人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今年も・・・・・・

 本当に、みなさま、ありがとうございました。

 良い年でした。

 亥辰舎さんのクリエイターシリーズの「とんぼ玉」の本に、作品を掲載してもらったこと。
 今年、一番うれしかったことです。

 「Glass Line」という、アメリカの雑誌の春号の企画、「Top 40 international beads / Beadsmakers」に選ばれて、作品画像を本に乗せてもらえたこと。

 が、う~ん、もっともっと頑張らないとなあと、本を通じてちょっと客観的に見たとき、そんな気持ちがふつふつと湧いて来たりもして。

 それから、今年も、いろいろ、新作に挑めたこと。
 その新作を、ぼちぼち作っていると、ぼちぼち売れて、手元に在庫がなくなっていること。
 ↑注!ほんとに、ぼちぼちです
 そのぼちぼちのお陰で、新ネタを考えるということにちゃんと時間を割けたので、作ってみたいものをいろいろ考えられて、とても、楽しく製作できました。
 東寺さん、ふく蔵、鍵石、北一硝子、のらりくらり、北野ガラス館などでのお買い上げ、本当にありがとうございました。

 そうそう、今年、少しショップからの注文、売り上げが増えてきたことも。
 震災以降、少しは、盛り返しているかなあという気がします。

 そして、今年も、楽しく教室ができたこと。
 一時、急に新しい人が増えて、ぎゅうぎゅうでしたが、新しい人と長く来て下さっている人がいくらかやめられて、最初くらいに戻りました。
 やっぱり。
 長く来られている方が、やめてしまわれるのは、さびしい限りですが。
 ずいぶん上達されたし、時期というのもあるのかも。
 お仕事の関係で、一度退会しますが、また復帰しますといってくださった方の復帰も、待ち遠しいです。
 自転車操業で、どたばた暮らしている私にとって、生徒さんと、料理のお話や、そのほかのガラス以外のお話をすることが、仕事とは別に、私の元気の源になっています。
 本当に、ありがとうございます。

 そんなこんな一年。
 本当にありがとうございました。

 来年は、どんな年になるのでしょうか?
 何事もなくというのは、ないなあと思える昨今ですが。
 何が起ころうとも、教室で作品を一生懸命作られている生徒さんたちの、一生懸命な気持ちとか、私が作品を作るときに、楽しくて夢中になる気持ちとか、作品をご覧になった方が、面白いなあと思って下さる気持ちとか。
 単純に、お金に換算できない、そんな気持ちの動きが、この先も、世界を元気にしていく原動力だと信じたいです。

 来年も、きっと一歩ずつ。
 元気で頑張れるのが一番です。

 みなさま、良いお年を。
by glass-fish | 2012-12-31 01:43 | その他のタワゴト

競るように・・・・・・か

 今日も、帰りに、芹のポイントに寄ってみることに。

 その手前で、そういえば、昨日はとある場所を下りて行って、出来るだけ下へ向かおうとしたけど。
 降りて行かずに、そのまま突き当りまで行ってみることにしました。

 ありました。

 耕作放棄地を横切る溝の中にも。
 いや、なんだか、ヨモギと混ぜ混ぜになって生えていたり。
 ということは・・・・・・そもそも、もっと手前の方にもあるのでは?なんて思ったりして。

 ありました。

 ヨモギと混ぜ混ぜになって、ずっと手前の方から。
 で、水がたまるような場所では、芹ばっかり生えていて。
 そういう場所で、気づいたのですが。
 そりゃもう、ありがたみがなくなるくらい、めっちゃありました。

 そりゃま。
 食糧にしようとしたら、縁起を担いで、ハーブ代わりにちょびっと食べるくらいでは、ちゃんとした食材とは言えないよねえ。
 この生えっぷりを見ると、まるで栽培でもしているかのように、ぎっしり。
 ↑でもま、どう見ても耕作放棄地ですし
 ↑↑田んぼの持ち主は、米だけでもいっぱいいっぱいな感じが感じられるし、とても他の作物まではねえ

