人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

花見

 今日の、ランちゃんの散歩は、お花見に行くことにしました。

 と、その前に。
 昨日、藪の傍に、椿が咲いているのを見つけ。
 とある場所の椿を、見に行きました。

 だいぶ終わりかかっているけど、咲いているうちに、今年は会えました。

a0163516_2333157.jpg


 すぐ北側のお家、道が広くなる前には、この場所に元の家があったらしく。
 この椿は、きっとそのお庭の椿。
 ちょっとお邪魔して、見せていただきました。
 斑入りの、きれいな椿です。

a0163516_2337621.jpg


 ふと見ると、先祖返りしたらしい花が。
 開いた花と、その下のつぼみが、赤一色。

a0163516_23382152.jpg


 さらに見回すと、こんな色のもありました。
 先祖返りする枝が多いと、いつかは、斑入りじゃなくなっちゃうのかなあ。




 さて。
 今日は、お花見ですよ。
 いつもは行かない、川のずっと下流の公園の桜。

 と、その前に、一旦橋を渡って、白いお花を見に行きました。
 これも、バラ科のお花。
 種類が違う桜でしょうか?
 白いのも、きれいです。

a0163516_23441547.jpg


 そういえば、神戸の灘区だったかに、桜より少し早く、アーモンドの花が咲くんですって。
 そういえば!
 今日から始まった、「花子とアン」ですが。
 アンと言えば、冒頭の、リンゴの花の咲く道を、マシューと馬車で行くシーンが印象的です。
 エエなあ、バラ科。

 橋を渡ってすぐのお家に、ワンコがいました。↓

a0163516_23454748.jpg


 私とランが立っている場所は、川沿いの堤防の上の道。
 ワンコは、堤防より低い場所に建っているお家の裏庭に、放し飼いです。
 お家の経っている場所より、一段高くなっている段差に器用に後ろ足で乗っかって、立ち上がったら、ちょうどここにお顔が。
 鼻が、カワイイ。

a0163516_23481137.jpg


 ランちゃんが気になるようです。
 が、ランちゃんは、最初こそ興味を示したものの、何か、あんまりタイプじゃないのか、結構ドライですよ。

 橋を渡って、元の南側の岸に戻りました。

 対岸から、さっきの白い花の咲く木を、撮りました。↓

a0163516_23502344.jpg


 で、ふと、さっきのお家を見てみると。

a0163516_23505341.jpg


 白いワンコが、まだ、こっちを見てました。(^^)

 そうそう。
 本来の目的の、桜。

a0163516_23544015.jpg


 三分咲きくらいです。
 太陽を背景に、逆光で撮ってみました。
 ソメイヨシノは、花と枝だけなので、葉っぱがある桜よりも、実は、撮りにくい。
 空が明るいと、白い花は、空にとけこんでしまうから。

 ちょっと、東山魁夷さんの「桜月夜」を、意識して、背景に太陽を入れました。

 満足満足。
 満開までに、あと何回か来ようね、ランちゃん。
 ↑ランは、花には全く興味なし
 ↑↑でも、めったに来ない場所の、いろんな生き物の気配に、すごく楽しそうですよ。
by glass-fish | 2014-03-31 23:58 |

2等賞!

 当たってしまいました。

 先日、ふく蔵へ、予約していたどぶろく2本を受け取りに行きましてね。
 1本は、私の。
 もう一本は、頼まれたものなので、私のじゃありません。
 計、5000円。
 「5000円以上お買い上げなので、くじを一回引いてください。」
 「え?あ?す、すみません。」
 なぜか恐縮している私。
 だって~、お仕事でお世話になっている先なのに、くじなんて引いてていいんでしょうか?
 しかも、5000円以上ったって、ホンマに、5000円ジャスト。
 くじ引きで、2週間後から使えるお食事券500円分(残念賞)が当たったら、会期中にお食事する生徒さんに使ってもらえるかも。
 「あ、じゃあ、これ。」
 「おめでとうございます、2等賞です。」

a0163516_22545117.jpg


 ↑生原酒の一升瓶が当たりました。3000円也。
 「え、す、すみません。」
 だって、5000円買って、3000円って、厚かましくない?
 しかも、普通の客じゃなくて、仕事相手。(^^;
 でも、うれしい。(^^)

 一升瓶、3本を下げて、駐車場へ。
 あ、入り口のドア、スタッフの方が、開けてくださいました。
 ウキウキしてたら、おやつを買って帰るのを忘れてました。
 会期が始まったら、買って帰ろうっと。

 どぶろく1本は、ほんとに買った人のところへ、行きまして。
 冷蔵庫に、生原酒、入ってます。
 要冷蔵です。
 飲みきれるだろうか?
 温かくなるまで置いてしまったりしたら、発酵が進んで、糖分が増えて、甘くなるそうで、甘いのは、ツウには受けないんだそうだ。
 がんばろ~!お~!


