人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「ビーズアートショー神戸2015」終了しました

 「ビーズアートショー神戸2015」終了しました。
 お越しいただいたみなさま、お買い上げいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

 今年は、苦戦して、帰ってきて売上計算すると、例年の6割止まりでした。
 終わってみれば、最初の2日間は、全体の売り上げの25%。
 最終日に、75%売り上げて、何とか巻き返しました。
 ↑なんてセキララな(^^;

 反省点、いろいろ。
 原因は、大きく2つ。
 一つは、開催期間が、金土日曜日から、木金土曜日になったこと。しかも、三連休前の平日では、お勤めの方は、絶対に来てはいただけないなあと、思いました。
 最初の2日間は、熱心なビーダーさん以外、ほとんど全く来られず。ビーズのキットや材料を買われる方は、ウチを勢いよくスルーして行かれました。(TT)

 もう一つは、ウチの作品と商品が、ちょっと足踏みしていたこと。
 とんぼ玉の製作が、手薄になっていて、私の方は、一年間通しての新作が、二種類しかなかったし、私も弟も、定番商品の補充が足りておらず、お勧めできる物が、少なかったです。
 いつもご好評いただいている、弟の小ぶりのとんぼ玉も、種類が少なめ。
 私の方は、カンザシヤドカリさんがなし。
 そんなこんなこともあって、生徒さんたちに、新作や定番を見に来てねって、あんまり宣伝できず。
 去年まで、生徒さんたちにも、たくさん買っていただいていたことに、あらためて、生徒さんたちのありがたさを、しみじみ実感しておりました。
 そして、素材として使っていただけそうなフュージングビーズも、もっと面白いものを作りたいと思いました。
 そここそ、ビーズアートショーに出している理由だし、ビーズアートショーでは、自称「フュージングビーズの小さいビーズ屋さん」なんだし。そこを面白がってもらいたい私もいるし。
 そこも、今年は、ちょっと手薄でした。

 上田さんとも、ちょびっと反省会。
 上田さんも、横浜、神戸常連の、勝ち組さんの一人ですが。
 上田さんも、私も、テーマは、「変わらなきゃ」で。
 良く聞くあれですね。
 現状維持は、後退で、新しいものを取り入れ続けて努力して、初めて、いつも通りなんだってやつ。
 最終日、次回は、もっと準備万端で(=ちゃんと進化しているってこと)がんばる!って、次回への決意を新たにしてました。

 すみません。
 愚痴から入りました。(^^;

 と、それにしても、最終日の売り上げは、ありがたかったです。
 一気に、息を吹き返しました。
 本当にありがとうございました。

 Tさん、いつもありがとうございます。
 今度の機会には、新作、もっとドッカ~ンと作って、ぐいぐいお勧めできるよう、頑張ります。
 また、よろしくお願いします。

 Oさん、海玉じゃなくて、海ペーパーウェイト、お買い上げありがとうございました。
 すごく、弟の励みになりました。
 やっぱり、とんぼ玉、もっと頑張らななあって、帰り道、エンジンかかってました。

 そのほか、リピーターの方も、結構来て下さり、嬉しかったです。
 いつも姫路から来ていただける方にも、今回もお会いでき、嬉しかったです。いつもありがとうございます。
 他にも、毎年来ていただける方、おぼろげに、顔に記憶のある方も、とてもたくさん来ていただきました。
 最終日は、ビーダーさんではなさそうな、初めての方にも、たくさん来ていただき。
 ご新規の方に、たくさん見ていただけることも、とてもうれしかったです。

 開催の曜日の問題は、曜日の問題として。
 こちらサイドの頑張りどころは、もっとあって。
 来年以降も、ずっと、木金土開催が確定のようですが、がんばり次第では、例年の8割、9割くらいの売り上げは、ちゃんと目指せるんじゃないかなあと、思いました。
 ↑余談ですが。土曜宿泊、ほんとに困難なようで、海外の観光客が、たくさん来られているんですね
 ↑↑そんな時代の変化も、ふと、そんなところで、実感する
 そんなこんなで。
 来年も、出展します。
 申し込みは、まだですが。
 ↑先月、CBSダイクロを、結構注文してしまって、レート次第で価格が分からず、お支払ドキドキのため(^^;
 来週、申し込みをする予定です。


 今回、最初の2日が暇すぎて、いろいろ、新たなことが分かって、そこも刺激になりました。
 今までは最終日が、まったりで、最初の2日が忙しくて、3日目に、かなり疲れた状態で、まったりだったのに対して。
 元気が残っているうちに、暇すぎると、いつもより、周囲のブースに関心が向いて、あらためて、いろいろ思いました。
 それは。
 勝ち組さんが、なぜ勝ち組さんなのか?

