人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

横浜行きは、盛りだくさんでした

 前日搬入が始まる前に、鎌倉へ行きました。
 というのは、「とんぼ玉春日」さんという、とんぼ玉のお店に寄るため。
 小湊さんのご紹介で、4月の終わりごろ、とんぼ玉を始めて納品しました。

 鎌倉に着いて、春日さんの開店より、一時間くらい早く着いたので、「鎌倉彫り資料館」に行きました。
 で。
 鎌倉彫りに、ノックアウト。
 素晴らしい!
 めっちゃ良い!
 昔、少女マンガの読みきりで、鎌倉彫りをお仕事にしたい女の子が主人公というマンガで、そういうのがあるのは知っていた。
 その後、写真でちょっと見たり、何となく、あることは認識していたけど。
 資料館に置いてある作品は、ホンマに素晴らしいと思いました。

 資料館を出て、鎌倉駅前まで戻り、あらためて、小町通りを端から歩いて、気になるお店にちょこちょこ偵察に入り。
 かなり、鶴岡八幡宮に近い所まで来て、春日さんに入りました。
 セキララに言うと。
 小さいお店で驚きました。

 お店でお話をして、その後、小町通りを少し外れたところにあるお店に案内してもらってランチ。
 鶴岡八幡宮を目指して歩き、春日さんのお知り合いの、境内で白蛇のお守りを描くテキ屋のおじさんとお話し。
 鶴岡八幡宮にお参りして、お土産に小さなお守りを買い。
 帰り道に、鎌倉彫のお店に入りました。

 その間、春日さんにお聞きしたお話、鎌倉事情が、とっても面白かったです。

 鶴岡八幡で。

a0163516_051281.jpg


 ランチはこんな感じ。

a0163516_053415.jpg


 あんまり、夢を壊すような話を書くのもなあと思うのですが。
 自営業をするようになって、変なソロバン勘定をすることがあります。
 ふむふむ。
 興味深いんだわ。

 つまり、鎌倉の小町通りは、とりわけ家賃が高いということなんです。
 「とんぼ玉春日」さんに着くまでの、道々に通り過ぎたり、入ったりしたお店を思い出しつつ、フムフムと納得する。
 どこもそうなんでしょうけど。
 流行もののお店が多い。
 お店の入れ替わりも早いんですって。
 小町通りの印象は、内容にこだわる前に、流行を追って、手っ取り早い利益を追求するお店が多いなあということでした。

 ランチに入ったお店は、その点、真逆。
 小町通りを外れた、ちょっと古びた食堂風。
 ランチメニューは、日替わりお任せの一種類のみ。
 鎌倉野菜をふんだんに使ったメニューで、さんまの煮つけもあって、何と、800円。
 日替わりのお任せのみというのは、ロスを出さない工夫です。
 そうして、手堅い内容を維持しつつ、長年、営業を続けている。
 お店の中に書かれたお客様へのお願いも、なかなか、良い感じ。
 お食事中の他のお客様のため、上着は、外で脱いでからお入りください、等。

 そして「とんぼ玉春日」さん。
 小っちゃいお店ですが。
 小っちゃいお店の割に、商品は売れているみたい。
 そもそも、それよりも立派な店構えのガラスショップに入ったところで、輸入物らしきどこかで見た、ありがちな感じを感じさせるもので。
 私が修学旅行生くらいなら、買うかもしれない。
 でも、ちょっと本物を求めるなら、買わない。
 だから、なんでしょうね。
 春日さんに、リピーターさんがつくのは。

