人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今度こそ

 12月から考えていて、なかなか決まらなかった、ふく蔵の作品展のDM用作品ですが。
 やっと、出来ました。

 どうかな~?と思ってましたが。
 写真を撮りやすい子に出来上がってました。 

 100%植物系です。
 モンシロチョウのムリーニがあったなあと、頭をよぎったのですが。
 まあ、エエかってことで。

 ふく蔵さんのDM画像を、月曜の内に上げてしまって、火曜からは、DM作品と同じ方向の作品を、ちまちまと作って行きたいなあ。
 色の部分は、サタケガラスで、クリアの部分は、キナリガラスで作った、ほぼ植物100%(たまに、蝶のムリーニが入るかも)の作品。

 もやが消えないで、諦めかかった色味の作品でしたが、まあ、解決?
 落ち着いて作れるようになって、嬉しいです。

 どんな作品かは、もったいぶるほどの物でもないかな~と思うのですが。
 DMが出来上がったら、DMをアップしたいと思います。
 それまで、一応、もったいぶっておこう。

 月曜日は、DM作品撮り直しの予定。
 いい天気になって欲しいんだけど。(^^;
by glass-fish | 2012-01-29 00:37 | とんぼ玉・ガラス

猟師さんか・・・・・?

 キツネだとばっかり思っていた、散乱した鳥の羽ですが。
 猟師さんらしい。

 ある生徒さんによると、猟師さんは、鳥を捕まえたら、羽根をその場で取ってしまうらしい。
 まあ、帰ってからだと、自分ちが散らかるもんね。

 で、ふと思い出した。
 あの場所の近くの空き地に、良く猟師さんが、車を停めていたっけ。
 あのあたりは、狩猟をしていいエリアだったのだ。

 しかも、11月15日から3月15日まで、狩猟をしていい時期だし。

 キジのメスかなあって、話になりました。
 ヤマドリとやらは、最近減っているんですって。
 キジも、昔よりは減っているらしく、畑の作物を、キジにやられたって、最近聞かなくなりました。

 そういえば、画面の羽根が散乱している場所の左側が、藪になっていて。
 昔、しろちゃんと散歩をしていたとき、藪にキジがいたっけ。
 しろちゃんが、やけに藪を気にするので、何だろうと思ってみていると。
 藪に入り込める隙間を見つけて、しろが藪に飛びこんだ直後、キジのメスが、バタバタと羽ばたいて逃げたっけ。

 猟師さんか?
 あんなに散らかすのか?
 それとも、風に吹き飛ばされたのか?
 いや、キツネ?

 謎は、解けなかった。(^^;
by glass-fish | 2012-01-28 23:27 | 日常

なぞは解けた?

 こんなネタばっかりで、すみません。

 実は、何だろ~?って思う物に、出くわしまして。
 撮影の日付は、1月16日になってます。

 この日記に良く出てくる場所です。
 例の不法投棄の場所の、20メートルくらい下流から、少し行ったあたり。
 冬場にヘビがいた場所からは、10メートルくらいの場所。
 いつもの農道を歩いていると、ランちゃんが、道の左側のちょっと広くなった場所に行きたがりまして。
 「何?何があるのん?」

a0163516_053853.jpg


 「うわっ!」

a0163516_0532277.jpg


 鳥の羽が散乱していましたとさ。(^^;
 ランちゃんは、なんだか、興奮気味に、クンクンしてます。
 鳥、一羽分は、ありそうですが。
 人間がやったなら、こんなに散らかさないよねえ。
 何やろ~?

