人気ブログランキング |

とんぼ玉作家ガラスのさかなの「タワゴト日記」

firegoby.exblog.jp
ブログトップ

気分転換

 仕事場に行って、弟と、革紐や材料を買いたいって、話をしました。
 ネット通販で買おうか?って。
 「買いに行く?今日、なんか気合入ってないし。」と弟。
 「今からか。私も、ちょっと気合入ってないしなあ。」
 で、急遽、買いに行くことに。

 行先は、神戸の三宮。
 教室で出掛けても、けっこう遅い時間になるので、あちこち寄れないんですよねえ。

 ということで、先に、フュージングアクセサリーなどを置いていただいている「北野ガラス館」に行きました。
 北野ガラス館のページ
 めっちゃ、久しぶりです。
 私に関しては、3~4年、行ってないんじゃないかなあ。
 二人で入って行って、つい、手前の方にあるよその作品が気になって、挨拶の前に、偵察を始めてしまった私たちですが、もちろん、めっちゃ不審です。(^^;
 で、挨拶をすると。
 「あ、知っているお顔だとは、思ったんです。」
 って。
 そう、そのくらい、行ってない。(^^;

 久しぶりに行ってみると、新しい工房の作品が入ってました。
 なんか、いろいろ変わってるかも。
 すっごく、新鮮でした。

 もちろん、いろいろ、教えていただきました。
 並んでいる作品を見ても、想像がつくのですが。
 やっぱり、革紐で組んだものより、チェーン、それもロジウム色のパーツで組んだアクセサリーが、売れているそうです。
 ふく蔵さんは、ちょっと細目の丸革紐で、ナチュラルだけどスマートに組んだものが、良く売れます。
 同じ兵庫県でも、この違い。
 たぶん、とんぼ玉ミュージアムに行くと、きっとまた違うんだと思います。
 沖縄の鍵石だと、これまた、生成り色の革紐、紐類で、いかにもリゾートな組み方の物が売れてます。
 北野ガラス館、価格帯がリーズナブルなものについては、圧倒的に、華奢で繊細な物が売れているようです。
 もう少しおとなな感じの価格帯のものは、しっかり目のも売れてるようですが。

 すごく久しぶり。
 いかにも、「ガラス」の世界なんです。
 もっとも、これから夏に向かおうかという、季節的な気分もあると思うんですが。
 なんか、日ごろとは違うところに、火がついてしまいました。
 昔、ガラスを始めたばっかりのころ、楽しくて、フュージングで、あれこれ作っていたあの頃の気持ちが・・・・・・

 長らく、新作を出してません。
 東寺さんに慣れるまで、ドタバタしていたせいもあるけど。
 で、新作出しますって、約束してきてしまいました。

 新作案は、時々、紙の上には書いています。
 それを、弟が納得したら、形になるか?って感じですが、これまた、いろいろドタバタで、なかなか形にはなりません。
 なので、以前に書いた新作案と、今日、刺激を受けて考えた新作案の中から、いくつか、私が試作することになりました。
 なんか、久しぶりに、めっちゃ楽しいです。
 好きか?と聞かれると、リーズナブルなガラスアクセサリーを作るのは、めっちゃ好きなんです。
 作るのは、私が欲しい順番ってことで。

 とりあえず、次の東寺までの4日間は、フュージング製作です。
 何だろう、このウキウキ感。(^^)

 凝ったとんぼ玉のネタを考えるのも、楽しい。
 で、そろそろ、こっちも新作を考えようと思ったりしたんですが。

 ずっと棚上げにしてきたし、先に、フュージングを作ることにしました。
 明日から、ちまちまっと、製作です。


 さて、北野ガラス館を後にして、ビーズロットさんに行きました。
 ビーズロットのページ
 神戸のビーズアートショーなどで、過去何度も買い物をしているけれど、ショールームに行くのは、初めてです。
 これまたウキウキ!
 定番で使う革紐、それから、こまごましたもの、ちょっとしっかり目の丸ペンチなどを買いました。
 ビーズアートショーには、ビーズロットさんも、うちも、出展していたし、最後の日にまとめてお買い物をしたときに、ウチのブースまで領収書を持って来てもらったりしたこともあって、覚えていただいてました。
 弟は、ポリエチレン製のワックスコードを買ってました。
 質感が、綿のワックスコードと違って、なんかいい感じです。
 ビーズロットさんは、天然石のビーズなども扱っておられるので、金属パーツも、ちょっと凝った感じのものもあったりで、見ていて楽しいです。