 関東屈指の観光地の、厳しいサバイバル事情に、別世界を感じてワクワクしました。

 でもね。
 がっさがさと物を売る商売だけではなくて、ちゃんと、落ち着いた鎌倉彫りみたいな本物があることが、鎌倉の魅力を下支えしているんだなあと思いました。


 さて、横浜。
 前日搬入の帰り道。
 ちょっとだけ、マジックアワーには遅めの時間。
 でも、水辺は、夕日で、少しだけキラキラしていました。

 
a0163516_0232123.jpg


 ビーズアートショー初日の朝のディスプレイ。

a0163516_0242583.jpg


 宅急便で荷物を運ぶので、こだわらず、コンパクトにしました。
 来年に向けては、そこも課題ですね。
 お隣の、オトメ心をつかむのがうまいお姐さんも、ちらっとだけ、写ってます。

 そしてこの玉。

a0163516_02612.jpg


 教室のデモの玉を、売っているのですが、それを、素材としてたくさん買って下さった方が、約束通り、2日目にもう一度来られて。
 なんと、27年くらい前に入手されたという、飯降さんのとんぼ玉を、見せてくださいました。
 なんか、独特の色ですね。
 多分、サタケのあの色の、昔の色。
 サタケガラスも、同じ色番なのに、年々、色調が変化してしまう色があります。
 人間の記憶の曖昧さでしょうか。
 色番で言えば、きっとあの色。
 でも、今の色と、少し違います。
 カメラマンの松澤さんにも、自慢(って、私のじゃないですが)しに行ったら、食いついてくださいまして。
 芯の太さもチェック。5~6mmかなあって。
 そうか、そこか。
 そんなところにも、時代を感じます。

 2日目の夕方、飛鳥Ⅱが入港しまして。
 3日目の朝、大桟橋の建物の入り口のところから、撮影。

a0163516_0355075.jpg


 低いところから見上げた撮り方の方が、大きさ感じます。
 
 そして、その日、11時に出港。
 大桟橋ホールの中から、見送りました。

a0163516_037252.jpg


 会場内が、逆光で、暗く写ってますが。
 これも、ちょっと面白い眺めかなって、思います。

 ほんとに盛りだくさんだった4日間。
 ただ、ビーズアートショーが始まってからの方が、写真が少ない。
 そんなところに、ちょっとだけ、いっぱいいっぱい感があるんだろうないっつも、と思うのでした。
by glass-fish | 2016-05-23 00:39 | 作品展、イベント

ビーズアートショー横浜2016春、終了しました

 ビーズアートショー横浜2016春、終了しました。
 お越しいただいたみなさま、お買い上げいただいたみなさま、そして、そのほかの多くのみなさま、本当にありがとうございました。

 結果・・・・・・やや撃沈?
 売上だけ見れば・・・・・・
 ブース代、新幹線代、宿泊代、送料、旅行のためのちょっとした買い物、3日間の店番の人件費と、プラスアルファくらいは出ました。
 もう少し、製作費分が出たらギリギリ、さらに売れて何とか成功、ってところなので。

 が、また出したい気持ちが、めっちゃしてます。
 というのは、ほんとに、楽しくて、楽しくて。
 いろんな情報ももらえたし、それ以上に、いろんな人と関わる楽しさで。
 がんばって、ショップ販売を立て直し、しっかり稼いで、やや撃沈くらいでも「趣味」で出せるよう、頑張ろうかな。
 もちろん、商品の内容でも、もっと工夫したいと思ったし。
 一応、申し込みのキャンセル料がかからない1月いっぱいまで、ペンディングですが、出せる方向で、今後あれこれ頑張ろうと思います。

 まずは、撤収の折、手伝って下さったKさん、本当にありがとうございました。
 初めてだったので、撤収が一番不安だったんです。
 めっちゃ嬉しかったです。
 
 初めての横浜ですが、知っている人がいっぱいなので、(撤収以外は)心細さは全く感じず。
 神戸の常連のビーズ作家さんたちも大勢いらっしゃったし。
 ランプワークブースでは、お馴染みの人々もいらっしゃったし、そして初めてお会いする人たちも、とっても興味深い人々で。