 これだけあったら、内緒にする意味が分からない。
 ホンマに、こないだのおばさんに、教えてあげたいくらい。

 そうそう。
 ハコベは、普通にありました。

 ゴギョウとホトケノザは、良くわかりません。
 実物を一回見たら、良くわかると思うんだけど。
 スーパーで売られている七草を買ってきて、どんなんだか、見てみようか・・・・・・
 ↑アホ(^^;
by glass-fish | 2012-12-30 02:26 | 日常

年の瀬だから・・・・・・

 先日、ランちゃんの散歩でのこと。
 見知らぬおばさんが、向こうから、透明の大きなゴミ袋を持って、歩いてきた。
 緑の物体が、入ってます。
 なんか、採取中ですかねえ。

 近くまで来たとき、おばさんに聞かれた。
 「この辺で、芹が生えてるとこないかな。川で橋のとこにいっぱいあるって聞いたけど、なくて。」
 「芹・・・・・・どんなんか、わかりません。橋は、この辺は、2か所しかないけど。」
 「そう、すみません。」
 「はあ。」
 芹・・・・・・・って、そういえば、知らん。(^^;
 春の七草採りやな。
 そのまますれ違って、先に歩いていくと、ウチの田んぼの隣に車が止まってました。
 あ、隣の市から、採りに来てはるんか、とナンバーを見て思った

 それにしても、答え一発で、答えられないのは、悔しい気がした。

 それが、確か、2日前のこと。
 
 で、ネットで調べました。
 どんな葉っぱか。
 でも、抜かったことに、生息環境を調べてなかった。

 今日、探してみましたが。
 う~ん、クローバー(マメ科)、ヨモギ(キク科)、ミントの仲間?、マメ科の何か、シソ科の何か、春の七草でない方のホトケノザ、キク科の何か、探せども、探せども、ありません。
 遠目で、葉っぱが似ていると思ったら、ミントの仲間みたいな葉っぱばっかり。
 がっくり。

 でも、川の橋のところに生えているって聞いたと言うてはったし、芹沢さんなんて名前があるくらいだし。
 湿地とか、水辺のそばを好むんやろか?
 ってことで、橋のそばでない、川のところとか、日陰で湿気やすいところとか、探したけど、ない。

 かなり帰ってきたあたりで、水場に、心当たりがあった。
 日ごろ行かないところで、夏場は、蛇が怖くて行けないような場所。
 そこに向かうものの、手入れがされておらず、近づけません。
 しろちゃんの散歩で来たときに、水辺だった記憶があって、場所的にもいかにも、水が豊富だろうという場所ですが、しろちゃんと行ったときは、もっと、入りやすかったのになあ。
 ちょっと回り込んでみようと思ったけど、そのあと、2メートルくらいの斜面を下りられる場所を探さないと、目的のところに行けない。
 というわけで、計画、挫折?
 降りられる場所を探して、奥へ奥へと行くと、行き止まりの藪が近づいてきた。
 やはり、降りられそうにありません。
 細い溝をまたいで、先に行ってみた。
 そしたら、足元が、湿地になっていた。
 耕作放棄地も、長年経つとね。
 あれ?
 湿地?
 あれ?
 この草は・・・・・!

a0163516_23424515.jpg


a0163516_23431286.jpg



 当たり!
 確か、似たもので毒があるのがあると母が言っていたけど。
 ま、食べるわけやないし。
 そうそう、一つ、抜いてみよう。
 根っこがついて抜けた姿は、ますます、芹って感じやん!
 しかも、6畳くらいの広さのところに、ぎっしり生えている。
 競るように生えていることから、芹という名前がついたとか書いてあったし。
 ますます、当たり?

 帰ってきて、毒があるのを調べてみたけど、明らかに葉っぱのかたちが違う。
 うっふっふ。
 春の七草、芹だけなら、山盛り売れそうなポイントを発見しました!

