人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

折り返し点

 加西市の「ふく蔵」で、4月7日(日)まで、作品展を開催中です。 
 ふく蔵作品展案内のブログ

 2週間の開催で、ちょうど、今日で半分。
 折り返し点を過ぎました。

 6日間に、たくさんの方に来ていただき、本当にありがとうございました。
 たくさん、お買い上げもいただき、ありがとうございました。

 KCC三宮の生徒さんたちにとっては、加西市のふく蔵さんまでは、ちょっとした小旅行の距離。
 遠くは、淡路島から、お二人、来ていただきました。
 みなさま、本当に本当に、ありがとうございました。

 毎年リピートしてきて下さる方も多く、ありがたい限りです。
 一方で、まったく初めて来て下さった方も、かなり多く、これまたありがたい限りです。
 聞いてみると、生徒さんの身内の方の口コミだったり。
 リピートしてくださる方から聞きましたということで来て下さったり。
 そんなこんなで、口コミと、口コミの口コミみたいなことで、来ていただける方が、たぶん、半分以上な感じがします。
 地元開催は、本当にありがたいです。
 本当にありがとうございます。

 あ、名指しで、初日に来ていただいたHさん、お買い上げいただいた作品を宣伝いただきまして。
 関係者の方が、たくさんいらして下さいました。
 ありがとうございました。

 弟の得意技の一つは、「他力本願」です。
 フェイスブックをやっているという生徒さんに、「フェイスブックで宣伝しといて」って、お願いしたそうです。
 出た、得意技!
 本来は、自分でやるべきところですが、私も弟も、なんかよう分からんしって、棚上げ中。(^^;
 快く引き受けてくださって、ありがとうございました。
 新しいものには、疎いので、助かります。<(_ _)>

 折り返し点、ということで。
 これから7日間も、よろしくお願いいたします。
 ふく蔵ホームページ
by glass-fish | 2013-03-31 22:26 | 作品展、イベント

密かな楽しみ

 ただ今、加西市の「ふく蔵」さんで、作品展を開催中です。
 ふく蔵作品展案内のブログ

 この時期の、2年に一回の、密かな楽しみ。
 それは・・・・・・

 代車!

 仕事場のお隣の自動車屋さんに、何もかも一式お願いしているので、2年に一度、しかも、ふく蔵さんの時期に、車検です。
 すると、必然的に、代車で、ふく蔵さんまで出かけることになりまして。

 2年前は、新しいアルトを借りまして。
 デジタルのメーターのモードで、瞬間瞬間の燃費が表示されるのが、すっかり楽しくなりまして。
 エコドライブのお勉強をさせていただきました。

 今年は。
 ダイハツ、タントExeです。
 借りた時の走行距離が、46キロくらいだったから、新車ですよ。
 「エエ車、貸してくれとってやん」
 と、弟は、大きなおもちゃを与えられた子供状態で、明日、タントでふく蔵へ運転するのを、楽しみにしているようです。

 エコドライブモードにすると、ブレーキを踏んだら、エンジンが切れます。
 で、ブレーキから足を放すと、エンジンがかかります。
 すごい!
 素晴らしい!
 メーターのところに、「ECO」と、何だったか、二つ並んで、点灯しています。
 何気に見ていたけど、エコドライブモードがオンになっているマークと、現在の運転がエコ運転になってますよを知らせるランプだと気づきました。
 私、結構エコな走りをしてるやん。
 楽しくなって、ランプが点灯していることを確認しつつ、走っています。
 やり過ぎて、運転の荒い、無駄にエンジン音が大きい車に、追い越されました。(^^;
 が、アンタにゃわかるまい、この楽しみって、ほくそ笑んでしまいました。

 小野と加西の桜は、今日の時点で、3分咲きくらいでしょうか。
 見ごろは、来週かなあ。
 明日は、雨予報ですが、咲き始めなので、まだ、雨では散らないでしょう。
 エコドライブで、のどかな道をゆく、ふく蔵さんドライブは、最高です!