 というか。
 ビーズアートショーに出展している女子たちは、総じて「オトコマエ」な人が多いです。
 お片付けでテンパっている私が、一番、ヘタレな気がします。(^^;
 きっと、みなさん、最初からそうだったわけではないでしょうけど、場数を踏んで、強くなった感じ。
 そして、そういう人は、そういう人が好き。きっと。

 お隣で出店していたこともあり、最も、彼女のトークを聞く時間が長かったこともあるのですが。
 「AA Angel」さん、ホンマに良い感じでした。
 テキ屋さんの空気満載で、東寺時代を思い出しました。
 そして、オトメのハートをつかむのがうまい。
 やり手のテキ屋さんのお姐さんは、やっぱりハートがオトメなんですねえ。
 理詰めで考えがちな私に足りていない感覚を、お隣で学ばせていただきました。

 ランプワークブースは、居心地良くて、快適です。
 でも、神戸みたいに、ばらけていて、ビーズ作家さんとお近づきになれるのもまた楽しい。
 癖になるわ。

 神戸も、横浜も、ちゃんと利益が出るように、まじめに対策を考えることとして。
 今後も、対面販売は、ビーズアートショー横浜春と、神戸の、年間2回で行けたらなあと考えています。

 という訳で。
 本当に、みなさま、楽しかったです。
 ありがとうございました。
by glass-fish | 2016-05-22 23:10 | 作品展、イベント

ビーズアートショー、明日、最終日です

ビーズアートショー横浜、2日間が、終了しました。
経費分は、何とか・・・
後は、明日、頑張らねばです。

前日搬入の日から、毎日女子会で、毎日楽しいです!

というわけで。
↑どういうわけ?

お近くのみなさま、ぜひ、お越し下さいね。
お待ちしてます!

by glass-fish | 2016-05-20 22:12 | 作品展、イベント

明日、横浜の前日搬入です

明日、横浜のビーズアートショーの前日搬入です。
行きに、寄る所があるので、早朝に出発します。

今回は、私と弟の大きなとんぼ玉を少しと、日常に使っていただきやすいとんぼ玉のアクセサリーと、フュージングのアクセサリー、フュージングの単体のビーズなどを持って行きます。
神戸の時と、同じ感じです。

ただ、せっかく、横浜に出すのだから、もっと、こんなのを用意できたら良かったのに、とか、思ったりして。
それはまた、他の機会の課題ということで。

あさってからのビーズアートショー横浜、横浜港大さん橋ホールで、お待ちしてます。

by glass-fish | 2016-05-17 09:17 | 作品展、イベント

ビーズアートショーの荷物を発送

 ビーズアートショー横浜の荷物を、金曜日に発送しました。
 時刻からすると、金曜の最終便には間に合ってないので、土曜の便で、横浜に向かうと思います。

 土曜日は、弟が姫路教室へ行くのに車を使うので、車はつかえず。
 このまま、土、日、月は教室。
 火曜日に、着替えを準備したら、水曜は前日搬入です。
 なんだか、ドタバタです。

 荷造りの箱は、3個口に分割。
 送料はともかく、早くしまえるように考えてないと撤収が不安だからです。

 これで、泣いても笑っても、当日を迎えるだけ。
 頭を切り替えて、教室で、気分転換しようっと。
by glass-fish | 2016-05-13 23:43 | 作品展、イベント

神戸国際宝飾展で・・・・・・

 今日は、三宮の教室の日でした。

 ビーズアートショーのプレッシャーに押しつぶされそうになりつつ・・・・・・
 帰りに、ポートアイランドで開催中の神戸国際宝飾展に行って来ました。
 現地滞在時間は、3時間くらい。
 資金も乏しいし、長時間いてもね。

 という訳で。
 本日の戦利品。

 いつも、同じところで買ってる。
 今日は、石関係は、2か所でしか買わなかったけど。
 他で見た、デンドライトクオーツが欲しかった。17000円くらいしてました。
 あの位、立派なのが、どうせなら欲しい。
 来年、買えるように、頑張ってお仕事せねば・・・・・・