 年の瀬に、何やってんだか!
 と思ったものの。
 そもそも、年の瀬だから、正月グッズとして採取してはったんやんなあ。
 でも、苦労して見つけたから、このポイントも、内緒。(^^)

 春の七草は、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。

 スズナが蕪で、スズシロが大根らしい。

 ナズナは、良く見かけるナズナ。

 ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベラ(ハコベ)、ホトケノザ(タビラコ)も、調べて行ったのですが、調べてみて、3種類とも、良く見かける花がそうだったと知りました。

 よしよし。
 とりあえず、春の七草、制覇!
 だた、この季節は、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザは、花も咲いてないし、ロゼットの状態だろうから、葉っぱとロゼットの画像を確認していかないと、ちゃんとわからないかなあ。

 何かを探しても、その日のうちに、見つかるなんて、そうそうない。
 今日はラッキーでした。

 が、食べてみる勇気はありません。(^^;
by glass-fish | 2012-12-29 00:03 | 日常

年越し

 今日は、今年最後の三宮教室の日でした。

 で、なんとなく。
 数回で作るパーツ、区切り良く、今日完成させたかったりしました。
 なので、午前クラスのパーツは、ちょっと巻き巻きモードで、完成。
 ちょっと、急かしてしまって、申し訳なかったかも。

 午後クラスも、今日で完成の予定でしたが。
 何分、私のデモだけで、相当長引きましてね。
 年越しになりました。

 そうやんな。
 今まで、コツコツ作ってきたパーツ。
 焦って、最後で急いで、失敗したら、目も当てられんことになる。
 で、年越しになりました。

 デモで作ったパーツを、少し持って帰ってきました。
 直径、約1センチ、長さ、約5センチ。
 ↑あとから、もうちょっと細く引き直します
 ↑↑このままじゃ、パーツカッターなどで、パチンと割れないもんね
 いつもなら、断面を見て、出来を確認できますが。
 長いままだと、色が色だけに、分かりにくい!

 で、オートのコンデジのマクロモードで撮ってみました。
 おや。
 肉眼よりよくわかる。
 後ろの方のところは、ピントが合わないから、断面が見やすくなるらしい。
 色が色だけに、見づらくて苦労したバーツです。↓

a0163516_040366.jpg


 注)ランちゃんではありません(^^;

 来年、また頑張りましょう!
 おー!
by glass-fish | 2012-12-27 00:41 | とんぼ玉教室

ためこむ

 今日は、明日の教室の準備など、ちょっとは仕事をしたものの、お休み。

 というわけで、マッサージだ!
 ホンマは、東寺さんの前後がピークだったので、今日は、自覚としてはそれほどでもない。
 でも、そんなときも、過去の経験からすると、マッサージに行くと、そこそこ来ていることが分かることが多い。

 で、行きつけの、マッサージ屋さんへ。
 掌(たなごころ)のホームページ
 思い返すと、今年の春。
 彼女が小野市内での開業の準備中に、出会いまして。
 その少し後に、結局、私がエエなあと思っていた場所で、開業。
 私個人的には、ホンマに良かった。(TT)
 彼女が鍼灸師の資格を取る前に勤めていたリラクゼーションのお店が行きつけだったのですが、そこが去年の夏に閉店。
 で、1年近く、マッサージ屋さん難民をしてまして。
 彼女の開業と同時に、行きつけのマッサージ屋さんが、新しくできたというわけでした。
 めでたし!

 さて。
 今日、行ってみると。
 予想以上に、ひどかったみたい。(^^;
 東寺さんの翌日から3日間、小野教室というのは、予想通り、ちょっとしんどかった。
 でも、この背中の張りは・・・・・・
 睡眠不足ですな。(^^;

 そうなんですよ。
 困るなあ。
 東寺さんの日に、フィギュアスケート全日本選手権、男子シングルショートプログラム。
 夜クラスまである土曜日に、女子シングルショートプログラムと男子フリーで、4時間くらい放送があって。
 日曜クラスの日に、女子シングルフリー。
 月曜日クラスの日に、エキシビジョン。
 とりあえず、見ないわけには、行かないじゃないですか!
 ↑そうなのか?
 それに、かいつまんで上位者だけを放送されたら、つまんないしねえ。
 見るしかないですよ。