 おまけ。
 オオイヌフグリが、わっさ~と咲いてます。↓

 
a0163516_2302881.jpg



 仕事場の駐車場で発見。↓

a0163516_231621.jpg


 タンポポ!

 タンポポです。
 しかも、倍体っていうんでしょうか?
 お花が、バゲモノのように、でかいです。というか、花弁?花?の数が、とんでもなくたくさんあります。
 茎の直径も、通常のものの、倍以上あります。
 こわい。(^^;

a0163516_2363898.jpg


 ↑ガクも、撮っておこう。
 あ、撮った時、意識してなかったけど、背景に、ピンボケの工房が斜め向きに写ってる。

a0163516_238029.jpg


 ↑つぼみまで、馬鹿でかいです。
 が、葉っぱは、弱弱しいくらいしか、ありません。
 背景にちょびっとだけ写っている。

 これだけじゃなくて、3株、巨大タンポポがありました。
 なんやろ~?
 変な物を投棄したりしてませんけど・・・・・・
 公害などに弱い植物だとは聞いたけど・・・・・・・

 さらにおまけ。

a0163516_23101234.jpg


 ランちゃんの水遊び場になっている溝の中に、エビ。↑
 いっぱい、泳いでました。
by glass-fish | 2014-03-29 23:10 | 日常

ついに、4冊目

 そう、ついに4冊目の油の本を、読んでしまった。
 「本当は危ない植物油」という本で、2013年5月発行で、結構新しい本です。

 どんなに、しつこい?
 疑問点は、とことん調べたい人だったのです。
 何事につけ、しつこいかというと、興味があることだけだったりしますが。(^^;

 前のブログで、キャノーラ油が、脂肪酸の組成が良さそう?って書いたんですけど。
 4冊目に読んだ本によると。
 脂肪酸の組成が、良いように見えたので、良い動物実験の結果を期待したが、そうはならなかった。
 脂肪酸の組成ではなく、有害な微量成分の影響と考えられるが、ラットの寿命を縮めた、と書かれていた。

 本によると。
 オリーブ油も、キャノーラ油(キャノーラ種の菜種油)も、あんまりお勧めしないそうです。

 ヨーロッパでは、地中海地方の人の方が、山岳地帯の人より、心疾患などが少ないことが知られていて、その理由が、オリーブオイルではないかと言われている。
 それ、聞いたことがあります。
 でも、著者によると、本当は、地中海地方の人は、魚介類の摂取が多いので、EPA、DHAの摂取が多いせいではないか?って、書かれています。

 油の本、最初の一冊は、「サラダ油が脳を殺す」で。
 自分自身のため。
 アルツハイマー型認知症が怖かったからです。
 それによると、リノール酸過剰摂取と、αリノレン酸の摂取不足という、割とシンプルな書き方で、書かれていた。

 2冊目と3冊目は、1冊目を買ったことで、アレルギーとの関連が、書かれていて、そこが知りたくて買ってみた。
 これは、花粉症の身内のため。
 でも、本が古いせいか、アレルギーとの関連は、明確には書かれていなかった。

 4冊目は、2冊目と3冊目を読んで、じゃ、植物油脂の摂取自体を減らして、自分で選ぶ油は、キャノーラ油で落ち着こうかなと思っていたところへ、キャノーラ油は危険と書かれた本が目に入ってしまったため。
 さて。
 4冊目を読んで、なんとなく合点が行き。
 この4冊目、弟と義妹に勧めてみようと思いました。


 今後、私自身が、どうする?と聞かれたら。
 加工食品を買うときに、良く考えることにします。
 炭水化物メインで、それを練って膨らませてある、そして、しっとりふわふわサクサク効果を期待して、油が添加されていて、おいしそうなフレーバーで飾ってあって。
 つまり、糖質と植物油脂メインで、他の栄養素があんまり入ってないような加工食品は、もう、買うのをやめます。
 
 植物油脂と書かれた食べ物を食べないとすると、スナック菓子コーナー、おせんべいコーナー、クッキーコーナー、チョコレートコーナーが、ほぼ、全滅です。
 パンコーナーも、ハードなフランスパン以外、すべて、植物油、ショートニング、マーガリン、ファットスプレッドのどれかが、入ってます。
 レトルト食品も、ほぼアウト。
 いろんな加工食品も。
 もちろん、カレールーだって、マヨネーズだって、アウト。

 原材料名に、植物油脂ではなくて、コーン油、キャノーラ油、大豆油、など、具体的に書いてあると、もうちょっとわかりやすいんだけど。
 たとえば、すべてを除外したいところだけど、たくさん入っているのを避けるため、原材料名の中で、前の方に書いてあるのを避けるとか。
 そういうふうに考えて、原材料を見ていると、背景にいろんなものが見えてきます。
 自分が食べてきたものが、ちょっと違う角度で、見えてきます。