 まずは、これ。
 実は、最初気づかず、同じブースで2回目の買い物をしているときに、ふと目に入って、速攻、買うことを決めました。
 まあ、そんなに高額でもないので、速攻決められるともいう。

a0163516_2219211.jpg


 ソノラサンセット?
 鉱物名ではないと思う。
 ここの店主の話からしたら。
 もしや、またまた、アリゾナ産かしらん?

a0163516_22193580.jpg


 こちらは、そこで、最初の買い物で買った物。
 キングストンコングロメレイト?これも、きっと、鉱物名じゃないと思う。
 もしや、またまた、アリゾナ産かしらん?

 命名法が、似ているというか。
 地名+見た目の特徴。
 実は、ワイルドホーンジャスパーというのも買いました。
 これが、アリゾナ産らしい。

 結論。
 私、数少ない戦利品の内、3個が、多分、同じオヤジ(アリゾナの)が掘り出した、一つの鉱物の、特徴の違う部分を切り出して磨いたものだったんじゃないかしらん?
 本で調べると、似ていると思ったのが、「キュープライト」日本語で言うと、「銅鉱石」です。
 めっちゃありふれた石ではないでしょうか?
 景色のいいところを、山梨で磨いたから、このお値段か?
 自分で、景色のいいところを取り出して、磨きたいです。
 楽しそうやん。

 「ソノラサンセット」見た瞬間に、銅青と銅赤が、隣り合っていると、直感的に思った。
 マイブームなんです。
 調べてみて、出て来たキュープライトの特徴が、「自然銅を伴って算出することが多い」だそうで。
 それ見た瞬間に、「キングストンコングロメレイト」の金属色を思い出した。
 これも、キュープライト?
 すると、ワイルドホーンジャスパーも?
 でも、ジャスパーは、ジャスパーやもんね。

 まあ、マイブームなんですね。
 そんなときもある。
 というか、景色の違いが楽しめて、それはそれで良いか。

 アジューライトマラカイトとクリソコーラも欲しかったけど、今回のアジューライトマラカイトとクリソコーラには、呼ばれなかった。
 呼ばれる個体と出会ったら、その時買おう。

 という訳で。
 もう一つ。

a0163516_22194748.jpg


 メキシコオパール。
 もしやと思って、コレクションボックスをあけてみると、持ってました。
 カボッションカットの、色がそっくりなのを。
 「カン」と書いてあるので、クラックが入っているため、お買い得だったんだね。
 今日買ったのは、クラックはないはず。
 ファセットカットされていると、いろんな方向に屈折しているので、遊色が、何色も一気に見えて、きれいです。
 人工オパールもきれいですが。
 もっとはかなげな遊色です。
 何個欲しいねん!
 いったい、何個買うつもりやねん。

 まあ持病ですね。
 もう、治らないと思う。(^^;
 買うと、幸せな気持ちになる。

 ああ、私も、手に取った人が幸せな気持ちになる何かを、作りたいなあ。
 オパールを眺めつつ、そんな妄想を膨らませるのだった。

 あ、荷造り。
 そうそう。
 単体のとんぼ玉を入れるポーチは、買ってきました。
 ↑言い訳も良い所(^^;

 がんばれ、私!
 しばらく、じっくりバーナーできそうにない、そんなときに限って、無性に作りたくなる。
 この気持ちが、今月いっぱいくらい、持てばいいんですけどね。
by glass-fish | 2016-05-11 22:44

ビーズアートショー横浜、準備中

 ビーズアートショー横浜のディスプレイを考えてました。
 あれ、神戸より、広いかも。
 というか、四角いかも。

 去年の神戸で、けっこう、良い感じにディスプレイをされていた人を思い出し。
 なんか、私も頑張りたい気持ちがなくはなかったのですが・・・・・・
 才能の欠如というか。
 根性がないというか。
 シンプルにすることにしました。