 初日、東寺さんから帰って、ランちゃんの散歩に行って、ご飯食べて、ちょっとうだうだして。
 さあ、録画見なきゃってことで。
 男子シングルショートプログラムの録画を見始めた。
 後半グループだけの放送だから、無良選手からね。
 「4回転!」
 実況の声で、はっと目が覚めた。
 うっ!
 巻き戻して、もう一回初めから見始めて。
 「4回転!」
 の声で、もう一回目が覚めた。
 ううっ!
 日ごろからフィギュアをご覧になっている方ならわかると思うのですが、4回転って、難易度が高いから、ほとんどの選手が、ホンマにプログラムの初めに飛ぶんです。
 そ。
 最初からウトウトしてたんです。

 ま、4日間の放送分、飛ばし飛ばし、プログラムの部分は、ほぼ全部見ました。
 執念や!

 そんなこんなで。
 マッサージは、私の至福の時。
 しかし、こんなに溜め込むとは。

 鍼灸師の彼女が言うには。
 右腕の張りは、まだそんなでもないけれど、左腕が、ひどく張っているんですって。
 そう、背中も左側。
 自覚はあんまりなくても、如実に出ますなあ。
 大物のムリーニを作ったり、大物の玉を巻いたり、そんなとき、やはり、左手はずっと本体をホールドしているため、負担が大きいんでしょうねえ。

 で、予想通り、マッサージから帰ってから、コタツの中で爆睡。
 ご飯に呼ばれても、起き上がれないくらいに。
 効いたっ!

 そんなこんな、今年最後のマッサージでした。
 ああ、来年早々、また行きたい!
by glass-fish | 2012-12-25 22:07 | 日常

ありがとうございました

 終い弘法、無事終了しました。
 ありがとうございました。

 よく来て買っていただけるお客様に、ゲッカビジンとスイレンの花の玉をお買い上げいただきました。
 ありがとうございました。

 昨日、日記に書いていた、徐冷中のラフレシアを、電気炉から出して、持って行きました。
 できたてほやほやのラフレシア玉、お買い上げ、ありがとうございました。
 まだ、納得できてないところもあったので、値段をつけてなかったのですが、それでもOKとのことでした。
 これを励みに、パーツからの作り直しも、がんばろうと思います。
 ありがとうございました。

 ラフレシア玉を見に来ていただいたのですが、タッチの差で、Soldout。
 キヌガサタケとツチグリの玉、お買い上げ、ありがとうございました。
 ラフレシア玉、次回は、もっと納得できるものにして持って行きたいです。

 生徒さんが、キノコの玉を買いに来てくれました。
 ありがとうございました。
 ラフレシア玉、すでに嫁に行った後でした。
 次のができたら、教室の時に持って行きますね。

 時々来ていただける方が、熱心にご覧になられていて、カンザシヤドカリとコブシメの玉を、お買い上げいただきました。
 ありがとうございました。

 今回の大物お買い上げ、関西圏のリピーターの方のお買い上げ、100%となりました。
 いつもありがとうございます。
 また、がんばります。

 弟の金魚ちゃんが欲しいと、遠方から、金魚狙いで来ていただいた方に、金魚玉をお買い上げいただきました。
 ちょっと、金魚ちゃんの種類が少なくて、すみませんでした。
 使っていただきやすいサイズのがあって良かったです。
 ありがとうございました。

 桜の玉のストラップと、動物のフュージングのストラップ3個、お買い上げありがとうございました。
 徳島から来られたそうです。
 ありがとうございました。

 できたてほやほやのペンギンのドロップのチョーカーと、フクロウのストラップをお買い上げいただき、ありがとうございました。

 以前にも来らた東北の方が、とある人の素敵な作品を持っておられて、見せていただきました。
 弟は、実物を見る機会が初めてでした。
 雰囲気がある作品に、心惹かれました。
 良いものを見せていただき、ありがとうございました。
 また、お買い上げもいただき、ありがとうございました。