 しかし・・・・・・あらかじめネットショップでチェックしていた物を買おうとして。
 「あれ?このバチカン、なんで買おうと思ったっけ?」って、すっかりその時使おうと思っていた用途を忘れる私って・・・・・・(^^;

 で、買い物が終わったら、結構いい時間になってました。
 出発前は、午後から仕事をするつもりだったので、2か所と決めて出たのですが。
 ああ、こんな時間になるなら、とんぼ玉ミュージアムにも寄って来れば良かった・・・・・・
 ふく蔵さんの前は、疲れてたり、日没早くてランちゃんの散歩があるから気忙しかったりで、今年に入ってから、行ってないもんなあ。

 と、そんなこんな、三宮へ、お出かけでした。

 仕事っちゃ、仕事なんだけど。
 ウキウキできた、一日でした。

 帰って、睡魔がやって来たので寝て、それからランちゃんの散歩に行ったら、一日が終わってしまいましたとさ。
 (^^;
# by glass-fish | 2013-04-17 00:26 | とんぼ玉・ガラス

しまった・・・・・・

 びっくりしました。
 4月13日(土)の、朝の地震です。
 でも、幸いにも、ウチは、大したことはありませんでした。

 13日、早朝に、目が覚めて。
 もう起きようかなあ、今日は教室だしなあと思って、時計を確認したら、5時半過ぎでした。
 早すぎ、7時起きにしたら、あと1時間半の良い感じの一区切り、寝られるやん。

 そこで、揺れが来ました。
 音で表現したら、ガガガガガガガガガって感じで。
 ↑あとで考えると、確かに、短周期の振動でした
 え~!って、しばらく固まる。
 とりあえず、室内にあるテレビをつける。
 地図と震度が、すでに出てました。

 む?震度4?
 どうしようか・・・・・・・・
 淡路島の震度に、ちょっと驚き、淡路島の生徒さんのことが、心配になったのですが。
 KCC三宮に聞かないと、連絡先が分からないし。
 このタイミングで、近い身内でないものが連絡を取るなどをしようとすると、回線が混む。
 たしか、割合北の方だと聞いていたので、大丈夫かなあってことで。

 テレビの地図と震度の分布を見て、震源は浅そうだと思った。
 とすると、マグニチュードは、あんまり大きくなさそうだ。
 で、寒かったし、睡眠不足気味だったので、もう一回寝ることにして、携帯のアラームの時刻を変更することに。
 あ、地震速報のメールが来ていた。

 で、もう一回寝ました。

 神戸方面の生徒さんちも、被害出てないかなあと、ちょっと心配になりつつ。

 朝起きて。
 日常が始まったのですが。
 やはり、小野は、震度3でした。
 震度4も、揺れてなかったと思ったんだ。
 北播エリアは、震度3と4が、まだらに入り混じったようになってました。

 ランちゃんの朝ごはんをやりに行って、隣に、そういえば棚があったことを思い出し、ランちゃんがけがをしてないかって、そんな確認も忘れていたことに気づいた。


 神戸や加古川や高砂の生徒さんは、地震の揺れの最中に、緊急地震速報が流れ始めたとおっしゃってました。
 揺れに気づいてから、携帯にも、緊急メールが入って来たそうで。
 ん?
 そうか、私が起きたのは、緊急メールの音だったのか?
 とすると、小野は、メールが先で、揺れが後でした。

