

a0163516_034548.jpg


 マムシです。
 これ、橋の端っこのところにいるんです。
 右側に移っている段差は、橋の西側の縁の部分です。

 ぎゃ~!と思って、逃げたんですが。
 今日こそ!と思って、写真を撮りました。
 くねくねくねくねと、何重にもS字みたいになっていて、前半分の頭の部分を、こちらに向かって伸ばしたところ。
 実は・・・・・・

a0163516_07169.jpg


 このくらい離れています。
 100ミリのレンズを、EOS40Dにつけているので、実質160ミリ相当の画角なのですが。
 こんなに小さく撮っているのだ!
 だって。
 近づいても平気って、ランちゃんに思われたくないし。
 いや、やっぱり怖いもんね。

 2枚写真を撮って、そそくさと逃げたのですが。
 前も、散歩ルートで逃がして、翌日怖かったので、逃がしたことを後悔したため、「今度こそ」と思って、引き返したらいませんでした。

 帰って、父に報告すると、「目を放したら、じきにおらんようになる。ちゃんと殺しとかんと、危ないやろ!」と、文句を言われました。
 ちなみに、退治方法も、伝授されたのですが。
 ああ、私に、そんなことができる日が来るんやろか?(TT)

 この橋、田んぼの向こうのニュータウンの人たちの生活道路というか、通勤通学道路になっている農道なため、やっぱり、逃がしたのはまずかったかも知れません。
 は~。

 さて、そのちょっと前に撮った写真で、気分を治してください
a0163516_0172894.jpg


 名前、分かりません。
 あれから、他にもちょこちょこと撮ったのですが。
 画像のアップって、大変ですよね・・・・・・
 ↑というか、作品画像を、どうにかすべきやろう。(^^;


 余談ですが。
 車の修理代の請求書が来て払ってきました。
 良かった。(TT)
 はじめの予想価格の、6分の1でした。
 そこんとこは、お隣の車屋さんが、あれこれがんばって下さったから。
 簡単な修理でも、このくらいはかかるもんね、かなり助かったかなっていう金額で済みました。
 という訳で、ホンマに、無事解決でしたとさ。
 めでたしめでたし。
by glass-fish | 2011-10-27 23:45 | 日常

ビーズアートショーのデモの予定表

 いよいよ、ビーズアートショー神戸2011が、近づいてきました。
 デモの予定表が、アップされています。↓
 ビーズアートショー ランプワークデモのスケジュール
 ああ・・・・・・画像、早く送らなくっちゃ。(TT)

 私が担当するデモの内容ですが。

 11日(金)の12時30分~は、「大きなお花のパーツを埋める」。
 ウチの教室では、「開く花のパーツ」と呼んでいる、世間でもポピュラーな立体水中花パーツを埋めた玉ですが・・・・・・
 4年以上前から来られている生徒さんは、お気付きだと思うのですが、4年前位と最近では、立体水中花パーツ、少し作り方を変えていまして。
 最近、水中花をやったよという生徒さんにとっては、いつものやり方です。
 この方法で、大きなパーツをどど~ん!と、開いてみようという訳です。
 直径の大きなパーツを準備して持って行きまして、それを埋めて作品にするところを見ていただきます。
 4年前までやっていた方法では、あんまり大きなものは、難しかったのです。
 ああ・・・・・・また大風呂敷を開いてるよ。(^^;
 ある意味、ポピュラーでオーソドックスで、でもちょっとだけ違うんだ・・・・・っていう、水中花です。

 13日(日)の16時~は、「インプロージョン動物の顔」です。
 おっと!この時間帯、一人になってるよ。(^^;
 こないだ、相談したときには、2人だったのに、もう一人の人が、別の時間に動いてる。
 ↑と、内情をバラす奴
 平たく言うと、前に作った作品としては、シーサー(?)の顔のペーパーウェイトです。
 今回も、他の動物にはしないで、実績のあるシーサーで行きます。
 あれれ・・・・・・、画像を撮ろうにも、どこへ行ったっけ?と思いつつ、現物を東寺さんの前の日に見つけまして。
 早く画像を撮って送っておかないと。
 しかし・・・・・オーラスのデモで、これで良いんだろうか?(^^;
 ま、この方法で、デザインとアイディア次第では、おもしろいものができるんでは?っていう、皆さんに発展させてもらえるかも?な、内容かなと思います。
 ↑って、すごい言い訳
 という訳で、ご期待(?)下さい。(^^)