 今日は、フュージングのストラップを、他にもたくさんの方に買っていただきました。
 本当にありがとうございました。

 寒いし、今回は厳しいかなあと、悲観的な予想の中、とてもよい結果になりました。
 朝一から、これで、赤字を出さずに無事帰れる発言、飛び出しました。(^^;
 ありがとうございました。
 また頑張ります。

 そうそう。
 今日は、亥辰舎の回し者にもなりました。
 お隣のアジア美術屋さんのお兄さんに、前回、亥辰舎の「天然石のエンサイクロペディア」という本を、買ったんです~って、見せびらかしてまして。
 ↑ビーズアートショーで、自分へのご褒美に買った本です
 ツボなんじゃないかと思ってたら、やはり、ツボだったらしく。
 本の名前を控えるからと、本を見てはったときに、このごろ良くお手伝いに来られている常連さんも、気に入って下さって。
 2冊、お買い上げ決定!
 うっしっし。
 なんて言ってたら、亥辰舎のSさん登場。
 これで、餅が買える!って、喜んでいただきました。
 あまりに絶妙なタイミングに、2冊、本を届けに来られたと、一瞬、弟が勘違いするほどでした。
 来年も、よろしくお願いします!



 今日は、ほとんど日差しがなくて、寒い一日でした。
 かなり、しっかり防寒対策をしていきましたが、朝から寒くて、これは、歩くしかないってことで、朝方、東門の方へ、歩いて見てきました。
 楽しいです。
 そういえば、東門を入って少し行ったところが、毎年、お正月の寄せ植えなど、植物系を売っているお店がいっぱい出ているエリアになっています。
 ホンマにかわいくて、買おうかと思いました。
 毎年、近所のおじさんに、紅白のハボタンをいただいているので、ちょっと考えて、買わなかったのですが。
 母にその話をしたら、やっぱり、興味津々でした。
 来年は、終い弘法に行きたいと言ってました。

 歩いていると、帯締めを売っているお店があったので、覗いてみました。
 すると、帯留め用の帯締めというのがありました。
 帯留め用の帯締めというのは、一般のきれいな結び目を見せるための帯締めと違って、少し短く、帯留めが通しやすいように、房が、ほんの7ミリくらいで、ボリュームが抑えてある物でした。
 実際に見るのは初めてで。
 着物のことがよくわからないので、いろいろ、教えていただきました。
 で、財布を後から取りに行って。
 2色あったうち、1本買うことにしたのですが、お安くしていただけるということで、2本とも買いました。
 色もきれいで、ウキウキ。
 実物があると、イメージが広がりそうです。

 そうそう。
 大好きな植物系のエリアのそばで、朝も早くに、行列ができていて。
 なんだなんだ?と思って、見てみると。
 木の樽ごと、すぐきのお漬物が、どど~んと置いてあり、カブの部分と葉っぱの部分がついた丸ごとのすぐきのお漬物を、たくさんの方が買い求められていました。
 わ~、京都と言えば、すぐきのお漬物なんや。
 ソウルフードなんやなあ。
 ちなみに、帰り際に、お隣のお漬物屋のおばさんが、弟にすぐきのお漬物を下さって。
 おばさん、ありがと~!
 やっぱり、年越しには必須アイテムのようです。
 ちょっと酸っぱい、乳酸発酵が体に良い、お漬物だそうです。

 テレビ局も、たくさん終い弘法の取材に着てました。
 そのお隣のお漬物屋さんを、テレビカメラが撮ってました。
 写真を撮っていく人が、日ごろから多い、まさに京都!って感じの、カメラマンに人気のお漬物屋さんなのでした。

 そういえば、干し柿屋さんとか、布小物の蛇を売っているお店とか。
 ホンマに、正月モード全開で。
 終い弘法の日に、うろうろしていると、楽しいです。
 うちの両親が好きそうだったので、焼き栗を買いました。
 せっせと食べてました。

 そういえば、近所の骨董屋さんも、仏像なんかが多くて、力が入っている感が漂ってました。
 やっぱり、ちょっといつもと違う感じで、すごく面白いなあと改めて思った、終い弘法でした。


 と、そんなこんな、長時間だとじ~んと寒い京都の冬ですが、ココロもフトコロもホクホク暖かい、楽しい終い弘法となりました。
 みなさま、一年、ありがとうございました。
 来年も、よろしくお願いします!