 その時は、変な?が、頭の中を駆け巡った。
 分からん。

 っていう一件と、昨日のケン!ケン!が、繋がった。
 昨晩の橋から、すぐ側の場所なんです。

 キツネか。

 しかし、ランちゃんが引っ張らんかったら、ただ道なりに歩いていた筈で、全く気づかなかったと思う。
 何か、匂ったんでしょうか?
 一人で歩いていたら、見落とすものと、たくさん遭遇します。
 犬的視点があって、出くわすものかなあ。

 しかし・・・・・・
 ランちゃんに変なイメージが付きそうな気も・・・・・・(^^;

 狩猟本能は強い方かな?と思います。
 斜面が大好きです。
 高いところから、下を覗きたがります。
 う~ん。
 8分の1か、16分の1かだけ、入っている、甲斐犬のDNAでしょうか?
 ランちゃんは、かなりおもしろいです。

 が、自由なだけでなくて、私の言うことも良く聞きます。
 ダメ!っていうと、割とすぐに、譲歩します。
 引っ張って、今の行動を止めようとすると、激しく引っ張り返すけど、「ダメ!おいで!」って、言葉で合図して、引っ張らないほうが、素直に言うことを聞きます。
 まあ、犬なりに、プライドもあるんかなあ。

 それにしても、キツネ遭遇の日、気まぐれでカメラでなくて双眼鏡を持って行ってたのが残念です。
 100ミリのレンズを付けてたら、小さく後姿くらいは、撮れただろうなあ。
by glass-fish | 2012-01-27 01:17 | 日常

今日は、KCC三宮の日

 という訳で。
 KCC三宮教室に出かけまして。

 例の、井戸知事発言の話になったのですが。
 とある生徒さんが。
 「え~、あそこまで言うのは、話題づくりちゃうのんかなあって、思いません?」
 「なるほど!そこまで、読めてなかったです。」(^^;
 「そしたら、清盛見てみようかなってなって、見たら、神戸にも来たくなる。」
 「そうですかねえ。」
 「橋下イズムが、伝染してるんかも。」
 なるほど、深い読みでございます!
 真相や如何に!?(^^;

 さてさて。
 KCC三宮の午前と午後のクラスが終わって、今日は、とんぼ玉ミュージアムへおでかけ。
 企画展が変わるたびに、見に行っているという話がある。
 月に一回は、見に行ってるかも。
 まあ、近いというのは、こんなメリットが大きいです。

 という訳で、彩元堂さんの作品達を拝見。
 数えてはいないのですが、初日に行った人によると、32点だそうで。
 ずらっと並んでました。
 それが初日に完売だそうで。
 良いなあ。

 もう買えないというのが、ある意味、安心感になります。
 買えるとなると、欲しくなる恐れがある。
 いろいろ仕事道具の買い替えも必要な昨今、うかつに買うと、弟チェックが入ることは必至です。

 買えないけど、欲しいならどれ?って視点で、見てみました。
 「タコクラゲの海」と「アカクラゲ」(芯が透明で、数匹泳いでいるやつ)かな。
 タコクラゲの出来がすごくよかった。
 あと、他のクラゲなどの中身が、小さく作りこまれてまして。
 なるほど、人気なのも納得でした。

 良いものを見せてもらって、大満足で、帰ってきました。

 あ、館長を、「美の壺に、ばっちり出てたじゃないですか~!」って、冷かしてくるのを忘れてました。
 これで、ミュージアムの来館者やとんぼ玉に興味を持つ人が増えて、とんぼ玉でネット検索したら、グラスタウンさんのサイトが上がってきて、ウチのリンクに気づいてくれて、教室の生徒さんが増えるとか。
 風が吹けば桶屋が儲かる方式の良い事が転がって来ないかな~。(^^)
 ↑出た、いつもの他力本願!