 話は変わりまして。
 今日(あ、もう昨日か)、産フェスにテーブルを買いに行きまして。
 やはり予想通り、KCC三宮から帰って来た弟に「要らんもん買って」と、チェックされました。
 やっぱり、対面販売用に持ち歩くには、ちょっとでかいし、重かったかなあ。
 しょうがないやん。
 ビーズアートショーの備品、頼もうかどうしようか迷ってる間に、備品を頼むにはギリギリになってしまったんやもん。
 それに、会場でどうしようかなあと思ってみていたら、そのお店、知っている人が出してたお店で。
 「まあ!先生!」って、予想外の人に声を掛けられてんもん。
 ほら、お世話になった人やし・・・・・・と、言い訳する私。
 でも、これ、家の中に固定しておくには、しっかりしてるし、2500円は安いと思うねん。
 産フェスの家具コーナー、毎年人気なのは、客として見に行くと納得やわ。
 再来年には、また出展したいです。


 ところで、話は全く変わりますが。
 土曜の午後に、愛車が帰って来ました。
 やった~!(TT)
 実は、初期型CVTのせいか、今までは、ブレーキを放してアクセルを踏むまでの間の、クリーピング現象が弱くて、すぐアクセルを踏まないと、それだけでは走れないくらいだったんですが。
 ↑代車を借りると、違いが良く分かる
 今回のCVT部分の交換で、やや改善しました。
 東寺さん行きの高速では、軽にしては良く走る子でして。
 慣れた車は、やっぱり落ち着きます。
 後は、請求書を待つばかり。
 ドキドキ。(^^;
by glass-fish | 2011-10-24 01:47 | 対面販売、手作り市、弘法市

ありがとうございました

 10月の東寺の弘法市、無事、終了しました。
 来ていただいたみなさま、お買い上げいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

 帰り着いて、ランの散歩をして。
 ご飯を食べたり、睡魔に襲われてテレビの前で寝てしまったりしている間に、雨が降り始めました。
 は~。
 昼間は、本当に気持ちの良いお天気でよかった。(^^)

 今日は、とても人出が多かったです。
 それに、海外の方々も、また、とても多くなっていまして。
 ああ、京都は、戻り始めているんだなあと、思いました。

 今日は、大きな物の動きが悪く、売り上げは苦戦しましたが。
 久しぶりに、一見さんが、小さな物を買っていただける数が、いつもより多かったです。
 まあ、それはそれで、良い傾向かなあ。
 気候もよかったしなあ。

 お昼近くになったら、ほぼ、今日の商いは終わりかしら的な、まったりムードになって来まして。
 お隣のチベット美術のお店のお兄さんが。
 「人がいっぱいいるのにねえ。うちとは関係なく流れていくこの感じは何だろうねえ」
 って、ノンビリ口調でおっしゃってまして。
 そうそう。
 ウチもそんな感じ。(^^;
 って言っていたら、お隣は、そのあと、大き目のものが、ポンと売れてました。
 う~ん、だから分からないんだよねえ、その日の感じって。

 それから。
 なんと、海外(アメリカ)の方が、リピートしてくださいまして。
 一見、日本人なので、日本語で話しかけたら、通じませんで。
 その人の顔を見て、弟が。
 「前にも、来られましたよね。あの、姉妹で来られていた。」
 「はい、そうです。」
 簡単な内容なら、通じまして。
 「ああ、ほんとだ。」
 去年来られた方で、東寺さんの中を、ウチのお店を探して歩いてくださったんですって。
 嬉しかったです。
 彼女は、今回、キナリCシリーズのクリアと、サタケの色ガラスで作った、自称「オトメな色合いのつぼみ玉」の、記念すべき1個目のお買い上げのお客様になりました。
 ああ、もっと英語が話せたらなあ、そんなことも伝えられるのに・・・・・・

 そんなこんな、何だか、ノンビリほんわかと、よい日でした。

 そうそう、お隣のチベット美術のお店に居ついているジェントルマンがおられるのですが。
 その人が、お隣のお兄さんに言われて、初めてウチの玉をしげしげとご覧になって。
 「おお!こんなに細かい仕事をされているのに、今日まで気づきませんでした!もったいないです。もっと、大き~なルーペで拡大して、アピールしないと!」
 う~ん、そんなに大きなルーペはさすがに見たことはないなあ。
 で、お話をしているうちに思ったんです。
 そうか。
 いつもよりでかいのを、アピール用に作って、ドカン!と置いてみても面白い。
 ま、徐冷の問題と芯の離型材の限界と、私の腕力の限界の問題があるので、言うても知れていますが。
 そのうち、どかんと置いてみよっと。
 お隣なんかも、金額のかわいいものから、おっと~!そんな高額商品が!と思うものまで、わらわらと点数が多いわけではないのに、何があるのか?っていう意外性がおもしろくって。
 ウチでも、そんなおもしろさのある世界を展開してみるのも良いなあって。
 ↑またまた~!すぐ、思いつきで、すっかりその気になる奴(^^;

 と、そんないつ実現するか分からない、へんな野望を抱きつつ、まったり終わった1日でした。
 明日から、また、今度はビーズアートショーに向けて、がんばります!

