人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

あれこれ

 今日は、ほぼお休みでした。
 ちょっと、睡眠不足気味だったので、最小限の用事をして、あとはだらだら。
 もったいないような気もしつつ。
 そうさ。
 敢えて何もしないって、きっと贅沢なのさ、と、自分に言い聞かせる。

 そうそう。
 けっこう長く来てくれていた生徒さん、結婚のため、ほんとに遠方に行ってしまうので、月曜が、最後の教室でした。
 寂しいです。
 湿っぽくなってもなあと思ったので、あんまりそういうことは言わなかったのですが。
 いや、マジで寂しい。
 結婚で遠くに行くのを消極的になっていた彼女を、私ともう一人の生徒さんで、行け行けと焚き付けたのは、去年のこと。
 おうちで物作りをするのがお仕事なので、パート先で友達できるとかがないのが、ちょっと心配ですが。
 人懐っこいところがあったので、きっと大丈夫さ、とか思う。
 物作りの集中力があって、まじめで、素直で、カワイイやつだったのさ。
 日々、穏やかに、笑って暮らせますように。

 焚き付けたもう一人。
 そっちは、全然遠方ではないけど。
 近くに嫁入りの予定なのに、なんだかのんびりしている。
 良いのか?
 まあ、良いのか。

 こうして、出会いあり、分かれありの教室なのですが。

 生活の基盤が、ご近所で出来上がっているので、この分なら、ずっと来てくれそうな気がする、そんな人たちもいます。
 寂しくなるから、ずっと来てね。



 話は全然変わりますが。
 先日、ライトボックスと、偏光板を、引っ張り出して来ました。
 これで、歪が見えるのだ!
 いやしかし。
 見えたと言っても、良いんだか悪いんだか、さっぱり分かりません。

 もともとは、これで、立体などを作った時に、どこまでやっていたら割れないのか、可視化できないもんかと、淡い期待をしていたのですが・・・・・・


 そうそう。
 「ストレス」という単語は、もともと、物理学の用語です。
 日本語で、応力。
 ガラスみたいな物質の中に、押し合ったり引っ張り合ったりする力が生じる、その力のことで。
 単位は、ニュートンパー平方メートル。
 正確には、その大きさの力がどっち向きに働くという、向きを含めた数値です。
 ↑ネットで調べた

 偏光板を使って、この応力を、見ることができるはずなのですが。

 応力というのは、大学生の頃、材料力学の授業で聞いた。
 が、材料力学は、卒業に必要がなかったので、2回しか出席しなかったので、良くわからない。
 あれ?
 ちゃんと授業を受けておくべきだったか?
 いやいや。

 で、この話を、ある生徒さんに聞いてみた。
 高校の学年では、4学年くらい上になる人なんだけど。
 「ああ、物理の授業で聞きました」
 え?
 私たちから、「理科Ⅰ」世代で、その前の人たちと、カリキュラムが大幅に変更された年だったはず。
 その前の人たちは、理系さんなら、物理専攻でなくても、高校時代に、応力という話を、聞いていたんですってさ。
 私、大学のしかも、必須でない科目で、やっと聞きました。
 むむ。
 損した気分?

 それにしても。
 偏光板を使って、歪を見る。
 これで、割れそうかどうか、もっと分かれば良いのに。
 分からない。
 余裕があれば、いろいろ実験してみようかとも思ったけど。
 余裕がなかったりして。

 そんなこんなで。
 立体を作るとき、どこまでやっていれば、まあ割れないだろうと安心できるのか?
 その疑問は、なんとなく、もっと直感的な感覚に頼るしかなさそうな感じで。
 ちぇ。

 立体を作るとき、どこまでやっていたら割れないのか?
 その辺も、自分なりに感じているところを、ブログで書いてみたいのですが。
 それも、感覚的なお話にしかならないのか?
 もうちょっと、どう書くか悩んでみます。(^^;
by glass-fish | 2013-06-25 22:38 | とんぼ玉・ガラス

ありがとうございました

 嵐の予感の弘法市、無事、終了しました。(TT)
 お越しいただいたみなさま、お買い上げいただいたみなさま、本当に、ありがとうございました。

 パンダダルマハゼの玉、お買い上げありがとうございました。
 ぜひ、実物も、ごらんになってくださいね。
 地味なやつですが、かわいいんです。

 金魚のペーパーウェイト、お買い上げ、ありがとうございました。
 すぐに形になるかどうか分からないって、お伝えしていたのですが、間に合いました。
 これを機に、このタイプの作りで、別のパーツを入れたペーパーウェイトの可能性も、今後探れそうです。  
 またの機会に、京都観光話、お聞かせくださいませ。

