人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

バタバタ

 なんとなく、ばたばたしてます。
 あんまり、プライバシーを暴露しないよう気を付けつつも。(^^;
 今日のは、書いておこう。

 今日、初めて、司法書士事務所なるものに、入りました。
 というのは、自宅の土地が、父の名前ではなく、祖父の名前のままになってまして。
 固定資産税は、父が払ってるんですが。
 急に、思い立って、登記の変更をすることにしました。
 早くしておかないと、手続きが本当にしづらくなるんだそうで。
 他の親戚も、きっと、快く承知してくれるはずですが、ちょっと、必要な書類をそろえたり、手間をかけてしまうことになりそうです。
 きっと、手続き自体は、粛々と進められることだろうと思います。

 まず、それに当たって、祖父の生まれてから亡くなるまでの、戸籍すべてが必要なんだそうです。
 祖父が、早くに亡くなっているので、祖母の生まれてから亡くなるまでの戸籍も。
 市役所に行って、相続による登記の変更のために必要なすべての戸籍を出してほしいと頼んでくださいと言われました。

 ????

 ついでなので、司法書士事務所を出た足で、市役所へ。

 司法書士さんの話からすると、なんだか、時間がかかりそうな予感。
 最初に聞かれたのは、祖父の本籍地。
 げ!
 ウチの今の住所ではないことは知ってる。
 祖母から聞いていた話を頼りに、市内の地図を見て、これだと予想される住所と番地を、とりあえず記入。
 とりあえず、探すので、これだと思うものを書いてくださいとのこと。
 当たってた。
 ほっ。(^^;

 とまあ、詳細は、省きますが。
 でたでた。

 縦書きの、達筆な文字で書かれた、古そうな戸籍の電子化されたものたち。
 司法書士さんによると、80年が経過すると、抹消されることになっているので、曾祖父の戸籍はもうない可能性もあるそうで。
 ただ、小野は、空襲に遭ってないのと、田舎のせいで、古いものもあるかもしれないとのこと。
 ホンマでした。
 父も知らない、父の曾祖父の戸籍までが、出て来ました。
 しかも、その曾祖父の前の戸主の名前まで、記載されていました。

 戸籍に出てくる誕生日の年号が、慶応、安政、文久。
 すごい。
 こんなものが。

 別に、司法書士さんが見るので、私は見なくて良いのですが、興味津々。
 第一子長女だと思っていた祖母が、次女だったり。
 こんな人の存在、知らなかったって言う人がいたり。
 面白すぎる。

 戸籍という文字の意味を、あらためて、気づいてしまった。
 昔は、本当に、「家」というものを基準に作られていたんだ。

 司法書士さんの話によると、昭和33年を境に、相続というものが変わったんだそうだ。
 それまでは、相続は、戸主から、次の跡取り(普通は長男)に、自動で引き継がれたんだそうだ。
 だから、家を引き継ぐ人がいなければ、男性を養子にもらって、娘と結婚させる。
 婿養子って、この、家を引き継ぐための戸主を迎え入れるっていう意味があったんや。
 とか。

 昔は、前戸主の隠居により、戸籍を新しくするなんてことがあったらしく。
 隠居した前戸主の娘は、新しい戸籍の戸主の妹って、記載されている。
 おお、ホンマに、家単位。
 というか。
 戸主の子供が記載されているのはもちろん、戸主の孫って記載されている。
 戸主の子供が、結婚したら、戸主の子供と、その嫁っていう記載になる。
 で、その夫婦に子供が生まれたら、戸主の孫として、戸籍に記載される。
 その後、戸主が亡くなって、新しい戸籍になった時に、前戸主の戸籍で孫と記載されていた人は、新しい戸主の三女とかいう風に記載が変わっている。
 ただし、新しい戸主の長女と次女は、前の戸主のときに嫁いでいるので、新しい戸主の戸籍には載っていない。
 ひゃ~すごい。
 ホンマに、家単位なんや。