 明日も、11時~14時ごろ、実演をします。
 よろしければ、ぜひ、いらして下さい。
 ふく蔵ホームページ
by glass-fish | 2013-03-30 21:17 | 作品展、イベント

アルファー波

 今日、テレビを見ていて、アルファー波出ました。
 ↑科学的に測った訳じゃないけど

 アルファー波が出ていると感じる瞬間って、あるんですよね。
 今日は、リン・ユーチュンさんという歌手(?)の、カラオケ対決の歌声で。
 理屈ではなく、脳ミソが、心地よい、もっと聞きたいと言うんです。
 他の歌手で、そういう心地よさを感じる人の声っていうのもあります。
 ZARD、元ちとせ、など。
 同じ質の心地よさを感じていて、きっと、分析したら、何かちゃんとした共通点に行き当たりそうな気もしますが。
 あ、あと、昔の会社の同僚の、百合ちゃんの歌声も、そうでした。
 こういうのは、天からもらった、授かりものだろうなあと思います。

 他にアルファー波出たといえば。
 シンプルな話では、マッサージ。
 それから、今期のフィギュアスケートで、いつだったか、鈴木明子さんのフリーの鳥をテーマにしたスケートで、ほぼパーフェクトだったことがあって、その時も、心地よさに、うっとり。
 他のスケーターでも、出ているなあと思うことが、かなりあります。

 好きなものがあって。
 何で?と聞かれると、理由付けはできる。
 ただ、「アルファー波出てる感じ」というのは、理由のうちの、究極の一つだろうなあと思います。

 リン・ユーチュンさん、気になって、ネットで調べたら、絶賛している人やら、音程が正確なだけじゃないかと書いている人やら。
 音程・・・・・・の人に聞いてみたいけど、「アルファー波、出なかったの?」って。
 もしも、出なかったとしたら、損したねと思う。
 ↑ウチの父なんかでも、フィギュアスケート見てても、全然関心ないのか、要らん茶々を入れまくるので、めちゃうざいです
 ↑↑個人差って、ありますもんねえ。

 アルファー波出ることが、また一つ見つかったっていうのは、ラッキーなことかも。
by glass-fish | 2013-03-30 20:56 | その他のタワゴト

今年も、実演をやります

 ふく蔵さんで、とんぼ玉作品展を開催中です。
 ふく蔵作品展案内のブログ

 水曜日は、KCC三宮の、木曜日は、KCC加古川の、教室の日でした。
 その間、ふく蔵さんへは行けなかったのですが。
 加古川の生徒さんの中には、もう、行っていただいた方が。
 ありがとうございます。

 さて、明日は。
 どうも、3個作っていたカトレア玉が、2個売れたらしく、明日は、1~2個追加生産できたらなあと思っています。
 できれば、土曜日に、持って行きたいです。

 その合間に、ふく蔵さんに、ちょっとだけ行きます。
 バーナーと、机と、そのほかこまごましたものを、明日、運び込んでおきます。

 今年も、土日の在廊時間内に何度か、実演をやろうと思っています。
 生徒さんのお友達も、説明だけでは分からないと、おっしゃってたそうで。
 そうそう。
 百聞は一見に如かず。

 実は、去年は、一式運び込んでおいて、あまり実演をしませんでした。
 ちょっと、バーナーが不調だったためで。
 調整すると、直りましたが、やけにススが出て、テンションが下がってしまいまして。(^^;
 今年は、大丈夫!
 きっと。

 生徒さんたちの作品も、盛りだくさん。
 新しいパターンのものも、登場しています。
 ちなみに、「触らないでください」と、厳重に書いたキノコは、バーナーブローなんですよ!
 キノコの傘のところが、かぽっと取れて、足の部分に、何か入れられそうです。
 ↑って、教室で何か伝授したほどでもなく、ほぼ独学で作られてたんですよ
 他にもいろいろ。
 実際に見てのお楽しみってことで。

 よろしければ、ふく蔵の作品展、いらして下さい。
 ふく蔵ホームページ
 この土日は、桜には、まだ早そうですが。
by glass-fish | 2013-03-29 02:37 | 作品展、イベント

予約してきました!