 カエルの玉と、カンザシヤドカリの玉のお買い上げ、ありがとうございました。
 3月は、ヘタレにも、お休みしましたが、また来ていただいて、本当にありがとうございました。

 ドラゴンの玉のストラップ、カメちゃん、ジンベエくんのお買い上げ、ありがとうございました。
 とんぼ玉を習い始められたと伺って、なんだかうれしくなりました。
 とんぼ玉、習い事としては、最初はハードルの高いところがありますが、そこが良いんですよね。
 登った者だけが、出会える風景みたいなのと一緒で。

 全部は書ききれませんが、「今日は、アカンで」と、いつも以上にマイナス思考で出掛けたのに、いろいろ買って戴けて、感謝、感謝です。

 他のお客様がおっしゃっていたように、今日は、外人さん比率が高かったです。
 あと、遠方の方の比率も。
 そう、予定が入っていたから、ちょっとやそっとじゃ、予定変更なんかはしないわよ!という方が、多かったんだと見受けました。
 お近くの方だと、また、お天気の良い日にしようかって、予定変更しやすいから。
 カリフォルニアからいらした方々も、スイスからいらした方々も、Thank you very much!です。

 それから、出店業者さんが少なかった。
 台風で、数店舗しか出てなかったとある9月、せっかく来たから何か買おうっていうんで、ドライフルーツがバカ売れしたといううわさを聞きましたが。
 なんか、うちも、一見さんが、いつもより、たくさん覗いて行って下さった気がします。
 なんか、棚から牡丹餅?
 ありがたや~!

 しかも、心配した風が、なんだか穏やかで。
 屋台が倒れる心配もなく。
 雨も、台風と関係ない普通の雨くらいでした。
 で、返って、晴れて暑さで消耗することがなかったので、むしろ、ありがたかったです。
 埃も立たなかったし。
 がんばって、出掛けてよかった。
 それもこれも、Tさんのお陰です。(^^)

 また、来月も頑張ります。
 ありがとうございました。



 さて。
 帰りは、弟は車で。
 私は、電車で、大阪へ寄り道。
 久しぶりに、谷町線に乗って、なんだかなつかしかったです。

 ギャラリーKUさんへ、お邪魔しました。
 グループ展を拝見して、いろいろお話もできて、楽しかったです。
 ありがとうございました。



 その後、谷町線を引き返し、東梅田駅で降りて、阪急梅田駅へ向かったのですが。
 阪急百貨店の前を通りかかった時、やはり素通りできませんでした。
 ご案内をいただいていた、阪急の9階で開催中の上村由希さんの作品展を見に行きました。
 実物を拝見できるのは、やっぱりいいです。
 タイミングが合うときが少ないので、ラッキーでした。

 そしたら、向かいのスペースでは、おしゃれ工房でめっちゃ素敵だと思って本まで買ってしまったキルト作家の斉藤遥子さんの大きなキルト作品が、展示されていて。
 めっちゃ素敵で、ずうずうしくも、ずんずん入って行って、拝見しました。

 そう。
 エレベーターを降りたとき、上村さんの作品よりエレベーターに近いところに展示されていて気になった、もう一方のガラス作品も、拝見しました。
 すごいです。

 佐々木伸佳さんの吹きガラス作品。
 私の乏しい吹きガラスの知識からすると、ベネチアンの吹き方です。きっと。
 めっちゃ繊細で薄吹き。
 それと、伝統的な、レース文様。
 それに、同心円のような模様の、ムリーニ文様という表現。
 以前、小樽の北一硝子のベネチアングラスの美術館で見たような、レース文様杯。
 レースグラスを作るのは、伝統的なものなので、見たことはあるのですが。
 全然、狂いやゆがみがないんです。
 その内容なのに、買えるお値段の物がいろいろ。
 ↑私は買えないけど、OL時代の私なら買えたくらい
 ぐらっと来たのは、レース文様のゴブレット(ちょっと大ぶりのコップですね)が、1個、10500円。
 1個、記念に欲しかったです。


 でも、見いていると疑問がいろいろ。
 で、作家さんが在廊されていたので、ぶしつけとは思いつつも、聞いてみました。
 ガラスは、三徳の国産ガラスで、白は、2年ほど前に発売になった海外メーカーの濃くてかたくてにじまない白なんだそうです。
 ↑ここに書いていいかわからなかったので、ぼかした書き方ですみません
 やはり。
 ベネチアンの本物より、線が純白。