 ふと、犬神家を思い出してしまった。
 本妻さんには、3人の娘がいた。松子、竹子、梅子。
 が、愛人が、男の子を生んだ。あおぬましずまとかいう名前の。
 そうか。
 男の子が外にできたら、あのくらいの怨念は生まれかねないのか。
 時代背景をあらためてひしひしと感じると、ドラマの見方も変わる。
 とすると、遺産相続で、嫌らしく揉めるなんていう設定のストーリーは、昭和33年以降の話になる訳や。

 司法書士さんによると。
 昔は、女性が、ある家に嫁いでも、必ずしもすぐに籍を入れてもらえる訳ではないというのは、珍しくなく、籍が入る前に、子供が生まれ、子供ともども、一緒にその家で暮らしていたりしたそうだ。
 その後、嫁として入籍してもらったら、それまでに生まれた子供は、その家の子供なのに、父親の欄が空欄になっていたりして、それを見てショックを受ける人もいるそうだ。
 が、空欄なだけで、ちゃんとその家の人が父だったりする、そういうことは珍しくないんだって。
 ひえ~。

 女には、生きづらい時代だったのかも。
 そんな話を、面白おかしく聞かせてくださった話し上手な司法書士さんは、女性。
 頭も、切れる感じの、デキる女だ。
 時代の変化を感じた。

 何より。
 市役所で、古い戸籍のプリントアウトが出てきたとき、何か、涙出そうになりました。
 話に聞いていた人が、やっぱりこの世に確かに存在したことを、感じたというか。

 戸籍に記された、結婚、離婚、早逝などなど。
 人間が生きていた痕跡と、自分自身の繋がりに、なんか妙な感慨がありました。

 この登記の変更の必要性が生じたのは、祖母が、家の土地だけ変更を忘れてたからだそうで。
 田んぼは、父の名前なんです。
 忘れさえしなければ、手間も費用もかからなかったものだけど。
 忘れてなければ、この古い戸籍は、日の目を見ることはなかったんだなあと、思いました。

 祖母の戸籍の最新のものに、亡くなった日の記載がありました。
 家に帰って来てから見て、ちょっと、涙出ました。

 ちょっとした、時間旅行をした、一日になりました。



 あ、市役所から帰ってきて、新作の試作は、ちゃんとしました。
 もうちょっと、小型化したい。
 ↑またか!(^^;
by glass-fish | 2014-10-31 01:26 | 日常

キノコを見に、3日間・・・・・・その①

 キノコシーズンですが、雨が降らないせいか、まだ、あんまり出会わない。
 でも、たまには、あります。↓

a0163516_22573957.jpg


 本題とは、関係なく、ひっつき虫まみれのラン。↓

a0163516_22574994.jpg


 こういう変顔、撮りたくて仕方がないのですが、ランは、何をされるかわからないようで、嫌がってます。


 水曜の夜に、雨が降ったので、翌日、いつもの散歩道でも、キノコを探してみました。
 前に見たところで、またまたヤブレツチガキを探す。

a0163516_2258685.jpg



a0163516_22581641.jpg


 おなじみ、キツネノタイマツ。↑
 クレバもきれいで、今日出たばっかりな感じです。

 落ち葉に隠れていた、ムラサキシメジらしきキノコを発見!↓

a0163516_22582473.jpg


 去年とは違う場所ですが、ここにも、数個、出てます。↓

a0163516_22583130.jpg


 いかにもありそうで、あんまりない場所に、ランが行くので、ついて行くと。

a0163516_22584152.jpg


 なんとなく、見かけないキノコが、ありました。↑

a0163516_22584847.jpg


 そのキノコの付いた木の、手前の木にも、似たようなのが。↑
 下から撮ってみる。
 なんとなく、良くあるキノコにも見えるけど。
 今後も、変化を観察しよう。
 見ていると、そのうち、見慣れた姿になって来るかも。