 話は、ガラスから逸れますが。
 家に帰って来たら、夜の8時前でした。
 この頃、マムシが怖くないので、暗い道を遠くまで散歩します。
 今日は、例の不法投棄が多かったというあたりまで行って、引き返すことに。
 その折り返し点で。
 「ケン!ケン!」
 と、甲高い声が!
 え~!!!
 キツネかい?
 ランちゃんが、声のするほうに行こうとします。
 予定の道ではないのですが、ちょっと橋を渡り始めまして。
 でも、暗いし、やめました。

 実は、2日前のこと、ランちゃんの好きな草叢に向かって歩いていると。
 その辺りにいた鳥たちが、一斉に飛び立ってしまいました。
 ランちゃんが、5メートルのリードの限界まで、ダッシュして、脅かしたからね。
 その少し後に、草叢の横のもっとボウボウの耕作放棄地で、気配がして、そっちを見ると。
 キツネが、ボウボウから飛び出して、隣の田んぼを横切って逃げて行きました。
 っていうか、キツネ?
 体の前半分は、いかにもキツネのカラーリングで。
 後ろ半分が、白っぽいグレーに、ところどころ黒っぽいランダムな斑点。
 キツネ?
 お前は何者~?
 って、結構悩みました。
 キツネは、一時期やたら遭遇していた時期があり、夕方のニュースでも、小野市で謎の履物の盗難として、キツネの悪さが取り上げられてましたが、最近は、見かけなくなってました。

 今日、気づきました。
 あれはやっぱりキツネで、後ろ半分は、何かの理由で田んぼの土のドロドロをくっつけてしまい、それが乾いた色だった。
 ところどころ黒っぽいのは、乾ききってないか、乾いてから部分的にまた濡れたか。
 まあ、三宮に向かう電車の中で、そんなアホウな結論に達してました。

 その流れの、今晩の「ケン!ケン!」です。
 2日前の昼間にキツネに遭遇してなかったら、夜の8時過ぎの謎の鳴き声。
 田んぼの真ん中の、人気のない川べりでのこと、めっちゃ怖かったと思います。
 どうも、ランちゃんの狩猟本能に引きずられてなのか、ちょっと、追っかけてみたい、ムボーな私がいましたが。
 いい年して、その分別のなさはないやろ!ってことで。
 ランちゃんに、「帰るよ」って、声をかけましたとさ。

 まだ、いますねえ、小野にも、いろいろ。(^^)
by glass-fish | 2012-01-26 00:12 | とんぼ玉・ガラス

何でやねん?知事!

 今朝の新聞を見て、また、コケそうになった。

 NHKが負けたことになる、見たいな見出しで。
 恥・・・・・・ウチの知事さん。(TT)

 事の発端は、ちょっと前に溯り。
 井戸兵庫県知事が、大河ドラマ「平清盛」の画像が汚いと、苦言を呈したんだそうだ。
 で、NHKに、何か言うたらしく。
 ↑福原京が神戸やというので、乗っかって観光アピールしようとしているからやと思う
 でも、NHKの側は、時代の空気感を出したくて、敢えて汚れた演出をしたとのことで。

 NHK側は、演出を変えるつもりはないと言うたんだそうで。
 それに対して、演出を変えたら、NHKが負けたことになるから、変えないだろう、ただ、世論がどうなるか、それによって、変えざるを得ないんではないか?みたいなことを言ったって、新聞に書いてあった。

 え~?
 世論は、知事に賛成かい?
 え~?
 良かったけど。
 あの汚れ感。

 中井貴一演じる、平忠盛が、白河法皇の命を受けて、盗賊朧月夜を退治する。
 平忠盛の服が、泥と血にまみれる。
 で、朧月夜の亡骸を、法王のところに運んで、退治した報告に向かおうとする。
 向かいから、牛車が2台やって来る。
 藤原忠実だったか、貴族の親子の牛車で。
 血なまぐさい姿で、都の大路を歩くなと、蔑まれる。
 ああ、当時の武士って、ツライやんなあ・・・・・・
 体張っとるのに・・・・・・

 都の一角、降りしきる雨の中、何体も転がっているドロドロの死体の顔を確かめている子供。
 盗みをして、貧しいものに施しをしていた盗賊朧月夜だったが、忠盛に殺されてしまう。
 その朧月夜の、年端も行かない息子が、父親を探し回っているのだ。
 あのドロドロ感に、冷たい雨の温度を感じた。