 荷造り要るしさ。
 出し入れに時間がかかるのは、無理やし。

 大体、お片付けが遅いパターンなので、プレッシャーで壊れそうです。(TT)
 それも、弟と二人係の撤収で、いつもおそい。
 今回は、一人ですから。
 会場に荷物を送るのも初めてだし。

 まあ、せめてもの救いが、季節がら、衣服の荷物は少なくて済む。

 という訳で。
 今回も、立体的ディスプレイなど、夢のまた夢。
 平面的に、並べると思います。
 がんばろう。

 愚痴にしかなってないな、このブログ。(^^;
by glass-fish | 2016-05-09 02:08 | 作品展、イベント

「ビーズアートショー横浜」に向けて、変な物掘り出し中

 春のビーズアートショー横浜、2016、間もなくですね。

 ドキドキして来ました。
 初参加です。

 横浜・・・・・・昔、ちょびっとだけ寄ったことがある。
 ほぼ初めてくらいの感じ。

 が、毎度のことですが、何出したらいいんだ?
 モードに入って来ました。
 神戸の時も、いつもそうです。
 で、結局、何とかなるか?みたいな。

 というわけで。
 奥の手。
 いろいろ、変な物掘り出し中です。
 フュージングのビーズです。

a0163516_4332454.jpg


 まず、昔作ったチェックのビーズ。
 板ガラスを、4ミリくらいの短冊に切って、断面(1.6~2ミリ程度の厚さ)を上に向けてストライプの板ガラスを作り、それを、90℃ずらしてチェックにする。
 横から見てもらうと、ストライプのガラスが、上下に重なっているのが見えます。
 しかも、穴が十字に、その上、中心をずらして開けてある。

 これ、ビーズアートショーを狙って、昔作ったんです。

 変な使い方できるかなあとか。
 でも、結構外した。
 横浜のお客様、変な物、欲しがって下さるだろうか?
 言うても、超有名なビーズ作家さんたちも、たくさんいらっしゃるようだし、お客様もめっちゃ多様なはずで、こんなん見たことない!みたいなものを、求めて下さらないだろうか・・・・・・
 今見ると、色は、シックな色目にしてました。
 ぜひ!

a0163516_4333990.jpg


 これは、もっと前に作った物。
 モレッティで、透明コバルトなどの色ガラスと、泡でツイストというかレースを作り、板ガラスに焼き付け、それを割って、カボッション型の物を焼き、さらに半分にしてからドリルで穴を開けて、もう一回焼いています。
 昔は、こういうのも、作ってたんですね。
 これに、ワックスコードを通して、ペンダントにして売っていた。
 いつしか、そういうザックリしたつくりの物が売れなくなって、出さなくなった。
 今思えば、ザックリしたつくりだからいけないねんね。
 ガラス部分はきれいですよ。

a0163516_4335120.jpg


 これは、去年のビーズアートショー神戸の直前に作りかかっていた物。
 細いスティック状のガラスの両サイドに、2個の穴が通っている。
 真ん中から少し降ったところに、方穴が開いている。
 これ、もうちょっとだけ手を入れて、焼きなおします。
 真ん中から少し降ったところの穴、ここに、スワロフスキーの#1028/#1088っていう、後がコーン型に尖ったカットの物を、接着できるように、すり鉢状にしてから、もう一回焼いてつるっとさせて仕上げようと思います。

 めっちゃ変わった使い方ができそうなもの。
 誰か、要りませんか?

 それから。
 とんぼ玉は、去年の秋ごろに、やっと形になった真ん中の4本の足にヒダヒダが入ったアカクラゲの玉と、弟のシーラカンスとオーム貝の玉も、持って行きます。
 お約束の、金魚玉とかも、多分あるはずなので、持って行きますね。

 お楽しみに!

 というか、旅行鞄、ない・・・・・・
 どうする私。
 ディスプレイもさ。

 がんばります。
by glass-fish | 2016-05-05 04:50 | 作品展、イベント