 カレールー・・・・・・アウト。
 いえ。
 たまに、カレーは、食べようと思います。
 カレーの香辛料が入っているし、お肉や野菜を入れて作るから。
 植物油脂以外にも、他の栄養がいっぱい入っているのは、たまに食べるのは良しにしよう。
 カレーライスに関して、カレー粉から作るほどの情熱はないし。(^^;
 植物油脂は、他で極力減らして、少しこういうところでは、OKにしよう。

 先日、母が作った煮物を食べながら思った。
 トリ胸肉、サトイモ、ニンジン、レンコン、シイタケ、ゴボウ。
 これを、しょうゆとみりんの味で、煮たもの。
 ゴボウとサトイモの主張(ポリフェノール)で、全体がグレーで茶色に仕上がった、煮もの。
 子供のころは、苦手だったなあ。
 今は、おいしいです。
 野菜の種類が多いのと、シイタケや鶏肉からダシが出てるから。
 もちろん、ゴボウのうまみも。
 これって、一食のおかずとしては、まじめに、原価のかかった食べ物やなあって。
 この内容で、あの日食べた分量を、お総菜として買おうとしたら、食材の原価がかかって、私がお総菜屋なら、お安くはできない。

 焼きサバ。
 これも正味、サバ。
 食品として、どうや?ってくらい、サバの原価そのものの食べ物です。
 栄養もあり。

 焼肉。
 焼きサバと同じで、正味、肉。
 タレに、怪しいものが入ってないか気にはなりますが。
 肉そのものは、ちゃんと栄養あり。
 コレステロールだって、免疫物質や、女性ホルモンなどの、有用な成分の原料です。

 加工食品や、惣菜を見たとき、意外と原価率が低いことに気づく。
 前から薄々感じていたけど。
 この頃、そんな風に、考えが変わりました。
 原価率の低い食品は、つまらん。

 で、すっかり、ポテチへの情熱は冷めました。


 油の本、2冊目と3冊目を読んでいて、高温調理をすると、トランス脂肪酸や過酸化脂質を増やすから、揚げ物だめだし、だったらノンフライヤーで作ったのもアウトって、思ったけど。
 4冊目で、決めました。
 リノール酸過剰摂取と、微量成分が有害な油、そのどちらもが、植物油脂の過剰摂取が原因ってことだから。
 この際、ノンフライヤーでできる過酸化脂質は、抗酸化作用のあるお野菜でも食べて、カバーできると信じることにします。
 リノール酸過剰摂取につながりかねないけど、太白ごま油(リノール酸5割で多いけど、有害な微量成分は入っていない)を、から揚げの衣をつけた鶏肉に、オイルスプレーで少量吹きかけて、から揚げを作るっていうのを、やってみようと思います。
 本を読んで、高温調理がダメって書いてあるから、ノンフライヤーみたいな別メーカー品を買ったまま、使えないでいたのだった。

 4冊目の本によると、植物油のいろいろな害を考えると、動物性の飽和脂肪酸の方が良いし、コレステロールは、むしろ悪いものではないと書かれていた。
 カロリー過剰になるのは問題だけど、植物油で揚げるよりもラードで揚げたコロッケの方が、良いってことになるやんな。
 すっかり、サラサラ植物油が善玉と刷り込まれた私の脳みそは、なかなか受け入れられません。
 ホンマにホンマでしょうか?
 カロリー過多だからではなく、それで、サラサラ油なん?動物性油脂なん?ってところで、ちょっと、食べるのは、先送りかも。


 で、自分で買う油。
 キャノーラ油と、オリーブオイルは、もう買うのをやめます。
 エゴマ油と、太白ごま油にしときます。
 太白ごま油は、リノール酸が、5割と多いです、うっかり多用はできません。
 ただ、微量成分のせいで、心疾患や、癌が起こる可能性が高まるなら、そういう油はまずやめやし。
 太白ごま油・・・・・結構控えめに使わないと、ダメだろうなあ。

 この頃、そんなことを考えていると、ふく蔵さんの、お店を思い出します。
 原価率のかかった、レストランのメニュー。
 ちょっとあっさり目に感じるのは、薄味の味付けで、過剰な油を使わないメニューだったからだなあと、思い出して、感心しきり。
 富久錦酒造のお酒全種類と、あちこちの良いものが売られたお店。
 良いお酒の肴や、素朴なおやつ。
 国産はちみつや、太白ごま油。
 明日、26日は、予約した、どぶろくの発売日。
 明後日あたり、取りに行くので、おやつも買ってこようっと。
 ↑決して、回し者では、ありません(^^;
by glass-fish | 2014-03-25 23:52 | その他のタワゴト