 一方で、白河法皇や祇園の女御、鳥羽天皇(一話では天皇)や皇后のたまこ(漢字がなかった)のシーンは、雅できれいなんだよねえ。

 何で、あの汚れがいけないんだろう?
 テレビを見ていると、矛盾が気になって仕方がないことがある。
 ものすごくハマって見ている、朝の連続テレビ小説「カーネーション」だけど、気になって仕方がないことがあった。
 糸子の夫の勝さんが年末に出征して、年明けに、お父ちゃんがベンジンが火鉢の日に引火して火傷を負う。
 その時期に、糸子が寝るときに着ているのが浴衣で、着ている布団が薄過ぎて、しかも、思い悩むことがあって眠れないといって、肩口には布団を着ていない、胸の下あたりから布団を着ている。
 その放送が、12月で、寒さを感じながら見ていたから、余計に気になった。
 それ、寒すぎやで!
 今の人の感覚でいうと、何ら不思議やと思わんのやろか?

 ウチは、あんまり部屋全体に暖房を入れない。
 昔人間のケチケチだからか。
 ホームゴタツとホットカーペットで、居間でテレビを見ているときには、セーターの上から、外で着るよりは、もうちょっと薄くて動きやすい部屋用の上着を着ている。
 昔は、ホットカーペットもなかった。
 で、昔の家は、土壁で断熱材なんて入ってないので、窓や壁から、冷気の放射がやってきた。
 もちろん、建具の隙間からは、隙間風。
 昭和の頃の建物なんて、大概そうだったんじゃないんだろうか?

 その点いうと。
 風呂に毎日入っていた訳ではないあの頃。
 そう、清盛の舞台の平安末期ね。
 雨に打たれて、ぬかるんだドロドロの道で、泥の上を走りぬけたら、あのくらいはドロドロやろ。
 と思った。
 昔の時代劇は、その点、キレイすぎた感があると思う。
 どの程度汚すか?って問題もあるだろうけど。
 あの、朧月夜の息子の悲哀が、あのドロドロで、ひしひしと伝わってきたけどなあ。
 井戸知事!
 知事室、快適すぎるんと違います?
 と、嫌味を言ってみたくなる私。(^^;

 ひとえに、感性の問題ですやん。
 私とは、違うわ、感性。

 あ、そうそう。
 平清盛のシーンでも、ひとつになるところが。
 第三回、平家と源氏の御曹司のお話。
 二人が馬で競うシーン。
 確か、玉木宏じゃなかった、源義朝は、清盛に、加茂(?)の河原で待つと言った筈なんだけど。
 河原って、牛車通らんやんか。
 多分、荷車も通らんやんか。
 でも、車で通った轍があるねん。
 タイヤの部分が、2本の土だけの線になって、その真ん中に草が生えてるねん。
 その、右側と左側を、源義朝と平清盛が、並んで馬を走らせるねん。
 めっちゃ気になった。
 そこ、車通った跡やろ?

 細かくてすみません。
 と、うるさ型の私は、汚れの演出、良かった方に一票!
by glass-fish | 2012-01-25 00:22 | その他のタワゴト

今あるだけ、やねんけどね

 ふく蔵さんのDM用の作品、やっと出来ました。
 多分。
 明日、電気炉から無事に出てきて、写真うつりが問題なければ・・・・・

 去年のクローバーは、とても順調に決まったんですが。
 今年は、なかなか決まりませんでした。

 この前、つぼみ路線で、地味目にいきますと書いたのは、結局、いまいち。・・・①
 ↑カンタンな試作の段階で、出来ると思ったんだけど、思ったイメージにならず
 ①から部分的に変えて、別のモチーフに変更しようとして、結局、上手く行かず。・・・②
 ↑①の一部を変えたら、花パーツは良い感じだったものの、仕上げ方で良い案が浮かばず
 でも、②のパターンで、花だけの感じでシンプルに行くことにした。

