人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

練習、また練習(^^;

 世の中には、器用な人とそうでない人がいます。
 いや、そんな、白か黒かという話ではないですね。
 器用かどうかには、いろんな段階があります。

 さて、私はというと・・・・・・

 小学生の頃、「ぬり絵」が、流行りましてね。
 ほんとに丁寧に塗る子がいました。
 私の場合、やや雑い。
 自分一人でやっているときには、そのことに気づかない。
 丁寧に塗る子がぬっているところを見て、はた!っと気づくわけです。
 「あ、きれい」

 小学生の頃、運動会のためのダンスをやります。
 フォークダンスではなくて、振り付けを付けて踊る感じのヤツね。
 どっちかというと、苦手でした。
 で、苦手なので、練習に身が入らず、上達もせず。
 運動会当日、親が見て、思ったそうです。
 「うちの子、ワンテンポ遅れとる。どん臭いやっちゃな~。」
 さすがに、心配になったそうです。

 中学生の頃、家庭科で、被服の時間に、パジャマを作りました。
 まあ、こういうのは得意です。
 どことどこが合わさってとか、順番はこうでとか。
 しかし、ミシン掛け他が、やや雑い。
 得意ですが、貰った評価は、「A」でした。
 良いやんって、思うでしょ。
 一番良いのは、「A+」だったんです。
 あれ~?
 同じようにやっているつもりなのになあ・・・・・・?(^^;

 まあ、ミシン掛けなど、練習すれば、上達はしますよ。
 でもなあ、「A+」を貰っていた、Cちゃんが、日ごろからミシンでパジャマを作っているという話は聞いたことはありません。
 そう、スタート地点は、一緒なのですよ。
 そういえば、Cちゃんは、当時の算盤教室で、学年で一番「段」が上でした。
 初段の子は他にもいたので、それより上?
 ちなみに、算盤職人の娘だったはずの私は、6年の終わりに、3級を取るのが間に合いませんでした。
 ↑まあ、履歴書には書けないってヤツですね。(^^;
 「ええねん。大人になったら、算盤を使わんでもできる仕事をするから!」
 全く、親不孝な発言をする娘です。
 結局、これまたいまいち好きになれなかったパソコンを使う仕事(プログラマー)に、不幸にも配属されてしまったんでした。(TT)

 話は、飛びますが。
 山下智久が、カッコいい医者の役をするドラマの中のセリフがありました。
 不仲だった父親に対して。
 「俺は、仲間の中でも、一番手先が器用だった。それは、アンタから貰ったもんだ。」
 そう、医者の仲間の中でも、一番手先が器用だという役です。
 カッコいい!

 そう、世の中には、手先の器用な人がいるんだ。

 時々、そんなことを思います。
 とんぼ玉を作っている人の中でも、いきなり上手だったりする人がいます。
 作品を見て、これは、ホンマに器用でないと、作れない作品だと思ったりする作品があります。
 これが医者なら、ドキュメント番組で、「ゴッドハンド」とか、呼ばれるんでしょうねえ。

 まあ、私の場合、とんぼ玉を作るのに、必要十分ではあるけど、ものすごく精度の高い仕事ができる人とは、最初のところのスタートからして、能力が違う気がします。

 そんな手が欲しいと、時々思います。
 このアイディアを実現するには、あの手があれば、もっとゴールは近かろうに・・・・・・
 残念ながら、私の場合、ゴールは遠いです。

 そんなこんなで、今日もせっせと、作ってました。
 何を?
 まだ、ナイショ。
 できたら、東寺さんに持って行きます。
 できたらね。
 そう、練習、また練習さ!

 昨日から、作ってますが。
 昨日の段階では、形になるかどうか、自信がなかった。
 試作品が、あんまり悲惨にヘロヘロのため、私の腕では完成できないんでは?って、思った。
 そもそも、この方法論が、いまいち良くないのでは?
 ホンマに、この方法論で、見切り発車してしまったは良いけど、ゴールには行き着かない方法論なのでは?と、疑った。

 今日、何とか、形になって来ました。
 これは、正直、スムーズな部類です。
 通常、新しいアイディアが、ちょっと形になってきて、どうにかなりそうと思えるまで、もっともっと長い時間がかかります。
 ああ、上達したんやろか?
 ↑ムシの良い考え方
 いや、今日、駐車場で、四葉のクローバーを3個も見つけたからやろか?
 ↑そうかも知れない、いや、きっとそうだ!

 嬉しくって、日記に書いちゃいました。(^^)
 明日も練習だ!