 今日は、ふく蔵さんでの作品展の初日でした。
 ふく蔵作品展案内のブログ

 昨日の晩、必死で作ったチラシですが。
 教室の生徒募集チラシ、ザ・モールKCCの午後のクラスの時間を間違えていたり。
 小野教室の表の文章の一部が、改行していてヘンテコだったり。
 そんなばたばたながら、チラシも無事、置いて来まして。

 昨日は、搬入でドタバタだったので、視界の隅っこに入っていた案内を、今日じっくり見て。
 急ぎ予約しました。
 予約したのは、これ!

 そう、どぶろく。
 なんと、今年最後の出荷は、明日、27日!
 ↑私は、29日(金)に行って、受け取る予定です

 間に合った!(TT)

 去年は、完売して、すっかり過去の話になってから、ネットショップを見に行って気づいて、がっくりしたんでした。
 どぶろく。

 米麹と新米だけで作った、ということで、詳しくはわからないのですが。
 子供のころ、おばあちゃんが、婦人会で米麹を注文しておいて、ウチのお米をおかゆにして、粗熱を取った物を、混ぜ混ぜし。
 5キロのプロパンガスのボンベの本体くらいのサイズの(すごい例え)、陶器の甕に入れ、甕の口にナイロン袋をかぶせて、紐でぐるぐる巻きにして、余分な空気が入り込まないようにした後、ナイロンの上から、甕の陶製の蓋を乗せ。
 それを温かい縁側で置いて、ころあいにナイロンの上から確認。
 まだだったらさらに待ち。
 そして出来上がるのが、「甘酒」でした。

 そんなこんなで、大きくなって、都会っ子の友人が、酒粕に砂糖を入れてお湯で溶いたものを甘酒と呼んでいたことに、衝撃を受けました。
 それは、違うで。
 ぱちもんやで!

 そのおばあちゃんの甘酒は、程よい発酵で、お米のでんぷんが分解されて、少し糖に変わり、ほんのり甘い飲み物ですが。
 さらに発酵が進むと、アルコールが出てきてしまいます。
 なので、頃合いに、大きな鍋に入れて、沸かしてしまいます。
 沸かすと、生の時のフレッシュな風味からは、ちょっと変わるのですが、生の時も、沸かした後も、結構おいしいというものでした。
 たま~に、沸かす時期を外して、ドロドロだったのが少しサラサラし始めたころ、酸味と炭酸のしゅわっとした味がして・・・・・(^^;
 あ、密造酒・・・・・・・(^^;
 その状態を、どぶろくの一歩手前と、言ってました。

 そんな懐かしい甘酒の思い出。

 どぶろく完売しましたを、見つけた時には、ホンマに悔しかったのですが。
 一年経つと忘れてまして。
 ふく蔵さんに行って、思い出しましたとさ。

 本当の甘酒は・・・・・・という話は、金曜夕方の毎日放送のラジオ番組でレギュラーだった大桃美代子さんも、力説してました。
 良いぞ!もっと言え~!

 というわけで。
 明日から出荷が始まる、どぶろく。
 今なら、まだ在庫があるかも。
 おひとつ、いかがですか?

