人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

絶体絶命(TT)

 今日は、ヤドカリくんの玉を作成しました。

 今まで作りためた、ヤドカリくんパーツと、背景側のパーツ、その他フリット、ムリーニなどの準備をします。
 パーツをきれいに洗って、拭いて、電気炉に並べたり。
 一通りやっていると、午前が終わりまして。

 午後、玉の作成にかかりました。
 徐冷用の電気炉(フュージング用の大きな方の電気炉)を、ON!
 余熱用の電気炉(フュージング用の小さな方の電気炉)も、ON!

 というわけで、余熱用の電気炉が、温まった後、製作開始!
 ああして、こうして、1時間20分後、1個目、完成!
 徐冷用の方に入れようとしたら、冷たい。
 なに?このプロコンが示している、490℃の表示は!
 あ。
 右と左の電気炉間違えた。
 左の電気炉には、とんぼ玉をステン棒ごと入れて、固定できる台を入れていて、冷え冷え。
 右の電気炉には、棚板さえ入っていなくて、490℃。
 同じ電気炉を、2台、プロコン一つを差し替えながら、使っているため、間違えたのです。(TT)

 しまった!(TT)
 こんな失敗は、初めてです。
 ホンマに、凡ミス。
 しかも、痛恨の!
 出来上がった玉を、どうするんだい!
 モレッティで、この大きさでというと、徐冷材では、冷めた時に、まあまず割れる。

 右の電気炉を切って、ふたを開けた。
 とりあえず、玉は、バーナーで温め続ける。
 また、電気炉のところまで歩いて行って、左の電気炉から、こまこまとした、棚板他の「台」のための部材を取り出し、皮手袋をつけて、まだ、270℃くらいを指している電気炉の中に、台を並べた。
 たぶん、熱さは、何とかセーフだったんだろう。
 夢中だったので、熱いと思ったか、そうでもないと思ったか、覚えてない。
 右の電気炉のふたを閉めて、電源をもう一回入れる。
 バーナーの前まで戻って、玉を、バーナーで温め続ける。
 まあ、製作中に気に入らない所を修正したりしていると、余分に15分~30分、余分にかかることもある訳で。
 そんなもんだと思えば良いさ。
 10分強あぶっていると、電気炉は450℃に。
 この温度なら、玉をちょっと熱めにしておけば、割れないさ。
 というわけで、電気炉に、入れた。
 その後、電気炉は、490℃まで上がると、温度をキープし始めた。

 アホや~、私。

 とりあえず、ちょっとお茶を飲んでから、2個目。
 2個目も、割と良い感じにできたんでない?
 徐冷用の電気炉に入れる。
 その時にちらっと見た感じでは、1個目、たぶん割れてないと思う。
 たぶん。

 さらに、1時間余りで、3個目完成!
 電気炉に・・・・・
 って、なんで、360℃?
 え~?(TT)
 プログラム、間違えた?
 もう、キープの時間が終わってしまった?

 どうする?
 3個目の、完成品。
 360℃の中に入れるわけにはいかない。
 しかも、すでに入っている2個も、アニール・ソーク(徐冷温度で長時間キープする過程)も、アニール・クール(キープした温度から、ガラスが内部的にも動かない温度を下回るまでの間、ゆっくりゆっくり、温度を下げる過程)も、全然足りてない。
 3個目もピンチ!最初の2個もピンチ!
 ああ!(TT)
 テンパりつつ、3個目を、バーナーでもう一回、暖める。

 電気炉の、プログラムミスだろうと思ったので、あわてて、490℃まで上げて、キープするように、プログラムをやり直す。
 で、3個目を、もう一回、バーナーで温める。
 でも、電気炉の温度が上がってこない。
 おかしい。

 しまった!
 フューズ飛んだんや!(TT)
 最悪!
 フューズを入れ替える作業、3個目の玉を持ったまま、とてもできない。
 しかも、フューズ入れ替えて、温度上げてから、3個目の玉を入れるなんて、時間的に、とんでもない。
 それに、交換用フューズどこ?