 さて、翌日。
 時間に余裕があったので、前の山に、キノコを見に行きました。
 いつもの、車道沿いの斜面へ。


a0163516_22585577.jpg


 ↑そこに向かう手前の藪の傍で見つけた、前にも見たことのあるキノコ。
 レア感はない物の、透けた感じが、結構好きなキノコです。

 山の中の車道に出るまで、良く、山の中の近道を行くのですが、入り口にイバラなどが茂っているので、その日は、大人しく、ちゃんとした道を行きました。

a0163516_2259734.jpg


 ↑この時期いっぱい出るキノコ

a0163516_22591695.jpg


 ↑このキノコ、地味だけど、今まで見たことなかったかも

 その②に続く
by glass-fish | 2014-10-27 22:58 | キノコ

キノコを見に、3日間・・・・・・その②

 その①から続く

 こうして、おとなしく、山の中の車道に着いたというのに。
 ランが、車道の南側の山の中に、入って行きました。
 ちょっと入って出てこようと思ったら。
 測量済みの場所で、人が通った形跡がある。
 という訳で、踏み込んで行きました

 で、水路に到達。
 いつもの車道沿いに、もっと先まで行った場所から、斜面を登ってすぐのところにある水路と、繋がっている水路だと思う。
 こっちは、車道からかなり入ってます。

 と、詳細は省きますが。
 ランが踏み込まなければ出会わなかったキノコに遭遇。↓

a0163516_230634.jpg


 こないだも見た、ヒメカバイロタケのようです。

a0163516_2301791.jpg


 ↑こんなのも、ありました。
 ちょっと珍しい色。

 他にもいくつかあったのですが、ある意味、オーソドックスなものは、まあ良いか。
 一瞬、迷ったかと思いつつも、いつもの車道に戻ると。

 コケと一緒に生えている姿がかわいいキノコを発見。↓ 

a0163516_2302646.jpg


 山の斜面に踏み込んだからと言って、めっちゃたくさんある訳ではなかったなあ。
 ってことで。
 いつもの車道沿いを探していると。

 葉っぱの下から何か見えている。
 毒々しい感じの、何かの卵?
 いや、キノコ!
 葉っぱをどけてみた。↓

a0163516_23033100.jpg


 毒々しいなあやっぱり。
 しかも、2個並んでいるところが、またまた毒々しい。
 上からだけじゃなくて、横からも撮った。↓

a0163516_2304175.jpg


 これは!
 テングタケや!
 ほぼ、間違いない!
 前に見つけたのは、上の白いポチポチが、かなり落ちてしまっていて、ガンタケかテングタケか、確信が持てなかったけど。
 これは、テングタケですよ。
 ツボもツバも、きれいに残ってる。
 傘の上の白いポチポチも。
 ああ、なんてプリティ!
 かなり興奮しました。
 テングタケというより。
 2個並んだ、プリティな幼菌に、ほぼきれいな状態で出会えるなんて!
 茶色いテングタケも、丸こくて、姿はカワイイ!

 去年のサンコタケとの遭遇が、きっとピークで、そんなに興奮することもそうそうないだろうと思ってたけど、これは、興奮しました。
 分かりやすく、カワイイから。

 その後、毎年良く見るキノコも、ついでに撮影。↓

a0163516_2304888.jpg


 まあ、こんなとこかな。
 ヒメカバイロタケにも会えたし、かわいいのにも会えたから。

 と、そんなわけで。
 幼菌を見つけたら、開いたところが見たくなるってもんですが。
 次の日、思いがけず、夕方に時間ができたので、思ったより早く、ランの散歩に出られた。
 ところが、車がない日。
 仕方なく、急ぎ、山に向かうことに。
 時間からしたら、日没前には難しいかもしれないけど、場所が分かってるし、にょきっと2個出てたら、きっと見つけられるだろうってことで。