 伝統的な柄以外にも、線を生かした図柄がいろいろあったのですが、どうやって作ってるか、全然わからない、楽しく困惑できる図柄もあって、本当に見飽きません。
 近かったらまた行きたいですが。

 Sさん、ゴブレット、おひとついかがですか?
 ↑なぜか、弟の生徒さんを名指しするやつ(^^;
 あれで、麦茶や、ジュースや、ビールを飲んだら、ちょっとぜいたくな気分の夏になりそうな気がする。

 そんなこんな、盛りだくさんな一日で、すでに、脳ミソが、オーバーフロー気味です。
 帰りの電車で、いろいろ考えていたのですが。
 興奮で、目がランランとさえてました。
 あ、でも、今日考えたかったことは、疲れてない日に、ゆっくり考えます。
 ↑ガラスオタク話
by glass-fish | 2013-06-22 00:09 | 対面販売、手作り市、弘法市

準備中

 東寺さん行き、準備中です。
 台風の位置を見ると、まあ、行けそうかな。

 とりあえず、東寺さんへは行って、中へ入って。
 様子を見ます。

 お急ぎの御用の場合は、携帯へ、お電話ください。
 ↑お伝えしている方だけですが(^^;

 今日、パンダダルマハゼが、無事、電気炉から出てきました。
 弟は、今日、2個目の平たいペーパーウェイトを作っていました。
 こちらは、徐冷を始めるのが早かったので、4時ごろで、300℃以下まで下がってました。
 私のは、今頃、300℃以下ってところでしょうか。

 あ、私が今日作ったのは、ヤドカリくん。
 ヤドカリくんと一緒に入れるパーツは、以前に作っていたものがあったので、ヤドカリくんだけ、追加で作りました。
 昨日、1匹、今日、1匹。
 貝のおうちから、ちょこっと、出ているやつ。
 なんだか、ヤドカリくんだけの時は、小さめにできて。
 やった~!!!!
 しかも、ちょっと、オトコマエやん!!
 って、思ったのに。
 玉にしたら、巨大化しました。
 何故?
 そんなヤドカリくん玉2個も、明日の早朝、仕事場で取り出してきて、持って行きます。

 東寺さんに来られる予定の方々、くれぐれも無理の無いよう、お気をつけて、お越しくださいませ!
by glass-fish | 2013-06-20 21:16 | 対面販売、手作り市、弘法市

雨降ってますが・・・・・・

 台風来てるやん!(TT)

 今日、パンダダルマハゼの玉を作りました。
 で、今まで、ちょっとした脇役に入れていたあるものも、ちょっとリニューアルしました。
 今、3個が、電気炉の中で徐冷中です。

 弟は、デメキンのムリーニを作り直してました。
 ヒレがもうちょっと大きい方が良かったんだって。
 で、金魚のペーパーウェイトを作ってました。
 他にも、小ぶりのを、あれこれ作ってました。

 さて、明日一日。
 私は何を作ろうか考え中です。

 しかし・・・・・・台風が。
 とりあえず、21日の午後から、関西に接近ということで、午前中だけだったら・・・・・・・
 ってことで、今のところは、行く予定です。

 ランちゃんの散歩で濡らした雨カッパ、乾かしておかねば!
by glass-fish | 2013-06-19 21:29 | 対面販売、手作り市、弘法市

明後日から・・・・・・?

 昨日と今日のニュースを見て、ここ数年、私の睡眠の質が悪いのは、寝る前のパソコンじゃないかってことで、パソコンの時間を見直すことにしたのですが。
 今日は、帰宅時間が遅くなったので、結局、こんな時間にパソコン開いてます。
 明日も、おそくなりそうなので。
 明後日から!
 ↑ホンマか?(^^;

 今日、KCC三宮の後で、とんぼ玉ミュージアムに寄って、海外の作家さんの作品展を見てきました。
 前から大好きだった作家さんの作品の実物が見られるので、期待大!
 やっぱり、エエなあ。
 非売品、欲しかった!
 非売品以外も、欲しかった!
 あ、ウチの生徒さんに評判が良かった眼鏡をかけた女の子のビーズ、水色のメガネの子は非売品でしたが、眼鏡の子、買えるのもありました。
 7000円也!予算的にも、買えるやん!