 また頑張ります!
by glass-fish | 2012-12-22 01:19 | 対面販売、手作り市、弘法市

徐冷中・・・・・・

 あと、4時間もすれば、東寺に向けて出発の予定です。
 ああ、早く寝なくっちゃ。

 ラフレシア玉、一個だけ、徐冷中です。
 予定では、今晩の8時ごろに、300℃。
 今頃は、100℃は切っているはずです。

 さて~。
 4時間後、冷めるでしょうか?
 もしも、ホンワカ温かかったら、くるくるタオルにくるんで、ステン棒を外さずに、東寺さんに持って行きます。
 ペンチも持参で。

 こんなに赤裸々に書いていて良いものか?(^^;

 とりあえず、影も形もないでは、寂しいので、形にはしましたが。
 ラフレシア、ドット模様を、もう少し増やしたパーツを、作り直そうかと思案中ではありますが。
 よろしければ、どんなんかな~?って、様子でも見に来てやってください。

 弟は、お花の玉の小ぶりなのを、ブレスレットにしていたはず。
 で、時期も時期なので、干支の蛇玉(ムリーニの玉じゃないです)を、作ってました。

 明日は、終い弘法なので、お正月グッズで、にぎやかになりそうです。
 お正月関連の植物系も多いです。
 ふと欲しくなります。
 あ、いやいや、お仕事お仕事。

 ぜひ、いらしてくださいね!
by glass-fish | 2012-12-20 23:29 | 対面販売、手作り市、弘法市

ぎりぎり・・・・・・(^^;

 まずいです。
 まだ、玉になってません。(^^;

 東寺まで、作れるのは明日だけだというのに!
 もちろん、東寺さんには行きます!
 が、お正月用品を買い求める人で、きっと混むんだろうなあ。
 すいてたら、風が寒いし、混んだ方が温かいだろう。

 あれこれ、葉っぱの模様などのムリーニはできています。
 で、今日、1個は、玉ができるはずだったのに。

 あれこれ作ったのは、試作ってことで。
 明日、作ります。

 何を作っているかというと。
 「ラフレシア」と、他、細々した、葉っぱなどです。
 ↑やっぱり、できる前に書くと、プレッシャーだ
 ↑↑立体的なラフレシアの試作品は、一応作ったのですが、まだ、試作です
 ちょっと、そんな森の玉に、生き物を入れたいと思い、カエルを作ってました。
 が、この、サブだったはずのカエルに、すっかり時間を取られてしまい、以前作った赤い斑点入りカエルよりは、小さくなったものの、思ったほど小型化ができず。
 ラフレシアとカエルの縮尺比が、またまた、困ったことになってしまいました。
 ま、エエか・・・・・・
 縮尺比がおかしいのは、いつものことだし。

 が、葉っぱパーツの一部は、薄くしないと見た目が変なので、研磨もしないといけない。
 ホンマに、間に合うんでしょうか?


 今回に関しては、ちょっと、欲張りすぎだったんでしょうね。
 で、時々、段取りの時間を読み間違う。
 初心者のころには、いっつも、欲張りすぎて、いっつもぎりぎりでした。
 少しは進歩したと思ったのに。(^^;

 あと一日、がんばります。
by glass-fish | 2012-12-19 22:32 | とんぼ玉・ガラス

竹取

 この頃のランちゃんの画像です。

 
a0163516_045249.jpg


 今日も、久しぶりに出会った人に、「ランちゃん痩せた?」って、聞かれました。
 でしょ。
 くびれてる。
 ナイスバディ?
 一応、この頃、ご飯増やしてます。
 がつがつ食べてます。