 その後、ちょっと気持ちが軽くなって、全然違うものを作り始めたら、結構気に入った。
 で、何となく、あまり考えすぎずに、試作を兼ねて完成まで作ったら、何か良い感じ。
 で、さっきので良くなかった所を、作る手順を変えたら、まあまあ行けた。・・・③

 という訳で。
 ③が、電気炉から無事に出てきたら、これがDM作品になります。

 ああ、きつかった。(TT)
 その前に、去年の内に作ろうと思っていたものを失敗して、その後に違う花を作ろうとしたのも、すごく真面目にムリーニを作らないと中途半端になると分かって、断念。
 なので、上記の①~③の前に、2種類、ムリーニを作って花のパーツの段階まで試作をしたものの、没にしていたんです。

 ふく蔵さんのDMは、一応、自分なりに、大事な作品の履歴みたいに思っているところがあって。
 何か新しさを入れたいと、欲張ってしまうわけです。

 いつも、フィギュアスケートに例えて、難易度の高い技が出来るということは、成功率が、とても高くなったときであって、練習しているし、過去に何度かは成功したでは、まだ出来るという段階ではないんだろうと書いていましたが。
 まあ、それでも、ここで大技が出来たら、とか、思っちゃうのが人間で。
 それでも、そんな時は、よろしくないプレッシャーでいつも以上にドツボり勝ちなのも、ほんとの話です。

 今ある以上を求めると、こうなります。
 まあ、そんな物を求めるのが必要なときもあるけど、締め切りギリギリで、やることじゃない。

 しまった。
 もう何も出来ないよ~!(TT)
 って感じの、年明けの日々でした。

 今あるだけのものしか、出てきません。
 今あるだけの物を、見てもらうのが正しい。

 ホンマに行けてるんやろか?
 いや、よほど何か、割れてたとかない限り、これで行きます。

 と、めちゃ時間がかかっていた割りに、華やかさは・・・・・・
 自分なりには、気に入っているんですけど。
 どんな画像になるかな~?(^^;
by glass-fish | 2012-01-24 00:28 | とんぼ玉・ガラス

初弘法、お休みします<(__)>

 突然ですが、2012年1月21日(土)の、初弘法、お休みします。
 ヘタレで、すみません。

 正直に理由を書いてしまいます。
 ↑こらこら

 納期がドキツイ注文が入ったためです。

 背景に、他の理由もありまして。

 まず、12月から1月のドタバタで、私のほうの売れる作品の品揃えが薄いこと。
 ↑ひとえに、私がヘタレのせい

 それから、工房で作業できる日数が、実は少ないこと。
 1月は、私の小野教室の土、日、月クラスと、弟のKCCの日、月クラスが、ちょうどずれているため。
 東寺に出店した場合、1月末日までの、工房で作業できる日数が、わずか5日だけ。
 ↑こんなことも予想して、小野教室の日程を、弟の教室日に合わせた日程にしておくべきだった

 私の読みが甘かったのです。
 冬場の注文は、少ない。
 が、しかし、その地方の大きなイベントの前だけは、注文があるなしに関わらず、日程に余裕を持っておくべきでした。
 今後は、教室の日程決め、1月だけは、他の月とは違って、もうちょっと考えます。

 弟は。
 「俺の方は、売れるもんあったけどな。」
 ってことで。

 注文分を作るのに、フュージングなので、電気炉を使いまして。
 1回焼いたのが冷めてから、加工して、もう1回焼きます。
 この作業のリードタイムといいますか、絶対的にかかる時間は、実は、手を動かして作業している時間と、焼いている時間だけではないのです。
 そう、冷ましの時間。
 焼くのに、1時間強、ところが冷めて取り出すまでには、中身のガラスのサイズにもよりますが、多分、4~5時間は、冷ましにかかります。
 この冷ましの間に、他の作業を入れて、とか、段取をしても、どうにもこうにも、時間がかかります。
 そんな訳で。
 もっと余裕持って注文くれ~!
 と、叫びたいとことですが。
 こんな不景気の時期に、注文をいただける訳ですし。
 ま、出来ることをやりましょ。
 ってことで。