 そのあと、かばん屋さんを求めて、元町の方まで歩きましたが。
 阪神電車元町駅西口と表示があるあたりで、お店がほとんど閉まり始めた。
 そうか、もう7時。
 元町って、早いのね。
 2週間後には、とんぼ玉ミュージアムに寄らずに、元町へバッグ探しに行くことにしました。

 ちょっと歩いただけで、欲しいなあと思うのがありました。
 ただ・・・・・・
 私の場合、めっちゃ丈夫!という条件が付くと、買うときには慎重になってしまいます。
 今度は、花隈駅のあたりまで歩けると良いなあ。

 帰りに寄り道するのが億劫だったのですが、たまに寄り道するのは、楽しいです。
by glass-fish | 2013-06-12 23:15 | 日常

飛んでます

 この頃の、ランちゃんの散歩は、夕暮れ時が多いです。
 で、結構な頻度で、蛍を見に行きました。

a0163516_23365157.jpg


a0163516_2337490.jpg


 がんばって撮ってみましたが・・・・・・
 手前の方のしか、写ってません。
 しかも、バラバラのタイミングで明滅しているので、タイミングを合わせないと、まったく映らないし。
 これでも、がんばって、手前のがいくらか光っている状態で、やっとこれだけ。
 実際には、もっともっと、 たくさん飛んでます。

 土曜日は、見やすい通勤通学路の橋の上に、見物の人もけっこうたくさん。
 見物人同士で、「もっと奥はすごいよ」「奥って、どこですか?」とか、話しています。
 この景色のもっと先で、川べりから見られる場所のことのようです。
 奥というのは、私とランちゃんの、いつもの定番ポイントです。
 外灯ないし。
 いつも、私とランちゃんだけの貸切状態です。
 川べりに近づけるので、至近距離から見られますが。
 さすがに、近づくと、蛍が警戒して、遠ざかってしまいます。

 その日、一回りして、元の橋に戻ってきたら、奥ってどこですか?って聞いていた、高校生カップルが、橋の上に戻ってきていました。
 「奥」は、草叢が多くて、行くのをあきらめたようなのですが。
 時刻は、9時ごろ。
 一般的には、ピークの時間を、だいぶ過ぎたころ。
 「あれ?さっきよりすごいっすね。」
 と、男子高校生。
 「ほんまや。今日、すごいね。奥っていうてはったとこ、さっき通って来たけど、今日は、ここからの方が多いわ。」
 「ほんまですか?」
 「うん、多い。」
 見物人が少ない方が、蛍も出やすいらしい。

 橋の上からは、川がずっと先まで見渡せるので、橋のそばから、ずっと景色の奥の方まで見えてます。
 景色の向こうの方へ、徐々に小さく見えながら、闇に消える、そんな感じで。
 すごい数でした。

 ああ、カメラじゃ撮れないなあ。
 この無数の光の点が、ランダムに明滅する感じ。

 この川に、蛍が復活して、10年くらいになるでしょうか。
 市内の下水が完備し終わって、生活排水が流れ込まなくなってからだから。
 年々増えたかと思うと、ある年は、ピークの前に大雨が降って、流れてしまって全然だったり、大雨で崩れた川の土手を工事しているせいか、とても少ない年もあったり。
 でも今年は、かなり多いです。
 日曜午後クラスの人たちと見に行った数年前に匹敵するくらい。
 あの橋の上からの数で言えば、今までで一番多いくらい。

 まだもうしばらくは、楽しめそうです。
by glass-fish | 2013-06-10 23:55 | 日常

ファイヤーポリッシュ

 フュージング体験の作品、穴あけ作業の後、低温で、仕上げの焼きをしました。
 ガラスとしての加工は、すべて終了!

 仕上げ焼きが必要なかった方の分も、同時に、アクセサリーにセット開始です。
 遅くなってて、すみません。

 教室時にお渡しという方が多いので、小野教室に8日(土)に来られる人の分は、できるものは終わった。
 あとは、明日、現場でボンド付の予定です。
 ちょっと、聞かないとわからないところもあるので。(^^;

 日曜クラスの人へのお渡し分は・・・・・聞かないとわからないというものが特になかったので・・・・・・
 どれが、チョーカーになっているかは、お楽しみってことで。
by glass-fish | 2013-06-08 00:54 | とんぼ玉・ガラス

穴あけ作業

 フュージング体験の作品あれこれ、一通り、一回目の焼きは終わりました。

 そのうち、穴あけ作業が必要なものに穴をあけました。
 高温で焼いたもので、裏面の焼き付きが気になる物の、裏側を、研磨機の粗目のパッドで擦りました。
 などなど。
 ちょっと加工をしました。

 2回目の焼きで、ファイヤーポリッシュが必要なものは、明日には、焼こうと思います。
 焼きあがったら、ペンダントなどになります。
 もうしばらく、お待ちください。
by glass-fish | 2013-06-05 21:29 | とんぼ玉・ガラス

レアで!