a0163516_2305672.jpg


 ↑急いでいる割には、途中の道で、キノコを撮影。

a0163516_231464.jpg


 ↑山道についてから、急いでいる割には、他のキノコも撮影。
 ホコリタケの仲間ですね。

 その③に続く。
by glass-fish | 2014-10-27 22:55 | キノコ

キノコを見に、3日間・・・・・③

 その②から続く

 急いでいる割には、またまた、他のキノコを撮影。↓

a0163516_234633.jpg


 最初は、黄色い方しか気づかなかったけど。
 隣に、違う種類の紫のキノコがあった。
 良く見るときれいな色です。

 ↓横からも撮影

a0163516_2341850.jpg



 黄色い丸い物が落ちていた。↓

a0163516_2342415.jpg


 ↑もしかしてと思って、カメラを地面にくっつけて、横から撮ってみた。
 自分の目線からは、キノコってわからないのですが、撮れが画像を見ると、柄が写ってました。


a0163516_2343175.jpg


 ↑あった!
 昨日よりは開いているけど、全開してなかった。
 とりあえず、撮影して。

 ふと、いけないことを思いついた。
 昨日は、水路のある山から、この場所あたりに出て、テングタケを見つけた。
 今日は、もう急ぐ用事がないので、逆から入って、昨日は言ったところに出よう。
 足元は、長靴だし、ランは、人間以上に、道なき道をよく覚えている犬だし。

 が、道に迷いました。(^^;
 あるところで、車道に向かって入って行くところを通り過ぎたことを、確信してしまった。
 まあ、戻ればいいんだ。
 水路沿いだから。
 でもなあ。

 ランが先に行く。
 で、水路が切れてからも、ずんずん、進む。
 確かに、人が入った形跡はあるし、左手に、車道の気配を感じるものの、車道から、徐々に離れている。

a0163516_2343916.jpg


 ↑斜面を下って、私が底あたりにいて、ランが先に斜面を登っている所
 この谷は、昨日通ってないもんね。

 さすがのランが、先に行くのをためらったところで。
 今度は、私が行けると思った。
 ランには見えてないけど、木立の向こうに見え隠れする風景が、突き当たるだろうと思っていた池のような気がしたから。
 しばらくして、轍の後のある道に出た。
 車道の方向に向かって歩き出したら、知っている所に出た。
 良かった。

 蜘蛛の巣だらけで、ぼろぼろになりつつも。
 この道、分かった。
 そんな不届きなことを考えていた私がいた。
 もう一回入る価値があるかどうかは、キノコが生えそうかどうかだけど。

 ちなみにこの山は、個人の持ち物ではないので、許してもらおう。
 採取は一切しない人だし。
 マムシ対策はできているし。
 狩猟期間になったら、入るのやめるし。


 さらに翌日。
 もちろん、テングタケを見に、3日目。
 車で、近くまで行きました。
 山の車道の途中に停めたりしたら、飛ばしてくる車がぶつかる可能性があるので、ずっと手前の安全な場所に停車。

 ↓質感の変わった黄色いキノコとか

a0163516_2344789.jpg


 ↓傘の上に、茶色い粉状の物が乗っかっているキノコとか

a0163516_2345685.jpg



 ↓良く見るキノコの集団とか

a0163516_235519.jpg



 ↓めっちゃ小さいキノコの裏側とか

a0163516_2351287.jpg


 ↓ついでに、その表側とか撮りながら

a0163516_2352020.jpg


 暗くなった道沿いを探すと。
 あれ。(^^;

a0163516_2352917.jpg


 ↑開いてた
 でも、1本、倒れてた。
 誰かにやられたか?
 って、一瞬思ったけど。
 くっつきすぎて、両方が開いた弾みで、押し合いっこして、片方が負けたのでは?
 二つ並んで開いているところを見られなくて残念。

 オタク体質のリケジョくずれは、結構、執念深いのだ。(^^;

 という訳で、気が済んだところで。
 明日から、またまた、試作がややうまく行っている例の物の、本気の製作を開始します。
 今度こそ、画像アップします。
 というか、画像アップできるように、完成を目指します。
 しばらくお待ちください。(^^)
by glass-fish | 2014-10-27 22:54 | キノコ

5年間、ありがとうございました

 10月の東寺の弘法市、無事終了しました。
 お越しいただいたみなさま、お買い上げいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

 今回で、東寺の弘法市への出店は、終了しました。
 日記を振り返ると、最初の出店が、2009年11月でした。
 ブログの2010年の内容が、出店から一年経たない頃。
 そして自分自身の記憶で、最初の出店が、11月の3連休のうちの1日だったので。
 今回最後というのは、ちょうど5年というのを意識したわけではなかったのですが、切り良く、5年でした。