 ビーズアートショー神戸には、横浜にも、神戸にも、毎年どちらも出すというツワモノが来られます。
 良く分からないまま、そういう人たちと、お近づきになれるわけです。
 で、あらためて、そういう人たちは、この世界でも、めっちゃ頑張っているすごい人たちなんだなあと、思いました。
 2年前、一つの島に、4つのブースが入っていて、ウチのほかは、その勝ち組さんたちでした。
 輸入ビーズのエイシアさん、ビーダーさんのしのはらみわさん、チェーンメイルの伊藤紅仁恵さんです。
 去年は、ウチは、デモスペースの近くだったのですが、今年は、また、皆さんのお近くでした。
 伊藤さんのキットが、チェーンメイルだったことに、今年初めて気づき。
 すごい馬力で、先頭を、爆走されていたことに、気づきました。
 そういう人たちのブースには、最初の2日も、購入目的で気合を入れたお客様が、ちゃんと来られていて。
 平日の少ない来場者は、その方たちや、今回の目玉の余合ナオミさんや、小沼美紀さんのブースや、ランプワークの小さいビーズのうえだひさこさんのブース、他、まだちゃんと存じ上げないキット販売の勝ち組さんたちのところを目指して行かれるという訳で。
 エイシアさん、しのはらさん、伊藤さんは、最初の2日、全く例年通りに売れているとおっしゃってました。
 すごい。

 ちなみに。
 初日に、ウチの生徒さんが、余合ナオミさんのワークショップを受けられていて。
 樹脂粘土にスワロの#1088というブリリアントカットみたいなカットのクリスタルを、パヴェ(彫金の石畳細工)のように敷き詰めて作った花びらが5枚合わさったお花を作るというもので。
 大きなクリスタルガラスらしきガラスを四角いファセットカットにしたものを中心に、先に作ったお花数個を、周辺に配していくという、大変ゴージャスなコスチュームジュエリーを作るというもので。
 中心のファセッカットのガラスや、特注らしき透かしパーツも、数に限りがあるらしく、とてもプレミアム感満載のキットを使ってのワークショップだったようです。
 樹脂の固まる時間の関係や、パヴェを敷き詰める手間などから、この後の完成は、お家でということだったそうです。
 この樹脂のは、貴和製作所の梅田店で、見たかも。多分、新しい。
 有名な人は、やっぱり、馬力があるのか、早いです。
 余合さんのブースには、初日の朝、ワークショップは受けないけれど、彼女のキットが欲しいというファンの方で、黒山の人だかりができていました。
 しのはらさんや伊藤さんのブースも、似たようなもので、初日の朝一、人だかりがすごくて、その後も、波のように、人が押し寄せては引くを繰り返していました。

 2日目。
 去年お隣のブースだった、元気な大阪マダムが、来てくださって、お買い上げいただきました。
 あれから、その出店していた会社を辞めて独立され、ご自分でマクラメのワークショップなどをされているようで、ウチのビーズも、その時に使われるんだそうです。
 彼女は、その後、小沼さんのワークショップに行かれました。
 アーティスティックワイヤーの輸入代理店のブースで、新製品の平たくて幅のあるワイヤーを使った小沼美紀さんのワークショップがあって、それを受講されたのです。
 そういえば、その新製品のアクセサリーを、たくさんの来場者が、付けて歩かれていました。
 初日の帰りに、パーツクラブに寄って、アーティスティックワイヤーのノンターニッシュシルバーという色のを買ったけど、会場で売ってました。こっちが、仕入れ元で、パーツクラブさんに卸しているんですって。(^^;
 なんで、ノンターニッシュシルバーという色名なのか、開場前の朝の内にに立ち寄った時に、教えてもらいました。
 他のお話も、聞けて、とってもためになりました。

 結論。 
 ビーズアートショー神戸は、横浜と比べてしょぼいと思っていたけど。
 毎年、横浜も神戸も出されるツワモノさんたちや、卸のひとたち、ゲストでよばれる有名作家さん、そういう人たちは、濃かった。
 そして、そういうところで、ワークショップを受ける人たちの中には、自分自身が先生でというビーダーさんも多く。
 ビーダーさんたちにとっての、ビーズアートショーというものの意味が、あらためて見えた気がしました。
 面白かった。
 たくさん、お勉強になりました。
 で、私も、頑張ろうって、気合入りました。

 ちなみに。
 「ビーズアートショー横浜2016春」は、数週間前に、申し込み済みです。
 横浜、初出展します!
 勝ち組さんたちに、「横浜初参戦ですね、また次は、横浜で」って、言っていただきました。
 すごく楽しみです。

 この冬は、気合を入れて、いろいろ頑張ります!