ミシミシ・・・・・・(TT)

 今日、教室が終わってから、ランちゃんの散歩に行きました。

 この頃は、いつもの折り返し点よりも、少しだけ遠くまで行くことが多いです。
 で、今日も、川沿いの竹藪の一部が切り開かれていて、川の傍まで出られるところに行ったのですが。
 藪の中から。
 ピシッ!
 メキッ!
 ピシピシ!
 と、竹が割れるような音が聞こえます。
 最初は、藪に人が入っていて、何か作業をしているのかと思ったのですが。
 それなら、人のいるあたり一か所から聞こえるはず。
 かなり広範囲のあちこちで、ピシピシ言うてます。

a0163516_2295866.jpg


 この画像は数日前に、同じ場所で撮ったのですが。
 川べりまで下りて、下流の方にいるランを撮りました。
 この画像の右側の壁の上に、藪があります。

 で、ふとあることに思い当たって、あわてて、その場から離れました。
 そう、土砂崩れの時に、木が割れる音がするっていうじゃないですか。

 家の近くにも、他の田んぼの傍にも、竹藪はあちこちにあって、身近な存在ですが、こんな音は、聞いたことがありません。
 帰ってから、父に言いました。
 時々こっちにも、散歩に行くはずなので。
 で、父に言うと、ここよりほんの少し上流の、同じ北側の岸が、土が崩れて、抉れてしまっているんだそうです。
 やっぱり、土砂崩れとは違うけど、川べりが崩れるのかも知れません。
 しばらく、近づかないようにしよう。


 と、物はついでなので。
 キノコ、この頃。

a0163516_22174027.jpg


 ↑ある雨の日のキノコ
 キクラゲの仲間です。

a0163516_22182152.jpg


 ↑この画像の中に写っている、テーブルと、丸太を輪切りにした椅子の、黄色矢印で刺している椅子の上面に、ついていました。

a0163516_22192648.jpg


 ↑同じ丸太の椅子の足元に生えていたキノコ
 同じ種類かなあ。

a0163516_2220695.jpg


 ↑スエヒロタケ
 年中、良くあるキノコですが、下の方から撮った画像がきれいだったので。
 下側って、こんなことになっているのか。



a0163516_22211697.jpg


 ↑そして、いよいよ、エノキタケ?も、終わりですね。


a0163516_22281659.jpg


 ↑これも、良く見るキノコ、シロカイメンタケ?


a0163516_2232431.jpg


 ↑キクラゲの仲間
 例のピシピシ言っている竹藪の傍の枯れ木の丸太に生えていた。
 数日前に撮ったものです。
 もちろん、今日は、そんな気持ちのゆとりはなし。(^^;

a0163516_22341477.jpg


 ↑ホコリタケの仲間

a0163516_22344928.jpg


 ↑やや上の方から撮ると、真ん中に穴が開いているのが分かります。
 ツンツンとつついたら、胞子がホワンと立ち上りました。
 一見、タヌキノチャブクロだけど、冬というか、まだ寒い春に生えてるって、どういうこと?

a0163516_22372577.jpg


 ↑いつものアラゲキクラゲ?が生えている場所ですが。
 いつものアラゲキクラゲ?は、下の方に生えていて、白っぽく写っているのがそうです。
 乾いた時と、濡れているときの色が違うんですが。
 その上に生えた黒いのは、どうも、種類が違う気がする。
 毛が生えてないもん。


 おまけ。

a0163516_2239466.jpg


 ↑ヌートリア、復活。
 復活を喜んで良いものか?(^^;
 鹿プールのところで。
 集中豪雨の後、1年以上、この周辺の川のどこでも見かけなくなっていたので、下流に流されたんやなあと思ってました。
 新たな固体か?
 それとも、泳いで、遡って来たのか?

 春が来たら、今まで、あんまり探せてなかった春のキノコに会いたいもんです。
by glass-fish | 2014-03-24 22:41 | キノコ

まだ・・・・・・

 こないだの、東寺の弘法市ですが。
 来て下さった方を思い出しつつ書いたブログですが。

 やっぱり、忘れてた。
 とあるとんぼ玉教室の生徒さんが、来てくださいました。
 東寺に出し始めた頃から、時々、来てくださっている彼女。
 とんぼ玉教室の教室展のDMを、もらいました。
 ありがとうございました。
 すごい、ちゃんと、生徒さんの作品画像が、きれいに写ってます。
 ウチの教室展のお知らせは、お名前だけでごめんなさいです。
 で、「先生、お元気ですか?」って、いつものように、ご様子を聞いてみる。
 「先生のこの頃」話は、先生への優しい気持ちが感じられて、楽しいです。
 そういえば、他の教室の生徒さんの先生話にも、優しい気持ちが感じられました。
 私も、そんな寛大な気持ちで、大目に見てもらっているんだろうか。
 そう願わずには、いられません。(^^;
 こんな奴でゴメン。