 ありがとうございました。

 追記。
 書くのを忘れてました。
 良く遊びに来てくださる京都の方に、ハロウィングッズをいただきまして、姪へのお土産にしました。
 ありがとうございました。
 で、その方と、「陰陽師」談義で。
 「出てくるんですよ、小説の陰陽師に、岩倉(磐座?)って地名が。表記が今の地名の漢字とは違うんですけどね。」
 で、弟に、「陰陽師」について、二人で説明しようとしたら。
 まず、主人公の「安倍清明」の相方として登場する、笛の名手「源博雅」の名前が出てこない。
 映画のシリーズのキャスティングで、清明役の野村萬斎の名前も出てこない。
 2人で、「そうそう、清明は映画の方のキャスティングがめちゃ良くて、笛の人の方は、テレビシリーズの方のキャスティングが良かったんやけど、NHKのドラマの方が、おもしろかったですよ。」
 って、テレビシリーズの博雅役の杉本哲太の名前も、清明役の稲垣吾郎も。
 あの人、そうそう!で、2人の間だけで通じる、恐ろしい会話になりまして。(^^;
 やばかったです。
 でも、「滝夜叉姫」の前後のあたりの巻で、笛の名手博雅が、磐座で笛を吹いていて妖怪に憑かれて帰ってきてしまうエピソードがあって、その中では、京の都の北に位置する北の要の山として、岩倉が登場したよ、っていう、そこんとこだけは、ちゃんと通じましたとさ。
 弟は、まるっきり分からんかったと思う。(^^;
 私としては、陰陽師話、楽しかったんですけど。
 また、遊びに来てくださいね。(^^)
by glass-fish | 2011-10-21 23:53 | 対面販売、手作り市、弘法市

天気は、持ちそうかな?

 本題の前に。

 KCC姫路のとんぼ玉教室も、開講の運びとなりました。
 で、初回が、10月24日(月)です。
 ↑10日が祝日だったため、31日(月)に振替なんです
 今日で、道具が一通り揃い、後は、当日を待つばかり。
 で、ちょっと、一息。
 と思ったら、予熱台の注文を忘れていた。(^^;
 カリキュラムが進んだら、必要なので、それまでに注文しとかないとね。
 とりあえずは、生徒さん2名からです。
 ま、最初は、のんびりも、良いかな。

 話は変わりまして。
 ランちゃんは、結構やります。
 ビビリとか、怒りんぼとか、散々書いていますが、結構、賢い良い子です。
 変なものを食べそうになったときに、急に引っ張って引き離すと怒るのですが、それは、急に私の気まぐれで引っ張られたと思っているからじゃないかと言う人がいまして。
 それはいけないことだよと教えて離せば、怒らないかもって。
 実際、そうしてみたら、怒りませんでした。
 それに、「行くよ」って、声をかけると、引っ張らなくても、自分からやってきます。
 「あたちって、良い子よ」って感じです。
 そういうことだったのか、ごめんごめん。

 それから、姪がランにあげたミッキーのぬいぐるみの腕には、ランちゃんの赤ちゃんの頃の首輪が、ブレスレットのように2重に巻いてありまして。
 今日、それを外して見せてみたら、興味を示しましてね。
 もう1回巻きつけたら、それを取ろうとしています。
 が、接続部分は、人間の手でないと外せないような構造です。
 外してやろうとすると、ガルッ!って、甘噛みをして怒ります。
 ま、良いかってことで、放っておきました。
 しばらくして見てみると、接続部分のプラスチック部品を食いちぎって、外していました。
 あれ、足りないところは、食っちまったのか?
 お腹の中を傷つけないことを、祈るばかりですが。
 自分で外したいと思ったら、執念で外すんやなあ。
 根性あるで。
 見直した!ラン!