 あ、何か別の回し者になっている。

 そうそう、2階レストランのお食事も、お勧めです。

 またまた、回し者。

 そんなこんなで。
 ふく蔵さんでのとんぼ玉作品展、4月7日(日)までです。
 ふく蔵ホームページ
 よろしくおねがいします。(^^)
by glass-fish | 2013-03-26 22:23 | 作品展、イベント

搬入してきました

 25日(月)に、ふく蔵に搬入してきました。
 それはもう、昨日のこと・・・・・・(TT)
 ふく蔵作品展案内のブログ

 さっきまで、教室生徒募集と、フュージング体験のチラシを作ってました。
 なんか、左右の空欄のバランスが悪い。
 などなど・・・・・・もう、見ないことにします。

 明日(というか、もう今日ですね)、初日の26日(火)は、朝一に、在廊します。
 というか、チラシ持って行ったり、並べ方が雑なところを直したりします。

 在廊は、3月30日(土)、31日(日)、4月6日(土)7日(日)の、11時~14時くらい。
 最終日は、17時までいて、その後、搬出です。


 ふく蔵ホームページ
 搬入の後、時間が遅かったので、酒饅頭は売切れてました。(TT)
 今年は、原酒で漬けた梅酒というのを、買おうと思います。
 ちょうど桜の季節になりそうなので、フラワーセンターでのお花見と一緒に、ふく蔵さんの2階で、お食事もぜひ!


 みなさま、よろしければ、ぜひ、いらして下さい。
by glass-fish | 2013-03-26 02:52 | 作品展、イベント

いたた・・・・・・

 腰が痛いです。

 今日も、チョーカーづくりでした。
 とんぼ玉とガラスアクセサリー展。

 とんぼ玉とチョーカー展状態です。
 毎年ですけど。(^^;
 4個だけ、ピンブローチにしました。

 弟の方は、ストラップなんかも作っています。
 指輪も、3個作っていました。
 それよりも、弟のチョーカー、かなりかわいいのがあります。
 何ぶん、大きいアクセサリーがピンと来ないといっているだけあって、小ぶりで軽くてつけやすく、そして、かわいいです。
 反応が良かったら、沖縄にも出したいそうです。

 あ、画像、撮る余裕がありませんでした。


 話は変わりますが。
 ランちゃんの散歩で、見つけられなかった春の七草の最後の一個、ホトケノザ(コオニタビラコ)の、黄色い花がたくさん咲いています。
 ああ、やっぱり。
 ありふれたものだったんだ。
 そうでなかったら、食用として、用いられることはないよねえ。

 ただ、セリ、ゴギョウ、ホトケノザは、探さないと分からなかった。
 それは、農道の脇に生えていないから。
 ちょっと、畦道に踏み込んだり、湿気の多い田圃に踏み込んだり、そういう場所に生えるから。

 七草をきっかけに、野の草にちょっと興味が出てきて以来、草を見るのが楽しいです。
 今は、花がいっぱい咲きはじめたし。
 今日のように肌寒い日は、風向きの関係なのか、空気がクリアです。
 冬毛のままのランちゃんも、少し寒い方が、快適そうです。
 こういう日が、たまにあっても良いなあ。

 あ、いたた・・・・・・(^^;
by glass-fish | 2013-03-22 02:14 | とんぼ玉・ガラス

お休みします

 今月の東寺の弘法市、お休みします。

 書くのが遅くなってしまいました。
 一か月前に、早々書いていたくせに・・・・・(^^;

 今、肩腰バリバリで、とんぼ玉をチョーカーに組んでいます。
 ああ。
 まだまだあるし、金曜日には、タグ付けしないといけないし。
 土日教室で、月曜搬入です。

 早く、マッサージに行きたいです。
 ↑おいおい

 来月は、がんばって、東寺さんに行きますので、よろしくお願いいたします。
by glass-fish | 2013-03-20 23:52 | 対面販売、手作り市、弘法市

そうだったのか・・・・・・

 先日、三宮KCCでは、銀箔の玉を作りました。

 発色がよくわかるように、暗めの透明を地玉に巻きまして。
 地玉の色が、銀箔とどんな反応をするのか、はっきりわからないため、とりあえず、鉛ガラスのクリアを薄く表面に塗って、均します。
 そして、銀箔と反応すると、緑色になる金赤を、適当な模様になるように、クリアの上に乗せて均します。
 そのあと銀箔を巻き・・・・・・
 以下、細かいところは省略。