 東寺さんをお休みすると、今日の午後から、注文分の製作にかかるとして。2日半は、作業時間に当てられます。

 そんなわけで。
 どうしようもない待ち時間ってのができて、可能なら、東寺さんに持っていくはずだった弟の作品が、ネットショップにアップされるかもしれません。
 ご期待下さい。

 来月は、東寺の弘法市、絶対行きます!
 絶対!
by glass-fish | 2012-01-19 13:53 | 対面販売、手作り市、弘法市

今年のテーマ・・・・・・

 本題の前に。
 母が、退院しました。
 祖母の、流動食の食事が、始まったそうです。

 それと、注文のメールも出したし。
 送らないといけないメールを出して、やり取りが一段落したし。
 送らないといけない作品の荷造りできたし。

 何か、覚えていないといけないことが減ると、めっちゃホッとします。(TT)
 基本的に、一度に一つのことしかできないタチというか。
 ワガママなため、一つのことに、集中していたい人らしい。

 ああ、後は、DM用作品ですねえ。
 こっちも、目途が立ちました。
 ちょっと出来の良くなかったつぼみパーツで、通しで最後まで作ってみました。
 明日は完成品を作ります。

 ということで、年があけて随分たちますが・・・・・・
 今年のテーマ。
 ↑年の途中で、良く変更するけど(^^;
 「間」にします。

 今まで、ものすごくムキになって、つぼみの形をそろえたり、小型化したり、標準的なとんぼ玉サイズに作ったりしてきました。
 まあ、そこそこ行けたかな。
 ってことで、とんぼ玉スタイルにこだわらず、不定形にアレンジして行きます。
 で、ぎゅうぎゅう詰めるだけじゃなくて、「間」を意識して作りたいと思います。

 コブシメも、他にあんまりいろんなものが入っていない、シンプルな空間にぽっかり浮かべたのを、去年のビーズアートショーに持って行ったのですが。
 広々した感じが良いって言ってくれた人が一人いました。
 そこ、褒めて欲しかった所!(^^)
 作品の内容に関わらず、空間を意識して、作ってみよう!

 作品展やイベントも、ゆるっと目に行きたいです。
 去年、どういうわけか、何かとドタバタしてしまいまして。
 作品展やイベント以外の事で、何やらいろいろあったし。
 東寺さんだけでも、結構いっぱいいっぱいになりがちだし。
 今年は、去年よりは、もうちょっと落ち着いて、作品作りをしたいです。

 年明けもドタバタしたし。
 ふく蔵さんまでは、じっくり作品を作る期間になったら良いなあ。
by glass-fish | 2012-01-19 01:18 | とんぼ玉・ガラス

おめでたい感じで

 今朝、弟が作ったドラゴンの玉を見せてくれました。
 今回は、ドラゴンの尻尾の形が違うタイプのムリーニ。
 背景に、おめでたげなアイテムが入っていて、いい感じかも。

 あれ、これって、何用って言ってたかな。
 ふく蔵さんのDM用だっけ?

 一方、私のふく蔵さんのDM用作品は、これから。
 ああ、まずい。
 遅れをとっているかも。
 明日から、またがんばります。

 余談ですが。
 去年、キヌガサダケのフィギュアの携帯ストラップを、生徒さんにいただきました。
 2日前に、他の生徒さんから、キノコシリーズのパート2で、ウスキキヌガサタケの携帯ストラップをいただきました。
 へへ。
 めっちゃ嬉しい。(^^)
 それにしても、キノコ好きかと聞かれると、あんまり自覚がない。
 でも、去年の秋に一時、ハマってから、つい、キノコを探す目線で、地面を見ている自分に気づきます。
 それって、割と好きな方って感じでしょうか?