 それに、他の犬種が苦手なことが得意だったり、何だか、ホンマに賢いよ、ああ見えて。(^^;

 さて、本題です。
 ↑前置きが長いって(^^;
 10月の、東寺の弘法市です。
 21日(金)は、何だか雨の予報でしたが、午後からって言っているようなので、まあ、何とかメインの午前中は持ってくれそうです。
 良かった。

 前回もって行く予定だった、キヌガサタケと妖精の玉、持って行きます。
 それから、クリアの部分を、キナリのCシリーズのクリアに置き換えた、つぼみの玉も、ちょっとだけできました。
 こまごましたところを、確認しながらだったので、最初は時間がかかってしまいましたが。
 いざはじめてみると、もやが全く入らず、ホンマに苦労なしです。
 谷間を透明で埋めるときも、ちょっと気をつけていれば、ほとんど気泡が入りません。
 なんて、スムーズなんだ!(TT)
 ↑ただ、つぼみ本体を作るとき、足が長すぎて、ちょっとやりづらいですが
 そんなこんなで、「この色の感じで作りたかってん!」っていう色で、やっと作れました。
 嬉しいです。

 弟も、なにやらいろいろ、作ってました。
 おっと、クリスマス仕様なんて作ってる。
 季節物対応、早くなったか?

 という訳で、ぜひ、ご覧下さい。
 よろしくお願いします。
by glass-fish | 2011-10-20 01:25 | 対面販売、手作り市、弘法市

いったい、どうしたん?

 今日の昼、いつもどおりに家に帰ると。
 いつものシャッターの前に、いつものようにランちゃんと、そして、いつもは絶対にないはずのあるものが・・・・・・
 それは、巨大なウンチ。

 これ、ランの?
 他には、考えられへんもんな。
 どうしたんや?
 どっか、体の具合でも悪いのん?
 いつもは、散歩に行って、しかも自分の気に入るエエ感じの草叢でないと、ウンチをしないというのに。

 そしたら、父が。
 「ラン、ウンチしとるやろ。さっき、前の道を獅子舞が通ったんや。」
 「ビビリウンチ?」

 一件落着。
 速攻、片付けました。

 ここのところ、天気が悪かったり、散歩が短時間になったりと、何となく、うんちが少なめだったんですよ。
 そのせいか、ちょっと食欲もなさ目で。

 時々、ビビらしてもらうか?(^^;

 「よっぽど怖かったんか、ワンとも言わんかったぞ」←父
 「そうか~、怖かったんか~?」(^^;

 まあ、番犬としては、ビミョーに半人(犬?)前やな。

 狂犬病の予防接種の折の、ご近所のヤマトくんの、ウンチ撒き散らし事件に笑ったけど。
 今回は、撒き散らしてないけど。
 ボリュームでは、ランの勝ちやな。(^^;
 よっぽど怖かったんか?
 それとも単に、便秘のせい?
by glass-fish | 2011-10-18 00:15 | 日常

最近のマイブームとは・・・・・・

 春先に、顔のお肌がボロボロになりまして。
 皮膚科に行った話は、ブログに書いたと思うのですが。

 明らかに、アレルギーって感じでした。

 あの後、怪しいと思った日焼け止めを捨て。
 ある日、ファンデーションを塗ったら、それで、顔がかゆくなった。
 すぐに、顔を洗って落としたのですが。
 それ以来、怖くて、何も塗れません。(^^;

 今まで滅多にメイクしてないのは、メイクが嫌いだったから、しなかったのだけど。
 「しない」と「できない」には、大きな違いがあります。

 まずいなあ。
 夏場はともかく、秋になって、乾燥しやすくなってきたし。
 で、大丈夫だろうと思って、化粧水を使った。
 ↑春先までずっと使っていたけど、何ともなかった奴
 そしたら、ダメでした。
 う~ん、これでダメか?
 いや、日焼け止めでなくて、こっちだったのか?
 それも謎。(^^;

 しかし、乾燥を防ぐためのクリームにしろ、ファンデーションにしろ、何か、使って大丈夫なものを探さないと、不自由。
 原因を探すっていうのも、原因物質が多岐に渡っている気がして。
 それも、一種類見つけても、他にもあるかも知れへんし。

 ということで。
 本屋さんで見つけた本を頼りに、手づくり化粧品を作ってみることにした。
 本を読んだり、手づくり化粧品を作ったことのある生徒さんに話を聞いてみたり。
 やっと、さっき、ネットで注文しました。

 詳しい生徒さんによると、最小限で作ろうとしたら、結構薬局で売っているものや、食品売り場に売っているものや、お酒などで、作れるんだそうだ。
 ただ、ちょっとこだわってみたい私がいた。
 例えば、何かと登場する「オイル」ですが、どうせなら、酸化しにくいオイルとして、本にやら多登場するココナッツオイルを使いたいなあとか。
 それでも、クレンジングは、オリーブオイル+牛乳石鹸とかで、行こうとか。
 ↑オリーブオイルをつけて、日差しの下に出ると、こんがりと焼けるんだそうで、クリームには使わないことにした
 私のメイク方法は手抜きの限りを尽くしているため、牛乳石鹸で、二度洗いで落ちる程度なんだそうで、だったら、それでも良いかなあとか。