 テンパりつつ、3個目を暖めるものの。
 その間にも、電気炉の温度は、下がり続けている

 そうか!
 左の電気炉(使ってない冷たいほうの)の、フューズを抜いて、右の電気炉に、入れ替えよう。
 あ~!
 プラスドライバーがなかったんや!
 こないだ探したとき、なかった。
 いつもと違うところに、しまってあるに違いない!

 その前に、3個目。
 ふと気づくと、余熱用電気炉は、450℃。
 余熱用電気炉の棚板は、14センチ角。
 今、持っている3個目の玉のステン棒は、25センチ。
 無理、入らん。
 いや、ステン棒、酸素バーナーの炎で、焼切ろう。
 ↑昔、そうして、小さい電気炉で徐冷してたのを思い出した
 余熱用電気炉が、490℃になったところで、ステン棒4ミリを、焼切って、3個目の玉を電気炉に入れる。
 きっと、3個目は、ちゃんと生き残るはず。

 
 弟に電話して、プラスドライバーの場所を聞いた。
 あった。
 というわけで、フューズを入れ替え。
 右の電気炉に、フューズとふたを刺したら、蓋をプラスドライバーで占める前に、電源が入る音がした。
 ほっ!(TT)

 その時、温度計、260℃。
 温度が上がり始めた。

 とりあえず、この時点で割れてなければ、少し長めに、アニール・ソークをすれば、割れずに、無事出来上がるはず。

 が、不用意にあけると、そのせいで割れてはいけないので、中身は確認できず。
 490℃に上がった直後、キープはせずに、一度切って。
 アニールソーク長めの、徐冷のプログラムを入力して、電源を入れなおした。

 執念で、何とか、電気炉に入れました。
 費やした時間は、今日だけじゃないんやもん。
 それまでの、長い時間が、全部ダメになるってことやしねえ。

 さて。
 無事、出てくるでしょうか?
 今から、電気炉の電源を切りに、仕事場に行きます。
 まだ開けられないので、結果は、明日にならないとわかりません。


 割れてませんように。

 関西人の血が、ネタにせずにはおかなかった・・・・・・
 絶体絶命の、ハプニングでした。(TT)
by glass-fish | 2012-10-12 23:57 | とんぼ玉・ガラス

ヤドカリ君

 今日は、予定が、ずるずると変更になりました。

 今日作成予定だったヤドカリ玉、金曜日に延期しました。
 朝から、パーツを用意して、洗って、拭いて、電気炉に入れ、おさかなムリーニをプチプチと薄切りして。
 というところから始まって、一通り、スタンバイOKになってから、よし!って気合を入れるのですが。
 午前と、午後一に、他に時間を割くことがあって。
 そうすると、なんとなく、時間切れ感を感じてしまったというわけで。

 明日は、三宮の教室の日なので、とんぼ玉をいくつか持って、とんぼ玉ミュージアムに行こうと思ってます。
 ヤドカリ君も。
 持って行くのを忘れんようにせんと。

 というわけで、手元に残る方のヤドカリ君は、ちょっと、いまいちだった方なのですが。
 とりあえず、そっちをアップします。
 このアングルだと、どういまいちなのか、よく分からないだろう・・・・・・
 雰囲気だけでも、分かってもらえたらってことで。

a0163516_2375312.jpg


 挟み足、触覚、それから、挟み足でない足が、左右2本ずつ、貝殻から出てます。
 何とか、貝殻から出ているような感じにしました。
 足4本、増えると、形をとるのが、結構難しくなるのです。
 この子、足と挟み足の形は、まあまあいい感じだと思うのですが。

 東寺さんなどで、販売できる物は、金曜日の出来にかかっています。
 あれ、自分でどんどん、追いつめているじゃないか。(^^;

 酸素ボンベも、満タンだし、何とかなるでしょう。
 多分・・・・・・

 余談ですが。
 画像処理ソフトがまだ入ってないため、付属のソフトでトリミングだけしたものの。
 大きなデータを、自分の好きなサイズに縮小できなくて、不自由です。
 キノコ画像のアップも、断念しました。
 ↑「キノコ画像でなくて、作品画像をアップしいな」って、弟に痛いところを指摘されて、急に作品をアップしました
 そうそう、やっと、プリンタドライバソフトのディスクを、今日見つけました。
 お片付けがアバウトなため、時々、業務に支障が出てます。(^^;
by glass-fish | 2012-10-09 23:18 | とんぼ玉・ガラス

