人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

骨休めのはずが、交通事故の目撃者になったのだった

 工房に行った物の、バーナーに火をつける意欲が湧いてこず、ぼんやり座っていると、そのまま、椅子に座ったまま、一時間以上寝てしまった。
 それが、数日前のこと。
 さすがに、介護疲れというか、雑用疲れというか。
 この意欲の湧かない感に、危機感を感じた。
 前にもこんなことがあった。
 会社員の頃。
 鬱の前段階みたいな感じ。
 これは、早めに休んでおいた方が良い、そう思った。

 と、そんなこんなで。
 骨休めのため、母に、介護施設に2泊してもらった。

 時間に追われず、土曜日を過ごした。何をしたか、あんまり覚えてない。
 で、8日、日曜日。
 まあ、母が帰ってくる夕方まで、まだまだ余裕があるし。
 初めて、甥の野球の試合を見に行くことにした。
 なんてったって、今日の試合は、母校なので、自転車で行けてしまうのだ。
 車で行って良いか、聞くのを忘れていたので。
 30年以上、踏み込んでいない、母校のグランドなのだった。

 バックネット裏で、試合を見ていたんだけど。
 テレビで見ていると、試合運びって、めっちゃ分かりやすいんだけど。
 選手と同じ目線の高さから見ると、慣れてないと、分からへんねんやなあ。
 ↑ヘンな驚き。
 しかも。
 ネットがあるから良いとして、硬球が飛んでくるのって、めっちゃ怖い。
 そんなスリルも楽しみつつ。
 まあ、甥は、何をしててもカワイイさ。
 うんうん。(^^)
 ↑試合、ちゃんと見てるんか?
 甥のチームが、気持ちよく勝ったのを見届け。

 高校のすぐそばの市営の駐輪場に止めた自転車に乗り、家路についたんですけどね。
 赤信号なので、止まって待っていた。
 ↑私は、西から東へ向かいつつ、東向きに立っていた
 目の前を、左からやって来た軽トラが、直進でもなく左折でもない、その中間のあたり目がけてギュウウウウンと、加速するのに気付いて。
 ああ!角の昔タバコ屋だった建物に激突する!
 と思ったけど、少し左にカーブする軌道を描いて、タバコ屋を避け、空き地に突っ込んで、急な角度でスピンして、正面がこっちを向いた。
 軽トラの前に、人が自転車ごと挟まっている!
 引きずられてたんや!(TT)
 どこから?
 けっこうな距離。
 「救急車!」
 思わず、叫んでた。
 信号が青になったので、道を渡り、そこにいた男の子(後で聞くと、中学生だった)2人に駆け寄って。
 男の子が、通報していたんだけど、場所の説明ができないので、電話を替わると、110番通報だった。
 場所の説明をして、すぐに切り、自分の携帯で、119番通報した。
 車に挟まれた男の子は、東からやってきた通りかかった車の人たちが、助けて、軽トラの前のところから引き出されていて。

 とまあ、衝撃的な場面に出くわしてしまった。

 まず、警察が、続いて救急車が到着して。

 男の子たちの話と、私が見た物を総合すると、こうなる。
 男の子たちは、左側通行で、自転車で北から南に向かっていて、信号が青になったので、道を渡り始めた。
 そこへ、北から東向きに、軽トラが左折して来て、先頭の男の子に当たった。
 いわゆる、左折の巻き込み事故になった。
 その時、軽トラの運転手が、アクセルを踏んでしまったがために、タイヤが左折の向きに向いたまま加速し、通常の左折の軌道よりも、大きなアールのカーブで、かなりのスピードで走って、たまたま空き地に突っ込み、空き地が土だったからなのか、挟まれた自転車が土につっかえたからなのか、急にスピンして止まった。

 後で考えると、震えが来た。
 あの場所が、たまたま空き地だったから、何にもぶつからずに止まったんだ。
 不幸中の幸い。
 もともとは、駅からすぐの交差点の信号なので、昔は、建物が建て込んでいた。
 建物に激突してたら、男の子は、生きてなかったかも知れない。

 運転者は、高齢の女性で、何が起こったのか、理解できていないようだった。
 というか、事の重大さを、いまいち、まだ理解できていないようで。

 男の子には、意識があった。
 ただ、背中の右側に、シャツ越しにできた、たくさんの擦過傷ができていて、打撲もあり、頭には瘤が、右ひじもすりむいていた。
 救急隊員の人が、頭を動かさないよう、指示していた。
 鞭打ちにはなっていると思う。
 擦過傷も、打撲も、冷静になると、痛んでくると思う。
 痛々しかった。

 とんだ三連休の遠出になってしまったね。
 近所の子かと思ったら、けっこう遠くの中学校の子達だった。

 救急車が来たことで、私自身、ホッとした。
 だって、通報したら、電話を受けた人が、傍によって、怪我があるか聞いてとか、言うんやもん。
 信号が赤で、すぐには渡れなかったし、あの状況で、怪我してない訳ないやん!
 早く、救急車出して!
 って、めっちゃ焦っている私がいた。
 電話の向こうで、救急車がもう出ましたと言っているのを聞いて、それでも到着するまで、長い時間に思えた。
 2か所ある消防署の内、ここなら、市役所の隣にある方から出たら、道一本で来られるはずなのに。

 通報の際には、さすがに地元民なので、場所の説明は的確にできたとは思うけど、その前に、手が震えて、119番を押しそこなった。
 ただ、躊躇わず、119番通報できたのは、救急づいている、この一年の経験値やなあと思った。
 去年の夏から、母が2回、父が2回、救急搬送されていたので。
 必要なら呼んで良いんやなって、思えていたせいかも。