 そうそう。
 化粧品そのものに詳しいとある人によると、お肌のために一番良いのは、何かをつけることではなくて、何もつけないことなんだそうだ。
 私がかなり信用している人の言葉なので、めっちゃそんな気がする。

 本を読んだり、人に聞いたりして。
 目指したいのはこれ。
 最小限の材料!
 あれ入れたら、保湿効果が倍増とか、そういうのには、惑わされないよ。
 きっと、それでは、ファンデーションがすぐ落ちるとか、効果は限定されたものになると思う。
 だったら塗りなおすか、塗る時間を見越して、最低限の時間に抑えるか。

 天邪鬼な私は、会社員の頃、化粧品の販売員のお姉さんの言葉を、いつも変だと思っていた。
 空気中には、公害などのいろんな不純物が浮遊していて、それから肌を守るためにも、きちんとメイクしたほうが良いって。
 うそ。
 会社でそう教えられて、本人も心から信じて言っているんだろうなあとは思った。
 ↑オール電化の勧誘の際の、電気はクリーンと一緒やね
 ↑↑騙されへんで、私は
 化粧品の材料の中に、肌に悪い不純物が入っている可能性だってあるさ。
 その後、10年ほど後に、保存料のパラベンで、肌が黒くなるということが報告された。
 ほらごらん。

 ちなみに江戸時代のおしろいには、鉛が入っていたそうだ。
 そういえば、油絵の具の中にも、鉛白という名前の白がある。
 そのおしろいをつけている乳母の乳を飲んだ、やんごとないベビーが短命だったのではないか?という説も、何かで読んだ事がある。
 そうそう。
 ローマだったかで、鉛の水道管が使われていて、お金持ちほどそういう物を使っていたので、上流階級の人たちに謎の病気や謎の死などが多かったなんてのもあって。
 今良いと信じていることって、後でどうだか分かんないところはあると思うよ。

 とりあえず最小限は、ファンデーションと、クリームだ。
 化粧水は、精製水とグリセリンで作ってみた。
 保存料を入れてないので、1週間以内に使いきるんだって。
 そのときの水は、精製水か、水道水が良いんだって。
 腐る要因が入ってないか、塩素添加してあるため腐らないかってとこですが。
 え?水道水は、毎日飲んでるから、ホンマはそっちでも良かったんやけど。
 精製水、500ccで98円やったから、買ってしまった。

 もしかして、この化粧水で、かさかさを予防できたら、クリームも要らんってことになるけど。
 あ、オリーブオイルは、寝る前につけて朝落とすとかだったら、立派にクリーム代わりになるし、食用のでよいらしく、エクストラバージンオリーブオイルではなくて、安い方のピュアオリーブオイルでも十分なんだって。
 知らなかったから、朝に使ったこともあるけど。
 オイルにしては、サラサラで、結構エエねん。
 これがなくなったら、食用のを買おうと思います。

 もしも、ビーズアートショーのブースの店番とデモの時に、ファンデーションを塗ってなかったら、手づくりファンデーション作戦が、失敗だったということになりますが。
 さて、どうなるでしょうか?
by glass-fish | 2011-10-16 00:15 | 日常

自己責任

 放置された、私の車は、お隣の自動車屋さんが、取りに行ってくださいまして。
 帰っては来たのですが。

 やはり、予想通り、比較的初期のCVTだったため、ミッションがダメになっていたんだそうです。
 あ~あ。(TT)
 修理するなら、かなり高額なので、買ったほうが良いと言われ。
 そうだよねえ・・・・・・・
 でもねえ・・・・・・

 カーシェアリングが未来的だと、どこかで言った舌の根も乾かない内から。
 足が今ないと、実際、きついかなあと思い。
 視界の端っこに、自動車屋さんの前で毎日見ているミラ・イースが、飛び込んできた。
 う~ん。(^^;
 ミラ・イースは、何キロ以下だったかにスピードが落ちると、エンジンが止まるようになっていて、そのため、エコなんだそうで。
 でもま、私の乗り方(めっちゃ街乗り)では、リッター20キロも程遠いだろうと、ちょっと前に、自動車屋さんの大将(社長)に、太鼓判を押されてはいたのだ。

 で、はっと気付いた。
 私は、変な物好きだ!