 さて、怒涛のフュージング体験の2日目も、無事終わり。
 焼きあがった物も多数。

 あといくつか焼くものが残っていて、すでに焼けたものに穴あけ加工などをして、もう一回焼く物などがあったり。

 「じゃ、これは?」
 「レアで!」
 ↑ステーキか!?

 以下、1日目の体験のを、ミディアムで焼いたものの画像と、2日目の体験のをミディアムで焼いたものの画像です。
 レアと、ウェルダンの焼きあがりの物は、また別の棚板に乗っかっています。
 ↑ステーキやないで!


a0163516_0514411.jpg


a0163516_05228.jpg


 皆さんのイメージを聞いておいて、焼き方は、3段階選べるようにしました。
 注)フュージングでは、実際には、レアとか、ウェルダンとか、言いません(^^;


 初日も、ガッツリ、ダイヤモンドホイールカッターで、傷をつけてパキッと割ってもらったのですが。
 それでも、なかなか、体験を越えた域だと思ったのですが。
 2日目、ついに、10年ぶりくらいに、トーラス社のリングソー(木を切る糸鋸のガラス版みたいな機械)が登場しまして。
 より自由な輪郭可、で、インコたちやクサフグ君も、焼きあがりました。


 やっぱり、みなさん、やる気満々!
 少しハードルが高いかなあと思えるものでも、私や弟に単純にお任せではなくて、自分でやってみようっていう空気感、十分でした。
 ほんと、面白かったです。

 みなさま、お疲れ様でした。
 きっと、明日には、握力がなくなっている人が数人いることでしょう!

 焼き上がりが、アクセサリーなどに仕上がったら、お届けできますので、お楽しみに!
 本当に参加いただき、ありがとうございました。
 またやります!
by glass-fish | 2013-06-03 00:54 | とんぼ玉・ガラス

フュージング体験、初日!

 ワクワクドキドキの、初!フュージング体験を、開催しました!

 みなさん、まず、フュージングって、どんなことをするのか、ガラスを重ねあわせて焼いてくっつけるといっても、具体的にどんな感じのものができるのか、その説明を聞いて、初めて、デザインを考えます。
 最初は、ゼロから。

 それに、私と弟の方も、どこまで皆さんにやってもらって、どこから私たちがお手伝いするのか、その辺のところも、まったく初めて。
 とりあえず、ダイヤモンドカッター(ダイヤモンドホイールカッター)で、ガラスに傷をつけ、傷に沿ってパキッと割るというのも、ちょっとだけ体験してもらっても良いかなあという予定でした。
 いえ、その前に、端っこが切りっぱなしの板ガラスを、どうやって持ったら、手が切れないか、そういうところから、まったく初めてなのです。

 こわごわ、ガラスに傷をつけ・・・・・・・

 少し慣れると、みなさん、自力でガラスを切って行ってます。
 端っこを少しだけ落とすとかでこぼこがあるところを切るとか、やりにくいところは、私と弟が、切って。
 普通に切れるところは、どんどん、自力でカット。
 あれ~、これは、想像以上に、楽ちんかも。(^^)

 これで、棚板に離型剤を塗り付けて、乾かすところができたら、おうちに電気炉とガラスカッターなどがあったら、ちょっとしたものなら作れちゃうかも。
 ↑そうそう、今は、離型シートとかペーパーとかあるし、棚板を塗らなくても、大丈夫だ

 4個作るのは、なかなか時間がかかりました。
 みなさん、次の体験があったら、その時は、家でデザインを考えてから来られるって、おっしゃってました。
 うんうん。
 またやりましょう!

 体験というには、みなさんの本気度が、体験以上の体験でした。

 あ、電気炉で焼いて、焼け具合を確認するために明けた時の画像とか、撮っておいて、速報で、画像を乗せたらよかった。
 ↑気づくのが遅い!

 ほんとにいろいろきれいなのができていて、私や弟のマンネリ化した発想とは違うものができてきて、私たちも、良い刺激をもらえましたよ。
 焼き上がりをお楽しみに!

※皆さんのフュージング体験中の画像をアップしようとしたら、なんだかうまく行かなかったので、断念しました
 残念。(TT)
by glass-fish | 2013-06-01 23:18 | とんぼ玉・ガラス