 今回は、カリフォルニアからのリピーターのご夫婦が、来られました。
 唯一の海外からのリピーターさんです。
 今回が最後だということをお伝えできました。間に合って、良かった。
 いつものように、お花の中から、お気に入りを見つけて買っていただきました。
 ありがとうございました。

 うちのを一番たくさん買っていただいているTさんご夫婦も、お越しいただき、今月の新作を、お買い上げいただきました。
 本当にありがとうございました。
 5年間、本当に本当にありがとうございました。
 また、新作作り、頑張りたいと思います。

 今回初めての方で、そしてまた、これが最後のチャンスということで、遠方からお越しいただき、今月の新作を、お買い上げいただきました。
 本当にありがとうございました。

 淡い色の背景のお花の玉を先月ご覧くださっていた方が、今月いらっしゃって、お買い上げいただきました。
 とてもお似合いの色だったと思います。
 本当にありがとうございました。

 時々買って下さった方々も、何組か、覗いてくださいました。
 ありがとうございました。

 そして、いつものMさん、今日も来てただいて、ありがとうございました。
 いつも、楽しくお話で来て、うれしかったです。
 お名残惜しいです。
 また、何かの機会がありましたら、お会いしましょう。
 ありがとうございました。

 最終回、雨の予報でしたが、朝のうちに降っただけで、結構な晴れ間に恵まれ、良い一日になりました。
 良かったです。
 周辺のお店の方々や、世話役の方、そして、礒野さんとサバオさんも、ありがとうございました。

 5年間、東寺さんに出すという良いプレッシャーで、私も、弟も、とんぼ玉を作ってきて、いろいろ勉強になりました。
 もともとは、リーマンショックがきっかけだったかなあ。
 後半、ややお休みが増えつつも、何とか5年間、続けることができました。
 それまで、こういう形の対面販売をほとんどしていなかったので、何に注目していただけるかも、直に感じられて、作品作りには、とても参考になりました。
 いろんな方とお会いできて、ご感想なんかもうかがえ、次への励みにできました。
 そして、いろんな方に、リピートしていただきました。
 セキララに言ってしまうと、本当にありがたい収入でした。
 ほんとうに感謝です。
 ありがとうございました。

 というわけで。
 ちょっと一区切りを付けまして。
 今後は、回数を減らして、大阪と神戸の手作り市に出展予定です。
 5月は神戸のポートアイランド、9月と12月は大阪のATCで開催される、アート&ハンドメイドバザールに、抽選で当たれば、出店する予定です。
 6月の名古屋は、その時のスケジュールとコンディションと相談になると思います。
 4月のふく蔵さん、11月のビーズアートショーは、これまで通りがんばります。
 こちらも、ぜひまた、よろしくお願いします。

 と、回数を減らして余裕を作ろうと思ったら、今まで棚上げにして来たものの新しいアイディアが湧いてきて、よっと試作して見たらうまく行ったり。
 返って、とんぼ玉熱が上がっているのは、良い兆候でしょうか。
 今後も頑張ります。

 本当に、5年間、ありがとうございました。


 ブログランキングに参加してます。
 よろしくお願いします。↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村
by glass-fish | 2014-10-22 01:31 | 対面販売、手作り市、弘法市

間もなく、10月の東寺さんです

 明後日、21日(火)は、東寺の弘法市です。

 いよいよ、今回で、出店するのは最終回です。
 なんだか、お天気が今一つのようですが・・・・・・・
 よろしければ、みなさま、ぜひお越しください。

 ちなみに、今回は。

a0163516_213228.jpg


 こういうのを作りました。
 これは、昨日作った、サンプルです。
 これを踏まえて、一部、変更し、今日、3個作りました。
 明日、電気炉から出せます。
 無事、出て来ますように。

 今回は、多層の花弁の花がメインです。
 目指したのは、カップ咲きのバラなんですが・・・・・・
 ラナンキュラスっぽくもある。
 バラって、永遠のテーマかも・・・・・・(^^;
 今回は、赤い色にしたかったので、花弁を増やし過ぎると、ぼやけてしまうので、花弁を少なめにしました。
 今までとは違う作り方で作ったら、まあまあ、良い感じにできました。
 ある程度小ぶりに作ることができたので、これを何個か玉に入れようと思ったのですが、急に方針変更。
 こないだ何気なくつけたテレビで、華道家の假屋崎さんが、芸能人の活けたお花を評価するという番組がやっていて、その、假屋崎さんのお言葉に従って作ることに。
 いろいろカラフルに入れているのが良いって、おっしゃってました。
 が、他の人の時に、全くまとまりがなくて才能なしって評価もあったけど。
 ああ、才能なしって、言われそうかも。(^^;