 まだ・・・・・・・他にも忘れている気がする。
 何かをしている弾みに、思い出すんだ、きっと。

 あ、こないだの弘法さんで、ウミウシの玉の画像を撮りました。

a0163516_2213047.jpg


 このウミウシ君は、新作ではなくて、前に数個作ったものを、また作りました。
 というか。
 覚えていたら、東寺さんの現場で、写真を撮ることもある。
 嫁に行った新作2個は、画像とってなかったです。(^^;
 電気炉の中から出すのが間に合わなかったのがまだいてるので、そのうち、そっちをアップしたいです。



 ブログランキングに参加してます。
 よろしくお願いします。↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村
by glass-fish | 2014-03-24 22:04 | 対面販売、手作り市、弘法市

ありがとうございました ~怒涛の一日~

 3月の東寺の弘法市、無事!、終了しました。
 ありがとうございました。


 そう。
 夜のうち、荒れ模様で、昼間は、にわか雨が降るとは、天気予報が言ってたよ。
 そのせいか、本来良い気候のはずの3月、そして祝日なのに、出展業者が少なめでしたよ。

 聞いてませんよ!
 ミゾレ交じりの冷たいにわか雨が、3回、ほぼ雨もしかしたらちょっとミゾレかもな雨が4回。
 それぞれに突風付。
 しかも、雨とともに気温が急激に下がり。
 雨が去ると、ポカポカと、晴れ間が見える。

 めまぐるしい。
 ほっとしたかと思うと、急に掻き曇る。
 それにしても、降りが去ったら、晴れですもん。
 まあ、晴れ間が何回も見えたのは、ラッキーでした。
 ヨレヨレになりました。(^^;

 そんな中、ここ3か月の寂しさを吹き飛ばすほど、多くの方に来ていただきました。
 本当にありがとうございました。

 Tさん、いつもありがとうございます。
 新作、シライトウミウシ玉、お買い上げありがとうございました。

 四国から、今回は、カワイイお嬢さんと来ていただきました。
 奥様は、他のお店でお買い物中だったそう。
 シライトウミウシ玉、お買い上げありがとうございました。
 あおいちゃん、めっちゃかわいい。
 ずっとにこにこ笑っていて、ハッピーな気持ちもいっぱいもらえましたよ。
 ありがとうございました。

 いつも、京阪沿線から来ていただけるご夫婦のお二人。
 緑の矢絣の玉、お買い上げありがとうございました。
 ふく蔵さんの作品展のDMを渡しつつ、「加西市って、分かります?」って、聞いてみた。
 ご存じだったのにびっくり。
 そういえば、永田萌さんの出身地でしたね。
 そう、ストライクな年代ですもんね、私たち。
 ありがとうございました。

 Mさん、来ていただいて、ありがとうございました。
 やっぱり、来られない月は、寂しいです。
 ランマガ26号で、Mさんを探せ!
 いっぱい載ってましたね。
 ありがとうございました。

 名古屋から来ていただいた方に、ゾウさん、ドラゴンの、スクエアなストラップをお買い上げいただきました。
 話しているうちにうっすら、記憶が戻ってきました。
 また来ていただいて、ありがとうございました。

 金魚大好きなリピーターさんのご家族に、新作ブレスレット、金魚鉢ミニなど、お買い上げいただきました。
 ありがとうございました。
 人気の金魚ちゃんには、弟、これからも力を入れていくそうです。
 また、お願いします。

 お二人連れの方が、海玉、キノコ玉など、一生懸命見てくださり。
 キノコ玉、お買い上げいただきました。
 初めての方が、大物を買って下さり、驚きましたが・・・・・
 弟に聞くと、前から何度か来て、見てくださってた方たちだったそうで。
 ありがとうございました。

 弟の生徒さんと奥様も、来てくださって、ありがとうございました。
 昼間の高速の混雑ぶりを聞いて、やっぱり3連休の京都はすごいって、あらためて思いました。
 高速を降りるのに1時間待ち。
 来ていただき、本当にありがとうございました。

 名古屋からの女性の二人連れの方、東京からの方、通りかかってみていただいた方。
 ストラップ、とんぼ玉など、お買い上げ、ありがとうございました。
 初めての方にも、たくさんご覧いただきました。
 明らかに、12月~2月の3か月間よりも、通りかかって見ていただく頻度が高く。
 少々、記憶がオーバーフロー気味。
 本当に、ありがとうございました。