 なぜか、小野は大して揺れず。
 それより北のエリアの生徒さんちの方が、揺れが大きかったり。
 私だけがのんきで、ごめん。

 ただ、朝起きて、頭が働いてきたとき。
 ああ、被害がまた出た地域の方々、がっくりだろうなあと、思いました。
 阪神淡路大震災の恐怖がよみがえった方もいらっしゃっただろうなあって。


 このブログも、そういえば、大したことなかったよ、くらいのご報告は、早めにしとくんだったと、いまさら気づいて、書いてます。

 これを教訓に、咄嗟の時に、もっと動けるように、心を入れ替えたいです。
# by glass-fish | 2013-04-15 22:19 | 日常

何てかわいいヤツ

 先日、叔母がウチに来ました。
 ランちゃんが、ちゃんと覚えていて、しかも吠えない数少ない人のうちの一人です。

 ランちゃんの視線が、車を降りた叔母に突き刺さります。
 「ランちゃん、何も持ってないわ」
 そう言いながら、運転席を探しています。
 出ました!
 チキンのおやつ。

 父と母も、庭先に出てきて、叔母と立ち話。
 叔母は、ランちゃんにおやつをやりながら。
 しかも、ランちゃん、叔母が来る直前まで、私から、ワンコ用チーズをもらっていたので、今日は、食べまくりです。
 で、落ち着いたところで。
 「ランちゃん、お座りは?」
 叔母のお座りの声に、突っ立ったまま、首をかしげるラン。
 日ごろ、お座りを要求されることが、ものすごく少ないので、やるの~?って感じ。
 しょうがないなあ、よっこいしょ、って感じで、お座り。
 「ランちゃんエライなあ」
 と、ほめられ得意顔のラン。

 私も、背後から、「ランちゃん、よしよし」って、声をかけると。
 ぱっと振り向いて、尻尾を振りながら、走って来ました。
 あたち偉い~?って、感じで、私にアピール。

 かわいいヤツです。
 何をしててもかわいいけど。
 得意でうれしい時、ちゃんと私のところへすっ飛んで来るところが。
 よしよし、分かってるやんか。(^^)
 ↑立派な、バ飼い主です
# by glass-fish | 2013-04-12 23:29 |

ぎょ!

 ランちゃんの散歩は、とてもワイルドです。

 基本的には、人や車の通る農道を、行くのですが。
 草ぼうぼうの畦道も、普通に通ります。
 時々、ヘタレの私が登るのは、ちょっときつい道なき道というか、斜面も登らされます。

 ある日、農道の横で、土手のようになっているその上が竹藪という土手を登って行きました。
 もちろん、ランちゃんだけ。
 リードが5メートルまで伸びるので。

 ぎょ!
 遠目にも、何かがあるのは分かりました。
 で、ランちゃんをすぐに呼び戻したのです。

 その数日後に、ちょっと冷静になってから撮った写真がこれ。
ぎょ!_a0163516_0544470.jpg


 画像、小さめにしました。(^^;

 黄色矢印の先。
 獣の骨、上あごです。
 で、好奇心に駆られて、近づいてみると、牙が折り取られているようでした。
 イノシシやん。

 いろいろ考えると、人間が仕留めて、さばいて、捨てたもののような気がします。
 不法投棄厳禁って、その辺に、看板出てるやん!
 ↑古い家電が捨てられることが多い場所なので
 ま、イノシシの頭部は、想定されてないと思うけど。

 と、ランちゃんを飼い始めてから、やたら、骨格と出会います。
 今年に入って、5件くらいですかね。
 飼い始めた当初から、そんな調子です。
 最初のころは、すごい衝撃でした。(^^;
 去年は、肉つき骨格で、まさか事件では?って、ドキドキしたけど、人がさばいた鹿らしいということが分かった一件も、ありました。