 今日作ったのの出来に、期待しようっと。
 多層の花弁の花は、一輪、それ以外にも、盛りだくさん入ってます。

 よろしければ、現物をご覧にいらして下さいね。

 お待ちしてます!

 ブログランキングに参加してます。
 よろしくお願いします。↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村
by glass-fish | 2014-10-19 21:11 | 対面販売、手作り市、弘法市

考えすぎる人・・・・・・

 そう、それは、私。

 最近、フェイスブックのアカウントを復活させました。
 さっき、タイムラインとやらを、「公開」にしたので、本名で探すと出て来ます。
 が、何も書いてない。
 そして、お友達リクエストを、友達の友達までに制限している。
 そして、まだ大して、友達いない。

 良くわからないので、他の人のページを見に行きました。
 たまげました。
 他の人とは。
 実名で書くのもはばかられるので。
 バーナー関係の作家さん、3人。(男性2人、女性1人)
 お友達、2000人以上。
 英語の書き込み。
 そして、お友達に、「ポール・スタンカード」の名前が。

 そうか。
 私、フェイスブックは、地元の人とのやり取りで、とんぼ玉教室というか、小野教室の宣伝をしようと思っていた。
 と言っても、すごいことは考えてなくて、そんな教室あったんやなあっていう、認識をしてもらおうというレベルで、とりあえず良かった。

 「お友達」、それが正確には、「やり取りすることを承認した関係」であったとしても、そこに、巨匠「ポール・スタンカード」の名前があるなんて。
 私が考えていたのと、方向性が違い過ぎた。
 で、たまげたのだ。

 地元で、さらに交流、とはいえ。
 ふと、考えてしまった。
 今現在、交流のある地元の知り合いって、あまりいない。
 というか。
 とんぼ玉教室の宣伝したいねんって言えそうな知りあいを思い浮かべてみると、数少ないその知り合いは、フェイスブックをやっていなさそうな人たちだった。
 ちゃんちゃん。(^^;

 自分がアップした記事を見てもらうこと自体、相手の手間を取ることだし。
 それを広めてもらった場合、その結果、私とかかわった人に、私がひんしゅくを買ってしまうような出来事があったりしたら、広めてもらって人にも悪いやん。
 というか、そういうことを考えると、簡単に、広めるのを手伝ってって、なかなか、誰にでも言いにくいし、本心から積極的に賛同している人でなかったら、頼まれたら、ちょっと困るに違いない。

 たとえば、地元のつながりを作るというなら、出身高校を入力するなども、必要かもしれない。
 ただ、出身高校入れても、田舎なので、就職で地元を離れている人が多いと、はいアウト!

 フェイスブックという、余計ないろんなお世話をしてくれるツール越しだろうと、結局は、そこには人間関係がある訳だ。
 ふ~。(TT)

 予定通り、看板作って、チラシ撒こうかな。
 チラシを置いてもらえるところの心当たり、現在2か所。
 ホンマに、友達少ないねん、私。

 あ、ボヤキが、変な方向に行ってしまった。(^^;

 フェイスブックのアカウントを復活して、ちょっと設定とか触ってみて、他の人を見に行って、ちょっとだけ分かった。
 今まで疑問だったことが。

 ただ、ちょっとだけ分かって、思った。
 私なら、追加で欲しい機能がある。
 お友達登録した人のタイムライン(アップされた記事)の更新をお知らせするか、しないかという機能。
 これって、もうちょっと使いやすくなると思う。