 雨除けの薄手のブルーシートと同じ素材のクリアなシートを、後と北側に巻き、右側は、お隣のお兄さんのお店と簡易な屋根と壁の続きを渡してもらい、すっぽり囲まれた状態で。
 突風とともに、屋台を抑える羽目に。
 午前中は、油断して北側のシートをまだ付けておらず、斜めに吹雪くミゾレを傘で防ぐ羽目になった弟だったので、屋台とシートを手で押さえつつも、まだ、雨が防げるだけありがたいっていう状態。
 雨が去るとともに、その雨除けのシートに背後から射してくる日差しが、屋台の中に拡散されて全体がほんのり明るくなり、なんだか妙に温かい色に。
 そうすると、多くの方が、とおりかがりに足をとめてくださいました。
 晴れ間は、ホンマにありがたかったです。


 おまけ。

 朝一。
 ランと戯れる怪しい男。↓

a0163516_236620.jpg


 ではなく。
 初めて見たよ、ホンマの甲斐犬。↑
 花粉症の新製品マスクで防御万全の弟が、愛嬌たっぷりの甲斐犬くんと戯れる様子です。
 甲斐犬らしくない性格と言われると、飼い主さんがおっしゃってました。
 ほんとに、愛嬌たっぷりで、いっぱいナデナデさせてくれました。
 可愛い。
 朝から、テンション上がる!

a0163516_2362748.jpg


 ↑正面顔が撮れなかったけど。
 ランちゃんと顔立ちそっくり。
 ランちゃんより小柄です。
 1歳半くらいだそうで、ランちゃんより2歳年下。
 確かに、これなら、ランちゃんも、甲斐犬と偽れそうだと、本物に出会って確信を深めた私と弟であった。
 ホンマにカワイイ!(^^)

a0163516_2363798.jpg


 ↑吹雪でした
 こんなにわか雨(雨?)が、3回も。
 で、みぞれ交じりの雨の後は、急激に気温が下がり、吐く息が白くなりました。
 寒!

a0163516_236479.jpg


 ↑雨が上がると。
 隣のお兄さんが指差す先。
 隣の屋台と、隣の隣の屋台の、その向こうの屋台の屋根。
 日差しに暖められて、湯気が上がってる。
 気温が低いのと、日差しが温かいので、こんなことに。

 めまぐるしい一日でした。
 祝日で、高速バカ混みのため、今日も、亀岡周りで帰宅。
 亀岡周りも、車がいつもよりめっちゃ多かったです。
 助手席で、暖かさと、疲れと、睡眠不足で、口数少なく、結構意識が途切れてました。(^^;
 心はホクホク。
 ありがとうございました。

 また、がんばります。
by glass-fish | 2014-03-22 02:16 | 対面販売、手作り市、弘法市

東寺の弘法市、4時間後に、出発だ!

 電気炉から出てきた、海玉4個。
 1個、割れました。
 最後に入れたのが、徐冷が足りなかったらしいです。

 あと3個は、生き残りました。
 コブシメ玉1個、ウミウシ玉2個です。

 あと4個、電気炉にはいってます。
 片方の電気炉の2個が、間に合えば、出せるかも。


 弟は、カメちゃんの付いた海玉とか、ミニミニ金魚鉢の玉をいっぱい用意してました。

 寒いですが、お待ちしてます!
 ぜひ、いらして下さいね。
by glass-fish | 2014-03-20 23:14 | 対面販売、手作り市、弘法市

3月の弘法市

 明後日、3月21日(祝)は、東寺の弘法市です。

 今、海玉4個、電気炉の中で徐冷中です。
 明日も、作ります。

 今月は、新しいウミウシを作りました。
 「シライトウミウシ」です。
 変な格好のではなくて、オーソドックスな形のウミウシです。
 今徐冷中の4個のうち、1個が、それです。
 明日には、電気炉から出てきます。
 明日も、もう2個くらい作りたいです。
 冷めるのが、間に合うかどうかが問題です。(^^;

 弟は、ちょっと前に、新しいムリーニを作っていて、今、スライスして磨き上げたのが、工房に置いてあります。
 めっちゃきれいな色です。
 あれ、玉に仕上げて持って行くのかなあ。
 相方に、簡単な淡水魚のムリーニが欲しいなあとか言っていたんですが。

 なんだか、寒の戻りがあるようですが。
 温かくして行かなくちゃ。
 でもま、真冬みたいないことはないだろうな。

 祝日ですし、少し温かくなってきましたし、みなさま、ぜひ、いらして下さい!
by glass-fish | 2014-03-19 23:39 | 対面販売、手作り市、弘法市

ガラスアクセサリー展2014

 作品展のDMができました。

 2014年4月8日(火)~20日(日)、加西市の「ふく蔵」で。

a0163516_0234456.jpg


a0163516_024342.jpg


 ただ今、製作中です。

 私の作品は、以前、東寺さんに持って行った、シェルフラワーの玉と同じ方法で作った花です。
 シンプルに、ペンダントトップにしました。

 弟は、ムリーニ製作のために、せっせと色を混ぜてました。

 お楽しみに!