 で、思ったんですよね。
 けっこう、落ちてるもんやなあって。
 ただ、ランが一緒じゃないと、気づかずにスルーしていると思う。

 草叢のネズミもそう。
 いるもんやなあって。
 ランが、捕獲するのを見なければ、そこはただの草叢にすぎません。

 ああ、同じ空間に並んでいると思っているのに。
 目の前に広がる世界は、まったく別のものに見えているんやねえ。

 世界は、多層構造だなあと思う。
 昼間、人間が見ている世界。
 夜、犬に見えている世界。
 そこにうごめく物たちは、見えるものにしか見えない。
 ああ、SF的。

 自分が見ている世界が、世界のすべてではないんだね。
 もっと別の物の目になれば、同じ瞬間に、同じところを見ていても、全然違ったものに見えるんや。

 長靴を履いた、安上がりな田圃道の散歩でも。
 なんだか、ワクワクがいっぱいです。
# by glass-fish | 2013-04-11 01:11 |

ちょっとさびしいなあ

 今日、とある郵便物が来ていました。

 ずっと、ガスと酸素を買っているガス屋さんが、営業を終えられるということでした。
 このエリアの大手に、事業を譲渡されるということで。
 今後は、大手のガス屋さんから、買うことになります。
 担当者の方は変わらないとかで、若手の従業員さんは、大手に移られるようです。
 ま、それは良かったとして。

 アベノミクスの円安のため、事業継続が困難になったんですって。
 まあ、資本主義は、競争社会やし、致し方ないんだろうなあとは思います。
 経営者の方も、リタイアして楽隠居に早すぎるというわけではないので、まあねえ・・・・・・

 寂しいなあは、個人的な感傷にすぎません。
 中学校のそばに、昔からあって、知り合いのおばさんも一時期事務員さんとして働いていた。
 ガスを買うようになるずっと前から、そこにあったもんで。
 時代が変わっていくよねえと、感じる、そんな部分も含めて。



 エネルギーのありようは、これからどんどん変わっていくんだろうなあという気がします。

 アメリカでは、シェールガスが出て。
 ヨーロッパに天然ガスを供給していたロシアが、あわてて日本に接近中みたいなニュースも、やっていた。
 日本の近海の、深海には、メタンハイドレードが、たくさん埋まっているらしい。
 メタンハイドレードって、メタンに水素が結びついて、常温でガスになるべきものが、ドライアイスみたいに個体になっている状態なんだとか。
 メタンって、ほぼ、イコール、都市ガス。

 なんだか、その辺の動きも激しくなって。
 もしかしたら、もっとスムーズに、価格の安いメタンガスが手に入る可能性があるかもしれない予感がします。
 そしたら、原油の供給を、中東に頼っている状況からも、自由になれそうな・・・・・・
 すると、世界の力関係も変わって来そうな。

 ただ、手放しに喜べないのは、シェールガスも、メタンハイドレードも、燃やすと、大気中の二酸化炭素の量を増やすもので、地球温暖化が、加速するかもしれないこと。

 その点、原発は、二酸化炭素を増やさない。
 それは、真実です。
 だた、二酸化炭素が十分増えた地球上で、二酸化炭素を減らす努力をせずに、ガンガン発電したら、温暖化を加速することは、間違いない。
 その上、二酸化炭素と違う、人間のDNAの構造から壊してしまう、とっても恐ろしい素材を使っているし、そんな怖いゴミも出る。
 何より厄介なのは、その半減期が、人間の物差しからしたら、気が遠くなるくらい、長いこと。
 ガンガン発電したら、その総量が、とんでもないものになること。
 二酸化炭素とは、次元の違う、恐ろしさがあります。
 人間への影響を考えると、背筋が凍ります。

 地球温暖化をどうにかするには、一つには、増えてしまった二酸化炭素を減らす必要がある。
 ずっと、安心して使い続けるエネルギーとしては、再生可能エネルギーしかないと思うんだけど。

 最終的には、「再生可能エネルギー≒バイオエネルギー」だと思う。
 すぐには無理でも。
 ある程度の期間で、そうなるように、視野の中には、ちゃんと入れておく必要性があると思う。