 が、これって、作るモチーフの、一部に過ぎません。(^^;
 全体が作れるのは、もっと先・・・・・
 ま、いつものことさ。(^^)
by glass-fish | 2012-06-04 00:03 | とんぼ玉・ガラス

たまには・・・・・・

 さっき、カメラの画像をパソコンに移したついで、ということで。

 とりあえず。
 数日前の画像。
 最初のは、ガラスじゃないですが・・・・・・

a0163516_146022.jpg


 ランちゃんのちっちゃい彼、「リョウくん」です。
 雑種で、飼い主さんが、拾って育てているそうです。
 走る軽トラの上に乗っかって(リードの先が荷台の前のほうに括ってある)きりっとした白い姿は、在りし日の私の愛犬「しろちゃん」を思い出させます。
 最初に会ったのは、ランがまだ1歳になる前、ランが走っていると、藪のかげに繋いであって、いきなり至近距離で遭遇。
 吠えられる!と思いきや、ランも、リョウくんも吠えずに、尻尾を振り始めたのでした。
 まあ、ウマが合ってるんでしょうかねえ。(^^)
 初対面のときは、もうちょっとサイズが近かった気がするけど、ランが、でかくなりました。
 (^^;

 ためし撮りの画像があったので、紹介します。

a0163516_1461366.jpg

 5月21日の東寺さんで撮った画像です。
 弟の金魚の玉。
 これ、IXYで撮った、40枚目の画像です。
 おまかせのオートで撮っているけど、けっこう、きれいです。

a0163516_14624100.jpg

 5月20日、東寺さんの前日、値札を付ける前に撮りました。
 15枚目の画像。
 手抜き撮影のせいもあって、蛍光灯が写りこんでますが・・・・・・(^^;
 スケルトンなつぼみ玉です。

a0163516_1463797.jpg

 おまけ。
 後姿のサボテンくんの頭から、ワイヤーが!(^^;
 露出補正を、もうちょっとマイナスにしとけばよかったです。
 中抜けして、ピントが机の木目にあっている気がする。(^^;
 IXYを買ってから、11枚目の画像だもんで。
 この画像、頭の中で、180度ひっくり返して見てみて下さい。
 何かに見える?
 ちなみに、このワイヤーは、サボテンくんの頭のところにダイヤドリルで細い穴を開けて、銀線(シルバー950)を、ボンド付けしてあります。
 このあと、メガネ留めの要領で、サボテンくんの頭の上のわっかになりました。

 以上、もっと真面目に作品画像取ったらどうやねん!?っていう、作品紹介でした。(^^;
by glass-fish | 2012-06-02 01:46 | とんぼ玉・ガラス

ゴールドストーン、その2

 そういえば、いつものことながら、画像が全然なかったなあ・・・・・・ってことで。
 その2です。

 本題の前に、また、コネタ。(^^;

a0163516_0134290.jpg

 仕事場のサタケガラス置き場を、模様替えしました!
 がんばった!

 奥行き60センチのスチール製の棚に、紙の筒を積み上げていましたが、埃でガラスが汚くなってしまうのが、気になって仕方がなかったんです。
 うちの工房は、床がコンクリートで、そのまま靴で入るスタイルのため、余計に。
 で、棚の内寸に合わせて、箱を作りました。
 箱から変な物質が出たら嫌なんですが・・・・・・
 ホルムアルデヒドが出ないタイプのコンパネを選んだんですが、板の部分が針葉樹なので、いい香りがしまして。
 それって、樹脂が飛んだりしないんだろうかと、ふと思ったりしつつも・・・・・・(^^;
 ま、大丈夫でしょう。
 前面には、ちょうど箱の蓋のようなものを作りました。
 前の、塩ビは、私が切りました。
 よく見ると、少々雑目ですが、バリは、一応取りました。
 本体は、弟が。

 箱を作るのもですが、入れ替えが大変でした。
 汚れたガラスを入れては、意味がないので、全部、きれいにフキフキしました。
 疲れました・・・・・・(^^;
 ↑昨日


 さて、本題です。
 ゴールドストーンの画像紹介です。

a0163516_014208.jpg

 まずはブルザイのロッド。↑
 左から、ライト・アベンチュリン・グリーン、アベンチュリングリーン、右2本は同じ色で青ですが、色名が古いカタログには出てません。(^^;
 2色のアベンチュリングリーンは、フュージング用の板ガラスにもあります。
 膨張率は、90。

a0163516_0143131.jpg

 多分、モレッティとコンパチのグリーンのフリット↑
 ガラスに入れないと、キラキラが見え難いです。

a0163516_0145577.jpg

 モレッティとコンパチの、ゴールドストーン、ブロックタイプ。↑
 大きい方の横幅が、6~7センチあります。
 もっと大きかったものを、電気炉に入るよう、割ったものです。
 めちゃ、キラキラが濃いです。
 モレッティなので、膨張率は、104です。

a0163516_015728.jpg

 モレッティのクリアと、透明のセレン赤で、ブロックタイプの小さく砕いたものを挟み込んで、ペッタンコに押しつぶしてから引っ張ったもの。
 モレッティの定番品にあるロッドは、引いてしまうとキラキラが薄くなるため。

 モレッティの定番品のロッドが、焼いている先から割れると書きましたが。
 気泡が入ったロッドが、焼いてる先から割れるのと同じ感覚です。
 モレッティ同士で使って、玉にしてしまうと、特に割れやすいという感じではありません。

 さて、作品は・・・・・・というと。
 作品には、入れてないかも。(^^;
 日ごろ使う材料が、何となく決まってくるので、そういえば、習慣的に、あんまりゴールドストーンは使わないです。

 余談ですが。
 ブルザイの色名も、たまに、宝石の名前がついてます。
 ジェードグリーン(ヒスイの緑)とか、ライトアベンチュリングリーンとか。
 でも、クランベリーピンクとか、木の実の名前なんかもあります。

 確かに、紛らわしい?(^^;
by glass-fish | 2012-06-02 00:38 | とんぼ玉・ガラス