 去年、キノコの図鑑が買えなくなっていて、何とかネット通販で在庫があるところを見つけてやっと買ったのですが。
 その後、その図鑑の新装版が出ていまして。
 DNA鑑定に基づいた、新分類!って、表紙に堂々書かれていました。
 しまった。
 こっちの方がよかった。(TT)
 まあ、そんなこともあるよねえ。
by glass-fish | 2012-01-16 23:45 | とんぼ玉・ガラス

とりあえず・・・・・・

 実は、母が年末から入院していまして。
 良くなる悪くなるというものではなくて、この処置をしてもらうには、この段取で行くと何日くらいかかるという、ある程度読める種類のものなので。
 本人はいろいろ不自由かなあと思いつつ、退屈してる模様。
 ちょっと遠方のため、退屈を紛らわせに見舞いに行くというのも、ほとんどできず。
 そうこうするうちに。
 もうすぐ、退院できそうです。
 寒波が去ってからってことで、まあ、老体にはちょうど良いのかなあ。
 でも、そろそろ、家の方が、いろいろ限界・・・・・・・(^^;
 早く帰って来て~!

 そんな中、祖母が、2日前の水曜の朝に、入院しました。

 その前の夜には、息苦しさを訴えていたので、まずそうと思って、市民病院に電話をして、父と私で、私の車で病院に連れて行き、応急処置をしてもらったのですが。
 ちゃんと検査をしないと、見た目、分からないんですねえ、100歳にもなると。
 息苦しさを訴えてたと思ったのに、病院に行くと、急に外面を作って、ちゃんと息苦しさを訴えなくて、私も、大袈裟だったかなあと思い始め。
 ↑ちょっと、しっかり者風の看護師さんが怖かったみたい
 ↑↑彼女、痴呆の老人には、慣れてなかったみたい
 ↑↑↑デイサービスの看護師さんとは、だいぶ違うもんねえ
 腸風邪のようだということで、点滴に抗生物質と整腸剤を入れてもらったのですが。
 帰って来たら、タンが絡んで、ゼイゼイ言いはじめ。
 朝まで持つかくらいに、やきもきしました。
 せめてタンだけでも吸引して欲しい、今苦しいのだけでも何とかならんものかって。
 朝になって、ぐったりしているので、弟達も含め、家族だけの力で病院に連れて行くのを諦めて、生まれて初めて、救急車を呼びました。

 そして、1日半。
 今日の午後、今日の午前中の血液検査などの結果を聞きました。
 快方に向かっているそうです。

 お医者様を含む周囲の誰もが、普通なら、もう持たないと思っていた状態でした。
 お医者様が、会わせたい人がいたら呼ぶようにとおっしゃったそうです。

 何でも、今日の説明によると、重度の肺炎で、入院時の血液検査の結果から、多臓器不全も起こしていたそうで。
 肺炎は、回復中、多臓器不全の状態ではもうなくなっているそうです。
 まだ、完全には安心できませんが。
 というか、あの年だと、瞬間瞬間、リスクはいつも隣にあると思うんですが。

 それにしても。

 快方へ向かっている。
 またもや、お医者様の予測を裏切る、伝説を作ってしまった祖母、100歳でした。
 ↑腸のヘルニアの時には、開腹すると、ヘルニアは元の位置に戻っていて、内臓を切らずに済み
 ↑↑内科の先生に、軽度の貧血以外どこも悪いところがないと、お褒めいただき
 ↑↑↑年齢からしたら、しっかりした腸ですと、外科の先生を唸らせ
 ↑↑↑↑大腿骨骨折の時には、ちゃんと手術ができて、いい骨だと整形外科の先生を感心させ
 ↑↑↑↑↑道具につかまったら自分で歩けるところまで回復して、整形外科の先生に驚かれ
 今回は、内科の先生の常識を、裏切った。
 並みの100歳じゃないなあと、また、ふと、自慢に思ってしまった。