 正直、人間には扱いきれず、何か起こった時の結果の重大性を考えると、原発は、本当に、終息させていく時期だと思う。
 シェールガスにしろ、メタンハイドレードにしろ、過渡期の一時しのぎと考えた方が良い。

 そこで時間稼ぎしつつ、ちゃんとバイオに移行しないと、未来は暗い気がする。
 いや、バイオに移行することで、新しい産業が生まれるはずやと思う。
 考えようによっては、バイオというのは、日本にとって、有利にも見える。
 なぜなら、太陽光を受けることができる面積が大きいから。
 陸地は狭くても、海が広いから。

 荒唐無稽な想像をしてみる。
 海の上に、バイオエネルギーを生み出す微生物を育てる浅くて広大なプールが、ぷかぷかと浮いている。
 プールのフレームが太陽光にキラキラ輝いて、プールそのものは、微生物が太陽光を吸収して、黒々と見えている。
 そんな、未来都市のようなSF的な光景を描いてみる。

 でも、そういえば、ジャイアントケルプを養殖しようっていう案もあったなあ。
 そしたら、閉じた系にしなくても、海水の中で育てるための、つないでおく筏があればいい話になる。
 ただ、セルロースだったかが、固くて、エネルギーとして使いやすい形に加工するのが大変で、その技術が確立しないと使えないとか。

 私は、公費を投入するなら、そっちにして欲しい。
 「公共工事で無駄遣い」は、もうエエで、と思う。

 安倍さんの考え方とは、どうも、ことごとく、対立する、私の理想。
 想像だけど、彼は、既存の物、見えている物、従来のやり方、慣れ親しんだ理論、そんなものの延長でしか、ものを考えない人のように思う。
 確かに、実行力という視点から考えたとき、既存の物の方が、手近さ感があって、時間も費用も読みやすい。
 でも・・・・・・時代が変わっているのに、未来は見えない。古臭い。
 

 日本が元気だったころ、まだ、形にならない夢を追いかけて、実現してきたんじゃないのか?
 海の物とも山の物とも分からない物を、形にしたからこそ、強かったんじゃないのか?
 何かをしようとするとき、成功を約束されている物なんてない。
 成功を約束されない≠失敗する、だと思う。
 成功すること∈成功を約束されていないこと、だと思う。
 成功をしたければ、成功を約束されていないことをはじめないと、成功できないと思う。
 宝くじを買わなければ当たらないのと一緒で。

 いや、日本が元気だったころに見習うとしたら、日本が元気だったころに開発した結果ではなく、未知なるものを開発しようと努めた物事に対する姿勢の方じゃないのか?
 安倍さんは、元気だったころに生み出した結果を、ありがたがっているように思う。
 元気だったころの日本をけん引していた人が見たら、どう思うだろう?
 自分たちは、もっと気概があったけどって、失望しやしないかしらん?

 私としては、そういうチャレンジの向こうに、本当に希望を見出したいけどなあ。
 お金転がすだけでは、新たな付加価値も、本当の希望も生まれない。
 新たな付加価値を生み出すもの、新たな産業、本当の希望、そういうものの青写真が、安倍政権のプランの中にないことが、実は、ずっと不満です。
 憲法変えろってい言う前に、やることあるんちゃうん?
 って、思う。

 まあ、責任のない立場だからこそ、言える、SF的妄想に基づく、夢物語だったりするんでしょうけど。
 まず、夢を見ないと始まらない、とも思うんです。

 ああ・・・・・・
 赤毛のアンに出て来たけど。
 支持政党について、議論してはいけないんだそうだ。
 ああ、書いてもた。
 ちなみに、私、無党派です。
 そういうのも、ずるい気がするこの頃だけど・・・・・・(^^;



 ガス屋さんの営業終了の話でしたね、そもそも。
 でも、きっと、今は過渡期だ。
 その中の変化だ。
 そう考えるべきものだと思うんです。
 希望のある未来が来ますように。
# by glass-fish | 2013-04-10 00:06 | その他のタワゴト