 世間には、オーソドックスなものが好きな人と、新し物好きな人とがいるというけど。
 フトコロ事情のために、がんばってオーソドックスなものを選ぼうと努力しているけど。
 結局、究極のところ、新しいものが大好きなのだ。

 フトコロ事情が許したら、早い時期に、プリウスを買っていただろう。
 ↑絶対無理
 フトコロ事情が許したら、「レンズ交換式アドバンストカメラ」だという、ニコンの「One」を、買おうとしただろう。
 ↑センサーがめちゃ小さく、レンズの設計思想も従来の一眼レフ用の使い回しではないらしく、かなりエエ感じのサンプル画像でして
 ↑↑従来の一眼レフ派は、デジカメのセンサーを、フルサイズと言って、大きな物を求め続けていた
 ↑↑↑というのは、レンズという物を、従来のフィルムカメラの一眼レフ用のレンズの仕様の延長で考えていたからじゃないか知らん???
 しかも、そこか!?って感じやけど、レギュラーの色じゃない、限定色のピンクに、ココロがぐらぐら揺れた。
 ↑買わない前提だけど
 というのは、ボディがピンクで、キットの交換式レンズの色も、お揃いのピンク!
 普通は、レンズは、オーソドックスで地味な色しかないのだ。

 余談ですが、「ミラーレス」と言わず、「レンズ交換式アドバンストカメラ」と呼ぶところが、いかにも、ニコンな気がする。
 一眼レフというのは、大昔、2眼で写していたカメラが、反射板(ミラー)を付けることで、フィルムに写る像と目で覗ける像を一致させることができたというシステムのことで。
 今じゃ、どのデジカメでも、液晶に映る画像は、センサーに写る画像と一致しているから、コンパクトデジカメさえ、一眼っちゃ一眼?
 そこのシステムは、反射板をなくした時点で、レンズ交換式だろうと、コンパクトデジカメだろうと、同じなのだ。
 違うのは、レンズが交換できるところ。
 でも、アドバンストと言うからには、並じゃないんだよってことで。
 どこがアドバンスト?
 多分、小さなセンサーだということを前提に、交換式レンズのスペックを、大きなセンサーを前提にした一眼レフ用のレンズとは、全く変えてきて、一から見直したってことなんでしょうかねえ。
 サンプル画像では、被写界進度の浅い画像では、背景のボケ味が、結構きれいな気がした。
 画像が十分きれいな上に、小さいセンサー用に一から見直すってことは、一眼デジカメ用のレンズより、ずっとコンパクトなもので済んでしまう可能性がある。
 画像は、十分充実していて、しかもコンパクト!
 だったら、かなり欲しいかもね。
 あ、脱線・・・・・・(^^;

 という訳で。
 私が、ホンマに手堅い人なら、7年半前に、CVTではなくて、通常のミッションのオートマ車を選んでいたはずで、そしたら、こんな壊れ方もなかったのだ。
 ↑そこが、ハイブリッド車でないところが、なんとも悲しい(^^;

 夏場、ヘロヘロしながらがんばって、少しプラスになったかしらって思ったわずかなプラスは、一気に吹っ飛んでしまった。
 それを、自己責任と言う。(^^;

 まあ、修理でしょう。
 今のフトコロ具合で、新車を買うのは、どうにもナンセンスだ。
 そこんとこの結論は、あれこれ考えてみて、もうちょっと先で決めることになるでしょう。
 自動車屋さんの大将が、やはりこの壊れ方にちょっと同情してくださったのか、時々壊して修理をする痛さに同情してくださったのか、ちょっと長めに、代車を貸してくださるそうで。
 弟は、概ね、何を借りても私の車より良く走るので、そこはまあ嬉しいんだと。(^^;

 まあ、必要なお金は必要なのさ。
 バカにつける薬はないというか・・・・・・・私の変な物好きは、変わらないだろう。(^^;

 そうそう。
 こないだから、めちゃ悩んでいた、ミラ・イースの疑問は、大将に聞いて、解消しました。
 フットブレーキを踏んでスピードが落ちるとエンジンは止まるけど、サイドブレーキに変えて、フットブレーキから足を放すと、エンジンがかかるんだそうだ。
 そうか。
 お盆の時期の渋滞では、そうしたら、エアコンが使えるわけだ。
 良かった、干からびて死ぬ心配はない。
 ↑ミラ・イースは買わないし、渋滞が嫌いなので、混む時は出かけないんだけどね(^^;
by glass-fish | 2011-10-14 23:56 | 日常

そーなんです!