 と、そんなこんなで。
 みなさま、いろいろ、ありがとうございました。
by glass-fish | 2015-11-22 04:33 | 作品展、イベント

「ビーズアートショー神戸2015」開催中です

 「ビーズアートショー神戸2015」開催中です。

 2015年11月19日(木)、20日(金)、21日(土)の、3日間です。
 10:00~18:00(最終日は、17時まで)
 場所は、デザイン・クリエイティブセンター神戸 (KIITO)

 休日は、土曜日のみです。
 今回は、日曜日は、日程に入っていませんのでご注意ください。

 お買い得品が、いっぱいです。

a0163516_014761.jpg


 今回の新作の一つです。↑
 まだ、定番化していないデザインのため、お買い得価格、1000円です。

a0163516_02447.jpg


 ビーズあれこれ、500円均一も。↑

a0163516_021580.jpg


 こちらも、今回のために作った新作。↑
 ガラス部分は、シルバー色のダイクロイックガラスのキラキラした面を、浅いお皿のような形に焼き付けて、その上から、穴を開け、スワロフスキーを張った物。
 このスワロフスキーは、裏が平坦なタイプではなくて、ちゃんと、ダイヤモンドみたいに裏側が尖った形なので、ひときわキラキラします。
 ガラス部分には、上下に穴があけてあるので、下の部分に、ドロップ型のコットンパールを合わせました。
 前にアップしたものよりも、大ぶりのパールで、大人カッコイイ感じで、使っていただけるかも。
 他にはないデザインで、今回は、お買い得、2000円です。

a0163516_022711.jpg


 こちらは、クリスマスをイメージして作った物。↑
 シンプルにトップだけ組んだものは、1800円。
 どちらも、模様部分は、私の手書き原稿を元にして作った模様です。

 他にも、弟が追加で作っていたとんぼ玉を、今日電気炉から出してきていたので、チョーカーに組んだできたてほやほやも、明日、追加で持って行きます。
 アーケロンも、できてました。

 いろいろご用意して、お待ちしてます!
 ぜひ、お越しくださいね。
by glass-fish | 2015-11-19 23:57 | 対面販売、手作り市、弘法市

ビーズアートショー神戸2015

 「ビーズアートショー神戸2015」明日からです。

 2015年11月19日(木)、20日(金)、21日(土)の、3日間です。
 10:00~18:00(最終日は、17時まで)
 場所は、デザイン・クリエイティブセンター神戸 (KIITO)

 休日は、土曜日のみです。
 今回は、日曜日は、日程に入っていませんのでご注意ください。

 フュージングを、あれこれ作りました。
 画像が、今、手元で組んでいた物しかないので、ちょっとだけですが。

a0163516_9383218.jpg


a0163516_9384980.jpg


 ダイクロイックガラスに、サンドブラストを入れて模様を付けた物と、色ガラスを重ねて焼いたものです。
 模様は、手書きしたものを、スキャナで取り込んで、線を整えたり、悪戦苦闘して整えた物です。
 緑色の方は、クリスマスシーズンなので、キラキラを意識して、トレンドのコットンパールと合わせた物です。

 ビーズワークにも使っていただける、単体のビーズも、作りました。
 お買い得品も、いろいろあります。
 今年は、例年より、ビーズアートショーのために、新たに作った物が多いです。
 ぜひ、お越しくださいね。

 弟は、恐竜玉を作ってました。
 ランプワークの現在に出した恐竜玉は、やや首が短めのクビナガリュウが乗っかっていますが、今回は、アーケロンを乗せると言ってました。
 アーケロン、恐竜時代のカメですね。
 できたんでしょうか?
 あれから、まだ聞いてませんが・・・・・・・
 こちらも、乞うご期待!?

 それでは、お待ちしてます!