 ブログランキングに参加してます。
 よろしくお願いします。↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村
by glass-fish | 2014-03-07 00:31 | お知らせ(展示会等)

油から、見えてきたもの

 3冊の本を読んで、数日間を開けると、ちょっと、整理できてきた。

 油を摂るとき、考えることは。

 ①リノール酸の過剰摂取と、αリノレン酸の欠乏の解消
 ②トランス脂肪酸を避ける
 ③その他の良くない成分が入ってないか
 ④どんな種類の油を摂るか
 ⑤どういう管理をするか

 ④⑤は、ずっと前から言われていたことで、ドロドロカチコチの脂を摂り過ぎないとか、酸化した過酸化脂質は良くないので古い油を使いまわさないとか、日光に当てないとか。

 ②③は、2冊目と3冊目に読んだ本に、主に書かれていた。
 
 トランス脂肪酸は、「水素添加」というのをしたものに含まれている。
 マーガリン、ショートニング、ファストスプレッド。
 トースト用のマーガリンは、やめて久しい。
 でも、ショートニングを始め、結構いろんな加工品に入っているので、明らかにたくさん入ってそうなのは、実は、以前から避けていた。完全にゼロにしようとすると、洋菓子系の甘いおやつの大半がアウト。

 その他の良くない成分について。
 脂肪が付きにくいとか、そういう特別な機能を持たせた油のボトルを見ると、「加工油脂、乳化剤、酸化防止剤」なんかでできている。だったら、せめてお隣に並んでいる、「菜種油」と書かれたキャノーラ油の方がマシやな。
 そういった、キャノーラ油などの一般的な油では、低温圧搾とか、圧搾とか書かれていない物は、ヘキサンに溶かして「抽出」しているので、溶剤を使っていたり、高温にさらされたり、イメージが良くない。
 2冊目に読んだ本に、当時日本で売られていた油の分析結果が載っているけれど、この過酸化物価の値が多いのか少ないのかが、良くわからない。
 知り合いの健康オタクのお姉さんによると、ヘキサンの抽出などによって、高温にさらされる油は、酸化を始めているので、良くないらしい。
 それを避けたければ、「低温圧搾」または、「コールドプレス」と書かれている物を探すことになる。あることはあるし、価格も、倍くらいはしても、10倍もしない。
 ただ、加工品に使われている「植物油」で、サラサラしたのを使っていそうなパターンだと、入っているかもしれない。
 ここを避けるかどうか、考え物です。


 さて、①です。
 今回、私にとっての、一番の注目ポイントでした。
 アルツハイマー型認知症のいくつかのリスク要因の一つが、リノール酸の過剰摂取でした。
 また、リノール酸の過剰摂取が、アレルギーやうつのリスク要因でもあるらしく。
 家庭科で、栄養素について習ったとき、欠乏症だけでなくて、過多症というのもあって、摂り過ぎてもいけない物もあると知ったのですが。
 まさか、油の中の、脂肪酸にも、過多症と欠乏症があったとは!
 しかも、サラサラの油は体に良いとか、さんざん言われてきたリノール酸に。

 本によると、良くわからない所もあったものの、脳の中で起こっていることを説明されると、「どうする?」と聞かれたら、私は、避けようかなあと思います。
 だって、できるだけ、クリアな脳ミソで、年を重ねたいじゃないですが。
 そもそも、この頃、物忘れが多いし。

 で、自分なりに、あれこれやってます。
 今後、他の植物油の入ったおやつを再開することがあるのかどうか、決めるまでは、植物油の入ってないおせんべいやヨモギ餅で、とりあえず手を打ち。
 ↑そう、おやつをやめる!とか、急に無理なことはやらないのだ


 前は、添加物にハマったのですが。
 今回、普通の食材と思っていた油に注目して、食べ物の見方が変わりました。

 リノール酸の過剰摂取の原因について、考えてしまいました。
 ランちゃんの散歩の時に。

 リノール酸と、αリノレン酸だけが、「必須脂肪酸」といって、体の中で必要だけど自力では作りだせない油なんだそうです。
 ほんじゃ、オレイン酸とかは、特定の働きをしないのか?、もしくは、作れるのか?
 特定の働きをしないってことでしょうね。いっぱい摂ったらまずいと、今のところ、聞かないので。