酸素切れ

 土曜日に、ヤドカリの玉を作りました。
 もう一個、と思ったところで、ボンベの酸素が、ほぼ空でした。
 3連休のため、ボンベの交換は、火曜日まで待たないと。
 あ~あ。(^^;
 というわけで、ジェネレーターでできる小物をちまちま作ることに。

 ヤドカリの玉のためのパーツは、何組か出来上がっているので、ボンベが来たら、強い炎で、大きな玉を作ろうと思います。

 で、ちまちま作っていたのは、キノコのためのパーツ。

 キヌガサタケのスカートのためのパーツを、ガラス用のダイヤの丸ノコで輪切りにして、それを平盤の研磨機で、薄くして、さらに番手を上げて透明になるまで、磨きました。
 が、うっかりすると、面がまっすぐでなくて。
 仕上げ磨きの後に、磨き残しができてしまい、端っこに、曇ったところが残っている。
 その部分の仕上げ磨きをやり直すのですが・・・・・・
 ムキになっていると、右手人差し指を、擦ってしまい、流血寸前になりました。(^^;
 薄っぺらいパーツは、こんなことも、あったりします。
 普通のムリーニを、1ミリ強の厚さに擦るなら、こんなこともないのですが。

 今回作るキノコの玉は、前のキヌガサタケと妖精の玉と、ちょっとだけ、中身を変える予定です。
 これは、10月の東寺さんに間に合うかは微妙。
 11月の、神戸のビーズアートショーには、間に合うように作ります。


 話は変わって。
 6日の土曜の朝、だらだらとテレビを見てると、「LIFE 夢のカタチ」という番組が始まって、なんとなくそのまま見てました。
 神戸のジュエリーデザイナーの女性を紹介していました。
 ああ、やっぱり、ジュエリーって、女子の夢やなあ。
 こう見えて、昔から、ヒカリモノは、大好きです。
 小学生のころは、クレヨンしんちゃんの妹のひまわりちゃんのように、宝飾屋さんのチラシを、集めていました。
 大学のころは、基礎物理学実験で、やたら「ヒカリモノ」の実験を選択していました。
 ↑先輩に、「多鹿、ヒカリモノ好きやなあ」と指摘されるまで、自覚なかったけど
 会社員になって、ちまちまと、お安い指輪なんかを買ってました。
 ↑あれ、どこへやったんやろう?
 会社を辞めて、とんぼ玉を初めたあと、ちょっとだけ彫金教室に行ってたのですが、ルース(金属部分についていない宝石や貴石の石だけの状態のもの)を眺めては、うっとりしていました。
 ああ、行ってみたい、このお店。

 ネット検索をすると、昔々、無理矢理、無謀な個展をしたギャラリーの近くのようでした。
 まさか、あのギャラリー、ジュエリー屋さんになったん?と、一瞬思ったのですが。
 良く調べてみると、2軒隣でした。(^^;
 ネットを見ると、6日(土)、7日(日)、8日(祝)の3日間は、入場制限をさせていただく場合がありますって、書いてあった。
 ネット通販は、アクセスが殺到して、不具合を起こしていて、メールで受け付けてました。
 すごい!
 まあ、あの番組見てたら、欲しくなったりするよねえ。

 で、急に、また、ジュエリー熱が上がって来まして。
 ↑買うわけじゃないですよ(^^;
 ↑↑まだ、TB-02を13台改造した改造費と、内田先生の玉を買った分の出費から、立ち直ってないし
 ↑↑↑いや、立ち直っても、ジュエリーの前に買っておかないとそろそろ壊れそうな機材もあるし

 ジュエリー熱。
 それは、私も、ジュエリーが作りたい!
 といっても、彫金をやるわけではありません。
 ジュエリーとは呼べないかもしれませんが、ジュエリーを身に着ける時と変わらないドキドキ感で身に着けることができる小さな宝物を、作りたいなあって。
 まあ、根が単純なので、見るとなんでも良いなあと思って、すぐ影響されるのさ。(^^;