 たとえば、私のタイムラインに、カテゴリを付ける。
 「プライベート」「作家活動」「とんぼ玉教室」みたいに。
 で、お友達登録した人は、私の「作家活動」のカテゴリの記事だけ、アップしたらお知らせしてねみたいな設定ができる機能。
 作品を買って下さるお客様で、どんな作品作ったのかなあって興味がある人は、「作家活動」だけで良いし。
 教室を探している人が、どんな教室なのか、雰囲気を知りたいなあと思ったら、とりあえず、「とんぼ玉教室」のカテゴリの記事だけ表示したら、他の物は、表示されない。
 で、プライベートも見たかったら、プライベートも見てみることもできる。
 まあ、ブログのカテゴリと一緒。

 人には、複数の顔がある。
 たとえば、家庭人で、こんな仕事をしていて、趣味は3つとか。
 そうすると、どこで関わる人かによって、カテゴリが、最低5個は欲しいはず。
 天体観測仲間が、プライベートなことも知っても良いかもしれないけど、良くわからない他の趣味のアップがやけに多くてそれをいちいちお知らせされたら、それはそれで、煩わしい。

 それなら、お友達登録で、「グループ」というのを複数作れば良いともいう。
 ただ、私の場合は、「作家活動」も、「とんぼ玉教室」も、フェイスブックのアカウントを持たない人にも公開したいんだ。
 じゃないと、閉じた世界にしか届かないから。
 とすると、「グループ」の機能では、実現できない。

 最初から、そこが疑問だった。
 その手の切り分けができているのか?
 う~ん。
 なんだか。
 もう一歩、がんばれ!

 お友達なら、どこまでも知りたいやんって発想って。
 たとえば、恋人同士だったら、きっと、うざい。

 で、いろいろ考えると、また止まってしまった。

 そこへ持って来て、フェイスブック歴の長い人の話を聞くと、ああ、やっぱり。
 結局、リアルの世界で人付き合いにマメでない人は、ツールが変わっても一緒なのかも知れない。

 という訳で。
 原点に戻って。
 教室の宣伝方法を、考えよう。
 フェイスブックとのかかわりについてって、テーマが変わってたよ、この頃。(^^;

 結局、めんどくさいキャラしてんねん、私。
by glass-fish | 2014-10-16 23:40 | 日常

この頃

 最近は、花弁が多層になっている花を作っています。

 これです。

a0163516_21123920.jpg


 なんか、前に作ったのと似ている。
 たとえば、今年のふく蔵さんの作品展のDMやギャラリーKuさんの作品展のDMに使ったペンダントトップと似ている。
 さらに言えば、ずっとずっと昔の、つぼみのバラとも似ている。
 そういう意味では、目新しさに欠ける気がする。

 が、これら2種類とは、作り方を変えました。
 これら2種類の間くらいの開き加減になってます。
 あえて言えば、つぼみのバラと少し作り方が共通するところがある。
 この2種類で言うと、ふく蔵さんのDMに使ったやり方は、成功率が低すぎて、大変すぎるので、多分もう作らないと思う。
 そもそも、4個お花を作って玉に埋めようと思ったものの、失敗が多すぎて、玉にできず、ペンダントトップになったんやもん。

 というわけで。
 比較的、現実的な成功率で、作れていると思う。
 ちまちま作って、やっと、赤い花が8個作れました。
 ということは、花が4個入った玉が、2個作れるということです。
 さて、玉に擦る段階で、どうなるやら。

 もうちょっと頑張ろう。


 ブログランキングに参加してます。
 よろしくお願いします。↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村
by glass-fish | 2014-10-15 21:20 | とんぼ玉・ガラス

発信が、足りてないのか

 昨日と今日は、小野教室の日でした。

 大阪アート&ハンドメイドバザールで、阪神間の人に、KCC三宮の存在を知られていないことに気づき、加古川の人にKCC加古川の存在を知られておらず、工房のお隣のお姉さんに小野教室の存在を知られていなかった。

 と、他にもいろいろ。

 比較的新しい生徒さんに、どうやって、この教室を見つけられたんですかと、端から聞いていた私。
 そうすると、その質問の答えだけでなくて、その周辺のお話や意見も、教えていただける。