 銀箔の玉を作るときには、2つの説明が必要です。
 「還元」と、「コロイド発色」です。

 銀箔を地玉に巻いた後、しっかり密着させて、そのあとしっかりと酸化炎で焼くと、銀箔は、ガラスに溶け込んで見えなくなります。
 たとえば、この時に、空気が少ない還元炎に入れると、銀色の光沢が戻ります。
 銀箔の時、金属状態だった銀は、酸化されて、銀イオンになります。
 この銀イオンが、還元炎で焼かれることで、還元されて、金属状態に戻ります。
 で、銀色が見える。

 さて、銀箔の発色、このメタリックな色もきれいなのですが。
 個人的には、もう一つの発色の方が、好きです。
 それは、「コロイド発色」。

 ガラスに溶け込んだ銀は、うまくコントロールすると、コロイドという状態の微粒子になります。
 ジワジワと焼くと、コロイドは、少しずつ、大きく成長します。
 このコロイドの粒子のサイズによって、違った色に見えます。
 最初は、青、次には、緑、そして、黄色、黄土色。
 焼きすぎると、最後には、黄土色になってしまいます。
 そのため、ガラスの世界では、黄土色になることは、あまり好まれないようです。

 サタケガラスとエアバーナーで作業するとき、青や緑の状態は、ごく短く、すぐに、黄色や黄土色になってしまいます。
 なので、青や緑が効果的に発色した状態で止めて、玉が完成したら、大成功!って気分になります。
 あ、でも。
 日本人は、この黄土色も、好きな人が多いです。
 渋い発色になりますもんね。


 と、そんなコロイドですが。
 高校の化学の時間に聞いたよねえって思う。
 コロイド溶液に、ライトを当てると、光跡が、くっきりと見える。
 ↑チンダル現象というようです
 普通に溶けた溶液の状態では、光跡は見えません。
 コロイドは、単体の分子や、原子よりも、大きな粒子で、それが、水の中などに浮かんでいる状態らしいです。
 なんとなく、そのくらいの理解しかしてなかったんですが。

 三宮クラスの生徒さんが、化学分野のお仕事をされていた人なんです。
 で、初めて知った、銀コロイドの真実。
 って、化学分野の人にとっては、常識なんでしょうか?(^^;

 で、その驚きの事実を、ブログに書こうとして。
 ふと、一般的なコロイドって、何だっけかなと思って、ネットで調べてみました。

 「コロイドは、一方が微小な液滴あるいは微粒子を形成し(分散相)、他方に分散した2組の相から構成された物質状態である」

 まだ、こんな書き方は、やさしい方です。
 2つの相があって、一方の相が、もう一方の相の中で、分散して浮いている状態、みたいな、なんかの問答みたいな書き方になった物もあって。
 混乱して、書くのをやめました。

 ランちゃんの散歩中に、ああ、そういうことかって、なんとなく飲み込めたので、ブログに書くことにしました。


 三宮教室で・・・・・・
 「え?とすると、銀コロイドというのは、銀の原子同士は、金属結合で化学的に結合しているんですか?」
 「そうです。」

 そうだったのか・・・・・・

 初めて知った、銀コロイドの真実でした。


 銀コロイドの模式図は、Agと書かれた球体が、寄り集まっている図だったりします。
 でも、もや~っとしてたんですよね。
 寄り集まってるって、何なん?
 と、そのもや~っとを、その生徒さんに聞いてみたんです。
 で、知ってしまった、金属結合。

 ということは、銀コロイドの粒子というのは、銀単体の状態ではなくて、金属状態の銀の塊なんです。
 その粒子が、うんとうんと小さい。
 めっちゃ大きいのが、銀箔だったり、銀の板だったりするわけですが。
 銀コロイドというのは、そういう微粒子が、ガラスの中に、分散して浮かんだようになって、たくさんある状態。
 で、この粒子に光が当たると、銀コロイドの粒子が、吸収しやすい波長は吸収されて、吸収されなかった色が、発色として見えるのです。