 今日(って、もう昨日か)10月13日は、KCC加古川の教室の日でした。

 教室が終わった後、私の今のマイブームについて(キノコではない)詳しい生徒さんがいたので、いろいろ教えてもらっていたら、10時前。
 わ~、こんなに引き止めてしもた。
 しかも、スタッフの人を、居残らせてしまった。
 ホンマにごめんなさい。(TT)

 この後、30分強の道のりのため、今日、生徒さんからお土産にいただいた美味しいお菓子を食べて、帰りの腹ごしらえ。
 ↑以前、ハラペコで夜の教室で気分が悪くなって以来、6時前にも、パンを食べている

 走っていると、「接近注意 精密機械輸送中」と書かれたトラックの後ろについた。
 加古川の東側の堤防の上を、ずずっと走って小野市内に入るという道で。
 こういう車って、どういう走り方をするのか、好奇心満々で、後ろから、車間距離を開けて付いて行った。

 さて、加古川線の踏み切りで、珍しく遮断機が下りた。
 ↑確か、この時間は1時間に1本で、往復を考えたら、1時間に2回しか降りない踏み切りだ
 前のトラックが、踏切を越えた。
 で、私も律儀に一旦停止して(単線やから、絶対通れるタイミング)、走り出したら、線路を越えるときに、妙に「かっくん」となった。

 あれれ?と思って、何の気なしに踏み込んでみたら。
 ブオオオオオって、えらい音が!
 しかも、スピード出ないし。
 サイドブレーキを引いているわけじゃないし。
 と、考える暇はなく。
 ↑踏み切りで待っていたため、後ろには、数台の車が・・・・・・
 堤防の上の一本道なので、左は川の土手、右も住宅街の土手。
 道なりには、ほとんど退避できる所はなし。
 とにかく、様子を見るにも、道から外れないと。
 で、すぐ次の、住宅街へ降りてゆく道へ、右折で入った。

 坂道を下りきったところで、とりあえず停まってみたものの、まだ、ここでは、後ろからたまに来る車の邪魔になる。
 道なりに、100~200メートルほど走ったところに、個人のお宅の駐車場に使っている空き地があったので、とりあえず、無断で入れてもらった。
 そこまでも、走るのがやっとでした。
 多分故障です。(^^;
 私の操作ミスでなかったら。

 というか、夜中だし、ゆっくり考えている心の余裕もなく、お手上げ。
 とりあえず、弟に電話。
 出ないので、家の番号に電話。
 既に寝ていた弟をたたき起こすことになり。
 事情を伝えて、とりあえず来てもらう事にした。
 ほら、私の操作ミスってこともあり得るやん。
 一旦停止した後やし。
 ついでに、ランちゃんの晩ご飯が、うんと遅くなってしまったので、やってくれるように父に頼んだ。

 意外と、正確に場所を説明できたかもね。
 家を出たと思しき時間から、ロスなしの最短の時間くらいで、弟の車到着。
 ↑私が普通に走っていた時間を考えたら、中間点あたりだったと思うので

 結局、私の操作ミスではなさそう。
 というか、操作ミスするとこ無いやろ!ってことで。
 ためしに走ってみたら、やっぱり、加速できなかった。
 車を買ったディーラーじゃないけど、弟の友達が自動車屋さんなので、電話をかけて、ざっくり様子を聞いていましたが。
 すぐに思いつく何かじゃなさそう。
 多分CVTのベルトが滑るか何かで、ちゃんとパワーが出ない感じがするってことで。

 弟が、先にコンビニがあったはずだから、そっちに移そうと言う。
 確かに、夜中に火を噴いても、寝静まった個人宅に延焼するくらいなら、コンビニのほうが、店員さんが起きているので、すぐ気づくよねえってことで。
 弟の車で、コンビニまでの距離を確認に行った後。
 もたもたもたもたもたもた、走って行った。
 「宗佐」という信号の角の、セブンイレブンへ。(^^;
 ↑誰に対する説明やねん

 トイレを借りて、ビールを買って、事情を説明して、車を停めさせてもらうことにした。
 一安心。

 「CVTが原因やったら、笑うしかないな。出始めには故障が多かった話を聞いて、でもそろそろ安定して来てて、燃費が良いらしいし(←変なプチエコオタク)、やっぱり買うてみようって、買うたからなあ」
 と、ヘラヘラしながら、帰宅。
 時計を見たら、11時半。
 ハラペコ。(^^;

 修理代の請求書を見たら、ヘラヘラから、ショックに変わるかも知れません。
 が、それも、明日、仕事場のお隣の車屋さんが、営業を始めてからの話です。

 「いや~、姫路の帰りとかやのうて良かった、あ、でもそれやったら昼間やな」
 と弟。
 晩ご飯を食べて、ビールを飲みながら。
 いや、京都の行き帰りやのうて、良かったかも。(TT)
 と、弟が去った後で、一人、ヒヤリとした。

 ほら、加古川やし。
 踏み切り越えたとこだったので、踏切を越えるちょっと前にある「厄神駅」の付近に、生徒さんちがある。
 その他、いろいろと、知り合いの顔が浮かんだ。
 急場の折には、どうとでもなると思える場所だったので。
 これは、ブログやろ。
 って、アホなことを考えていた。
 コンビニがあったはずって、そこそこ、土地勘がある場所だからこその余裕ともいう。

 と、そんなこんな。
 夜中の「ぷちそーなん」のお話でした。(^^;

 寝よっと。
by glass-fish | 2011-10-14 01:35 | 日常

Happy Birthday !