 そういえば、検索のときに、とんぼ玉というキーワードが思いつかず、「ガラス細工 教室」で探したという生徒さんもいた。
 多分、教室一覧みたいなサイトに一度入ってから、ここにたどり着いたらしい。
 そういうサイトの存在も、思えば、ありがたいです。

 とんぼ玉教室を探していた時に、教室の雰囲気を知りたかったので、教室風景画像などが欲しいと思った、とか。
 その生徒さんは、セレブな感じより、小野教室の作業場的雰囲気に、自分に合うと思っていただいたらしい。
 そう、人の写ってない教室画像は上げてたもんね。

 とんぼ玉教室というと、とんぼ玉しかやっていないように思われると思うって、意見もあった。
 実際には、立体も、ドロップも、置物も、吹きも、とんぼ玉に限らず、同じバーナーとガラスでできる範囲で、いろいろ作っているのに。
 と、オリジナルきのこドロップを作っている彼女が言った。
 ずっと作り続けているので、きっと、私が作るよりうまくなっていると思う。

 そういえば、関東に嫁に行った生徒さんは、入り口のところだけ教えたら、一生懸命ドールアイを作っていた。当時、既に、かなりうまくなっていて、お人形にセットして、生徒作品展に出してくれたんだった。

 うん。
 発信が足りてない。
 いろいろ。

 急に反省して、教室案内を、作り直しています。
 が、どうにも、ビルダーの機能を使いこなせてない。
 まあ、できる範囲で頑張るさ。
by glass-fish | 2014-10-13 01:09 | とんぼ玉教室

反省……

 とんぼ玉教室で、またまた、変な反省をした。
 小野教室も、三宮教室も、ホンマに知られてないことに気づいた。
 で、宣伝足りない話を、生徒さんにしていて、話の流れで気づいてしまった。

 ホームページを作っても、ブログを書いてても、「とんぼ玉教室 兵庫」とか、「とんぼ玉教室 神戸」とかでは、初めて調べる人の検索にかかっていない可能性がある。
 もちろん、「とんぼ玉教室 兵庫県小野市」とかでも。
 タイトルも、ストレートには分かりにくいタイトルで。
 タグとやらも付けていない。
 とんぼ玉に関するアップが少なすぎるブログで。
 反省しました。

 というか、少しそういうことを知っている生徒さんに、教えてもらったんです。
 「先生、検索エンジンに、これは検索に値するサイトだと認めてもらえないと、もともと検索の対象外になってしまうようですよ。」
 それに続く、彼女の言葉を、知識なしの頭で一生懸命考えてみた。
 つまり。
 きっとこのブログを、ちゃんとしかるべき使い方をしていて、そのブログ自体に教室の生徒募集が上がっていたり、キーワードを拾ってもらったうえで、そのブログ記事から、教室の詳細のページに飛ぶようにするとか、そうすれば、教室をこのエリアで探している人に、たどり着いてもらえるらしい。

 というわけで、練習がてら、アップすることにしました。


 こないだの月食。 コンデジで、根性で撮った画像。 コンデジは、昼間のように明るく撮れてしまう。
 で、散々探して、行きついたのが、「高速連写モード」。
 さすがに、これなら、暗く撮るしかできなかったらしい。
 やった~、暗い月が写ってます。
 微かに、ウサギ模様も見えるでしょ。(^^)

a0163516_13403768.jpg

 手近にあった、とんぼ玉を引っ張り出す。
 去年作ったハロウィン玉。
 女の子と猫は、ミニミニの立体を作って、あとからクリアで覆った。
 蜘蛛は、インプロージョンの応用で、クリアの中に入っているように作った。
 それを、とんぼ玉に埋めました。 
a0163516_13443360.jpg
a0163516_13444127.jpg
 
 本当は、加古川のとんぼ玉教室の課題のために作った、ハロウィンの立体、カボチャのランタン、魔女、黒猫、オバケ、ガイコツなんかをアップしようと思ったのですが。
 ばたばたして、撮るのを忘れてましたとさ。(^^;


 と、ここまで書いて。
 練習とはいえ、どうやったらいいのか分からないことが、たくさん。
 道のりは遠い・・・・・・(^^;


by glass-fish | 2014-10-10 14:02 | とんぼ玉教室