 あ、追い込みが待ってるんです。(TT)
 がんばろう!
by glass-fish | 2015-11-18 09:46 | 対面販売、手作り市、弘法市

三宮教室

 今日は、三宮の教室の日でした。
 今日から、とんぼ玉ミュージアムでの開催です。

 生徒さんたちは、やはり、慣れないため、一般のお客様たちが、ちょっと気になったようでした。

 さて、私はというと。
 とんぼ玉ミュージアムへは、天気のいい日は、阪急三宮駅の西口が、一番近いため。
 久しぶりに、阪急三宮のの西口を出たのですが。
 テンションが、ぐぐぐっと、上がって来ました。

 この感じ。
 去年の、ビーズアートショーの最終日、神戸マラソンの日のシチュエーションと、被ったんでしょう。
 都会の朝の空気を吸って、ちょっと、ハイなモードに、スイッチが入っていました。
 今までは、地下で下りて、地下を通ってエレベーターに乗り、外に出ることなく、そのまま地下を通って帰るというのも、珍しいことではなく。なんか、三宮へ来たっていう、実感が薄かったんです、きっと。
 思えば、三宮に何かの用事で来ても、朝から目的地へ通うということって、なかったんですよね。
 大学は、静かな住宅地の中だったし。
 たまには、エエかも、都会の朝の空気!
 月二回くらいが、ちょうどエエかも。

 教室の環境も、思いがけず、快適なことが。
 ちょっと狭い感のある距離感のため、みなさんの作業が、一斉に、良く見える。
 これは!
 追々、バーナーや工具の置き方を工夫して、快適な位置関係を探そうと思います。

 それにつけても。
 別の意味で、気が散る。
 モニターに映し出されている、ビットリオ・コンスタンティーニのデモの様子。
 つい、目が吸い寄せられるんだわ。
 かなり、幸せかも。
 ↑時々来た時にも流してるDVDなんだけど
 そして、生徒さんたちも、周りのあれこれチェック。
 ランマガの技法紹介の作品の実物が、ケースに並んでいる。
 そういえば、展示を見に来ているはずなのに、立ち位置が変わると、今まで見えなかったものが、見えてきて。
 あ、「竹内さんのムリーニの端っこ」「いや~!ホーリー・クーパーさんのデモ玉が、ステン棒に刺さったまま、さり気に置いてある」などなど、皆さんのテンションも、上がった。
 改めてみると、お宝だらけです。

 だから、今までも来てるやろ!
 って話なのですが。
 腰を落ち着けると、あらためて、贅沢な環境に気づく。
 最初だから、特にだろうとは思う。
 そのうち慣れちゃうのかなあ。
 いや、きっと、惰性にはならない気がする。
 作品が、パワーを発しているから。
 ↑変な意味じゃなく(^^;

 いつも、バカ話炸裂みたいなこともあって。
 でもなあ、一般の方がいる前で、もう無理やんなって、生徒さんたちと、前に話してたけど。
 バーナーの音もあるので、意外と、大声でなかったら、行けてしまうことが分かり。
 ラッキー!
 それでも、今日一日。
 珍しく、ほぼ、ガラス話ばっかりでした。

 一人、お疲れのため、お休みされていたのが残念でしたが。
 早く彼女にも、復活してほしいです。
 ガラス好きさんには、楽しい環境です。

 どうかな~?って思ったけど。
 いい感じで、ホッとしました。
 スタッフのみなさまも、ありがとう!
by glass-fish | 2015-11-12 01:21 | とんぼ玉教室

ランプワークの現在(いま)とんぼ玉部門

今、他の人のブログを見に行って気づきました。
KOBEとんぼ玉ミュージアムの企画展が、始まっていました。

「ランプワークの現在(いま)とんぼ玉部門」に、出展中です。
会期は、2015年10月15日(土)~ 2016年1月4日(月)です。

ビーズアートショーKOBEが、目の前なので、そっちでいっぱいいっぱいになってしまってました。(^^;
↑おいおい
「ランプワークの現在」、明日、見て来ます。
他の方々の作品を、拝見できるのが楽しみです。

私の作品5点と、弟の作品4点が、展示されています。
お近くのみなさま、ぜひ、ご覧くださいね。
by glass-fish | 2015-11-10 23:23 | とんぼ玉・ガラス

フュージング、製作中

 フュージング製作中です。
 (また、画像はありません)

 フュージングというのは、板ガラスなどを、必要な形に切って、重ねあわせて電気炉で焼くというもので。
 大きなものを作っている方は、オブジェなども作っておられる。
 こうなってくると、加熱もゆっくりして、冷ます折の徐冷も、とても時間をかけてやらないと、電気炉の中で割れてしまう。
 場合によっては、ゆっくり冷まさなかった大きなものを、急に加熱したら、電気炉の中で、爆発して、破片が電気炉の石膏ボードに刺さっているなんてことも、あり得るんです。
 一回の焼きで、電気炉が、一週間ふさがっているなんて言う話も、聞きます。