 で、一日明けて。
 警察から、追加の事情聴取のための連絡がないということは、あの子は、怪我で済んだということらしい。
 とりあえず、良かった・・・・・・ってことやんな。

 で、めっちゃ安全確認に神経をとがらせて、ナーバスな運転をする私がいた。
 ホンマに。
 どんな時でも、冷静でいられる自信は全くなかった。

 なんだか、骨休めできたのか、できなかったのか、良く分からない一日になったのでした。


by glass-fish | 2017-10-10 01:59 | 日常

今になって、疲れが・・・・・・

 愚痴投稿・・・・・・なぜ書くのか?
 ちょっと、今の状況を書いておいた方が良いのかなあと思いまして。
 というのは、小野教室が、手薄な感じになってしまっていて。
 「センセー、この先、やる気あるのかね?」
 って、思われるのが不安だからですね。

 今、疲れがピークです。
 結局、すみとさんに送った作品の画像のアップもできませんでした。

 あ。
 すみとさんの作品展、お越しいただいたみなさま、お買い上げいただいたみなさま、本当にありがとうございました。
 ネコちゃん、もうちょっと、別の方向で考えてはいます。
 材料だけは、もう買ってます。
 まだ、手が付けられていませんけど。
 もう少ししたら、ホンマに頑張りたいです。


 父が亡くなり。
 でも、叔父叔母を続けて亡くした従姉も言うように、どこか実感がわきません。
 不意に、もういないんだなあと、何かを見た時、急に思って、涙が出る。
 もういないんだなあというか。
 父が使っていた身の回りの物を、介護施設から持って帰る時。
 「ああ、こないだまで、生きていたんだなあ。」
 って思うと、泣けて来ました。

 日常はどうかというと。

 葬儀は、弟夫婦が、ほぼすべて段取りを引き受けてくれたため、楽でした
 母の身の回りのことだけしていてよかったので。
 葬儀の手順も、何も把握しておらず、言われるがままにしてたら良かった。
 
 一方で、各種手続きに、走り回ることになる。
 介護保険絡みのことや。

 相続税の関係や。
 税制が変わると、家みたいな庶民でも、田んぼがちょっとあるだけで、相続税の対象になって来てしまい。
 税理士報酬が高いので、勿体ないから自分でやった方が良いよと、去年お世話になった税理士資格もある司法書士さんが仰って。
 司法書士報酬は、大体わかるので、それよりもお高いとなると・・・・・・
 彼女、けっこう、いろいろと教えて下さって。
 ウチの場合、難しい部分が無いからと、大枠のところをざっと教えてもらい。
 税務署やら、法務局やらに、行って来ました。
 放ったらかしの田んぼが、どんなことになっているのか見に行くと、背丈より高いセイタカアワダチソウのジャングルになっており。
 法務局で取った公図(?)からでは分からない数値を実測しようとしても、踏み込むのがまず困難な状況だったり。
 弟にまず草刈りをしてもらわないと。
 実測して、必要な数値を出さないと、相続税の計算ができない。
 でも不安なので、「ほどらえ」で、概算してみる。

 介護関係も。
 父の年金が入らず、父の介護施設の払いがなく、世帯が母だけになった時の介護保険絡みの費用のあれこれの概算もする。
 父のロングショートの費用が大きかったので、大きくマイナスにならないはずと思いつつも、母は長持ちしそうなので、途中で破たんの無いように考えておかないと、不安。
 介護施設のお支払いと、家での生活の生活費、これって、年金だけでは足が出る話で、預金の額を確認する。
 正直、今のペースだと、私の介護疲れが出て来ているので、泊りの回数を増やしたいところだけど、その費用がどこまで出せるのか?

 と思うと、今度は、母の透析の日の、お送り時間がぐっと早くなった。
 母にしてみれば、車に乗っている時間が短くなったので、体には楽。
 でも、これじゃ、透析の日は、ほとんど仕事ができないことになってしまう。
 やっと、今のペースで回しつつ、母の泊りを増やそうと画策していた矢先、またまた、状況の変化が・・・・・・
 これもまた、介護施設と相談で。
 何かが変わっても、その変化の影響が先々出にくいように、今、段取っておく必要がある。

 と、変化があれば、新たな段取りが必要で。
 今、そんなことにドタバタしています。
 ああ、そのすべてを、できれば、今月中に済ませたい。

 週一回は、教室などが何もない日に母にお泊りしてもらって、ご飯を作らないといけないプレッシャーから解放される日を作っておきたい。
 できるだけ、お仕事をする時間を確保しておきたい。
 母のごはん作りも、もうちょっと要領良く済ませたい。

 でも、減塩おかずの場合、作り置きだと、おいしくないんですよね。
 材料が新鮮で、作りたてのおいしさがあって、初めて減塩でも成立している部分もあって。
 減塩で無かったら、もっと、作り置きするのになあと思う。
 食塩無添加パンを、ちょくちょく買いに行く手間を省くためにも、まとめ買いして、冷凍保存で我慢してもらおうかとも思うこのごろ。
 ただ。
 ご飯がまずくて食欲が落ちると、他の心配をすることになるしなあ。
 と、葛藤するこの頃なんです。

 でも、さすがに、作品を作れていない焦りも出て来ました。
 まあ、手続き、段取りの変更、それが済まないと、見えてこないものもあるし。
 とりあえず、母には、お泊りしてもらって、ちょっと、休もうかな。
 みたいに思うこのごろです。

 私の心づもりでは、11月からは、もっと通常のペースが作れているはず。
 ・・・・・・なのですが。
 みなさま、見捨てないでね。
 やる気は、十分なんですけど。
 

by glass-fish | 2017-10-06 10:27 | 日常