 そうだったのか・・・・・・銀コロイド。 



 ああ、そしたら。
 新たな疑問が湧いてきます。

 マヨネーズもコロイドってことです。
 油が、水の中に浮いているのか、水が、油の中に浮いているんだか。
 この水と油をつなぐものは、親水基と親油基を持った界面活性剤の働きをするものによるというのは聞いたことがあって、なんか、そういうイメージで、腑に落ちます。

 だったら、小さな金属の塊の粒子の一番外側は、どうなってるのん?
 どうやって、ガラスの中に分散されているのん?
 いやさ。
 還元して、メタリックになった時に、金属状態になったから光るんだと思っていたけど。
 コロイド粒子だって、内側は、金属状態なのに、メタリックじゃないんだね。
 そもそも、メタリックな光沢って、光がどういう風に通ってくるから、メタリックなん?
 とんぼ玉の表面に、ごくうっすらと戻って来たメタリックな光沢は、銀によるものとすると、玉の表面の薄い銀は、一面で、お互いに金属結合をしているってことなん?

 ああ・・・・・・謎が深まってしまった。(TT)



 ま、でも。
 色を出すためには、作業工程が理解できていれば、コントロールできるというものです。
 でもなあ。
 メカニズムが分かったら、もっと、ビミョーなコントロールができそうな気がします。


 ところで。
 一つの相が、もう一つの相に分散されて浮かんでいる状態。
 だとしたら、宝石のオパールの遊色も、コロイドによる物ってことになる。
 ああ、だから。
 銀箔のコロイド発色に惹かれるんだね。
 ホンマに、ビョーキなくらい、オパール好きなもんで・・・・・・(^^;


 そんなこんなで。
 ブルー~グリーン~イエローのグラデーションにうっとりしつつ、今日もまた、銀箔の玉を作っていました。
 今日作っていた玉、めっちゃ好きな感じです。
 多くの人が好きなパターンかどうかはわかりませんが。
 出来上がりの3ミリ幅、1センチ長さくらいのグラデーションに、うっとりしてしまいました。
 そこか?って感じですが。
 「そこ」なのが、私だけやったらどうしよう。(^^;
by glass-fish | 2013-03-17 23:52 | ガラスのウンチク

作品展

 作品展のお知らせです。

 「多鹿由美 多鹿和広 とんぼ玉とガラスアクセサリー展 2013」が、間もなく始まります。

 会期は、2013年3月26日(火)~4月7日(日)です。

 平日 10時~18時
 土日祝 10時~21時
       最終日は、17時まで

 場所  ふく蔵(ふくぐら)
      兵庫県加西市三口1048
      (富久錦酒造の敷地内です)

a0163516_23342616.jpg


 作品 左:多鹿由美「ラフレシアとキヌガサダケ」  右:多鹿和広「金魚」

 金魚の真ん中にいるのは、新しいムリーニの、「タンチョウ」という金魚です


a0163516_23394339.jpg


 ↑生徒作品展同時開催です

a0163516_23394960.jpg


 国道372号線の、「三口西」と「三口」の信号の間にあります。
 道沿いに、「ふく蔵」と矢印の入った看板が出ています。


 地図ですが・・・・・・私にはちょっとわかりづらかったです。
 そうか・・・・・道なりに、372号をまっすぐ走っているつもりなので、こんなにくねくねまがっている意識があんまりなかったです。(^^;

 姫路駅前から、めっちゃ本数の少ないバスが出ていて、ふく蔵さんのすぐそばにバス停があるそうです。
 電車では、JR神戸線の加古川駅で、西脇市行きに乗り換え、粟生駅で北条鉄道に乗り換え、「法華口」駅下車。
 駅からは、ヒールでは歩くのがちょっとしんどい距離ですが・・・・・・無事来られることを、お祈りしております。(^^;
 基本的には、車が便利です。

 みなさま、ぜひ、いらしてくださいませ。
by glass-fish | 2013-03-10 23:54 | お知らせ(展示会等)