 が、私が作っているのは、小さなものなので、そこまでは慎重にしなくても大丈夫。

 重ねあわせたものが、ずれて落ちないように、焼きとばせる糊を使ってガラスを固定することもあり。
 この糊が気になる時は、私は、ガラス表面が柔らかくなる前の温度で、10分~30分キープして、糊が焼け飛んだかなという時間になったら、目的のガラスが溶ける温度まで上げて行きます。
 この間、2時間弱ですね。
 好みの状態までできたら、電源を切って、自然に温度が下がるようにすることが多いです。
 電気炉の予熱で、自然に温度が下がるのに、5時間くらいは放っておきます。
 そんな訳なので、フュージングはある程度まとめて作りつつも、思いつきでホイホイ作れる感じではなく。
 一種類作るのに、3回くらい焼く物もあります。
 無計画に取りかかると、時間が無くなってしまうという、怖さもあります。
 とまあ。
 そんな訳で、微妙に、時間が無くなりそうな物が・・・・・・(^^;

 ビーズアートショーなので、結構、小物を用意します。
 ビーズアートショーの折には、とんぼ玉作家というよりは、フュージングの小物屋さんになります。

 あ、もちろん、とんぼ玉も持って行きます。
 すみとさんに出した作品と、その後とんぼ玉ミュージアムのとんぼ玉展覧に出すために追加で作った物と同時に、数個作った物があって(アカクラゲ2個他)、その辺も持って行きます。
 夏の、奈良の阿字万字さんでの作品展では、アカクラゲが間に合わず、出せなかったりして。
 関西では、とんぼ玉ミュージアムに出したもの以外では、アカクラゲは、初めて登場です。

 ここ一か月は、フュージング屋さんになっています。
 スイッチが入って、初めて、フュージングで作ってみたいあれこれが、広がって行くわけですが。
 デザインや、細かいところが詰められないと、形にならないもので。
 思いついたものの、完成イメージまで、まだ7割しか詰まってないため、先送りということも、いつものことです。
 先送りしたものを、先でちゃんと思い出せたらいいのですが。
 良く、そのまま忘れてしまいます。
 いま、微妙に時間切れになりそうなものも、先でまた思い出せるように、ある程度の形にはしたいです。
 明日と明後日の2日間で、大雑把に作り、後は、教室日程の谷間に、何とか仕上げたいです。

 と、そんなこんなで。
 そろそろ、写真が撮れそうなものも、ないこともない。
 いや、まだ、ないかも。

 がんばります。(^^;
by glass-fish | 2015-11-09 02:20 | とんぼ玉・ガラス

葉見ず花見ず

 はみずずはなみず。
 彼岸花(=曼珠沙華)の別名だと聞いたことがあります。

 葉っぱは、花を見ることはなく、花は、葉っぱを見ることがない。

 彼岸花が、狂い咲いていました。

a0163516_23244657.jpg


 今年は、早く涼しくなったので、秋のお彼岸より、ずっと早く彼岸花が咲き始めました。
 しろちゃんが死んでしまう直前の秋は、いつまでもあたたかく10月に入ってやっと咲いたのですが。
 ほんと、彼岸花は、気温で咲くんですねえ。

 今年は、早く咲いてしまい。
 でも、寒くなるのも遅いのか、また咲いていた。
 一本でなくて、数本。

 ところで、彼岸花の葉っぱって、ご存知ですか?
 画像の中で、狂い咲いた彼岸花の傍から、細長くて、先が丸くて、テカテカとつやのある葉っぱの束が出ていますが、それが、彼岸花の葉っぱです。
 畦道なんかに、よく生えてますよね。
 あれなんです。

 「葉見ず花見ず」なのに。
 葉っぱと花が遭遇しているよ。
 普通はない光景なので、画像に収めました。

 話は変わって。

 ランちゃんと、父。↓

a0163516_23302895.jpg


 私が彼岸花を撮っている間、彼岸花の隣で、ひっつき虫(=植物の種)を体中に付けていたのでした。
 で、家に帰ってから、父に、取ってもらっている所です。
 動けないため、おとなしくカメラに収まってくれたランちゃんでした。
 ちゃんと写ると、ちゃんと可愛いんですよ、ランちゃん。

 あ、また、ガラスネタじゃなかった。(^^;

 最近は、フュージングを製作中。
 小物ばっかり作ってます。
 ビーズアートショー神戸に向けて、あれこれ作ってます。
 また、近いうちに、アップしますね。
by glass-fish | 2015-11-04 23:35 | 日常