 ところで、この頃、近所の竹やぶに、いろんな人が採取に入ってます。
 この竹藪、町の持ち物なんですが。
 竹業者の人は、さすがに、大規模だし、許可とってるよね。
 ちょっと前は、どう見ても、勝手に入っているとしか思えない、ちょっと遠方から来たらしい人が、結構大量に南天を採ってたり。
 ここ2か月ほど、ホンマに頻度が高くって、びっくりです。
 私なんかは、町の人間やからこそ、ご近所さんの目も気になって、大々的に採取ははばかられるんやけど。
 ↑道沿いの筍は別
 ↑↑伸びたら邪魔になりそうな場所だと、食べたくない場合は、キックして、折っておきます

 去年のある日、ある人に、サネカズラの話をして、場所を教えた。
 その人は、「採ったげましょか?」と、鎌を持ちながら言った。
 でも、私は、この場所で見るのが好きなので、断った。
 その人かどうかは知らないけど、後日、私のサネカズラポイントのサネカズラの大半を、ごっそりやられてて、がっくりしてしまった。
 この頃、実が見えなくても、葉っぱで分かるようになったので、よそで見つけたサネカズラポイントは、絶対に誰にも話さないって、心に誓った私でした。
 私は、基本的に、花やらキノコやらには、自然の中で会いたい派なので。
 ↑タケノコは別やけど
 あれこれ、採るんじゃなくて、撮ってます。

 今日は、おっちゃん達7~8人連れで、竹を取ってました。
 しかも、根っこをつけて。
 根っことな?
 いつもなら、素通りするのですが、根っこが気になって、つい、覗いたりして。
 で、、立ち話をしました。
 「町の許可を取ったほうが良いですかね。」
 と、真顔で聞かれると・・・・・・・
 「え~っと。竹ですもんね。いくらでも生えてくるし。まあ、ちょっとなら良いんじゃないですか?」
 そもそも、今、誰が役員さんだったか、忘れた。(^^;

 根っこをつけた真竹を、真冬に採る。
 何だったと思います?

 尺八を作るんですって。
 7~8人って、愛好家集団?
 尺八用の竹、冬にとるんですね。
 しかも、根っこをつけて。
 ちょっと、興味津々だったのですが。
 なんとなく、根掘り葉掘りってのもねえと思って、通り過ぎたけど、ホンマは、いろいろ聞いてみたかった。
 残念。

 竹を取っている業者さんも、いろいろで。
 少し年数の経ったらしい竹の、太いところだけを持って行く人。
 やや細めで、先の方に枝と笹葉を残して持って行く人。
 何に使うのか、気になります。
by glass-fish | 2012-12-17 01:32 | 日常

幽霊の正体見たり・・・・・・

 枯れすすき!

 じゃ~ん!
 先日落ちた溝の画像公開!

a0163516_23225110.jpg


 そんなに深くはありませんでした。
 溝は、このまま道の下を突っ切っていて。
 その土管の方へ、足を取られたようです。
 しかし、バスタブとは、我ながらうまいこと言ったもので、まさに、椎の葉っぱの枯葉が、一杯積もってましたとさ。
 でも、枯葉がなかったら、足を取られてなかったかもしれないし、でも、枯葉がなかったら、クッションがなかった訳で。
 やっぱり、不幸中の幸いでした。
 こんなとこに、溝があったんやねって感じの、ピンポイントで、罠のように、そこだけ道のそばまで突き出した溝に、よくもまあ、よりによって落っこちたもんです。(^^;
 溝があるなんて、毎日通るけど、認識すらしてなかったもんね。

 そして、今日の夜のお散歩での一枚。

 キラキラ光ってると思ったら、夕方に降ったらしい雨の水滴が、もう、草の上で、凍結を始めてました。

a0163516_23295772.jpg


 マクロモードでのストロボ撮影は、白飛びしてしまうので、LED懐中電灯の光で撮りました。
 ライトを照らすと、夜道で、キラキラ光って、きれいです。

 さすがに、今日は、例の溝から5メートルほど先の、坂道の一番下あたり、カーブになった場所で、雨に濡れたアスファルトは、凍結を始めてました。
 夜のお散歩、いろいろと、気を付けることがいっぱいです。
 ↑そこまでして、昼と同じルートを行く私は、ランに甘いってことやねえ(^^;
by glass-fish | 2012-12-12 23:35 | 日常