 祝!
 ランちゃん、満一歳です!
 もう、オトナですっ!

 が、今日は、KCC三宮の日なので、特別なことはできないなあ・・・・・・
 最初の予定では、三宮から帰ってから、スーパーでお肉を一切れ買って、お肉を焼いただけの焼肉をしようと思ったのですが。
 時は、稲刈りの真っ最中。
 お米の乾燥機から、籾のホコリを外に出すための簡易のダクトが、ウチの庭の入り口を横切ってまして、車が出せず。

 母が冷凍室に入れていた、ゴルフボール大の鳥のモモ肉を、無断で貰って、お湯で炊いただけのものを作ることに。
 まあ、簡易のものなので、解凍もエエかってことで、いきなり火にかけた水の中に投入。
 でも、湧いてきても、なかなか火が通らないので、そこそこ溶けたところで、小さく切って。
 そうそう、犬は鼻が良いらしいので、冷凍で庫内の臭いがついてついてたらイカンなと思って、ちょっとだけごま油を入れて。
 火が通るまで煮て、冷ましてからあげることに。

 モモ肉だけでなくて、煮込んでできたスープも入れてみた。
 まず、勢い良く、スープを舐め始めた。
 じっと見ていると、食べないので(←群れの目上の人の前では食べないもんなんだそうだ)、ちょっと離れた。
 後から見たら、モモ肉はもちろん、スープまできれいに嘗め尽くしていた。

 で、じっと私の目を見て、自主的にお手とお代わりをする。
 そんなこんなで、お代わりを持ってきてやったら、また勢い良く食べてしまった。

 良い子だね~。
 焼肉でなくても、おいしかったんや~。

 明日、お安いカレー用のお肉を焼いてあげよう!
 ↑手づくりワンコご飯は、予想通り、まだ棚上げ状態です
 ↑↑まあ、言ってみれば、「手づくりワンコ間食」やね
by glass-fish | 2011-10-12 23:50 | 日常

KCC姫路

 え~、10月開講予定の、KCC姫路の教室。
 第2第4月曜日、10時~13時30分です。
 ↑弟が、講師をします

 が、今月は、第2月曜が祝日だったため、予定通り開講できた場合、第4第5月曜日の、24日と31日の開催になります。
 なので、お申し込みの最終期日が、まだ先でして。
 三宮の日曜クラスと比べると、動きが、2週間ばかり遅いです。
 ↑初回の24日に準備が間に合うための期日です
 ↑入会は随時受け付けしております

 今のところ、お1人の申し込みが確定していまして。
 じゃ、開講って方向でみたいな感じです。
 最終的に、きっちり確認しておきます。
 まだ、日にちがあるので、確認もゆっくりしてたりして。(^^;

 ということで、確認後、バーナーの注文なんかもしておかなくっちゃです。
 まだまだ、お席がありますので、姫路だと便利で良いわ~っていうところにお住まいの方、ぜひ、ご入会をご検討くださいませ。

 何かの機会に、時々、気づくのですが。
 加古川のお住まいの方で、とんぼ玉を習ってみたかったけど、KCC加古川に教室があることを知らなかったとか、そんなことが良くあります。
 他の生徒さんにも、「宣伝不足やで~先生」って言われまして。
 そうでしょうか、やっぱり。(^^;
 ということは、まだまだ、がんばる余地はある訳で。
 他の生徒さんが、空席のある教室のエリアで、手作り市に出すときに、チラシを置いてアピールしておきますよって、言ってくださってたり。
 ありがたい限りです。

 あ、KCC三宮の、第2第4水曜午後クラスも、まだ空席があります。
 ↑急に思い出す奴(^^;
 こちらも、よろしくです。
 KCC三宮は、空調がしっかりしているため、暑さ寒さには、ばっちり快適です。
 でもま、火を使うので、何となく暑さが去ったら、やる気が出てくるというものです。
 そうそう、加古川の空調も、結構根性あるので、きっと姫路も大丈夫でしょう。
 空調がヘタレなのは、小野教室だけやね。(^^;
 という訳で、バーナーシーズン到来です。
 バーナーをはじめるなら、今ですよ~!
 よろしくお願いします。(^^)
by glass-fish | 2011-10-11 00:44 | とんぼ玉教室