 側にいると、いろいろ思うんです。
 前の入院では、環境の変化にすごくストレスを感じてたし、頭の中から、昔の記憶なんかをランダムに引き出してきて、変なことを言い出したし、知人が退院した後、寂しくて変になったし。
 命を少しでも永らえさせることではないなあって。
 苦しいとか、孤独とか、恐怖とか、痴呆なりに感じる、彼女の世界の中で、とても嫌な思いっていうのをさせないのが良いんだろうなあって。
 ただ、いよいよお別れかと思ったので、忙しさもあって、それがずっと頭にあったわけでもないけれど、忙しさが一段落している時には、表現しづらい緊張感がどこかにあったらしく。
 ↑叔母や叔父がついていてくれたりと、物理的に大変だったわけではないんだけど
 回復と聞いたときには、確かに、心が軽くなりました。
 まあ、首尾よく退院しても、弱ってたら、今までと違う介護になるんかなあというのも理性がいうけど、それは、そのときでないとどうなって、何をしてというのは分からないことやしとも、理性がいうので。
 ↑介護のメインは父で、私と母はサブなのですが
 ある意味、まあかなり日常?って状態に、戻った感じでした。

 正月から、変なものにいろいろ遭遇するしなあ。
 母が帰って来たら、恵方巻きの段取等は、母に任せて、私しゃ、羽根を伸ばすゾ!
 ↑正月の餅は、置いてあるゾ!
 もうちょっとや、がんばれ私!

 そうそう。
 ランちゃんの、9種混合ワクチンの接種に、連れて行きました。
 でも、テンパっていたためか、段取悪く、先に散歩をさせてワクチンというのに思い至らず、接種してから、散歩をさせてしまった・・・・・・
 今晩は、良く休んでね、ラン。(^^;

 その時に、動物病院の先生と、いろいろ世間話をしまして。
 へ~!とか、ほ~!とか思ったこともいろいろ。
 世間話の流れで、先生に、ランが見つけた肉の塊と骨の話をしました。
 「教室の生徒さんによると、鹿を解体したものじゃないかって、おっしゃってたんですけどね。」
 「ああ、聞いた話では、鹿の肉は、あんまり高く売れないので、高く売れる部位だけを取って、後は捨てたのかなあ。くまなく取ると、手間が利益に見合わないかもしれないからねえ。」
 「なるほど~。あのあたり、ちょっと前は、家電製品の不法投棄が多い場所だったんです。一度は、布団のセットとか。でも、肉は初めてでした。」
 「フランスじゃ、鹿の肉は、高級食材なんだけどなあ。」
 「そうなんですか。」
 「もっと、見直されてもいいのにねえ。」
 とまあ、今日は、いろんなことが、スッキリした1日でした。

 でも、動物病院の先生に、ヘビ話をする時間がなくて、疑問はまだ残ってしまった。
 ↑動物病院の道を挟んだ正面に建築中の物件に絡んで、いろいろ、うわさ話をしてしまったため。
 ↑↑施主さん、知り合いかなあ・・・・・・とか
 そう、建築中の現場に、トラックが轟音を立てて入っていたり。
 久々の動物病院だったりと。
 ランちゃんは、ビビリまくり。
 帰るときには、腰が抜けて、へっぴり腰で車までやっとたどり着きましたとさ。
 あの瞬間を、ぜひ、動画で残しておきたかった。(^^;

 結局、お仕事はできずに終わった今日でしたとさ。

 明日は、がんばろ~!
 教室だから。(^^)
by glass-fish | 2012-01-13 23:27 | 日常