 リノール酸が、日ごろ良く食べられている油の中に多い理由。
 欠乏しやすい方のαリノレン酸は、リノール酸より融点がさらに低く(つまりもっとサラサラってこと)、寒いところに生える、シソ科のエゴマなどの種子に含まれているらしく。
 そのことを思うと、リノール酸が、あちこちの油に入っているのは、リノール酸のサラサラさ加減が、温帯の植物には、必要十分なサラサラさ加減で、都合が良いってことなんでしょうね。
 しかも、菜種やコーンの胚芽などに入っていることを思うと。
 リノール酸の融点マイナス5℃。
 アブラナが芽を出して、一生を終える温暖な時期に、マイナス5℃になることは、まずない。
 ところが、油が含まれているのは、その種。
 種が冬を越す時に、マイナス5度までは凝固しない油が必要なんでしょうね。
 別に、コーンだって、胚芽の油を食べてくださいって、人間にお願いしている訳ではない。
 昔は、油は貴重品だったって聞く。
 だって、硬い種の中に入っていては、取り出しにくいから、頑張っても、ほんの少ししか手に入らなかった。
 本来、ガバガバと食べる設定の物ではなかったんや。

 本来ガバガバと食べる設定の物ではなかったもの。
 油、砂糖、炭水化物。

 それに、油も、圧搾法で絞ったら、いろんなビタミン、ミネラル、ポリフェノールが中に溶けだした状態の物になっていたはずで。
 ただ、そういうものが入ったままだと、酸化などによってすぐ傷んでしまう。
 貴重で、ちょびっと採れて、傷みやすいので、早く食べてしまう。

 お米も。
 お米も足りなかった時期には、白米にして、いっぱい捨てて食べるのはもったいないから、玄米とか、何分づきとかで食べていたとしたら、当然、ビタミン、ポリフェノールも、入っていた。

 砂糖も。
 あ、黒糖、おいしいですよね。


 本によると、お魚に含まれているはずの、DHAやEPAは、αリノレン酸を材料にして作られるらしく。
 お魚にとっての、αリノレン酸は、海藻や植物プランクトンなんだそうだ。
 なので、天然の魚に含まれていたはずのDHAやEPAですが、同じ種類の魚を養殖して、人間が都合してきたエサを与えていると、原料のαリノレン酸が入っている海藻や植物プランクトンが、食物連鎖の最初にないので、養殖魚の中には、DHAやEPAが、とても少ないんだそうです。
 そうか~、同じ姿をしていてもだめですか。
 そんなことを言ったら、人間だって、同じ姿をしていても、体を作っている物質レベルでは、ずいぶん違いが出るんでしょうね。
 怖い怖い。

 消化されやすい物は、血糖値の急上昇を招き・・・・・みたいなことが、良く聞かれますが。
 それも、精製され過ぎた材料だから。

 日本料理では、アクを掬い取り・・・・・・
 お野菜のアクは、ポリフェノール。
 お肉や魚のアクは、マグネシウムなどのミネラル。
 だから、日本料理は、高級になればなるほど、抜け殻を食べていると言った人がいた。

 カロリーばかりが高くて、タンパク質、ビタミン、ミネラル、ポリフェノールなどがほとんど含まれていない食品は、栄養的に問題だとは、良く聞く。

 で。
 今までせっせと買っていたスナック菓子コーナーを見ると。
 あかん。
 いわゆる、栄養価的には、抜け殻のアウトな食品ばっかりや。
 油に限ったことではなく。
 こういうもので、体ができていたんやなあと思う。

 ウチの生徒さんで、ウチの父と伯母と、同い年の女性がおられる。
 びっくりするくらい元気。
 10年以上前から、水泳をされていたそうだ。この頃は、もうちょっと軽い運動に移行されたらしいけど。
 元気なのは、そのせいだとばかり思っていた。
 油絡みで、日ごろの食生活について質問してみた。
 ここに、「ごちそうさん」の時代の食生活が残っていた。
 あ、でも、「ごちそうさん」は、当時の平均的日本家庭よりも、ちょっと、西洋化が来てるんじゃないかと思いますが。
 彼女に関しては、ほぼ、油も、砂糖も、炭水化物も、心配ないんじゃないかと思える。

 そんなわけで。
 油を通して、食べ物が見えてきた。
 そんな目線で、もう一回、スナック菓子コーナーを見てみると。
 食べ物に見えなくなってきた。
 養殖魚になった気分。(^^;

 そういえば、この頃食べてる頻度高めのサバ缶ですが。
 とあるプライベートブランドのサバ缶が、まずい!
 スーパーのが、全部それに置き換わって行く!
 頑なに、別メーカーの物を探しては、買ってます。
 ↑プライベートブランド以外なら、どこのメーカーでも、今のところ、味は大丈夫です
 ↑↑私が買ったサバ缶を見て、やっぱりプライベートブランドまずいよなって、弟も言った

 まだ、体重には何の変化もないですが。
 確定申告の用紙に、数字を転記するときの記憶力が、去年より良い気がするのは、気のせいだろうか?
 なんちゃって。
by glass-fish | 2014-03-04 01:21 | その他のタワゴト