 とりあえず今計画中のものは、5000円以下のネックレス。
 しかも、めっちゃ新ネタかと思いきや、使い古されたネタなのですが、日常使いしやすいように、アレンジしようかなって思ってます。
 2~3個くらいなら、11月のビーズアートショーに間に合うかなあ。

 ホンマに、「夢の世界」「おとぎ話の世界」に迷い込んだようなドキドキ感を作りたい。
 それは、一緒かなあ。
 ただ、私の場合は、彼女のように、デザイナーさんも美人でセンス良い!みたいなところのご期待には、お応えできないのが残念です。(^^;


 というわけで、明日の朝は、まず、酸素ボンベの交換をしてもらわないと。
by glass-fish | 2012-10-08 22:56 | とんぼ玉・ガラス

この頃

 この頃、すっかり日記がお留守に。(^^;

 その理由は、読書。
 ついつい、止まらなくなって、読んでましたが、とりあえず、既刊分は読んでしまった。
 が・・・・・・
 なんでこんな悲しい気持ちで、次の巻のお待ち状態になるねん!(TT)
 待ち遠しい。
 半年くらいしたら、出るかなあ。
 気持ちを変えるために、他の本を・・・・・・
 あ、それって、新たなドツボ。(^^;

 どっちかというと、読むスピードは、遅いほうです。多分。
 そうして、夜、読書をしていると、作品の構想が、少々、お留守気味になってしまうんです。
 まずい。

 で、睡眠不足気味のまま、新作を作ってました。
 あんなのとか、こんなのとか、作れないですか?って、いいモチーフのネタをいただき、めっちゃ作ってみたくて、試作をしてたりしたのですが。
 新作は、あんなのとか、こんなのとか。
 ではなく。
 「ヤドカリ」です。
 新作です!
 って、マイナーチェンジ。(^^;

 ヤドカリパーツは、形になりました。
 裏側に入れる海のエレメントを、ちまちま作ってます。
 意外と、手こずってます。
 ああ。
 玉は、いつ完成するんやろ。(^^;

 たまには、ってことで、ヤドカリ君の玉、できたら、画像をアップしたいです。

 話は変わって。
 9月30日に、八千代に行ってきました。
 今回は、八千代区の公民館ではなくて、さらに狭いエリアの婦人会の活動として、体験にお出かけ。
 婦人会、懐かしい響きです。
 うちの町内は、私が子供のころ、解散してしまったもんなあ。
 この、まだまだ、コミュニティがしっかりと生きている感じ。
 いろいろ、用事が多いとはおっしゃってましたが、良いなあと思いました。

 この時期、スケジュールをこなしておかないと、八千代では、稲刈りから秋祭りから、うちのほうもビーズアートショーとか、10月の東寺が日曜とか、いろいろありまして。
 休日が詰まりがちになってしまう、秋だったのです。
 で、台風にもかかわらず、決行しました。
 警報も出てないし・・・・・・ってことで。
 でも、体験の最中に、一時的に、警報が出ていて、終わるころには、解除になってたそうです。
 無事、終われてよかったです。
 ほっ。(^^;

 帰りに、いつもの体験でお世話になっている担当さんのお宅に、ちょっと寄り道しまして。
 東の空を見上げたら。↓

a0163516_2336871.jpg


 くっきりと虹が!
 しかも、もしかしてと思って、探してみると、外側にうっすらと、2重の虹も出ていました。
 どっちも、きれいなアーチ形で。
 この画像でも、外側の虹が写っているくらいの構図ですが、さすがに薄くて、ちゃんと写りませんでしたが。

 こんなくっきりと、端から端まで、しかも、外側の虹まで見えているなんて!
 記憶にある限り、初めてです。

 すごい!
 台風の置き土産です。
 しかも、水蒸気と日差しの条件がたまたまそろった場所だったからで。
 担当さんちに、ちょびっと寄り道したお陰で、すごいラッキーに行き当たりました。
 良い虹でした。

 と、そんなわけで。
 明日も、ちまちまと、ヤドカリ玉作り、がんばります。
by glass-fish | 2012-10-04 23:43 | 日常